EON610の詳細情報

ポータブル・パワード・スピーカー

EON610
お取寄せ

JBL (ジェイビーエル)
  • LINEで送る
  • 印刷

商品詳細

JBL EON610

管理番号:N_1108433
希望小売価格: ¥77,000 (税抜)
販売価格:
¥55,800 (税抜)
+4,464円の消費税
558 円分のポイント
(ポイントとは?)
EON610をカートに入れる
(オンラインお見積について)
在庫状況: 
お取寄せ
(在庫に関するお問い合わせ)

周波数レンジ(−10dB)は52Hz〜20kHz。10インチ低域ドライバーを採用したコンパクトモデルの2-Wayパワード・スピーカー


【主な特長】
■10インチ低域ドライバーを採用したコンパクトモデル。
■水平指向角度は110°で、1本で広い範囲をカバー。
■独自のウェーブガイドを搭載し、カバーエリア全域にクリアで均一なサウンドを出力。
■2chのミキサー機能を内蔵。EQプリセットも搭載。
■ポールソケットやサスペンション・ポイントを装備。ステージモニターとしても使用可能。


【EON600シリーズの特長】
EON600 Seriesは、設置・運搬が容易なポータブル・パワード・スピーカー としての利点を受け継ぎつつも、各部の設計を一から見直し音質の飛躍的な向上に成功。
カバーエリアの隅々にまでクリアで均一なサウンドを出力できるため、今まで音質に妥協をしていた仮設PAでも高品位なSRを実現可能です。
多彩な機能により、現場でのシステム構築も素早く簡単に行えます。

ポータブルの枠を超えた、妥協のない優れたサウンド
・高域にはハイエンドのスタジオモニターにも採用されているJBL独自の“イメージコントロールウェーブガイド”を搭載。
 カバーエリアの全域に渡ってクリアで均一なサウンドを出力します。
 細部の描写力も高まり、高出力、低歪率の高域ドライバーとあいまって、クラスを超えた高品位な音質を実現しました。
。中低域を担当する低域ドライバーは、口径が大きくなるほど中域の指向角度が狭くなる傾向があり、カバーエリアの外側では帯域間で音質に不整合が発生していました。
 その問題を解決するために、EON612、EON615には新開発のウェーブガイド“パターンコントロールアパチャー”が搭載されています。
 中域の指向角度を大きく拡張することで、エリア全域で高域〜低域をなめらかに接続。聴く位置によらず、継ぎ目のない極めて自然な音質を実現しました。
・新たに開発された低域ドライバーは、歪みのないクリアなサウンドを高音圧で出力。
 キャビネット容積も十分確保しているため量感も豊かです。
・高効率なクラスDのパワーアンプを搭載。
 高域300W、低域700Wのバイアンプ駆動で、ドライバーの性能を十二分に引き出します。


EON615に搭載されたイメージコントロールウェーブガイド(上)とパターンコントロールアパチャー(下)


PAシステムの迅速な構築をサポートする多彩な機能
・2chのミキサー機能を内蔵。入力はマイク/ライン・レベルの切り替えが可能なXLRと標準フォーンプラグ対応の複合型端子で、様々な機器を直接接続できます。
・信号を外部に出力するためのTHRU端子も装備しました。
 用途に応じた最適なイコライジングがボタン一つで適用できる、EQプリセットを搭載。「メイン」「モニター」「スピーチ」「サブウーファー併用」の4種類から選択できます。
・EON600 Seriesをワイヤレスで制御するための、iOS/Android OS端末用アプリケーション「EON Connect」を用意しました※1/2/3。
 Bluetoothで接続した端末から、EQプリセットの切り替えやマスターボリュームの調整はもちろん、本体では操作できない3バンド・パラメトリックEQ、高域/低域のシェルビングEQ、ディレイ

も設定可能。
 1つの端末から4台までのスピーカーを個別に制御でき、スピーカー間で設定の内容の共有もできるため、セットアップが効率的に行えます。「EON Connect」はApp StoreやGoogle playから無

