コンテンツにスキップ

Canon EL-5 スピードライト

お取り寄せ
¥60,000
(税込)

ポイント付与予定数:

管理番号:N_1177604
GTIN:4549292207569
2023年3月発売予定。ただいまご注文受付中です。

※旧アクセサリシューを搭載したカメラ(EOS R5、EOS R6、EOS R、EOS RP、EOS-1D X Mark III、EOS 5D Mark IVなど)には対応していません。

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

Canon EL-5 スピードライトの商品説明

マルチアクセサリーシュー対応スピードライト

作例:マルチアクセサリーシュー対応スピードライト

スピードライト EL-5は、システム拡張が可能な次世代インターフェース、マルチアクセサリーシュー搭載のEOS R3、EOS R6 Mark II、EOS R7、EOS R10と高度に連携。とくにEOS R6 Mark II接続時にはキヤノン製スピードライト初搭載となる数多くの連動機能を実現しています。

  • 旧アクセサリーシューを搭載したカメラ(EOS R5、EOS R6、EOS R、EOS RP、EOS-1D X Mark III、EOS 5D Mark IVなど)には対応していません。
  • 対応機種と組み合わせてスピードライト EL-5を使用する場合は、2023年3月公開予定のカメラ側のファームアップが必要です。
  • スピードライト EL-5は外部電源やカメラからの給電はできません。

ガイドナンバーはシリーズ最大※1の60※2。照射角24〜200mmをカバー

スピードライト EL-1と同様、キヤノン製スピードライトシリーズ最大※1のガイドナンバー60※2を実現。照射角は、広角側がワイドパネルなしで24mm、望遠側が200mm(35mm判換算)までカバー。ワイドパネル使用時は、焦点距離14mmにも対応。超広角レンズでも、画面の広範囲に投光します。

  • ※1キヤノン製スピードライトELシリーズにおいて。
  • ※2ISO100、照射角200mm時。

微小発光の下限を拡大。最小1/1024で光を繊細にコントロール

光量制御精度の向上を図り、下限領域での微小発光を実現。マニュアル発光の設定範囲は、スピードライト 600EX II-RTの1/1〜1/128から1/1〜1/1024に拡がり、高感度撮影の使用領域の拡大を実現しています。至近距離のストロボ撮影や手持ちの夜間ポートレートなど、さまざまな状況で光を繊細にコントロールすることが可能です。

高効率な充電回路を採用。約1.2秒の高速チャージを実現

大電流の放電が可能な充電式リチウムイオンバッテリー LP-ELを採用。スピードライト EL-1と同等の高効率な充電回路と併用することにより、スピードライト 600EX II-RTよりチャージ時間を短縮。約1.2秒の高速チャージを実現しました。動く被写体に発光し続けるため、待機時間によって撮れなかったシャッターチャンスを逃すことなく撮影することができます。

  • 新品・フル充電のLP-EL使用時。当社測定基準による。

動く被写体を発光しながら撮影。連続発光回数約95回以上

新たな放熱構造の採用により、約95回以上の連続フル発光が可能。高速チャージとの連携で、動き続ける被写体を発光しながら確実に撮り続けます。シャッターチャンスを逃せないウェディング撮影、報道現場の撮影でも短い発光間隔で、安定した連続発光が可能です。

  • 照射角35mm、レベル2の発光制限までの連続フル発光可能回数。新品・フル充電のLP-EL使用時。マニュアル発光時、当社測定基準による。

ストレスなく長時間撮影。大容量リチウムイオンバッテリー

図:バッテリー

スピードライト EL-5は、長時間の大量ショットが可能な充電式リチウムイオン電池を採用。これまで最大12本の乾電池の入れ替えが必要だった電池交換が、バッテリー1本のワンタッチ交換に。しかも、冷却ファンのない構造を採用し、電力を発光だけに使用するので、スピードライト EL-1の約335回を超える約350回※1の発光回数を実現しています。

