コンテンツにスキップ

DJI M16205 DJI Mini 3 Pro

DJI
在庫あり
¥116,380
(税込)

ポイント付与予定数:

分割金利0%でラクラクあと払い
ペイディプラス

Smartpay

【お支払方法に関するご案内】
ドローン本体をご注文内容に含む場合、『オリコWebクレジット』の利用はお申込みいただけません。
お支払い方法選択画面にて選択が可能ですが、弊社でキャンセル処理の上別のお支払い方法にて再度ご注文お手続きをいただく形となります。
あらかじめご了承ください。

管理番号:N_1172691
GTIN:6941565929402
【リモートIDについて】
こちらの機体はファームウェア更新で内蔵リモートID機能対応しております。
DJI Fly 内蔵リモートID登録方法はこちら


※こちらの商品には電源アダプタは付属しておりません。
ご入用の際は別途DJI 30W USB-C充電器またはその他のPD規格対応のUSB充電器をお買い求めください。

DJI Care Refresh

DJI Care Refreshご希望時、DJI Care Refreshの在庫が無い場合は出荷までお時間を頂戴します。
※加入の際に本体アクティベーション後一定の時間内のお手続きが必要なため

【必ずお読みください】
ドローンの登録制度及びリモート IDについて

ドローンスペック比較表

同梱品

1×DJI Mini 3 Pro
1×DJI RC-N1 送信機
1×DJI RC-N1 RCケーブル(USB Type-Cコネクター)
1×DJI RC-N1 RCケーブル(Lightningコネクター)
1×DJI RC-N1 RCケーブル(標準タイプMicro-USBコネクター)
1×DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリー
1×予備プロペラ(1組)
1×ジンバル プロテクター
1×PD規格対応ケーブル(Type-C - Type-C )
1×ねじ回し
6×ねじ

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明

DJI Care Refreshシステムファイブ DJI認定点検サービスDJI製品のアフターサポート一覧はこちら

 

システムファイブの安心プラン!

システムファイブでは、DJIのドローン専門整備スタッフが出荷前に機体の動作チェックやソフトウェアのアップデートを実施していますので、お客様の元に到着次第、安心してすぐにフライト準備を行っていただけます!
安全なフライトのためには欠かせない動作チェック。当店でお買上げいただいたお客様だけの特別サービスです。

※Care refresh加入ご希望時は初回の起動時にお客様による設定が必要となる関係で本サービスの対象外となります

小さいだけとは言わせない

携帯性抜群のミニドローンDJI Mini 3 Proは、そのサイズからは想像できないほどパワフルです。重量249 g未満[1]の軽量ボディに、1/1.3インチセンサーとプロレベルの撮影機能、そして、Miniシリーズ史上最高の安全機能を搭載した、ユーザーフレンドリーで高性能なこのドローンは、今までのMiniシリーズのイメージを覆します。

新設計で、性能アップ

Mini 3 Proは外観を一新し、いつでも最高の飛行体験を提供します。大きくなったプロペラと、航空力学に基づいた機体フォルム、強力な障害物検知システムなど、徹底的に効率性を考慮した設計により、飛行時間の増加と安全性の向上を実現しました。

ジンバル部分も再設計され、回転範囲が大きくなり、ローアングル撮影や縦向き撮影が可能になり、映像制作の幅が広がります。全ての設計にこだわり抜いた新フォルムにより、今までのミニドローンでは実現できなかった飛行体験を提供します。

折りたたんで、レッツゴー

最高の瞬間を追い求め、どこにでも足を運ぶクリエイターにとって、携帯性は重要です。Mini 3 Pro249 g未満で、驚くほどの軽さです。[1]折りたたみ可能なコンパクト設計で、週末思い立ったら、すぐにでもハイキングやビーチ、どこにでも持って行けます。「撮りたい」と思った瞬間に、すぐに撮影を始められ、驚きの瞬間も逃しません。

長くなった飛行時間を、堪能しよう

 Mini 3 Proのインテリジェント フライトバッテリーは、従来のMiniシリーズよりも長い、34分の飛行時間を実現するため、最高の瞬間を捉えるのに、今まで以上にじっくり時間をかけられます。超軽量なバッテリーにも関わらず、あなたの空撮ニーズを満たすパワーを十分備えています。

