コンテンツにスキップ

Panasonic AV-HS410N ライブスイッチャー

お取り寄せ
¥1,353,000
(税込)

ポイント付与予定数:

分割金利0%でラクラクあと払い
オリコショッピングクレジット

管理番号:N_1062600

【重要】※ファームウェア更新情報等は以下のメーカーサイトにてご確認をお願い致します。
http://eww.pass.panasonic.co.jp/p2ui/guest/TopLogin.do?lang=ja&category=pav

【ご注意】
※オプションボードによる3Dスイッチング機能は本機に導入されません。詳細につきましてはこちらをご確認ください。

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明

19型ラックサイズ幅のコンパクトな一体型ボディながら、標準で9系統の入力信号、オプションボードを使用すれば最大13系統の入力に対応可能なHD/SDスイッチャブルの1M/Eライブスイッチャー

●標準9系統入力/6系統出力(最大13入力/10出力)
標準装備の入力はSD(I HD/SD)8系統とDVI-D 1系統、合わせて9系統。出力はSDI(HD/SD)5系統とDVI-D 1系統、合わせて6系統を備えています。2基設けられたオプションボードスロットは入力/出力どちらのボードにも使用でき、入力ボードを使用した場合は最大13系統入力に、出力ボードを使用した場合は最大10系統の出力に拡張可能です。

●HD/SDマルチフォーマット
標準で1080/24PsFを含めたHD/SDマルチフォーマットに対応しています。システム周波数も59.94Hz/50Hz/24Hzスイッチャブル。デジタルシネマ制作や、ワールドワイドでの運用に応えます。豊富なオプションボードによりアナログコンポーネントなど多彩な信号の入出力に対応できます。

●全入力フレームシンクロナイザー内蔵
すべての入力チャンネルにフレームシンクロナイザーを内蔵しており、非同期の映像信号のスイッチングにも対応します。ゲンロック機能も備え、外 部同期信号(B.B.またはTRI)を基準にした同期システムにも対応します。

●アップコンバート、Dot by Dot、ビデオプロセス
入力4系統にSD/HDアップコンバート機能を、入力8系統にDot by Dot機能を装備しています。Dot by Dot入力によりSD素材を劣化なくHD映像にPinPできます。また入力8系統にはカラーコレクション調整を行えるビデオプロセス機能を内蔵しています。

●AUX バス4系統
PinPは2系統、AUXバスは4系統を装備。PinPにはボーダーやソフト効果を付加できます。バストランジション機能(PinPバス、AUXバスでの切替効果)はカットだけでなくMIXトランジションも可能(AUX1のみ)。M/E列との組合せにより、さまざまなシーンでの多彩な運用をサポートします。

●多彩なトランジションとエフェクト
標準のワイプ、ミックス、カットに加えて縮小、スライド、スクイーズ、3Dワイプなど2チャンネルを用いた多彩なDVEトランジションパターンを搭載しています。

●新機能ビデオメモリー2系統
静止画(STILL)または動画(CLIP)を2系統保存でき、バス素材として選択できます。動画はキー信号付きで録画・再生が可能(59.94i の場合で最大約20秒/600フレームまで)。 SDHC/SDメモリーカードもしくはPC等からLAN経由で動画・静止画ファイルを転送することも可能です。
※:LAN経由での動画・静止画ファイルの取り込みは将来対応予定です。

●SDHC/SDメモリーカードスロットを装備
SDHC/SDメモリーカードを使用して、ビデオメモリー、ショットメモリーデータ、イベントメモリーデータ、セットアップデータを保存できます。

●Primatte 高品位クロマキー
キーヤーはリニアキー、ルミナンスキー、クロマキーを装備。クロマキーには多くのノンリニア編集機のプラグインソフトウエアとして定評あるPrimatteアルゴリズムを搭載。世界中の映画、テレビプロダクション、ミュージックビデオ、コマーシャルフィルムで使用されるPrimatteの高品位な画質をライブスイッチャーのリアルタイム処理で実現しました。優れたブルー・スピル処理により、シルクやガラスなどの透過素材も、背景色にあわせて自然に合成します。さらに髪の毛などの緻密な素材も、ディティールまでしっかりと再現できます。 さらにDSKを1系統装備、ボーダーやシャドウなどエッジ効果も加えられます。