  • ※1新品・フル充電のLP-EL使用時。当社試験基準による。
  • スピードライト EL-5は単3形アルカリ乾電池やニッケル水素電池は使用できません。また、外部電源やカメラからの給電はできません。

バッテリー残量を常時表示

図:バッテリー残量の常時表示

詳細情報(Battery info.)画面で、バッテリー残量の%表示、発光回数、劣化度の確認が可能。バッテリー交換のタイミングを予測しながら撮影できます。

日中でも、絞りを開放にしてボケ味を楽しむハイスピードシンクロ

カメラの同調速度を超えたシャッタースピードで発光を可能にする、ハイスピードシンクロ。通常のストロボ撮影では使えない高速シャッターが使えるので、日中の屋外でも、絞りを開いて背景を思いきりぼかすことができます。

順光(ストロボなし)

作例:順光(ストロボなし)

日差しの強い日中では、眩しさのために人物の表情も暗く見えがちです。

逆光(ストロボなし)

作例:逆光(ストロボなし)

顔に露出を合わせると、背景の白トビやコントラスト、発色の調整が難しくなります。

通常日中シンクロ

作例:通常日中シンクロ

シャッタースピードが制限され、絞り込む必要があるため、背景がぼかしにくくなります。

ハイスピードシンクロ

作例:ハイスピードシンクロ

表情の明るさ、背景のボケも実現。大口径レンズと組み合わせ、よりボケ味を生かした表現が可能です。

マルチアクセサリーシュー搭載機種との連携強化。
複雑なストロボ撮影も簡単に。

マルチアクセサリーシュー搭載のEOS R3、EOS R6 Mark II、EOS R7、EOS R10と高度に連携。複雑なワイヤレス撮影も簡単操作で行えます。ストロボを駆使したさまざまな撮影をスピーディーかつ簡単に設定できるため、一人での撮影も効果的に行うことができます。

ジョイスティック操作ひとつで素早く設定メニューを表示/メニューダイレクト機能

キヤノン製スピードライト初搭載 EOS R6 Mark IIのみ対応

  • 2022年11月時点

スピードライト EL-5をEOS R6 Mark IIに装着し、ジョイスティックで[メニューダイレクト]を選ぶと、カメラ内の画面に[ストロボ機能設定]の画面をダイレクトに呼び出し表示。EOS Rシステムならではのスムーズな連携を実現しています。なお、スピードライト EL-5と対応カメラがともにオートパワーオフ状態の場合、[メニューダイレクト]を選ぶと、スピードライト EL-5の電源がONになり、対応カメラの電源もONになります。

  • ジョイスティックの上/下/左/右に割り当ての変更も可能。
図:設定メニューを表示/メニューダイレクト機能メニューダイレクトボタン

 

図:設定画面設定画面

 

グループ発光の迅速な画面表示・操作/クイックストロボグループ制御

EOS R6 Mark IIのみ対応

  • 2022年11月時点

グループごとに細かな設定が必要だったグループ発光。EOS R6 Mark IIでは[ボタンカスタマイズ]で、[クイックストロボグループ制御]を割り当て可能。スピードライト EL-5とEOS R6 Mark IIの組み合わせの場合、カメラ側で[クイックストロボグループ制御]を選択すれば、カメラの画面を見ながら簡単・迅速にグループ発光を設定することができます。

[ワイヤレスグループ発光時の設定フロー]

図:ワイヤレスグループ発光時の設定フロー

シーンに最適な発光モードを瞬時に呼び出す/カスタム発光モード

キヤノン製スピードライト初搭載

図:カメラとストロボのカスタムモード連携

E-TTL自動調光、マニュアル発光、マルチ発光、グループ発光に加え、3つの発光モードを設定できる[カスタム発光モード]を新設。スピードライト EL-5で事前にカメラの撮影モードとの連動をONに設定すると、カメラの撮影モード[C1/C2/C3]に連動し、ストロボの発光モードが自動変更。撮影シーンに最適な発光モードに切り換えながら撮影を続けることができます。

