コンテンツにスキップ

DJI M1615K DJI Mini 2 SE Fly More Combo

DJI M1615K DJI Mini 2 SE Fly More Combo

DJI
元の価格 ¥66,000 - 元の価格 ¥66,000
元の価格
¥66,000
¥66,000 - ¥66,000
現在の価格 ¥66,000
(税込)

ポイント還元(1%)

在庫あり
在庫: 4
管理番号:N_1181067  GTIN:6941565957177
新規登録後、すぐ使えるクーポンをアプリで配布中
ドローンの登録制度、お手続きについての御案内です。
詳しくはこちら
この機体はリモートID機能を搭載しています。IDの登録はファームウェア『DJI Fly』の設定で行います。
IDの登録方法はこちら
DJI製品の購入特典として、1年間無償で付帯されるドローン保険です。加入には登録手続きが必要です。
詳しくはこちら

ドローンスペック比較表

疑問解決 DJI製品Q&A

Q.DJI Mini 2 SEはDJI Mini 2とどのような違いがありますか。

A.DJI Mini 2 SEはDJI Mini 2に比べ、バッテリーの進化により飛行時間が最大31分になり、最大運用高度も4000mまで上昇しました。

Q.DJI Mini 2 SEのバッテリーは、どの機体と互換性がありますか。

A.DJI Mini 2 とDJI Mini 2 SEと互換性があります。

Q.DJI Fly 内蔵リモートID登録方法

A.DJI Flyアプリで内蔵リモートIDを登録する場合は、以下の手順で行ってください。
※内蔵リモートIDの登録前に、DIPSで機体登録を行う必要があります。続きを見る

DJI M1615K DJI Mini 2 SE Fly More Comboの商品説明


DJI MINI 2 SE
飛び出そう、ワクワクする世界へ

圧倒的なコストパフォーマンス

ドローン入門機として最適の DJI Mini 2 が進化!
DJI Mini 2 SE は、携帯性を保持したまま飛行時間が強化され、更にお買い求め易くなりました。
進化した DJI Mini 2 SE を持って出かけよう!

軽量249g未満
軽量249g未満
最大飛行時間31分
最大飛行時間31分
風圧抵抗 38km/h(スケール 5)
風圧抵抗 38km/h
(スケール 5)
初心者でも楽しめる簡単操作
初心者でも楽しめる
簡単操作
手軽に撮れるインテリジェントモード
手軽に撮れるインテリジェントモード
軽量で優れた携帯性

軽量で優れた携帯性

249g

小型・軽量が DJI Mini シリーズ最大の特長。DJI Mini 2 SE は、折り畳めば手の平サイズ、重さもリンゴ1個分。
どこにでも持ち運べます。

最大飛行時間31分

最大飛行時間31分

Max 31mins

DJI Mini 2 では18分だった最大飛行時間が、DJI Mini 2 SE では31分にまで増加。
ポジショニングにも十分な時間をかけられます。

パワフルな飛行

パワフルな飛行

風圧抵抗 レベル5
(最大風速38km/h)

DJI Mini 2 SEは、パワフルで安定した飛行を実現。
最大38 km/h(スケール5)の風が吹いている環境でも、ブレない映像を捉えます。

初心者でも楽しめる簡単操作

初心者でも楽しめる簡単操作

 

初めてでも大丈夫

機体を制御する『DJI Flyアプリ』には、初心者でも簡単に操作できる飛行チュートリアルが搭載されており、基本操作が学べます。

離着陸もワンタッチ操作で

離陸アイコン/着陸アイコンを長押しするだけで、機体が自動的に離陸/着陸します。

スマート機能が飛行をアシスト

GNSS、下方ビジョンシステム、赤外線検知システムを組み合わせ、機体は空中で安定してホバリングします。

Return-to-Home(ホーム帰還)