●ショット(SHOT)メモリー
バックグラウンドのトランジションパターンやPinPのサイズ、ボーダーの幅など映像効果を100個まで登録し、呼出して実行できます。エフェクトディゾルブを設定すれば、現在の映像からショットメモリーに登録されている映像や動作への切り替えをスムーズに変化させることができます。

●イベント(EVENT)メモリー
ショットメモリーに登録できる映像効果をイベントとして、最大64イベントまでの連続した映像効果を登録・呼出しできる機能がイベントメモリー。表現力の豊かな連続した効果を簡単に、かつなめらかに実行ができます。100個のイベントメモリーが登録可能です。

●新機能メモリープレビュー
ショットメモリーまたはイベントメモリーをプレビューできる新機能です。これにより1M/Eスイッチャーでありながら、オンエア中にも映像効果の確認が可能となりました。とくにライブ運用における利便性を高めています。

●7型カラーLCDモニターにマルチモード表示
操作パネルにWVGA(800×480)表示の7型カラーLCDを内蔵しました。設定メニュー、映像モニター、WFM/VECTORなど多彩な表示モードを切換えて表示できます。マルチビュー、メモリープレビューにも対応。本機だけで、視線移動が少ない快適な操作で運用が可能です。

●強化されたマルチビューディスプレイ
PVW、PGM、および全ソース映像を1画面にまとめて分割表示できるマルチビュー機能。4画面/5画面/6画面/9画面/10画面/16画面の分割表示が可能です。各画面には入力信号名、オーディオレベルメーター、4:3マーカーをオーバーレイ表示可能。また時計表示もできます。多チャンネルのシステムを1台のモニターで効率良く運用できます。

●操作性にすぐれたパネルレイアウト
Aバス/Bバス各列に12個(SHIFT拡張機能で最大22個)のクロスポイントボタンなど、ダイレクトな操作を可能にするシンプルなパネルレイアウト。各種機能の設定や登録はLCDモニターのマトリックスメニューとロータリースイッチにより素早く直感的に行えます。また8個のユーザーボタンを備え、各種機能を割り当ててワンタッチで実行できます。すぐれた操作性により、ライブ送出における迅速・的確な操作をサポートします。

●SDK提供によりプラグインソフトに対応
プラグインソフトウェアによる柔軟な機能拡張に対応しています。メーカーが提供するSDK(Software Development Kit/ソフトウェア開発キット)により、サードパーティーやSI事業者が自由にソフトウェアを開発し、新たな機能をAV-HS410Nに追加することを可能にしています。これにより、外部コントローラーやPCによる本機の制御、カメラコントロールなど本機からの外部機器の操作、本機や映像ソースに関するステータス情報の外部への出力など、さまざまなニーズに応えるシステム対応が可能です。

仕様

映像入力 (最大:13系統)

標準SDI:8系統、BNC×8(SDI INPUT1-SDI INPUT8)(SDI INPUT5-SDI INPUT8はアップコンバーター機能を使用可能)
標準DVI-D:1系統、DVI-D×1
オプション:最大4系統(IN A1、IN A2、IN B1、IN B2)(2つの入出力兼用スロットに最大2枚取り付け可能)

映像出力 (最大:10系統)

標準SDI:5系統、BNC×6 (SDI OUTPUT1-SDI OUTPUT5×各1、SDI OUTPUT1のみ2分配出力)
標準DVI-D:1系統、DVI-D×1
オプション:最大4系統(OUT A1、OUT A2、OUT B1、OUT B2)(2つの入出力兼用スロットに最大2枚取り付け可能)
・SDI OUTPUT1-SDI OUTPUT5、DVI-D OUT、OUT A1、OUT A2、OUT B1、OUT B2にはPGM、PVW、AUX1-AUX4、MV(MULTI_VIEW)、CLN、KEYOUT、MEM PVWをアサイン可能。
・CLNは、メニューによりKEY/DSKからプリセレクト可能