デバイスの機能を最大限に活かして撮影したい人にとって、Mini 3 Proは最適なドローンです。インテリジェント フライトバッテリー Plusを使えば、最大47分の飛行時間を確保できるので、時間を気にせず、様々な機能を使って、欲しい映像を全て撮影できます。[2]

Miniシリーズ最高レベルの撮影クオリティ

時間帯に左右されない カメラ性能

明るい昼間に撮影しても、ハイライト部とシャドー部のディテールを鮮明に捉えます。

薄暗い日暮れ時でも、ノイズを抑え、クリアに撮影します。

目の前の景色を楽しみながら、クリエイティブな映像を思い通りに撮影させてくれる、優れた機能を備えたMini 3 Proで、あなたの世界を撮影しましょう。

プロクオリティの画質を実現

Mini 3 Proは、幅広い照度条件下で優れた性能を発揮できるため、様々な時間帯の撮影に使用できます。搭載の1/1.3インチCMOSは、デュアルネイティブISOに対応し、HDR映像を直接出力することができます。[3] 撮影した映像はより広いダイナミックレンジを持っているため、明暗部のディテールまでクリアに表示します。

ピクセルサイズが2.4μmと大きくなったことに加え、絞り値f/1.7に対応し、より多くの光を取り込めるようになったため、低照度環境下でも、忠実な色合いを持ったハイクオリティの空撮映像を撮影することができます。

欲しかった空撮クオリティ

Mini 3 Proは高解像度の4K/60fps動画と48MP RAW写真に対応しているため、撮影した映像を拡大したとしても、細部まで鮮明に表示できます。また、1080p/120fpsのスローモーション動画で撮影すれば、あっという間の出来事も、迫力ある映像で再現します。Mini 3 Proで撮影して、あなたの作品レベルを一気に引き上げましょう。

鮮やかに、撮影しよう

D-Cinelikeカラーモードに対応し、前Miniシリーズよりも多くの視覚情報を保持できるため、豊富な色情報を使って、より柔軟に編集を行えます。

飛行中、ずっと安心

進化した安全機能

Mini 3 Proは、能動的な障害物検知機能や安定した映像伝送技術に対応。安心して、大空からの撮影を楽しみましょう。

3方向障害物検知

Mini 3 Proは、Miniシリーズの中で最も高い安全性を誇るドローンです。再設計されたボディに前方/後方/下方のデュアルビジョンセンサーを搭載し、検知範囲が広がったため、安全性が向上しています。

APAS 4.0

 高度操縦支援システム (APAS 4.0) [4]は、機体の飛行経路上にいる物体をリアルタイムで検知します。これにより、Mini 3 Proは、複雑な環境でも障害物を回避することができます。

どんな場所でも、クリアで安定した映像伝送

Mini 3 Proは、DJI O3伝送システムを搭載し、フラッグシップレベルの映像伝送品質を実現します。1080p/30fpsのライブ動画を最大12 kmの距離から伝送できるため[5]、街中でも、自然の中でも、鮮明で安定したライブ映像を確認することができます。

DJI RC-N1送信機、または新送信機DJI RCを使用して、応答性に優れた、スムーズな飛行を体験しましょう。どちらの送信機も、120 msの超低遅延で、最大動画ビットレート18Mbpsの伝送を実現します。

撮影して、すぐに共有

Miniで広がる、クリエイティビティ

残しておきたい大切な瞬間を簡単に撮影し、どこからでも、すぐにシェアしましょう。Mini 3 Proに搭載された様々なインテリジェント機能を最大限に活用し、見る人を魅了するクリエイティブな映像を撮影しましょう。

あなたのMiniは、とってもスマート

縦向き撮影

Mini 3 Proは、タップするだけで、フレームの向きを、横向きと縦向きに素早く切り替えられます。新設計のジンバルカメラが90°回転できるため、縦向き映像を撮影することができます。この縦向き撮影機能により、デジタル写真をクロップして、縦向き写真にする手間がなくなり、高画質の縦向き映像を撮影後すぐにSNSに投稿できるようになりました。

フォーカストラック[6]

