コンテンツにスキップ

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明

12G/3G/HD/SD-SDI信号対応の4分配器

高性能のケーブルイコライザー、マルチレートリクロッカーを内蔵していますので、ケーブル長100m(L-5.5CUHD)の12G-SDI信号を受信し、分配することが可能です。
12G/3G/HD/SD-SDI以外の信号はリクロッカーをバイパスします。
全出力チャンネル正極性出力に対応していますので、DVB-ASI信号(EN50083-9)を4分配することが可能です。

【主な特長】

■12G/3G/HD/SD-SDI以外の信号はリクロックせずバッファーして出力 ※1
■全出力チャンネルDVB-ASI信号(EN50083-9)対応
■ケーブル長チェック機能 ※2
■SNMPに対応 ※3、※4

※1 270MbpsのDVB-ASI信号はリクロックして出力する場合、正面インジケーターの270Mランプが緑色に
   点灯します。
※2 リクロッカーがロックしない周波数の信号(SMPTE 310M-1998等)に対しては、ケーブル長チェック機能の
   ご利用はできません。
※3 SNMP対応のVbus筐体が必要です。詳細は弊社までお問い合わせください。
※4 SNMPトラップは、基板の抜き差し、及びリクロックステータスに対応しています。リクロッカーがロックしない
   周波数の信号(SMPTE 310M-1998等)に対しては、SNMPによる監視はできません。



仕様

備考

※SD、6G-SDIは将来検討です。

定格

■入力信号
【SDI IN】 
 SMPTE2082-1, SMPTE424M, SMPTE292M, SMPTE259M-C,EN50083-9,
 SMPTE 310M-1998準拠   0.8Vp-p/75Ω、BNC 1系統

■出力信号
【SDI OUT1-4】
 SMPTE2082-1, SMPTE424M, SMPTE292M, SMPTE259M-C,EN50083-9,
 SMPTE 310M-1998準拠   0.8Vp-p±10%/75Ω、BNC 各1系統

■動作温度
 0-40℃

■動作湿度
 20-80%RH(ただし結露なき事)

■消費電力
 4.25VA (5V,0.85A)

■質量
 0.30kg

入力特性 SDI IN

■イコライザー特性
 12G:100m(L-5.5CUHD)
 3G:120m(5CFB)
 HD:260m(5CFB)
 SD:500m(5CFB)

※ケーブル長は使用する機器やケーブルの性能・品質、設置場所や
 使用環境により大きく変わります。

■反射減衰量
 12G:3GHz-6GHz,7dB以上/6GHz-12GHz,4dB以上
 3G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
 HD:5MHz-1.485GHz,15dB以上
 SD:5MHz-270MHz,15dB以上

出力特性 SDI OUT

■信号振幅
 0.8Vp-p±10%/75Ω

■反射減衰量
 12G:3GHz-6GHz,7dB以上/6GHz-12GHz,4dB以上
 3G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
 HD:5MHz-1.485GHz,15dB以上
 SD:5MHz-270MHz,15dB以上

■立ち上がり/立ち下がり時間
 12G:45ps以下(20%-80%間)
 3G:135ps以下(20%-80%間)
 HD:270ps以下(20%-80%間)
 SD:0.4ns-1.5ns(20%-80%間)

■オーバーシュート
 10%以下

■DCオフセット
 0V±0.5V以内

■ジッター特性
 【アライメント】
  12G:0.3UI、3G:0.3UI、HD:0.2UI、SD:0.2UI

 【タイミング】
  12G:2.0UI、3G:2.0UI、HD:1.0UI、SD:0.2UI

機能

■信号入力ステータス及びリクロックステータス表示
 モジュール正面のランプで、入力信号の有無及び入力信号のリクロックレートが判別できます。リクロッカーがロックしない信号(SMPTE 310M-1998規格等)を
 入力した場合、INPUTのランプは点灯します、ビット・レートランプは点灯しません、ただし、信号分配はされます。
 12G/6G/3G/HD/SD-SDI信号を入力した場合は、ビット・レートランプが緑色に点灯します。
 270MbpsのDVB-ASI信号はリクロックして出力する場合、正面インジケーターの270Mランプも緑色に点灯します。
 またはケーブル長チェック機能を利用している場合入力に接続しているケーブルが設定閾値ケーブル長より長い時
 ビット・レートランプが橙色点滅します。

■LARM出力
 信号未入力時に、筐体の接点ALARM出力端子よりアラーム信号を出力することができます。
 信号未入力の検出条件は、入力信号レベルが信号検出閾値レベルより低い時です。
 従って、信号未入力の場合、アラーム信号が出力されます。
 またはケーブル長チェック機能を利用している場合入力に接続しているケーブルが設定閾値ケーブル長より長い時です。
 この機能は基板上のスイッチで有効/無効の設定ができます。
 例えば、リクロッカーがロックしないで十分な信号レベルがある信号(SMPTE 310M-1998規格等)を入力した場合、アラーム信号が出力されません。

■SNMP監視
 SNMPトラップは、基板の抜き差し、ケーブル長チェックステータス及びリクロックステータスに対応しています。
 リクロッカーがロックしない周波数の信号(SMPTE 310M-1998等)に対しては、SNMPによる監視はできません。