信号フォーマット

SD:480/59.94i、576/50i
HD:1080/59.94i、1080/50i、720/59.94p、720/50p、 1080/24PsF(※)、1080/23.98PsF(※)
※AV-HS04M1、AV-HS04M2、AV-HS04M3、AVHS04M4、 AV-HS04M5、AV-HS04M6、AV-HS04M7のオプションボードは対応していません。

信号処理

Y:PB:PR…4:2:2 10bit(ただしビデオメモリーは8bit)
RGB…4:4:4 8bit

ME数

1ME

SDI入力

HD SDI:HDシリアルデジタル(SMPTE292M)
SD SDI:SDシリアルデジタル(SMPTE259M)
標準 8系統:IN1-IN8
最大 12系統:IN A1、IN A2、IN B1、IN B2(AV-HS04M1を2枚使用時、Activeスルー付)
・HD(SMPTE292M(BTA S-004B)準拠)
0.8V[p-p]±10%(75Ω)
自動イコライザー…100m以上(1.5Gbps/5C-FBケーブル使用時)
・SD(SMPTE259M 準拠)
0.8V[p-p]±10%(75Ω)
自動イコライザー…200m(5C-2Vケーブル使用時)

SDI出力

HD SDI:HDシリアルデジタル(SMPTE292M)
SD SDI:SDシリアルデジタル(SMPTE259M)
標準 5系統:OUT1×2、OUT2-OUT5×1
最大 9系統:OUT A1、OUT A2、OUT B1、OUT B2 (AV-HS04M7を2枚使用時)
・HD(SMPTE292M(BTA S-004B)準拠)
出力レベル…0.8V[p-p]±10%
立上がり時間…HD:270ps未満
立下がり時間…HD:270ps未満
立上がり/立下がり時間差…HD:100ps以下
アライメントジッター…HD:0.2UI(130ps)以下
タイミングジッター…HD:1.0UI以下
アイ開口率…90%以上
DCオフセット…0±0.5V
・SD(SMPTE259M準拠)
出力レベル…0.8V[p-p]±10%
立上がり時間…1.5ns以下立下がり時間…1.5ns以下
立上がり/立下がり時間差…0.5ns以下
ジッター…0.2UI以下

DVI-D入出力

デジタル RGB:XGA(1024×768)、WXGA(1280×768)、SXGA(1280×1024)、 WSXGA+(1680×1050)、UXGA(1600×1200)、 WUXGA(1920×1200)
垂直周波数:60Hz
映像フォーマット入力:
デジタル RGB…1080/50p、1080/59.94p
垂直周波数…システムフォーマットと同じ
映像フォーマット出力:
デジタル RGB…1080/50p、1080/59.94p、1080/50i、1080/59.94i、720/50P、720/59.94p
※アナログ信号の入出力はサポートしていません。
※出力はハイレゾリューションマルチビューモード対応:システムモードが SDのときでも高解像度で出力します。
(ハイレゾリューションマルチビューモードを有効にしたときは、 DVI-DOUT出力にMVが選択され、SDI OUTではMVを選択することはできません。)
※HDCPには対応していません。
標準入出力:各1系統(DVI-D IN、DVI-D OUT)
※DVI-Iコネクターケーブルは使用できません。
※DVI-Dコネクターケーブルは、5mまでの長さを使用してください。

リファレンス入出力

GENLOCKモード:ブラックバーストまたは TRI入力信号(ループスルー付)
内部同期モード:ブラックバースト出力信号×2
・システムフォーマットと同じフィールド周波数に対応
・1080/24PsFフォーマット時は、ENLOCKモードのみに対応
・1080/23.98PsFフォーマット時は、10F-ID付きブラックバースト(SMPTE318M準拠)またはTRI信号に対応。

各種オプションボード使用時

[コンポジット入力]
アナログコンポジット NTSC/PAL(1.0V[p-p]、75Ω)
最大 4系統:IN A1、IN A2、IN B1、IN B2(AV-HS04M6を 2枚使用時、ループスルー付き)

[アナログ入力]
SD/HDアナログコンポーネントY/PB/PR(1.0V[p-p]、75Ω)
最大 4系統:IN A1、IN A2、IN B1、IN B2(AV-HS04M2を2枚使用時)

