コンテンツにスキップ

商品説明

最大1,000台までのレコーダー、10,000台までのカメラからなる大規模システムの構築を可能とする統合管理ソフトウェア(レコーダー100台用の登録ライセンス)
■大規模システムの構築
最大1,000(※)台までのソニー製ネットワークカメラレコーダー(NSR-500、NSR-1000シリーズ、RSMAdvanced IMZ-NS100シリーズ)、
10,000台までのネットワークカメラを統合した大規模監視システムの構築を可能にします。
※アラーム機能を使用する場合は、レコーダー数は制限されます

■Webクライアントシステム
Webブラウザを使ってシステムを利用できるため、専用のクライアントソフトウェアをインストールする必要がなく、インストールやアップデートにかかわる管理コストを低減することができます。
Webクライアントの操作画面ではライブモニタリング、PTZ操作、プリセット操作、再生、エクスポートなど監視業務に必要な操作を行うことができます。

■強力な地図連携
インターネット接続により参照できる外部地図、独自に作成した地図などと連携して、カメラの設置位置情報を管理することができます。
また、独自に作成した平面配置図などの画像を取り込むことも可能です。カメラを地図上に配置することでカメラの位置関係の把握が容易になります。

■Virtual Tracker機能
カメラを選択して本機能を使用すると、選択したカメラに隣接したカメラをまとめて表示することができます(最大9台)。
この機能でカメラを切り替えながら対象物を容易に追跡することができます。

ユーザー管理機能
ユーザーグループ、デバイスグループの関連付け、アクセス権、優先度設定などで、ユーザー毎に細かく操作権限を設定することができます。
また、外部のActive Directoryとの連携も可能です。

管理ツールの提供
■一括変更ツール(CCT)
システムを構成するレコーダーやカメラの登録・設定変更を一元的に行うことができます。
■遠隔監視ツール(RMT)
レコーダーの稼働状況をモニタリングすることで大規模システムの管理を容易にします。