上へ戻るボタン
UltraSync ONE

ULTRASYNCONE JP

Timecode Systems(タイムコードシステムズ)
  • 印刷

販売価格:

¥49,500(税込)
¥45,000(税抜)
[希望小売価格:¥OPEN]

ポイント:

450ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1120174

カートに入れる
よく一緒に見られている商品

ULTRASYNCONE JPのQ&A

ULTRASYNCONE JPのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

ULTRASYNCONE JPの商品情報

タイムコード、ゲンロック、ワードクロック、RF テクノロジーの全能力を搭載した、市場で最もコンパクトなシンク製品



超コンパクト超軽量の筐体に一日中撮影しても、十分なバッテリー容量を搭載したシンク製品です。
この市場で最も先進的なタイムコードと同期のオプションを統合しています。
価格を低く抑えることで、費用対効果の高いマルチカメラソリューションを実現しています。

主な特長
・1回の充電で、25 時間以上のバッテリー寿命
・サイズはわずか 55mm × 44mm × 17mm
・重量 39g
・全シンクモード ? タイムコード、ゲンロック、ワードクロック
・双方向通信の BLINK RF によって長距離間でシンク
・マルチカメラ同期、業務向け VR リグ、デジタル一眼レフカメラでの撮影に最適


シンクソリューションに欲しかった機能をすべて搭載、さらなる機能も
UltraSync ONE についての、Timecode Systems の目標は野心的でした。
それは、同社のタイムコード、ゲンロック、ワードクロック、そして RF テクノロジーの全能力を搭載した、市場で最もコンパクトなシンク製品を作ることでした。
魅力的な価格の UltraSync ONE を選択するのは、マルチカメラ環境にとって賢明で実際的です。

そこで、より小さくするという目的だけではなく、市場の他の競合品よりも優れた製品にするために、UltraSync ONE はすべての要素を再設計しました。
1度の満充電で25時間以上のバッテリー寿命のため、UltraSync ONE は撮影日を通して電源を入れたままにできるようにしました。
撮影のテイクが紆余曲折してしまっても安心です。

25時間以上のバッテリー寿命
UltraSync ONE のパワーを向上させ、1 度の満充電で 25 時間以上のバッテリー寿命を実現しました。
RF、ゲンロック、OLED ディスプレイ、すべてをフル稼働させることも可能です。
UltraSync ONE ならどのような使い方でも、撮影日を通してバッテリーを持続させることができます。
大容量のバッテリーが備わっていますが、その筐体は驚くほど薄く軽く保たれています。

最小限の大きさで完璧な同期能力を実現
UltraSync ONE は小型ですが、Timecode Systems の完璧な同期能力を備えています。
タイムコード、ゲンロック、ワードクロックの全機能を利用できます。搭載されているのは一般的なゲンロックではありません。
市場で最も正確なゲンロック機能です。VR のセンサーに求められる水準でさえも同期することができます。

BLINK RFで実現する同期は、UltraSync ONE をこの市場で最も信頼できるソリューションにしただけではありません。
BLINK Hubアプリケーションでユニットを監視し、制御する能力も追加します。
(BLINK Hub アプリケーションに接続するためには、:pulse または :wave をシステムに追加する必要があります。)

スマートなソリューション
UltraSync ONE は全く新しい水準の可搬性、汎用性、ワイヤレス同期のコントロール能力をもたらします。
コンパクトなサイズ、128 ピクセル × 32 ピクセルの高解像度 OLED ディスプレイ、タイムコードの入出力とゲンロック出力を行う固定可能な業務用ミニ同軸コネクター、ファームウェアアップデートとバッテリー充電用の USB C コネクター、巧みに内蔵されたダイバーシティアンテナ - これらは、利便性と同じく美しさにとっても、製品デザインが重要なことを表しているほんの一例です。

シンプルなセットアップ複数のアプリケーション
タイムコードとゲンロックの出力やマルチカメラの同期に対応した製品をお探しですか?
VR リグのソリューションまたはデジタル一眼レフカメラを使っていますか?
これらすべての状況で UltraSync ONE をご活用いただけます。
ある日には、デジタル一眼レフカメラのオーディオタイムコード出力を使用して、翌日はスタジオのメインカメラに取り付けて、また次の日には VRリグの一部として同じ UltraSync ONE を使い回すことが可能です。

UltraSync ONE は、最も万能なソリューションです
UltraSync ONE はタイムコードマスター、タイムコードスレーブ、タイムコード LTC スレーブとして構成できます。使い方はあなた次第で変えられます。その代わりにハウスシンク用や中継車向けにジャムシンクのタイムコードを利用することもできます。

そして、複数の UltraSync ONEユニットをお互いに同期させる場合でも、それらの UltraSync ONE ユニットをBLINK のネットワークに組み込んで、タイムコード生成用に pulse、:wave または SyncBac PRO を取り付けたカメラとサウンド機器と組み合わせる場合でも、UltraSync ONE は素晴らしい体験を与えてくれます。
半径 200m 内で同期の信頼性を完璧にするために、混線しにくいサブ GHz 周波数帯域を使用しています。

ULTRASYNCONE JPの主な仕様

同梱品

UltraSync ONE ユニット
USB C 充電ケーブル (ファームウェアアップデートにも使用)
ミニ同軸 → RA BNC 変換ケーブル (青色) : LTC 用
ミニ同軸 → RA BNC 変換ケーブル (赤色) : ゲンロック用

寸法

55 × 44 × 17mm

重量

39g

全シンクモード

タイムコード、ゲンロック、ワードクロック

メディア掲載