ActiveTrack 4.0、Spotlight 2.0Point of Interest 3.03種類のパワフルなトラッキング機能からなる フォーカストラックを使って、被写体をクリエイティブにトラッキングしましょう。

マスターショット

ファンの間で人気のマスターショット機能を使えば、ドローン初心者でも、プロレベルの空撮映像が撮影できます。被写体を選択するだけで、Mini 3 Proは、まるでプロが操作しているかのような一連の飛行を自動で実行しながら撮影し、高品質のショートビデオを生成します。 

タイムラプス

タイムラプス動画やハイパーラプス動画を、タップ操作だけで撮影できます。車が行き交う道路や漂う雲を、ユニークな映像で撮影しましょう。

クイック転送

Mini 3 Proは、最大速度30Mbpsの高速Wi-Fiダウンロードに対応しているため、撮影した映像をすぐに共有できます。

パノラマ

180°、広角、縦向き、スフィアのパノラマ撮影機能を駆使し、目の前に広がる景色の壮大さを残さず映像に残しましょう。

デジタルズーム

4倍デジタルズームを使えば、物理的に被写体に近づくことなく、被写体の自然な様子を遠くから撮影できます。

もっと高まる、あなたの空撮体験

便利なアクセサリーを使えば、撮影や飛行のバリエーションが広がります。

注記:

* ご使用の前に、適用される全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行ってください。

** 制御された環境下にて、DJI Mini 3 Proの製品版モデルを使ってテストしています。実際の使用体験は、周辺環境、使用方法、ファームウェアのバージョンによって、異なる場合があります。

*** 本ページに記載されている全ての動画および写真は、現地の法規制を遵守して、撮影されたものです。

**** DJI Mini 3 Proは、使用前に、DJI Flyアプリを使ってアクティベーションする必要があります。

  1. 機体の標準重量(DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリー、プロペラ、microSDカードを含む)です。実際の製品重量は、バッチ材料や外的要因により多少異なる場合があります。一部の国と地域では、登録は不要です。ご使用の前に、現地の法律および規則をご確認ください。
  2. 無風時に21.6km/hの一定の速度で測定。DJI Mini 3 Pro インテリジェント フライトバッテリーを使用すると、最大約34分の飛行が可能です。インテリジェント フライトバッテリー Plus(別売。一部の国では使用不可)を使用する場合、最大47分の飛行時間を実現しますが、機体は249 gより重くなります。
  3. HDR動画は、30fps以上のフレームレートでの録画には対応していません。
  4. APAS 4.0は次の条件での撮影では使用できません:4K/24fps4K/25fps4K/30fps4K/48fps4K/50fps4K/60fps2.7K/48fps2.7K/50fps2.7K/60fps1080p/48fps1080p/50fps1080p/60fps1080p/120fps
  5. FCCに準拠し、障害物がない開けた屋外で測定。(日本の場合、最大6 km
  6. フォーカストラックは次の条件での撮影では使用できません:4K/24fps4K/25fps4K/30fps4K/48fps4K/50fps4K/60fps2.7K/48fps2.7K/50fps2.7K/60fps1080p/48fps1080p/50fps1080p/60fps1080p/120fps

仕様

機体 離陸重量 <249 g [1]
サイズ(長さ×幅×高さ) 折りたたんだ状態:145×90×62 mm
展開時:171×245×62 mm
展開時(プロペラあり):251×362×70 mm
対角線長 247 mm
最大上昇速度 5 m/s(Sモード)
3 m/s(Nモード)
2 m/s(Cモード)
最大下降速度 5 m/s(Sモード)
3 m/s(Nモード)
1.5 m/s(Cモード)
最大飛行速度(海抜ゼロ地点、無風)[2] 16 m/s(Sモード)
10 m/s(Nモード)
6 m/s(Cモード)
運用限界高度(海抜) インテリジェント フライトバッテリー使用時:4000 m
インテリジェント フライトバッテリー Plus使用時:3000 m [3]
最大飛行時間 34分(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
47分(インテリジェント フライトバッテリー Plus使用時)
* 無風時に、21.6 km/hの速度で前方に飛行させて測定。インテリジェント フライトバッテリー Plusは、特定の国でのみ使用可能です。
最大ホバリング時間 30分(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
40分(インテリジェント フライトバッテリー Plus使用時)
* 無風時に測定
最大飛行距離 18 km(インテリジェント フライトバッテリー使用時)
25 km(インテリジェント フライトバッテリー Plus使用時)
* 無風時に、43.2 km/hの速度で飛行させて測定
最大風圧抵抗 10.7 m/s(スケール 5)
最大傾斜角度 前方:40°
後方:35°(Sモード)、25°(Nモード)、25°(Cモード)
最大角速度(デフォルト状態)* 130°/s(Sモード)
* アプリでの調整可能範囲:20°/s~250°/s