機体を見失った時の緊急帰還指示、バッテリー残量不足による自動帰還など、安心のホーム帰還機能を搭載しています。

インテリジェントモード

~ ドローンならではの撮影を手軽に ~

クイックショット

被写体を中心に回りながら撮影する「サークル」や
後方に上昇しながら引きの動画を撮る「ドローニー」など
印象的な動画が数回のタップで撮影できます。

【撮影モード】
ドローニー / ヘリックス /ロケット / サークル / ブーメラン

パノラマ

機体を中心に回転して周囲を撮影。
画像を自動で繋げて、広角の映像や球体状の映像として保存します。

【撮影モード】
広角 / 180°パノラマ / スフィア

豊富なアクセサリー

様々な状況に合うアクセサリー

プロペラガード
360°プロペラガード

プロペラを保護し、飛行の安全性を高めます。屋内での飛行や障害物のある複雑な環境での飛行に最適です。

2WAY 充電ハブ
2WAY 充電ハブ

バッテリーを3つまでセットして、順番に充電することができる実用的なアクセサリーです。送信機やスマートフォンなどを充電するためのモバイル電源としても使用できます。

DJI ミニバッグ +
DJI ミニバッグ +

Mini 2 SEや他のアクセサリーを収納でき、カラーバリエーションも豊富なデイリーバッグです。

充電ベース
充電ベース

このディスプレイケースは、Mini 2 SEをスタイリッシュに見せながら、充電して収納できます。

仕様

機体 離陸重量 246 g
機体の標準重量(インテリジェント フライトバッテリー、プロペラ、microSDカードを含む)です。実際の製品重量は、バッチ材料や外的要因により多少異なる場合があります。日本国内では、ご使用の前に適用される全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行う必要があります。飛行する前に、現地の法律および規則をご確認ください。
サイズ 折りたたみ時(プロペラなし):138×81×58 mm(長さ×幅×高さ)
展開時(プロペラあり):245×289×56 mm(長さ×幅×高さ)
最大上昇速度 5 m/s
最大下降速度 3.5 m/s
水平方向の最大飛行速度(海抜ゼロ地点、無風) 16 m/s
水平方向の最大飛行速度は、現地の規制によって異なります。飛行時は、現地の法律および規制を順守してください。
運用限界高度(海抜) 4000 m
プロペラガード装着で離陸時は2000 m。
最大飛行時間 31分
制御された試験環境下で測定。具体的な試験条件:無風のラボ環境下で、写真モードオン(飛行中に写真撮影操作なし)の状態で、バッテリーが100%から0%になるまで、定速17 km/hで前方に飛行。実際の値は、周辺環境、実際の使用方法、ファームウェアのバージョンによって、異なる場合があります。
最大風圧抵抗 10.7 m/s(スケール 5)
最大傾斜角度 40°
動作環境温度 0℃~40℃
全球測位衛星システム (GNSS) GPS + GLONASS + Galileo
ホバリング精度範囲 垂直:±0.1 m(ビジョンポジショニング使用時)±0.5 m(GNSSポジショニング使用時)

水平:±0.3 m(ビジョンポジショニング使用時)±1.5 m(GNSSポジショニング使用時)
内部ストレージ なし
カメラ イメージセンサー 1/2.3インチ CMOS、有効画素数:12 MP
レンズ FOV:83°
焦点距離:24 mm(35mm判換算)
絞り:f/2.8
フォーカス:1 m~∞
ISO感度 動画:100〜3200
写真:100〜3200
シャッター速度 電子シャッター:4~1/8000秒
最大静止画サイズ 4000×3000
静止画モード シングルショット:12 MP
タイマー:12 MP
JPEG:2/3/5/7/10/15/20/30/60秒
JPEG + RAW:5/7/10/15/20/30/60秒
オート露出ブラケット(AEB):12 MP、3枚(2/3EVステップ)
パノラマ:スフィア、180°、広角
写真フォーマット JPEG/DNG (RAW)
動画解像度 2.7K:2720×1530@24/25/30 fps
FHD:1920×1080@24/25/30/48/50/60 fps
動画フォーマット MP4 (MPEG-4 AVC/H.264)
最大動画ビットレート 40 Mbps
対応ファイルシステム FAT32 (≤ 32 GB)
exFAT (> 32 GB)
デジタルズーム 2.7K:3倍
FHD:4倍
カラーモード ノーマル
クイックショット モード ドローニー、ヘリックス、ロケット、サークル、ブーメラン
ジンバル 安定化機構 3軸メカニカルジンバル(チルト、ロール、パン)
機械的可動範囲 チルト:-110°〜35°
ロール:-35°~35°
パン:-20°~20°
操作可能範囲 チルト:-90~0°(デフォルト)-90~20°(拡張時)
最大制御速度(チルト) 100°/s
角度ぶれ範囲 ±0.01°
検知 下方 高精度ホバリング範囲:0.5〜10 m
動作環境 下方:拡散反射表面 (>20%)の識別可能な模様のある地表(例:壁、木、人物)で、適切な明るさのある状態(15ルクス超)
映像伝送 映像伝送システム DJI O2
ライブビュー品質 送信機:720p/30fps
動作周波数 2.400〜2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz(日本国内は2.4 GHz帯のみ利用可能)
伝送電力 (EIRP) 2.400〜2.4835 GHz:≤ 26 dBm (FCC)≤ 20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
5.725〜5.850 GHz:≤ 26 dBm (FCC/SRRC)≤ 14 dBm (CE)
最大伝送距離(電波干渉のない場合) FCC:10 km
CE:6 km
SRRC:6 km
MIC(日本):6 km
電波干渉および障害物のない開けた屋外環境での測定値です。上記のデータは、各基準下での復路のない片道飛行で最も遠い通信範囲を示しています。飛行中は、DJI Flyアプリで表示されるRTH(ホーム帰還)に関するリマインダーにご注意ください。
最大伝送距離(電波干渉がある場合) 強い干渉(都市部の景観):約1.5〜3 km
中程度の干渉(郊外の景観):約3〜6 km
弱い干渉(郊外/海辺):約6〜10 km
FCCに準拠し、障害物がなく、一般的な干渉環境下で測定。このデータはあくまで参照用の値であり、実際の飛行距離を保証するものではありません。
最低遅延 約200 ms
実際の環境と使用するモバイル端末により異なります。
バッテリー 容量 2250 mAh
重量 82.5 g
公称電圧 7.7 V
最大充電電圧 8.8 V
種類 Li-ion
電力量 17.32 Wh
充電温度範囲 5℃~40℃
バッテリー充電ハブ 入力 5 V、3 A
9 V、3 A
12 V、3 A
出力 USB-A:
最大電圧:5 V、最大電流:2 A
充電タイプ 3つのバッテリーを順番に充電
ストレージ 推奨microSDカード 16 GB:
SanDisk Extreme
32 GB:
Samsung PRO Endurance
Samsung EVO Plus
SanDisk Industrial
SanDisk Extreme V30 A2
SanDisk Extreme Pro V30 A1
SanDisk Extreme Pro V30 A2
Lexar 633x
Lexar 667x
64 GB:
Samsung PRO Endurance
Samsung EVO Plus
SanDisk Extreme V30 A1
SanDisk Extreme V30 A2
Lexar 633x
Lexar 667x
Lexar 1000x
Lexar High Endurance
Toshiba EXCERIA M303 V30 A1
Netac Pro V30 A1
128 GB:
Samsung EVO Plus
SanDisk Extreme V30 A2
SanDisk Extreme Plus V30 A1
SanDisk Extreme Plus V30 A2
Lexar 633x
Lexar 667x
Lexar 1000x
Lexar High Endurance
Toshiba EXCERIA M303 V30 A1
Netac Pro V30 A1
256 GB:
SanDisk Extreme V30 A2
最大動作時間 DJI RC-N1 送信機
モバイル端末を充電していない場合:6時間
モバイル端末充電時:4時間
対応モバイル端末 最大サイズ DJI RC-N1 送信機
180×86×10 mm(長さ×幅×高さ)
動作環境温度 DJI RC-N1 送信機
-10℃~40℃
伝送電力 (EIRP) DJI RC-N1 送信機
2.400〜2.4835 GHz:≤ 26 dBm (FCC)≤ 20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
5.725〜5.850 GHz:≤26 dBm (FCC)≤23 dBm (SRRC)≤14 dBm (CE)