撮影ケース①
E-TTL自動調光とマニュアル発光を瞬時に切り換え

作例:撮影ケース①
  • 画像はイメージです。

窓際の撮影で被写体との距離や光の状況が目まぐるしく変化する場合、人物の表情はE-TTL自動調光で、全体の雰囲気はマニュアル発光と、カメラの撮影モードに合わせて発光モードを瞬時に変更。シャッターチャンスを逃さず撮影することができます。

撮影ケース②
環境光が頻繁に変わるシーンにプログラムAE

作例:撮影ケース②
  • 画像はイメージです。

撮影状況が次々に変わる中、被写体を追いかけながら撮影する場合、プログラムAEとE-TTL自動調光を切り換えながら撮影。適切なカットを撮影後にセレクト。試し撮りができないシーンでも、理想の一枚を捉えることが可能です。

レンズ側の操作で調光補正や発光量を調整/コントロール機能割り当て

EOS R6 Mark IIのみ対応

  • 2022年11月時点

カメラの[ダイヤルカスタマイズ]で、RFレンズのコントロールリングに[調光補正/発光量]を割り当て可能。ストロボの発光モードがマニュアル発光のとき、[調光補正/発光量]設定時には調光補正に加え、発光量の変更もコントロールリングで操作できます。

図:[調光補正/発光量] 設定画面

スマホアプリひとつで完結/ワイヤレスストロボ設定

図:スマホ ワイヤレスストロボ設定画面スマホアプリで、多灯撮影システムを拡大

スマホアプリ[Camera Connect]で、ワイヤレスストロボ設定、レリーズ、撮影画像の確認を一括して実行。カメラ、ストロボに触れることなく、手元のスマホから操作・設定が行えます。多灯撮影や、コスプレの自撮りなど、手の届きにくい場所に設置したストロボ撮影にきわめて有効。スマホ画面で撮影結果を確認しながらストロボの位置や方向、光量の調節が行えます。

スピードライト EL-1の性能を踏襲しながら、高機能と小型化を実現

図:EL-5とEL-1との比較

スピードライト EL-1の基本性能を踏襲しながら、質量は約81g軽量、全長は約9mm短く、軽量・小型化を実現。長時間の手持ち撮影や持ち運びの際も軽快で、利便性の向上を実現しています。

放熱設計の最適化による小型化の実現

キセノン管、LEDランプの熱を逃す経路を分けて、発光部全体に熱を効率よく分散。放熱設計の最適化により、放熱ファンスペースを削減するとともに、発光部の小型化を実現しています。

直感的な操作・確認で、ストロボ撮影をさらに自由に

反射型メモリー液晶による視認性の向上

図:メモリー液晶

表示パネルには反射型メモリー液晶を採用。黒地に白文字/ノーマリーブラックの画面にすることで、暗い環境でも小さな文字やアイコンが見やすく、視認性の高い画面を実現しています。

直感的な操作・確認ができるジョイスティック

スピードライト EL-1の優れた操作性を継承。ほぼすべての操作をジョイスティックと選択ダイヤルで完結することができます。迷わず直感的な操作・確認ができるジョイスティックには、新たにカメラのモニターにストロボ機能設定画面を表示する[メニューダイレクト機能]が割り当てられ、撮影中でもよりスピーディーな設定変更が可能です。

図:ジョイスティック

ストロボ撮影を快適にする白色LEDモデリングランプを搭載

写真:モデリングランプ/AF補助光投光部

スピードライト EL-5はストロボ撮影を行う前にライティング効果を確認できる白色LEDのモデリングランプを2灯搭載。暗いスタジオでのピント合わせ、構図の確認に威力を発揮。発光時間や明るさを任意に変更することが可能です。ストロボ発光時には自動消灯されます。なお、この白色LEDはAF補助光としても使用されます。

