コンテンツにスキップ

DJI CA2040 Osmo Action 4 アドベンチャーコンボ

DJI CA2040 Osmo Action 4 アドベンチャーコンボ

DJI
在庫あり
元の価格 ¥60,500 - 元の価格 ¥60,500
元の価格
¥60,500
¥60,500 - ¥60,500
現在の価格 ¥60,500
(税込)

ポイント: (1%還元)

管理番号: N_1183351
GTIN:6941565965080
新規登録後、すぐ使えるクーポンをアプリで配布中

疑問解決 DJI製品Q&A

Q.Osmo Action 4の駆動時間について教えてください。

A.Osmo Action 4の最大駆動時間は160分、-20℃の低温環境では150分です。

Q.Osmo Action 4に外部マイクを使用することはできますか?

A.はい。Type-C – 3.5mm変換ケーブルを使用して、Osmo Action 4にサードパーティー製の外部マイクを接続することができます。

Q.Osmo Action 4にサードパーティ製のアクションカメラ用アクセサリーを取り付けることができますか?

A.はい。クイックリリース式アダプターマウントを使用して、サードパーティ製のアクションカメラ用アクセサリーを取り付けることができます。

DJI CA2040 Osmo Action 4 アドベンチャーコンボの商品説明

【主な特長】
1/1.3インチ センサー&驚愕の低照度性能
10-bit&D-Log M カラーパフォーマンス
耐寒性&長時間駆動バッテリー
4K/120fps&155º超広角FOV [1]
マグネット クイックリリース&縦向き撮影ネイティブ対応 [2]
360° HorizonSteady
防水性能 最大18 m
デュアル フルカラー タッチスクリーン

 

1/1.3インチ イメージセンサー

絞り値f/2.8と2.4μm相当のピクセルサイズにより、日の出から日没、そして夜間まで、常に細部まで鮮明に捉えることができます。


10-bit&D-Log M カラーパフォーマンス

10-bit D-Log Mカラーモード [3]により、約10億もの色情報を記録でき、幅広いダイナミックレンジで後編集の柔軟性が向上します。


4K/120fps

4K UHD 120fps動画撮影対応で [4]、迫力ある動きの一瞬一瞬をじっくり味わえます。


155° 超ワイドアングル

人の目の遠近感に近い視界で、引き込まれるような超広角FOV映像を体験できます。


場面に応じた安定化機能

360º HorizonSteady

360° HorizonSteadyは、単なるアクションカメラの映像ブレ補正機能の域をはるかに超え、フリップ、ツイスト、ターンといった激しい動きでカメラがどんなに傾いても、水平方向の傾きを補正し、水平を維持した映像を撮影します。


そこまで激しいアクションをしない場合は、HorizonBalancingを使いましょう。最大±45ºの範囲で水平の傾きを補正します。

RockSteady 3.0

RockSteady 3.0を使えば、POVショットが超絶滑らかになります。 4K/120fps撮影でも威力を発揮します。

 

色温度キャリブレーション

高度な色温度センサーにより、屋外でも屋内でも、さらには水中でも、見たままの色合いを再現でき、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえます。

 

色鮮やかな水中映像

DJI MimoアプリでAction 4の色温度センサーからの視覚情報を同期でき、波の下に広がる目を見張るような水中世界を繊細に捉えます。


直感的な操作

マグネット クイックリリース設計

マグネット クイックリリースで素早い装着が可能

縦向き撮影ネイティブ対応

保護フレーム(水平&垂直取り付け)をカメラに装着するだけで、無駄なく一瞬で、縦向き撮影に切り替えられます。

デュアル タッチスクリーン

撥水性を備え、汚れにも強い2枚のタッチスクリーンを搭載し [5]カメラを引っくり返すことなくパラメーター調整、セルフィー撮影、モード切り替え、動画再生が可能。

カスタムモード&クイックスイッチボタン

よく使う設定をC1からC5のショートカットに保存して、クイックスイッチボタンや音声プロンプトで素早くモードを切り替えることができます。


タフで頑丈、コンパクト

水深18 mの防水性

濡れた手でも簡単に操作。防水ケースなしでも水深18 mまでの防水性を発揮するように設計されています。[6] 

長時間駆動、急速充電に対応

2時間半以上も使用可能 [7]、急速充電に対応しているので、わずか18分で80%まで充電可能[8]