75°/s(Nモード)
* アプリでの調整可能範囲:20°/s~120°/s

30°/s (C Mode)
* アプリでの調整可能範囲:20°/s~60°/s
動作環境温度 -10℃~40℃
全球測位衛星システム (GNSS) GPS + Galileo + BeiDou
動作周波数 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz[4]
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<26 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
5.8 GHz:<26 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm (CE)
ホバリング精度範囲 垂直:
±0.1 m(ビジョンポジショニング使用時)
±0.5 m(GNSSポジショニング使用時)

水平:
±0.3 m(ビジョンポジショニング使用時)
±0.5 m(高精度ポジショニングシステム使用時)
検知システム 前方 高精度測定範囲:0.39~25 m
有効検知速度:飛行速度 <10 m/s
FOV:水平 106°、垂直 90°
後方 高精度測定範囲:0.36~23.4 m
有効検知速度:飛行速度 <10 m/s
FOV:水平 58°、垂直 73°
下方 高精度測定範囲:0.15~9 m
高精度ホバリング範囲:0.5~12 m
ビジョンセンサー ホバリング範囲:0.5~30 m
有効検知速度:飛行速度 <3 m/s
FOV:前方/後方:104.8°、左/右:87.6°
底部補助ライト なし
動作環境 地表の模様が明瞭で反射率>20%の拡散反射面(例:セメント舗装の表面など)
十分な明るさのある状態(15ルクス超。室内の蛍光灯など、通常の露光レベルの環境に相当)
ジンバル 機械的可動範囲 チルト:-135°~80°
ロール:-135°~45°
パン:-30°~30°
操作可能範囲 チルト:-90°~60°
ロール:-90°または0°
スタビライズ機構 3軸メカニカルジンバル(チルト、ロール、パン)
最大制御速度(チルト) 100°/s
角度ぶれ範囲 ±0.01°
カメラ センサー 1/1.3インチ CMOS
有効画素数:48 MP
レンズ FOV:82.1°
35 mm判換算:24 mm
絞り:f/1.7
フォーカス範囲:1 m~∞
ISO感度 動画:100~6400(オート)、100~6400(マニュアル)
静止画:100~6400(オート)、100~6400(マニュアル)
シャッター速度 電子シャッター:2~1/8000秒
最大静止画サイズ 4:3:8064×6048 (48 MP)、4032×3024 (12 MP)
16:9:4032×2268 (12 MP)
静止画モード シングル撮影

インターバル撮影:
JPEG: 2/3/5/7/10/15/20/30/60 s
JPEG+RAW: 2/3/5/7/10/15/20/30/60 s

オート露出ブラケット (AEB):2/3EVステップでの3/5ブラケットフレーム

パノラマ:スフィア、180°、広角、垂直
写真フォーマット JPEG/DNG (RAW)
動画解像度 4K:3840×2160@24/25/30/48/50/60fps
2.7K:2720×1530@24/25/30/48/50/60fps
FHD:1920×1080@24/25/30/48/50/60fps
スローモーション:1920×1080@120fps
HDRモード 静止画:シングル撮影モード時、HDRに対応
動画:24/25/30fpsで撮影時、HDRに対応
動画フォーマット MP4/MOV (H.264/H.265)
最大動画ビットレート 150 Mbps
ズーム範囲 4K:2倍
2.7K:3倍
FHD:4倍
クイックショットモード ドローニー、ヘリックス、ロケット、サークル、ブーメラン、アステロイド
カラープロファイル ノーマル
D-Cinelike
対応ファイルシステム FAT32 (≥32 GB)
exFAT (>32 GB)
映像伝送 映像伝送システム DJI O3
ライブビュー品質 1080p/30fps
動作周波数 2.400~2.4835 GHz
5.725~5.850 GHz[4]
伝送電力 (EIRP) 2.4 GHz:<26 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
5.8 GHz:<26 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm (CE)
通信帯域幅 1.4MHz/3MHz/10MHz/20MHz/40MHz
遅延(環境条件およびモバイル端末に依存) 機体 + 送信機:約120ミリ秒
最大動画ビットレート 機体 + 送信機:18 Mbps
最大ダウンロード ビットレート[5] DJI O3:
RC-N1送信機&DJI RC:5.5 MB/s

