上へ戻るボタン

ホーム > カテゴリから探す > ジャンル別 > PC/ハード/ソフト > ソフトウェア > BlackmagicDesign 【特典付き】【ライセンスキー版】DaVinci Resolve 15 Studio

DV/RESSTUD

【特典付き】【ライセンスキー版】DaVinci Resolve 15 Studio

BlackmagicDesign(ブラックマジックデザイン)
  • 印刷
オプションをお選びください。

販売価格:

¥35,964(税込)
¥33,300(税抜)
[希望小売価格:¥36,698(税込)]

ポイント:

333ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1121306

カートに入れる
【期間限定】
iZotope社のノイズ除去ソフトウェア「RX」の最新ライト版であるRX7 ELEMENTSが無償でついてきます。

【DaVinci Resolve 15 Studio(有償版)のご使用方法】
14までの無償版しかお持ちでない場合
→DaVinci Resolve 15 Studioをダウンロードの上、
 新規でライセンスを購入して認証してください。

14までの有償版を既にお持ちの場合
→DaVinci Resolve 15 Studioをダウンロードの上、
 14まで使用していたライセンスを再度15で入力して認証してください。

本商品は【ライセンスキー版】です。
DaVinci Resolve 15 StudioにはUSBドングル版とライセンスキー版の2種類のバージョンが存在します。
Davinci Resolveのインストーラーが入ったSDカードと、シリアルコードおよびアクティベーションキーが記載されたプラスチックカードで構成されたパッケージでの納品となります。(ダウンロード販売ではありません)

ライセンスキー版は3台以上認証を行うと、一度すべての認証が解除されて3台目を1台目として認識します。
同時に3台以上のパソコンを頻繁に切り替えて使用する方など、USB端末の差し替えによる手軽な切り替えを行いたい方はUSBドングル版もございますのでご検討ください。

【ご注文の前にご確認下さい】
・こちらの商品は、必ずしも最新バージョンではなく、ご購入後お客様ご自身にてメーカーサポートページより最新ソフトウェアにアップデートしていただく必要がございます。また、本製品は一度ご購入いただきますと、特別な機能追加が無い限り、その後リリースされる最新ソフトウェアはすべて無償にて提供されます。

・システム構築最低要件をメーカーサポートページにてご確認の上お買い求めください。
ブラックマジックデザインサポートページ
在庫あります。
今から47分以内にご注文いただければ、最短5月24日(金)にお届け可能です!
地域及び天候、交通状況、お支払方法などによりお届け日は変動します。詳しくはこちら
外部倉庫保管品の場合がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。
よく一緒に見られている商品

【特典付き】【ライセンスキー版】DaVinci Resolve 15 StudioのQ&A

【特典付き】【ライセンスキー版】DaVinci Resolve 15 Studioのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

【特典付き】【ライセンスキー版】DaVinci Resolve 15 Studioの商品情報

システムファイブおすすめポイント!

  1. VFXソフト FusionがDaVinciに一体化!ページ切り替えだけですぐ作業できます!
  2. 複数ユーザーによるコラボレーション機能を搭載。同時に同じプロジェクトも進められます。
  3. パフォーマンスは過去最高。今までのマシンで動きます!


メーカーオフィシャル情報

編集・カラーコレクション・オーディオポストプロダクション・ビジュアルエフェクトの革新的なツールを、ひとつのアプリケーションに統合!DaVinci Resolve(ライセンスキー版)



DaVinci Resolve 15は、プロフェッショナルなオフラインおよびオンライン編集カラーコレクション、オーディオポストプロダクション、ビジュアルエフェクト機能を統合した、世界初のソリューションです。DaVinci Resolve 15は極めて柔軟性が高く、必要に応じて様々なツールセットを簡単に使い分けられるので、個人アーティストはクリエイティビティを無制限に発揮できます。



複数ユーザーによるコラボレーション機能にも対応しているので、異なる才能を持つアーティストとの共同作業が可能です。編集、カラー、エフェクト、オーディオのページはワンクリックで切り替えられます。すべての機能をひとつのアプリケーションに統合したDaVinci Resolve 15では、ソフトウェア間でのファイルの書き出しや変換は一切必要ありません!