FAQ 

ドローン初心者なのですが、どのようなアクセサリーを購入するのが良いですか? microSDカード:DJI Mini 2 SEには、内部ストレージがありません。microSDカードを挿入しないと、シングル撮影の低画質写真、または720p動画しか撮影できません。ファイルはモバイル端末に直接保存されます。microSDカードを使用することで、Mini 2 SEで撮影した写真や動画のオリジナルファイルを保存できると同時に、様々な撮影機能も使えるようになります。
360°プロペラガード*:プロペラ全体を覆い、安全性を高めるため、室内での飛行や障害物のある場所での撮影で使用するのに適しています。
2WAY 充電ハブ:バッテリーを3つまでセットでき、順番に充電できます。また、モバイルバッテリーとして使用して、送信機やスマートフォンなどのデバイスを充電することもできます。
* 一部の国または地域のみで使用できます。
DJI Mini 2 SEには、どんな便利な撮影機能が搭載されていますか? DJI Mini 2 SEには、クイックショットやパノラマ撮影といったインテリジェント撮影モードがたくさん搭載され、印象的な空撮映像を簡単に撮影することができます。
クイックショットの撮影モードには、ドローニー、ヘリックス、ロケット、サークル、ブーメランがあります。簡単なタップ操作だけで、DJI Mini 2 SEは自動で飛行・撮影し、サウンドトラックやテンプレートを使った動画を生成します。出来上がった動画をそのままシェアしたり、アプリ上でさらに編集を加えたりすることができます。
パノラマ撮影は、スフィア(球体)、広角、180°パノラマの中から選ぶことができます。タップして撮影を開始すると、あとはDJI Mini 2 SEが自動で残りの作業を行い、素晴らしいパノラマ写真を作成します。
 
チュートリアルや説明をどこで確認できますか? アプリ画面上部右のアイコンをタップするとアカデミーに入り、製品チュートリアル、飛行のヒント、飛行安全に関する注意、およびマニュアルを確認できます。
DJI公式サイトのDJI Mini 2 SEページで、または、製品パッケージのQRコードをスキャンして、マニュアルやチュートリアルビデオを確認することもできます。
DJI Mini SE(日本未発売)と比較して、DJI Mini 2 SEではどのような点が大きく進化していますか? 1. 映像伝送技術がアップグレードしています。DJI O2を採用しWi-Fi伝送が向上しているため、耐干渉性と映像伝送性能が高まり、最大10 kmの伝送距離を実現しています。(障害物や電波干渉のない環境で、FCCに準拠している場合。日本国内では6 km)
2. 撮影オプションがより豊富になりました。DJI Mini 2 SEは、パノラマ、オート露出ブラケット(AEB)、4倍デジタルズーム、RAW写真、クイックショットのブーメランなど、より多くの撮影機能に対応しています。
3. 推進システムがアップグレードしています。DJI Mini 2 SEの最大風圧抵抗は10.7 m/s(スケール5)で、最大離陸高度は4000 mとなっています。

 

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!