Wi-Fi 5:最大30 MB/s
信号伝送範囲 (FCC)[6] 強い干渉(都市部の景観):約1.5~3 km
中程度の干渉(郊外の景観):約3~7 km
弱い干渉(郊外/海辺):約7~12 km
アンテナ アンテナ×4、1T2R
オーディオ伝送 なし
Wi-Fi プロトコル 802.11 a/b/g/n/ac
伝送電力 (EIRP) 2.400~2.4835 GHz:<19 dBm (FCC/CE/SRRC/MIC(日本))
5.725~5.850 GHz:<20 dBm (FCC/SRRC)、<14 dBm (CE)
Bluetooth プロトコル Bluetooth 5.2
伝送電力 (EIRP) 2.400~2.4835 GHz: <8 dBm
インテリジェント フライトバッテリー 容量 2453 mAh
重量 約80.5 g
電圧 7.38 V
最大充電電圧 8.5 V
バッテリータイプ Li-ion
電力量 18.1 Wh
最大充電電力 37 W
充電時間 64分(DJI 30W USB-C充電器を使用時)
充電温度範囲 5℃~40℃
推奨充電器 DJI 30W USB-C充電器
またはその他USB PD規格対応充電器
メモリーカード 対応メモリーカード UHS-I スピードクラス3以上が必要。推奨microSDカード一覧を以下に示します。
推奨microSDカード SanDisk Extreme 64GB V30 A1 microSDXC
SanDisk Extreme 128GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme 256GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme 512GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme Pro 64GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme Pro 256GB V30 A2 microSDXC
SanDisk Extreme Pro 400GB V30 A2 microSDXC
SanDisk High Endurance 64GB V30 microSDXC
SanDisk High Endurance 256GB V30 microSDXC
SanDisk Max Endurance 32GB V30 microSDHC
SanDisk Max Endurance 128GB V30 microSDXC
SanDisk Max Endurance 256GB V30 microSDXC
Kingston Canvas Go!Plus 64GB V30 A2 microSDXC
Kingston Canvas Go!Plus 256GB V30 A2 microSDXC
Lexar High Endurance 64GB V30 microSDXC
Lexar High Endurance 128GB V30 microSDXC
Lexar 667x 64GB V30 A1 microSDXC
Lexar 633x 256GB V30 A1 microSDXC
Lexar 1066x 64GB V30 A2 microSDXC
Lexar 1066x 128GB V30 A2 microSDXC
Lexar 1066x 256GB V30 A2 microSDXC
Samsung Pro Plus 128GB V30 A2 microSDXC
Samsung EVO Plus 512GB microSDXC
DJI RC-N1 送信機 伝送電力 (EIRP) 2.400~2.4835 GHz: <26 dBm (FCC)、<20 dBm (CE/SRRC/MIC(日本))
5.725~5.850 GHz: <26 dBm (FCC)、<23 dBm (SRRC)、<14 dBm (CE)
対応モバイル端末 最大サイズ 長さ:180 mm、幅:86 mm、高さ:10 mm
対応ポートタイプ Lightning、Micro-USB (Type-B)、USB-C
映像伝送システム DJI O3
最大バッテリー駆動時間 6時間(スマートフォンを充電していない状態)
4時間(スマートフォンを充電している状態)
動作環境温度 -10℃~40℃
アプリ モバイル端末アプリ DJI Fly
OS要件 iOS v11.0以降
Android v6.0以降