長時間のバッテリー駆動

2時間半以上


急速充電 

18分で、80%まで充電


低温環境でも、高いパフォーマンス

耐寒性を備えたバッテリーで、凍てつく環境でも、遺憾なく創造性を発揮できます。-20℃の低温環境でも最大150分まで撮影を行えます。[9] 

 

AIを駆使した、消えるセルフィースティック

インビジブル スティック機能がアップグレード。幅広い撮影シナリオで撮影映像からセルフィースティックを消すことができ [10]、驚きの映像に仕上がります。

 

GPS内蔵 Bluetoothリモコン&スポーツトラック機能

速度、勾配、加速度などのデータを記録して、その総合データを動画中に表示して、あらゆる側面で面白さを伝えます。[11]


インテリジェントモード

広がる撮影オプション

音声が鮮明に聞こえるダイナミックなショットを撮影したり、シームレスな後編集が可能だったり、Action 4は、展開の速いスポーツシーンを切れ味良く捉えることができます。

ステレオ録音

複数の内蔵マイクを使って、高音質録音を実現し、鮮明でクリアなサウンドを味わえます。また、Action 4は外部接続でDJI Micと接続すると、録音オプションが広がります。

周囲のノイズを低減

ワイヤレスマイク

マイクが3つ搭載され、無指向性音声録音で臨場感のある音声を捉えます。アクションカメラの底部の目立たない場所にマイクが内蔵され、高度な風ノイズ低減機能を搭載しているため、風の強い環境や素早く移動するような撮影シナリオでもクリアな音声を実現します。

Action 4はDJI Micと互換性があり [11]、伝送範囲は最大250 mとなっています。[12] また、Action 4は、Type-C - 3.5mm変換ケーブルを使用して、外部マイクに接続することもできます。

※完全なオーディオ体験を実現するにはヘッドフォンを使用してください

Wi-Fiライブ配信

Wi-Fiやお使いのスマートフォンのホットスポット機能を使用したライブ配信に対応しています。

長時間配信の場合は、外部電源を使用して、常にアクションカメラを充電することができ、配信が途中で途切れるようなことはありません。

音声での確認・操作

音声プロンプト

音声操作

クイックスイッチボタンを短く押すと、カメラが現在の撮影モードを音声で教えてくれます。画面を直接見れないような状況でも、変更したいモードに切り替えることができます。

手が塞がっているような場合は、音声操作 [13]の利用が可能

タイムコード同期

タイムコード機能で複数のカメラで撮影した映像を同期できるので、より効率的な編集が可能です。

 

LightCut アプリ

AI編集

LightCutアプリは撮影した映像のハイライトシーンを自動で認識して、理想的な撮影シークエンスをあなたにお勧めします。ワンタッチで、素晴らしい仕上がりの4K HD動画が簡単に作成できます。また、さまざまな種類のテンプレートから選択すれば、表現力豊かなコンテンツを生成してくれます。

ワンタッチ編集

たくさんのテンプレートを搭載

ワイヤレス接続

LightCutは、撮影映像内のテーマを認識し、自動で編集して、4K/60fps動画を出力します。

バイク、ダイビング、サーフィン、スキー、スノーボードといった様々なクリップを自動で選択し、専用テンプレートとスマートにマッチさせて、壮大な映像を生成できます。キャンプ、Vlog、旅行、パーティーなどのテンプレートも利用できます。

Wi-Fi経由でワイヤレス接続して、すばやくプレビューしたり、アクションカメラから映像をエクスポートせずに自動編集できるので、スマートフォンの空き容量を節約できます。

 

Osmo Actionシリーズ 製品比較

Osmo Action 4

Osmo Action 3

DJI Action 2 Powerコンボ

1/1.3インチCMOS

センサー

1/1.7インチCMOS

センサー

1/1.7インチCMOS

センサー

145 g

重量

145 g

重量

120 g

重量

160分 [7]

動作時間

160分 [18]

動作時間

70分(カメラユニット)180分 [19] (カメラユニット & パワーモジュール)

