コンテンツにスキップ

【サマーキャンペーン対象】SONY ILCE-7SM3 フルサイズミラーレス α7S III(ボディのみ)

在庫あり
¥409,000
(税込)

ポイント付与予定数:

分割金利0%でラクラクあと払い
オリコショッピングクレジット

管理番号:N_1154736

※α Resolution サマーキャンペーンは個人ユースのみが対象となります。購入の証明となります納品書にお名前が記載されますので、法人様名での購入はキャッシュバックキャンペーンの適用対象外となります。
※弊社では販売時に保証書への記入を行っておりません。保証書に空欄が発生しますが、弊社発行の納品書の同梱でご応募が可能です。

SYSTEM5実験室

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明



映像クリエイターの感性に応える、α7Sシリーズ新世代モデル

わずかな光までも描写する圧倒的な高感度性能と、すべての感度域で広いダイナミックレンジを実現するα7Sシリーズの基本コンセプトはそのままに、
さらなる表現力を追求するため、有効約1210万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーを新開発。
拡張最高ISO感度409600や15+ストップ(*1)のダイナミックレンジに加え、最大4:2:2 10bitの4K 120p(*2)動画記録や、α7Sシリーズとして初(*3)の
像面位相差AFに対応。撮影領域のさらなる拡大を可能にします。
さらに、AF、画像認識、画質調整、現像といったリアルタイム処理を、新画像処理エンジン「BIONZ XR(ビオンズ エックスアール)」に集約することで、
画像処理の遅延時間を短縮するとともに、動画・静止画処理能力を大幅に向上しています。
また、デュアルスロットは従来のSDカードに加え、高速性能を備えた小型メモリーメディア「CFexpress Type Aメモリーカード」に対応(*4)。
4K 120p(*2)などの高ビットレートの書き込みやデータ転送速度が大幅に向上し、これまで以上の快適な操作性を実現します。

*1 S-Log3動画撮影時。ソニー内部測定
*2 QFHD(3840×2160)。約10%画角がクロップされます
*3 2020年7月時点、ソニー調べ
*4 CFexpress Type Bメモリーカードは使用できません

フルサイズ領域での4K全画素読み出しや、印象的な表現を可能とする多彩な動画性能

新開発フルサイズイメージセンサーと新画像処理エンジン「BIONZ XR」の搭載で、画素加算のないフルサイズ領域での4K全画素読み出しのほか、
10bitのビット深度、4:2:2カラーサンプリング、高効率なMPEG-H HEVC/H.265コーデック対応、All-Intra記録(*1)など高い映像品質を実現。
また、最大120pのハイフレームレート動画を4K解像度によるカメラ内記録に対応。
4K解像度で最大5倍のなめらかなスローモーションにより、印象的な映像表現が可能になりました。
拡大するRAW収録への要望に応え、αシリーズ初(*2)、カメラからHDMIケーブル経由で対応する外部レコーダー(*3)への16bit RAW動画の出力が可能に。
ポストプロダクションを前提としたワークフローを高い基本性能でパワフルにサポートします。

*1 ファイルフォーマットメニューでXAVC S-I 4KまたはHDを選択
*2 2020年7月時点、ソニー調べ
*3 ATOMOS社 NINJA Vモニター/レコーダー。2020年7月時点

動画撮影におけるフォーカスワークの常識を変えるAFシステム

業務用ラージフォーマットカメラ「FX9」譲りのAF性能を搭載。動画撮影時も像面位相差AFが有効。
リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFに加えて、プロのフィードバックを反映した細やかなAFトランジション速度、
AF乗り移り感度や、直感的な操作、マニュアルフォーカス中のAFサポートにも対応しています。
さまざまな撮影条件下で安定したAF性能と多彩なフォーカスワークを提供します。

長時間連続録画を可能にする新開発の放熱構造

動画撮影中の温度上昇を抑制し、長時間の4K連続録画をサポートするため、設計を徹底的に見直し効率的な放熱構造を実現しました。新開発の放熱構造が、イメージセンサーや画像処理エンジンの駆動に伴う熱を効果的に分散し放熱させることで、小型・軽量ボディを維持しつつカメラ本体内の温度上昇を抑制。これにより1時間を超える高精細4K60p動画の記録(*)を可能にしています。

* ソニー内部測定条件。XAVC S-I 4K 4:2:2 10bit記録、25℃(室温および録画開始時のカメラ温度)、
自動電源OFF温度[高]設定、条件によって撮影可能時間は変わります