1. 機体の標準重量(インテリジェント フライトバッテリー、プロペラ、microSDカードを含む)です。実際の製品重量は、バッチ材料や外的要因により多少異なる場合があります。一部の国と地域では、登録は不要です(日本国内では、ご使用の前に、適用される全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行ってください)。ご使用の前に、現地の法律および規則をご確認ください。仕様に記載されている値は、リリース時の最新版ファームウェアでの測定値です。ファームウェア更新で性能が向上するため、ファームウェアを最新版に更新することを強くお勧めします。
2. 最大飛行速度は、使用時に施行されている現地の規制によって異なります。飛行時は、現地の法律および規制を順守してください。
3. 機体の重量が増えると、飛行時の推進性能に影響します。機体がインテリジェント フライトバッテリー Plusを使用するときは、十分な推進力が得られるように、プロペラガードやサードパーティ製アクセサリーのようなペイロードを追加して取り付けないでください。
4. 現地の方針や規制の制限により、5.8 GHz周波数帯は、日本/ロシア/イスラエル/ウクライナ/カザフスタン等の国々で現在利用することが禁止されています。これらの場所で飛行する場合は、2.4 GHz周波数帯を使用してください。上記内容は予告なく変更される場合がありますので、ご使用の前に必ず、現地の法律および規則をご確認ください。
5. 2.4GHzと5.8GHzの両方の周波数帯の使用が認められた国/地域で、少し電波干渉のある環境下で、映像を内蔵SSDもしくは内部ストレージに記録している場合の測定値です。ダウンロード速度は、実際の状況によって変わる場合があります。
6. FCCに準拠し、障害物がなく、一般的な干渉環境下で測定。このデータはあくまで参照用の値であり、実際の飛行距離を保証するものではありません。このデータは、各基準下での、DJI Mini 3 Proによる復路のない片道飛行で最も遠い通信範囲を示しています。FCC:米国、オーストラリア、カナダ、香港、台湾、チリ、コロンビア、プエルトリコなど。最大伝送距離:12 kmSRRC:中国本土。最大伝送距離:8 kmCE:英国、ロシア、フランス、ドイツ、ポルトガル、スペイン、スイス、マカオ、ニュージーランド、UAEなど。最大伝送距離:8 kmMIC:日本。最大伝送距離:8 km

【Q&A】

製品 従来の製品と比較して、DJI Mini 3 Proでは、どのような点がアップグレードされていますか? DJI Mini 2やMavic Air 2と比較すると、Mini 3 Proは、バッテリー駆動時間/インテリジェント機能/映像伝送の点で改善され、またイメージングシステムとビジョン検知システムが刷新されています。
特に、DJI Mini 2の軽量でコンパクトボディという特徴を引き継ぎつつ、DJI Mini 3 Proでは、1/1.3インチのイメージセンサーを搭載し、ネイティブHDRに対応しています。3方向障害物検知、新たにアップグレードされたAPAS 4.0(高度操縦支援システム)にも対応しています。DJI Mini 3 Proのバッテリー駆動時間は、最大47分となっています。* DJI O3 フルHDデジタル映像伝送に対応し、最大12 km先から安定したライブ映像を伝送します(日本の場合、最大8 km)。また、DJI Mini 3 Proは、フォーカストラック、縦向き撮影、タイムラプス、マスターショット、高速クイック転送などのインテリジェント機能にも対応しています。
** インテリジェント フライトバッテリー Plusを使用し、無風条件下で、21.6 km/hの一定速度で飛行した時の測定値です。インテリジェント フライトバッテリー Plus(特定の国において別売)を使用する場合、機体は249 gより重くなります。ご使用の前に、適用される現地の全ての法律および規則に従って、飛行許可・承認や機体の登録手続き等を行ってください。
開封後、DJI Mini 3 Proの電源の入れ方を教えてください。 配送時の安全性を確保するため、出荷前にDJI Mini 3 Proのバッテリーはスリープモードに設定してあります。
使用前にバッテリーを機体もしくは充電ハブに挿入して、バッテリー充電器を接続して、バッテリーをアクティベーションしてください。
バッテリーのアクティベーションが完了すると、電源ボタンを一回押して長押しすると、機体の電源がオンになります。
DJI Mini 3 Proのアクティベーション方法を教えてください。 DJI RC-N1送信機を使用する場合:
お使いのモバイル端末(インターネットに接続している状態)と送信機を接続して、DJI FlyでDJI Mini 3 Proに接続します。アプリの指示に従って、DJI Mini 3 Proをアクティベーションします。

