コンテンツにスキップ

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明

細くて軽量、光HDMIケーブルOPTIMAN、HDMI2.0対応モデル!

HDMI A タイプ端子と同じ大きさのコンパクトな光電変換モジュールと、独自の光伝送技術を用いた光HDMIケーブルです。
ケーブルの太さは、直径約5mmと従来の一般的なHDMIケーブルと比べ、細く、軽量化を実現しました。
電磁場ノイズの影響を受けにくく、長距離でも信号の減衰がない光信号は、4Kコンテンツなど大容量化する信号も最大100mまで安定して遠くまで送ることができます。



秒間60フレームの4K(3840×2160)解像度に対応
よりなめらかで美しい映像を伝送します




「OPTIMAN 4K」は、HDMI ver2.0に対応。1080p/60の4倍の解像度となる2160p/60(4:2:0)をサポートします。
映像・音声信号に使用している12本の信号線を4本の光ファイバーに置き換えることで、100mまでの安定した映像伝送を実現しており、最新の高精細コンテンツを1ランク上の品質で楽しむことが出来ます。

細く、しなやか。世界唯一の国産プラスチックファイバーを採用



「OPTIMAN 4K」は、世界で唯一、国産のGI-POFを採用したアクティブ光ケーブルです。
通常の光ケーブルで採用されているガラスファイバーとは異なり、細くしなやかで、曲げや強度に非常に強いのが特徴です。
許容曲げ半径は5mmで、他社の光ケーブルと比べ1/4の曲げ半径を実現。
小さく曲げても減衰しにくく、壁内配線などのコンパクトなルートでの収納を可能にします。
また、通常の銅線ケーブルと比べ、非常に細く軽いため、引き回しにも負担がありません。

画像のような結び目の状態でも信号を送ることができます。
(※注意※POFの特性を示す例ですが、光減衰が大きくなるので通常の使用には推奨しません。)

USBからの給電不要、取り回しが便利



新型のVCSEL駆動ICにより、HDMI端子から電源を取ることができ、より取り回しが便利に。
TVやモニターなどUSB端子のない環境でも、別途アダプタなどを用意する必要がなくなり、活用できる環境の幅も広がります。

重さは、通常のHDMIケーブルの3分の1



「光HDMIケーブル OPTIMAN」は従来の銅線ケーブルと比べ細く軽いのが特徴です。
15mでもわずか300gと、銅線ケーブルと比較して3分の1ほどの重量と体積を実現。
壁内の管を通す配線や、イベントなどでの設置・撤収時の負担を軽減。
持ち運びや引き回しを楽々行えます。

燃えにくく丈夫なライザーケーブルを採用



OPTIMAN で採用されたライザーケーブルはプラスチック材料燃焼性試験「UL94」を通過しており、難燃性が高く、施設への埋込配線などにも適しています。
強度がアップし、曲げや引っ張る力にも強くなりよりタフな現場で活躍します。

仕様

接続端子

HDMI(A)→HDMI(A)

ビデオフォーマット

1080p/Full HD/4K(60p 4:2:0まで対応)/3D/Deep Color
※OPTIMANは HDMI内部線12本のうち TMDS信号4本(DHCP対応HDMI映像/音声)を光ファイバーで送信し CEC/DDC/GNDなどの6本では銅線を使用しております。
※伝送は一方向です。

電源

5V 本体モジュールから給電(別途電源不要)

長さ

10m