償でダウンロードできます。



※1.「EON Connect」を使用するためには、以下の動作環境を満たす端末が別途必要です。また端末は、アプリケーションをダウンロードするためのインターネット環境とBluetoothによる通信機

能を備えている必要があります。

■iPad、iPhone、iPod touch
 OS:iOS 7.1以降 対応機種:iPad 2以降、iPad mini、iPhone 4以降、iPod touch 第5世代以降

■Android
 OS:Android OS 4.4以降

※2.EON600 Seriesと端末とのBluetooth接続による通信可能な距離は約9mです。2.4GHz帯の周波数を使用しているため、使用環境によっては通信距離が短くなったり、通信が途切れる可能性があ

ります。

※3.本機のBluetooth機能は制御用で、端末内の音楽ソースは再生できません。



「EON Connect」の操作画面


様々な設置方法に対応。運搬も容易
・横向きに設置すればステージモニターとして使用できます。ポールソケットやサスペンション・ポイントも備えており、スタンドやポールへのマウントの他、吊り下げて設置することも可能で

す。
・小型・軽量で仮設PAに最適です。複数のハンドルを装備し、運搬も容易に行えます。
・上面と底面には、同一機種と連結するための凹凸が設けられており、積み重ねて運搬・保管する際の安定性が向上しました。
形式 : 2-Wayパワード・フルレンジ
周波数レンジ(-10dB) : 52Hz〜20kHz
指向角度(水平×垂直) : 110°×60°
最大音圧レベル : 124dB SPL
ドライバー構成 : ■LF
 610H(10インチ(254mm))

■HF
 2414H-1(1インチ(25mm))
クロスオーバー周波数 : 1.8kHz
パワーアンプ : LF:700W+HF:300W、Class D
入力 : ■チャンネル数
 2

■端子・形式
 XLRと標準フォーンジャック(3P)対応の複合型端子×2

■インピーダンス
 20kΩ(バランス)
インジケーター : EQ Preset、EQ+、Limit、Signal、Bluetooth、Power(前面、背面)
電源 : AC100V、50/60Hz
消費電力(1/8出力時、ピンクノイズ) : 55W
エンクロージャー : ポリプロピレン製、黒
寸法(W×H×D) : 322×557×295mm(除突起部)
質量 : 11kg
付属品 : 電源コード、和文取扱説明書
商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

中古品をお探しの方へ
EON610の中古品をお探しでしたら、中古品お探し登録サービス(無料)をご利用ください!
EON610に寄せられたお問合せの例
EON610を見た人はこんな商品も見ています
◆EON610は、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
◆商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
◆PCモニターの環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
◆価格の錯誤があった場合(例:¥108,000を¥10,800等の桁違い、又は¥0表示など)、また常識的にみて市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は錯誤の旨と正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。状況によりましては、ご注文をお取消させていただく場合がありますので何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
◆在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによっては、お受けできない場合があります。
◆お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
◆ご注文の際は、上記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。
EON-610
配送料金に関するご案内
当社へのご意見をお聞かせください!

最近チェックした商品

プロ機材のご購入・ご相談は 050-3187-9555
返品・交換・修理のご相談はこちらの専用窓口からどうぞ
※お問い合わせ内容の正確な確認とサービス向上のために通話を録音させていただいております。

EON610の価格と販売・通販なら、音響・映像を極める業界最大級のシステムファイブ「ePROSHOP」にお任せください。JBL ポータブル・パワード・スピーカーの販売価格・製品情報などをご紹介しております。

お買い物について
商品のサポートについて
SYSTEM5 ePROSHOP会員について
商品のお届けについて
利用可能クレジットカード・ショッピングローン
Tax-freeアイコン

ePROSHOP、イープロショップは、株式会社システムファイブの登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
古物商許可番号:東京都公安委員会 第301030205898号 / 愛知県公安委員会 第54116A112100号
© 2005-2017 System5 Co., Ltd.