眩しさを感じにくい、AF補助光の自動調光機能

キヤノン製スピードライト初搭載 EOS R6 Mark IIのみ対応

  • 2022年11月時点

人の眼は暗い場所で瞳孔が開き、わずかな光にも眩しさを感じます。AF補助光として使われる白色LEDの光量は、EOS R6 Mark IIに装着した際、周囲の明るさに応じて自動調光。人が眩しさを感じにくいように発光量を制御。夜間での人物撮影などに活躍します。

カメラから離れずに、レシーバーのモデリングランプを制御

キヤノン製スピードライト初搭載

多灯ストロボ撮影時に被写体の影の出かたを確認するため、電波通信ワイヤレス時、センダーストロボでレシーバーのモデリングランプの点灯/消灯の制御が可能に。撮影するたびにレシーバーまで移動し、手動で点灯/消灯させる作業は不要になりました。

  • 点灯/消灯のみで、光量設定はできません。各個体の設定に従います。
  • センダー、レシーバーともにスピードライト EL-5を使用した場合。

動感を自然に表現する電波通信ワイヤレス後幕シンクロ

スピードライト EL-5は、ワイヤレス発光時の後幕シンクロに対応。シャッターが閉じ始める直前に発光し、光跡を写しこんだ後に被写体にストロボ光を照射するので、動感を自然に表現することができます。オフカメラでの自在な光の演出も可能です。

  • 2023年3月公開予定のカメラ側のファームアップが必要です。

マニュアルモードの撮影をサポートするFEメモリー

E-TTL自動調光の発光量を記憶し、マニュアルモードに切り換えた後も同じ発光量に自動設定する[FEメモリー機能]。調光補正が必要なシーンでは微調整も可能なので、E-TTL自動調光の手軽さとマニュアル発光による安定したリピート撮影の連携が行えます。電源オフ時や電池交換時も設定は保持されるので、長時間の撮影でも安心です。

  • オートホワイトバランス、ストロボホワイトバランスで撮影した場合には、色味が変わる場合があります。
  • マニュアル発光量の設定は1/3段刻みのため、E-TTL発光時の発光量に一番近いマニュアル発光量に設定されるため、同光量にならない場合があります。
  • 電波通信ワイヤレス機能でFEメモリー機能を使用するためには、センダーとしてスピードライト EL-5を使用する必要があります。

悪条件の撮影に対応。シーンを選ばない防塵・防滴シーリング

EOS R5と同等の防塵・防滴性能を採用。外装部品の合わせ面や可動部にシーリングを施し、気密性を保持。悪条件下における撮影においても、砂塵や水滴などの侵入を抑えます。さらに、取り付け脚の部分にはゴム製の防塵・防滴アダプターを装着。 シューロック時にカメラ側のステージ部と密着することで、優れた防塵・防滴性を実現しています。

  • 防塵・防滴性能を発揮させるため、電池室や端子カバーなどの開閉部をしっかり閉じてください。
  • ストロボは防塵・防滴に配慮した構造になっていますが、砂塵や水滴などの侵入を完全に防ぐことはできません。

仕様

対応カメラ

EOS R3、EOS R6 Mark II、EOS R7、EOS R10

  • ※旧アクセサリシューを搭載したカメラ(EOS R5、EOS R6、EOS R、EOS RP、EOS-1D X Mark III、EOS 5D Mark IVなど)には対応していません。
  • ※対応機種と組み合わせてスピードライト EL-5を使用する場合は、2023年3月公開予定のカメラ側のファームアップが必要です。

ご注文前に必ずご確認ください

ご注文の際は、下記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。
ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

  • Canon EL-5 スピードライトは、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
  • 在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによってはお受けできない場合があります。
  • 商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
  • ご利用端末環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
  • お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。