DJI RC送信機を使用する場合:
DJI RC送信機を初めて使用する際に、Wi-Fiもしくはスマートフォンのホットスポットに接続して、インターネットに接続します。アプリの指示に従って、DJI RC送信機のアクティベーションを行います。DJI RC送信機のアクティベーション後、DJI FlyアプリでDJI Mini 3 Proに接続します。アプリの指示に従って、機体をアクティベーションしてください。
DJI Mini 3 Proは防水ですか? いいえ、防水ではありません。デバイスの故障につながるため、デバイスを水などで濡らさないでください。
飛行中に雨が降ってきた場合、できるだけ早く帰還し着陸してください。その後、機体の内部と外部が完全に乾くのを待ってから、使用を再開してください。
DJI Mini 3 Proを使用する前に、どのアプリをインストールする必要がありますか? DJI Mini 3 Proは、DJI Flyアプリにのみ対応しています。DJI Flyアプリは、またはDJI公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。公式サイトで互換性を確認してください。
* DJI RC送信機をお使いの場合、DJI Flyアプリはすでにプリインストールされています。

DJI Mini 3 Proの外観が刷新されたのは、なぜですか?
DJI Mini 3 Proは、以下の利点のために、構造とフォルムを再設計した外観を採用しました。:
1. 同様のコンパクトさを維持したまま、より長いバッテリー駆動時間を実現するため:刷新されたフォルムとデザインにより、より大きなプロペラをドローンに搭載できるようになったことで、プロペラの推進効率が改善され、機体のバッテリー駆動時間が長くなりました。
2. 障害物の検知範囲を広くするため:新しいデザインにより、より大きなFOV(視野角)を持つセンサーを搭載しています。これにより、検知範囲と検知距離が増加しています。よって、DJI Mini 3 Proはより強力なビジョンセンサー性能を得ることができ、飛行中により柔軟なルートを飛行することができ、障害物回避中の安全性を確保します。
3. 縦向き撮影と軸の可動域の増加:新デザインにより、縦向き撮影が可能になったため、デジタル写真をクロップして、縦向き写真にする手間がなくなりました。ジンバルの制限が少なくなることにより、撮影アングルの幅が広がり、より自由に撮影できます。高速で飛行中の機体でも、ジンバルや撮影アングルの制限が少なくなりました。
DJI Mini 3 Proの後方ビジョンセンサーが、機体の上部に搭載されているのはなぜですか? DJI Mini 3 Proは、ビジョンセンサーの配置を一新し、後方に飛行中、プロペラがセンサーを遮ってしまう問題を効果的に解決しました。これにより、検知範囲と性能が向上し、より安全に飛行できるようになりました。
DJI Mini 3 Proの最大風圧抵抗はどのくらいですか? DJI Mini 3 Proの最大風圧抵抗は、10.7 m/s(スケール 5)です。
* 風圧抵抗は推進力に依存します。強風下では、軽量のドローンであるため、わずかな振動の発生が予測されます。しかし、推進力が大きいため、安定したホバリングや、安全なRTHが可能です。DJI Mini 3 Proは、ジンバルを自動制御し、風の影響を受けずに安定した映像が撮り続けられるように調整します。
カメラ DJI Mini 3 Proは、写真や動画の撮影で、マニュアルモードに対応していますか? はい。DJI Flyアプリで、シャッター速度、ISO、ホワイトバランスなどのカメラパラメーターを、マニュアルで設定できます。
DJI Mini 3 ProでHDRを有効にする方法を教えてください。 静止画モード:シングル撮影では、DJI Mini 3 Proは撮影シーンを認識し、自動でHDRを有効にし、より優れたダイナミックレンジを実現します。
動画モード:30fps以下で撮影時、DJI Mini 3 Proは自動でHDRを有効にします。
DJI Mini 3 Proを使って最高画質で撮影する時の動画解像度を教えてください。 4K/30fpsで撮影すると、DJI Mini 3 Proは、優れたダイナミックレンジと鮮明なディテールの両方を実現する高品質の映像を撮影します。