DaVinci Resolve 15は、真のコラボレーションを実現する唯一のポストプロダクション・ソフトウェアです。複数のエディター、アシスタント、カラリスト、VFXアーティスト、サウンドデザイナーたちが、同じプロジェクトで同時に作業できます。個人アーティストにとっても、大規模な共同作業チームにとっても、DaVinci Resolve 15がハイエンドのポストプロダクションにおけるスタンダードとして位置付けられ、ハリウッドの劇場映画、テレビ番組、CM等のフィニッシングにおいて他のソフトウェアより支持されている理由は明らかです。




DaVinci Resolve 15 で変わったこと

(Fusionが統合されましたが…そもそも)Fusionってなんですか?
30年の歴史を持つVFX/コンポジットソフトウェアです。全部で250種類ものツールを持っており、これまで映画、CM、ドラマ、ゲームなどに使われてきました。DaVicni Resolve 15には一部ではなく全部の機能が移植されます。

単体版のFusionはなくなってしまうのですか?
今のところその予定はありません。Fusionの統合はまだ始まったばかりです。完全な統合まで、これから時間を要する予定です。現行のバージョンでは、複雑なコンポジションは単体版の方がパフォーマンスは優秀です。ワークフローに合わせてDaVinci Resolveの中のFusionを使うか単体版のFusionを使うかご選択ください。

アップデートされたのはFusionだけですか? ほかのページは置いてきぼりですか?
そんなことはありません。今回のリリースはどのページも取り残されていません。エディットページとカラーページだけでも、100種類の新機能が追加されています。エディットページもカラーページもここ数年で最高のアップデートです。



今回のアップデートの意味はどこにありますか?
今回のアップデートは2009年のDaVinci買収時に匹敵するほど大きな意味を持つリリースです。というのは、編集、カラー、音声、VFXを単一のソフトウェアに統合され、映像業界史上最大規模の総合映像編集ソフトウェアが誕生したからです。一つのアプリケーションにこれほど豊富な分野が入ったことはありません。Fusionが統合されただけではなく、全部で何百という種類の新機能を搭載しています。映像作品の編集はこれ1本で完結できます。

一つのアプリケーションで作業をするメリットはなんですか?
一つには、コンフォームやレンダリングが必要なくなることがあります。マシンを移る際にも、.drpのプロジェクトファイルと素材を移すだけで、コンフォームやレンダリングがいらなくなります。世の中にコンフォームが三度の飯より好きという人はいるでしょうか?

アプリケーションが怪物的に巨大で、ぜんぶ覚えられません。
心配はいりません。全部の機能を使う必要はありません。全部のページを使えるようになる必要もありません。ファイル変換、カラーグレーディング、カット編集、合成、エフェクト、整音、ミキシングなど、あなたの使いやすいように使ってください。複数人で作業をする場合には、コラボレーションという、プロジェクトを共有しながらマルチユーザーで作業を進める機能も用意されています。

機能が多すぎてアプリケーションとして重いのでは?
そんなことはありません。エディットページもカラーページも、パフォーマンスは過去最高です。例えばカラーページだけ使って、Fusionページをまったく使わない場合には、メモリもCPUもGPUも、一切Fusionページに持っていかれる心配はありません。


メモリは相変わらず必要ないですか?
はい、必要ありません。しかしFusionをがっつり使っていきたいという方は、メモリをどっさり載せたマシンを使用することをお勧めします。なにしろVFXソフトなのでメモリは食います。

FusionドングルでDaVinci Resolve Studio(有償版)が動くというのはほんとうですか?
ほんとうです。Fusionユーザーの方もDaVinci Resolve Studioを使ってみてください。

有償版と無償版の違いは? 有償版だったら何ができるんですか?
  • Ultra HDを超えるタイムライン解像度(Ultra HDまでは無償版でも対応)
  • 60fpsを超えるタイムラインフレームレート
  • 18種類のResolve FX(フェイス修正、レンズフレア、レンズブラーなど)
  • ノイズリダクション
  • HDR機能
  • H.264 10bitファイルの読み込み(Panasonic GH5)
  • XAVCの書き出し
  • HEVC(H.265)の読み込み
  • 複数のGPU
  • コラボレーション
  • ネットワークレンダリング/リモートレンダリング
  • リモートレンダリング
  • ステレオスコピック3D
  • Fusion VRツール
  • Fusion カメラトラッカー
  • 電話やメールでのサポート

メディア掲載