Skip to Content

【価格お問い合わせください】VIDEOTRON UHX-70U 12G対応クワッドリンクコンバーター

【価格お問い合わせください】VIDEOTRON UHX-70U 12G対応クワッドリンクコンバーター

Back Order
Availability:0
SKU N_1121690 

2018年6月18日、機能が追加されました。映像フォーマット 2160p30/29.97/25/24/23.98(6G-SDI MODE1、Y:Cb:Cr = 4:2:2 10bit)に対応

Description for 【価格お問い合わせください】VIDEOTRON UHX-70U 12G対応クワッドリンクコンバーター

12G対応 クワッドリンクコンバーター


UHX-70Uは、Quad Link 3G-SDIとSingle Link 12G-SDI相互変換可能なSDI マルチプレクス、SDI デマルチプレクスまたは 4系統出力分配器としてご使用いただけ、
用途に合わせた使い方ができます。動作モードの切り替えは、本体メニュー、SNMP、外部接点から変更できます。
また簡易的なパターンジェネレーターとして17種類の信号発生ができます。

【主な特長】


■Quad Link 3G-SDI からSingle Link 12G-SDIにマルチプレクス
■Single Link 12G-SDIからQuad Link 3G-SDIにデマルチプレクス
■1入力4出力分配器として使用可能 ※1
■簡易パターンジェネレーターとして17種類のパターン発生 ※2
■動作モードを、メニュー、SNMP、GPIで切り替え ※3

※1 入力コネクタはINPUT1固定
※2 パターンジェネレーターとして使用する際は、INPUT1に必ずQL3G-SDIを接続してください。出力は12G-SDIのみです。
※3 動作モード設定は、メニュー、SNMP、GPIの最後に設定されたモードで動作します。

システム例





ブロック図


Specs

定格

■入力信号(IN1、IN2、IN3、IN4、入力位相差許容範囲(QL3G))
 SMPTE 292M、SMPTE 424M、SMPTE 425-5、SMPTE 2082-10
 0.8Vp-p/75Ω BNC 各1系統
 MUX 0.8μs

■出力信号(OUT1,OUT2,OUT3,OUT4)
 SMPTE 292M、SMPTE 424M、SMPTE 425-5、SMPTE 2082-10 
 0.8Vp-p±10% / 75Ω BNC 各1系統

■映像フォーマット(12G-SDI、4K-QL3G、3G-SDI、HD-SDI
 2160P 30/29.97/25/24/23.98(6G-SDI MODE1、Y:Cb:Cr = 4:2:2 10bit)に対応 ※2018年6月18日出荷分からの追加機能

 2160P 50/59.94/60(Type1)
 2160P 50/59.94/60(Level-A 2SI)
 1080P 50/59.94/60/30/29.97/25/24/23.98(Level-A/B) ※1
 1080i 50/59.94/60 ※1
 720P  50/59.94/60 ※1
     30/30sF/29.97/29.97sF/25/25sF/24/24sF/
     23.98/23.98sF ※1
 ※1 3G-SDI、HD-SDIはDDA、THROUGHのみ対応

■REMOTE
 HR10A-10R-12S(12pin)ヒロセ丸形 1系統 
 接点 入出力各5 パネル用 S I/O 1系統(将来拡張用)

■動作温度
 0-40℃

■動作湿度
 20-80%RH(ただし結露なき事)

■消費電力
 10VA(5V,2.0A)

■質量
 250g

■映像遅延
 MUX 0.377μs  DEMUX 0.357μs(MAX値)
 DDA 3G/12G 0.128μs  HD 0.256μs

性能

■SDI IN
【イコライザー特性】
 HD:220M(5CFB)、3G:160M(5CFB)、12G:70M(L-5.5CUHD)
 ※ケーブル長は使用する機器やケーブルの性能・品質、設置場所や使用環境によって大きく変わります。

【反射減衰量】
 HD:5MHz-1.485GHz,15dB以上
 3G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
 12G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
    2.97GHz-5.94GHz,7dB以上/5.94GHz-11.88GHz,4dB以上

■SDI OUT
【信号振幅】
 0.8Vp-p±10%/75Ω

【反射減衰量】
 HD:5MHz-1.485GHz,15dB以上
 3G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
 12G:5MHz-1.485GHz,15dB以上/1.485GHz-2.97GHz,10dB以上
    2.97GHz-5.94GHz,7dB以上/5.94GHz-11.88GHz,4dB以上

【立ち上がり/立ち下がり時間】
 HD:270ps以下(20-80%間)
 3G:135ps以下(20-80%間)
 12G:45ps以下(20-80%間)

【オーバーシュート】
 10%以下

【DCオフセット】
 ±0.5V以内

【ジッター特性】
 [アライメント]
  HD:0.2UI、3G:0.3UI、12G:0.3UI

 [タイミング]
  HD:1.0UI、3G:2.0UI、12G:2.0UI

機能

■マルチプレクス(1種類の動作モードがあります)
 【MODE 1-1】
  Quad Link 3G-SDI ⇒ Single Link 12G-SDI

■デマルチプレクス(1種類の動作モードがあります)
 【MODE 2-1】
  Single Link 12G-SDI ⇒ Quad Link 3G-SDI

■DDA(3種類の動作モードがあります)
 【MODE 3-1】
  12G-SDI ⇒ 12G-SDI 4系統
 【MODE 3-2】
  3G-SDI  ⇒ 3G-SDI 4系統
 【MODE 3-3】
  HD-SDI  ⇒ HD-SDI 4系統

■THR(1種類の動作モードがあります)
 【MODE 4-1】
  入力信号をスルー出力します

■PG MODE(1種類の動作モードがあります)
 【MODE 5-1】
  17種類のパターンを発生します ※1

■SNMP監視
  SNMPトラップは、基板の抜き差し、及び入出力ステータス、モード切り替えなどに対応しています。

※1 出力タイミング生成をINPUT1で行います。QL3G-SDI(Level-A 2SI)信号をINPUT1に接続してください。

インターフェイス仕様

ピン番I/O信号機能
1-5I接点入力動作モードを選択
6-10O接点出力選択された動作モードを出力 ※1
11S I/O双方向通信専用パネルの通信端子(将来拡張用)
12GNDGND 


※1 接点出力の絶対最大定格は60V、300mAです。外部抵抗で電流を300mA以下に制限してください。




■接点入力
 接点がメイクされるとメニュー設定された『MUX』、『DMUX』、『DDA1-3』、『THR』、『SGPT』で動作を実行します。
 接点入力の動作モードは、GPIOのメニューからアサインすることが出来ます。

■接点出力
 『MUX』、『DMUX』、『DDA1-3』、『THR』、『SGPT』でメニュー設定されたモードが選択されると接点出力します。
 外部タリーランプなどで、現在の動作モードを確認できます。
 接点出力の動作モードは、GPIOのメニューからアサインすることが出来ます。

※動作モード設定は、メニュー、SNMP、GPIの最後に設定されたモードで動作します。

※注.外観及び仕様は変更することがあります。SR01

Reviews

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!