上へ戻るボタン
4K HDRマルチフォーマットビデオスイッチャー

V-600UHD

Roland(ローランド)
  • 印刷

販売価格:

¥1,382,400(税込)
¥1,280,000(税抜)
[希望小売価格:¥OPEN]

ポイント:

12,800ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1139220

カートに入れる
オリコのショッピングクレジットなら
36回まで分割金利手数料が無料です。
よく一緒に見られている商品

V-600UHDのQ&A

V-600UHDのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

V-600UHDの商品情報

イベントを4K HDR画質にアップグレード。4Kカメラ一台をフルに活かすデバイス


クライアントや観客から、イベントやプレゼンテーション、ショーの演出に4Kを導入したいという要求が高まってはいますが、これまでHD映像ソースやディスプレイに投資してきたことが無駄になる訳ではありません。V-600UHDさえあれば、必要性と予算に応じて4K品質のワークフローへ移行できます。全ての入力端子にローランドのダイナミック・マルチフォーマット技術を活用したスケーリング機能を装備するV-600UHDは、フルHDと4K映像ソースの同時使用が可能な上、解像度の異なる複数の映像を同時に出力できるので、4Kカメラの高密度映像ソースをフルHDワークフローですぐに活用できます。

4K画質をフル活用
ハイ・ダイナミックレンジ(HDR)機能を搭載
V-600UHDはHDR機能を搭載しているため、高画素数であるだけではなく黒つぶれや白飛びのないダイナミックな映像を実現、イベントの見栄えを向上させます。HDR機能を使えばIMAG(拡大モニター)でも過度のサチュレーションを起こすことなく、バランス良く見栄えのするステージ照明を従来のスタンダード・ダイナミックレンジ(SDR)より容易に実現できます。もちろんSDR信号の入力やスイッチングも可能です。

v600uhd_img_01



フルフレームレートは60Hz
60Hzのフルフレームレートで、滑らかかつ鮮明なビデオ映像を実現します。動きの早い映像を表示する際、30Hzのリフレッシュレートにしか対応しないデバイスでは不鮮明な部分が現れてしまいますが、V-600UHDならそんな心配も不要です。

カラースペース
V-600UHDは最高スペックの広色域であるBT.2020に加えRGBおよびBT.709規格をサポートしているため、視認できる色を最大範囲で表示することによりさらに高いレベルでのリアリティを表現し色再現精度も向上、特に赤色と黄色の表現精度がアップしています。

v600uhd_img_02



4:4:4 10bit、ピクセルレベルで正確な色表現
10bit色深度処理機能搭載によりカラーバンディングを低減するほか、PCから出力された高精細の画像コンテンツも鮮明に表示できる性能を備えているため、大幅に拡大された映像においても小さなフォントのテキストといった細かい部分まで簡単に読み取ることができます。

DCI-4K(シネマ4K)解像度もサポート
全ての4Kコンテンツのアスペクト比が同じというわけではありません。4Kコンテンツの縦サイズは全て2160ピクセルですが、DCIもしくは「シネマ4K」の横サイズは4096ピクセルとなっておりUHD画像よりも256ピクセル分横長なのです。V-600UHDなら、クロッピングやレターボックス処理といった作業を必要とすることなく、表示させたいアスペクト比のままスイッチング・表示が可能です。

v600uhd_img_03



舞台演出のサポートを可能にする豊富な入出力
複数のPCと動画再生ソースに加えて拡大モニター用のカメラサポートを使用するようなイベント業務やライブイベントでは、4系統のHDMI2.0入力および2系統の12G-SDI入力を搭載するV-600UHDは最適な補完デバイスとなります。どの入力端子にもHD、フルHD、UHD 4K、DCI 4K、そしてUXGAからDCI 4KまでのPC解像度を入力・スケーリングできる機能が備わっているため、変換作業も不要。AUXの出力先を切り替えることにより、舞台前方に設置したコンフィデンスモニターも容易にサポートできます。さらに自在に設定可能なマルチビュー・モニターは全ての映像ソースおよびプログラムやプレビューをたった一つのHDスクリーンで確認できるようになっており、ほとんど全てのHDMIモニターへ簡単に接続できる互換性があります。出力端子についても全てにフルHDへのダウンスケーラーが搭載されているため、ストリーミングエンコーダーやHDディスプレイデバイス等への出力が可能です。

v600uhd_img_04



4Kカメラ1台で全てのアクションをキャプチャー
V-600UHDさえあれば、多くのカメラを必要とすることなく全てのアクションをキャプチャーできます。ステージのワイドショットや討論会のミディアムショット、特定の講演者のクローズアップを必要とするようなクリエイティブな構想を抱いている場合でも、V-600UHDに搭載されたROI機能を使えばそれらを全て網羅できます。V-600UHDの入力端子に搭載されたソース共有機能とスケーリング機能を使えば、クロス・ポイントに割り当てた「カメラショット」を最大8つまで表示させることができるため、4Kカメラ1台をステージに向けて設置するだけで多彩な演出が可能です。カメラの台数を増やすことなく映像制作の価値を高めてください。

v600uhd_img_05



多彩な映像構成機能
V-600UHDではPinP(ピクチャー・イン・ピクチャー)窓を2つ表示できるようになっており、固定のはめ込み窓を1つ表示できるだけのデバイスと比べて多彩な映像を楽しめます。アスペクト比やサイズ、入力ソースのスケーリングを思い通りにカスタマイズして、スクリーン上の好きな場所に好きな映像を配置。専用のスクリーンプロセッサを使って作るのと同じようなエフェクトが、このデバイスだけで実現できるのです。自由自在に使えるPinP機能とDCI 4Kのワイドな映像を駆使して、魅力的なスクリーンセットを創ることができます。