[アナログ出力]
SD/HDアナログコンポーネントY/PB/PR(1.0V[p-p]、75Ω)
最大 4系統:OUT A1、OUT A2、OUT B1、OUT B2 (AV-HS04M4を2枚使用時)
AV-HS04M5を2枚使用時は2系統(OUT A1、OUT B1)

[DVI-I入力]
アナログ/デジタル RGB、垂直周波数 60Hz、HDCP非対応
XGA(1024×768)、WXGA(1280×768)、SXGA(1280×1024)
最大 4系統:IN A1、IN A2、IN B1、IN B2(AV-HS04M3を 2枚使用時)

[DVI-I出力]
アナログ/デジタル RGB、垂直周波数 60Hz、HDCP非対応
XGA(1024×768)、WXGA(1280×768)、SXGA(1280×1024)、 WSXGA+(※)(1680×1050)、UXGA(※)(1600×1200)、 WUXGA(※)(1920×1200)
※デジタルのみ最大 2系統:OUTA2、OUTB2(AV-HS04M5を 2枚使用時)

[DVI-D入力]
デジタル RGB:XGA(1024×768)、WXGA(1280×768)、SXGA(1280×1024)、 WSXGA+(1680×1050)、UXGA(1600×1200)、 WUXGA(1920×1200)
垂直周波数:60Hz
デジタル RGB:1080/50p、1080/59.94p
※アナログ入力はサポートしていません。
※HDCPには対応していません。
最大 4系統:IN A1、IN A2、IN B1、IN B2(AV-HS04M8を 2枚使用時)
※DVI-Iコネクターケーブルは使用できません。
※DVI-Dコネクターケーブルは、5mまでの長さを使用してください。

映像遅延時間

1ライン(H)(フレームシンクロナイザーの設定が「Off」でアップコンバーターの設定が「Off」のとき)
1フレーム(F)(フレームシンクロナイザーの設定が「On」、またはアップコンバーターの設定が「On」のとき)
・PinP、DVE、マルチビュー、ダウンコンバーター、DVI-IN、 DVI-OUTを経由した場合、それぞれ最大 1フレームの遅延が加わります。

制御 I/O(LAN)

RJ-45
10BASE-T/100BASE-TX(IP制御用)
接続ケーブル:LANケーブル(カテゴリー5以上)、最大100m、STP(ShieldedTwistedPair)ケーブルを推奨
・ハブ(スイッチングハブ)に接続する場合は、ストレートケーブルを使用してください。ハブを介さずにPCと1対1で接続するときは、クロスケーブルを使用してください。
・本機と接続する機器は、同一セグメントでの運用を推奨します。セグメントが異なる機器との接続を行う場合は、ネットワーク機器固有の設定などに依存した事象が発生する可能性がありますので、運用開始前に本機と接続対象機器との接続確認を十分に行ってください。

制御 I/O(EDITOR)

D-sub9ピン、メス
編集機制御用
RS-422 制御端子
通信方式
ボーレート…38400bps、キャラクター長…8bit、パリティ…奇数(ODD)、ストップビット…1bit、フロー制御…無し

制御 I/O(COM)

D-sub9ピン、メス
外部機器制御用
RS-422 制御端子
通信方式(メニューにて選択)
・Mode:1(初期設定)
ボーレート…9600bps、キャラクター長…8bit、パリティ…無し、 ストップビット…1bit、フロー制御…無し
・Mode:2
ボーレート…38400bps、キャラクター長…8bit、パリティ…奇数(ODD)、ストップビット…1bit、フロー制御…無し
・Mode:3
ボーレート…38400bps、キャラクター長…8bit、パリティ…無し、ストップビット…1bit、フロー制御…無し

制御 I/O (TALLY/GPI1TALLY/GPI2)

D-sub15ピン、メス×2
INPUT:8入力、汎用、フォトカプラ受け
OUTPUT:19出力、R・Gタリー、汎用から選択
ALARM:1出力、オープンコレクター出力(負論理)

その他

BOOTスイッチ[SV/NM(サービス/ノーマル)](メンテナンス用)
通常は、'NM'の位置で使用してください。