さらに滑らかな映像を撮影したい場合は、フレームレートを48/50/60fpsに設定してください。これらのフレームレートを使った時のダイナミックレンジは比例して狭くなります。
映像伝送 OcuSync 2.0と比較して、DJI O3映像伝送はどのようにアップグレードされていますか? DJI O3映像伝送システムは、伝送方法が刷新され、2本だったアンテナが4本に増え、最大12 kmのフルHD映像伝送を実現しています(FCCに準拠し、障害物がない場合。日本の場合、最大8 km)。さらに耐干渉性も向上し、都市部や他の複雑な環境下でも安定した伝送を提供します。
DJI Mini 3 Proの高速クイック転送は、どのようにアップグレードされていますか? DJI Mini 3 Proの高速クイック転送は、最大30MB/sで写真や動画を高速伝送します。
推進力&バッテリー DJI Mini 3 Proの最大飛行高度を教えてください。 最大飛行高度は、安全上の理由から500 mとなっています。この最大飛行高度は、国や地域の現地の法律によって異なる場合があります。飛行前に、必ず現地の法律や規則を確認してください。
DJI Mini 3 Proのプロペラは、どの程度の頻度で交換する必要がありますか? また、プロペラの交換方法を教えて下さい。 各飛行の前に、プロペラに亀裂や摩耗、反り、腐食やねじのゆるみがないか確認してください。前述の状態が発見された場合、プロペラを交換する必要があります。ユーザーマニュアルの説明に従って、プロペラを交換してください。
プロペラの交換には、付属のドライバーを使用してください。下記の手順に従ってください。モーターに付いている2つのブレードとねじを取り外し、交換用の新しいプロペラとねじに交換します。マークのあるプロペラはマークのあるモーターに、マークのないプロペラはマークのないモーターに取り付けてください。飛行前に、毎回プロペラがモーターに正しくしっかりと取り付けられていることを確認してください。
DJI Mini 3 Proを充電するには、他のUSB-C充電器を使用できますか? はい。十分な充電速度で充電するために、DJI 30W USB-C充電器またはその他のPD規格対応のUSB充電器を使用することを推奨しています。
DJI Mini 3 Proの2WAY 充電ハブの機能を教えて下さい。 DJI Mini 3 Proの2WAY 充電ハブは、USB PD急速充電プロトコルに対応し、最大3個のバッテリーを順番に充電できます。バッテリーの保管にも使用でき、USB-Aポートを使ってモバイル端末や送信機を充電できるパワーバンクとしても使用できます。(十分な電力残量のあるバッテリーが最低でも一つ接続されている必要があります。)
ファームウェア更新 DJI Mini 3 Proのファームウェアの更新方法を教えてください。 機体を送信機に接続します。(更新できるファームウェアがある場合)DJI Flyアプリでファームウェア更新のプロンプトが表示されます。指示に従って、機体、送信機、バッテリー、その他のモジュールのファームウェアを更新してください。
更新に失敗する理由は何ですか? 1. 機体もしくは送信機のバッテリー残量が20%未満の場合、更新に失敗します。
2. 更新中に、DJI Mini 3 Proまたは送信機の電源をオフにした。この場合、DJI Mini 3 Proおよび送信機を再起動し、再度更新してください。
3. ファームウェアのダウンロード中に、インターネット接続が切断された。
4. ファームウェアダウンロード中に、スマートフォンで他のアプリに切り替えた場合、更新に失敗する場合があります。
* 更新中、機体は数回再起動し、更新が完了すると自動的にシャットダウンします。
アクセサリー互換性 DJI Mini 2のアクセサリーをDJI Mini 3 Proで使用できますか? DJI Mini 3 Proは、DJI RC-N1送信機と関連アクセサリー、DJI 18W USB充電器と互換性があります。他のDJI Mini 2用のアクセサリーは、DJI Mini 3 Proと互換性がありません。
DJI Mini 3 Proは、どの送信機と互換性がありますか? 現在、DJI Mini 3 ProはDJI RC-N1送信機とDJI RC送信機の2種類の送信機に対応しています。
DJI Mini 3 Proは、DJI GogglesやDJI モーションコントローラーに対応していますか? いいえ。