動作時間

水深18 mまで

防水ケースなし

水深16 mまで

防水ケースなし

水深10 mまで

防水ケースなし

-20°C~45°C

デバイス温度

-20°C~45°C

デバイス温度

0℃~40℃

デバイス温度

4K/120fps

動画 最大解像度

4K/120fps

動画 最大解像度

4K/120fps

動画 最大解像度

急速充電に対応

急速充電に対応

-

クイックリリース設計

クイックリリース設計

クイックリリース設計

RockSteady 3.0/3.0+

HorizonSteady
HorizonBalancing

安定化システム [20]


RockSteady 3.0/3.0+

HorizonSteady
HorizonBalancing

安定化システム [20]


RockSteady 2.0

HorizonSteady
HorizonBalancing

安定化システム [20]



  1. 155° FOVは、最大4K/60fpsの動画撮影に対応し、映像ブレ補正機能をオフにする必要があります。
  2. 縦向き撮影には、保護フレーム(水平&垂直取り付け)が必要です。
  3. 10-bitカラーは、D-Log Mカラーモード時のみ対応。
  4. 120fpsの高フレームレートは、1080p、2.7K 16:9、または4K 16:9ビデオ撮影時のみ適用できます。
  5. 前面・背面の画面とガラスレンズカバーは、AFコーティングにより撥水性を発揮します。傷などがついた場合、撥水性に影響します。
  6. 本製品を水中で使用する前に、バッテリーカバーとUSB-Cポートカバーを閉じ、ガラスレンズカバーをしっかりと締めてください。長時間水中で撮影する場合や高い衝撃圧力や水圧がかかる場合、防水ケースの使用をおすすめします。Osmo Action 4と防水ケースは、保護等級IP68を誇ります。温泉など腐食性のある液体中で、カメラを使用しないでください。また、酸性アルカリ性のpHが極端な水環境や不明な液体中で使用しないでください。
  7. 25℃のラボ環境にて、RockSteadyオン、Wi-Fiオフ、画面オフの状態で1080p/24fps (16:9)を撮影時に測定したデータです。このデータはあくまで参考用です。
  8. 25℃のラボ環境下で、以下の条件で測定:DJI 30W USB-C充電器を使用、写真・動画撮影機能が無効で、画面オフ。この測定値は、あくまで参考値です。
  9. -20℃のラボ環境にて、RockSteadyオン、Wi-Fiオフ、画面オフの条件で、1080p/24fps (16:9)の動画を撮影時に測定したデータです。このデータはあくまで参考用です。
  10. インビジブル スティック機能は、クラウド上でスティックを削除する場合は最大1920×1440までの動画に対応し、ローカルで削除する場合は最大1280×960まで動画に対応しています。
  11. 別売になります。
  12. FCCに準拠し、干渉のない、開けた屋外環境で測定された値です。(日本国内では、160 m)
  13. 現在、本機能は英語と標準中国語にのみ対応しています。静かな環境で、はっきりとした正確な発音で音声操作を行ってください。
  14. 理想的な取付温度範囲は、-10℃~40℃です。曲がった表面に取り付けないでください。取り付け面が清潔であることを確認してください。取り付け後、接着面を10秒間押し付けてください。その後、30分放置してから、使用することをおすすめします。
  15. Osmo Action ミニ ハンドルバー マウントは、直径8〜35 mmの丸型ハンドルバーに対応しています。
  16. * Osmo Action バイトマウントの口に直接触れるプラスチック部分は、FDA(米国食品医薬品局)の基準を満たしています。
  17. ロッククライミングやダイビングなど、特定のエクストリームスポーツを行う際には、注意してください。窒息の危険性を回避するため、首周りに巻き込まれるような異物がないか確認してください。
  18. 25℃のラボ環境下で、以下の条件で測定:画質最適化が無効の状態の通常の動画モードで1080p/30fps動画撮影、EIS無効、前面・背面の画面をオフ。この値は、あくまで参考用です。
  19. 最大駆動時間は、ラボ環境下にて、EIS(電子式映像ブレ補正)がオフの状態で、1080p/30fpsでの動画撮影(省電力モードがオン)で測定された値です。
  20. スローモーションとタイムラプスモード中は、EIS(電子式映像ブレ補正)に対応していません。HorizonSteadyは、16:9のアスペクト比で1080p/2.7K動画 (≤60fps)の撮影のみに対応し、HorizonBalancingは16:9のアスペクト比で1080p/2.7K/4K 動画 (≤60fps)のみに対応しています。

    レビュー

    実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
    掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!