音声システムも統合
デジタル動画のエンベデッド音声というのは、イベントやショーの演出をサポートする音声システムに取り込もうとすると面倒なものです。音声管理能力はV-600UHDの要となる機能であり、24bit 48kHzの高性能な音声処理が可能です。選択中の映像ソースから音声をディエンベッドし、「オーディオ・フォロー」機能を使用して外部の音声ミキサーへ送ることができます。また同じコンソールからのプログラム音声は一つもしくは全ての出力にエンベッドすることができ、プログラム映像と共にその音声をwebやレコーダー、会場外の別室などへ送出することができます。

V-600UHDの主な仕様

プロセッシング

■ビデオ・プロセッシング
 4:4:4(Y/Pb/Pr)、10ビット

■入力映像フォーマット
 ビデオ:1080/59.94i、1080/50i、1080/59.94p、1080/50p、2160/59.94p(UHD 4K)、
 2160/50p(UHD 4K)、2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)

 PC:1600×1200/60Hz(UXGA)、1920×1080/60Hz(FHD)、1920×1200/60Hz(WUXGA、Reduced blanking)、
 3840×2160/30Hz(UHD 4K)、3840×2160/60Hz(UHD 4K)、4096×2160/30Hz(DCI 4K)、4096×2160/60Hz(DCI 4K)

 静止画:Windows Bitmapファイル(.bmp)、最大4096×2160ピクセル、1ピクセル24ビット、無圧縮

■出力映像フォーマット
 ビデオ:1080/59.94p、1080/50p、2160/59.94p(UHD 4K)、2160/50p(UHD 4K)、2160/59.94p(DCI 4K)、2160/50p(DCI 4K)

 PC:1920×1080/60Hz(FHD)、3840×2160/60Hz(UHD 4K)、4096×2160/60Hz(DCI 4K)

 MULTI-VIEW:1080/60p

※VESA DMT、VESA CVT、CEA-861-F準拠
※色域:BT.709、BT.2020
※輝度:SDR、HDR PQ(HDR10)、HDR HLG

■映像エフェクト
 Transition:Mix、Cut、Wipe(9パターン)
 Composition:PinP、Key(※1)、PinP + Key(※1)
 DSK:PinP、Key(※1)、PinP + Key(※1)
 その他:Output Fade、Output Freeze ※1 ルミナンス・キー、クロマ・キー

■オーディオ・プロセッシング
 24ビット/48kHz

■オーディオ・フォーマット
 SDI IN/OUT:リニアPCM、24ビット/48kHz、16ch(SMPTE 299M準拠)
 HDMI IN/OUT:リニアPCM、24ビット/48kHz、2ch

■オーディオ・エフェクト
 マトリクス・ミキサー
 ディレイ(1ms単位、最大500ms)
 テスト・トーン出力

接続端子

■入力端子
 HDMI IN 1〜4端子:HDMIタイプA(HDMI 2.0)
 SDI IN 5〜6端子:BNCタイプ(12G/3G/HD-SDI、SMPTE 2082、424M(Level-A、Level-B)、292M準拠)
 RGB IN 1端子:15ピン・ミニD-subタイプ(アナログRGB、HDMI IN 1かRGB IN 1かをメニューで選択)
 AUDIO IN L/R端子:XLR-3-31タイプ(バランス)

■出力端子
 SDI OUTPUT端子:BNCタイプ(12G/3G-SDI、SMPTE 2082、424M(Level-A、Level-B)準拠)
 HDMI OUT 1〜3端子:HDMIタイプA(HDMI 2.0)
 MULTI-VIEW端子:HDMIタイプA(HDMI 1.4)
 AUDIO OUT L/R端子:XLR-3-32タイプ(バランス)
 PHONES端子:ステレオ・ミニ・タイプ

■その他の端子
 USB MEMORY端子:USB Aタイプ(USBメモリー用)
 RS-232端子:9ピンD-subタイプ(オス)(外部制御用)
 CONTROL端子:RJ45タイプ、100BASE-TX(外部制御用)
 TALLY/GPI端子:25ピンD-subタイプ(メス)(Tally:16、GPI:8)

 ※XLRタイプ:1 GND、2 HOT、3 COLD

オーディオ入出力規格

■入力レベル
 AUDIO IN L/R:+4dBu(最大入力レベル:+24dBu)

■入力インピーダンス
 AUDIO IN L/R:15kΩ

■出力レベル
 AUDIO OUT L/R:+4dBu(最大出力レベル:+24dBu)
 PHONES:92mW+92mW(32Ω)

■出力インピーダンス
 AUDIO OUT L/R:600Ω
 PHONES:10Ω

その他

■電源
 AC100V(50/60Hz)

■消費電力
 75 W

■外形寸法
 482(幅)×300(奥行き)×109(高さ)mm
 ※ラック・マウント・アングルを取り付けた状態

■質量
 5.3kg
 ※ラック・マウント・アングルを含む

■動作温度
 +5〜+40℃

■付属品
 取扱説明書
 電源コード(2P-3P変換器)
 ラック・マウント・アングル×2
 保証書
 ローランド ユーザー登録カード

※0dBu=0.775Vrms
※本製品の電磁適合性規格は、FCC Part 15 Class Aです。

メディア掲載