上へ戻るボタン
CDプレーヤー/MDレコーダー

MD-CD1MKIII

TASCAM(タスカム)
  • 印刷

販売価格:

¥95,040(税込)
¥88,000(税抜)
[希望小売価格:¥118,800(税込)]

ポイント:

880ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1053316

カートに入れる
よく一緒に見られている商品
MD-CD1MKIIIの関連商品

MD-CD1MKIIIのQ&A

MD-CD1MKIIIのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

MD-CD1MKIIIの商品情報

CDプレーヤーとMDレコーダーを独立して操作し同時に使用することができるほか、連続再生やCDからMDへの最大4倍速ダビングなど、コンボユニットであることのメリットを最大限に活かした運用が可能です。CDプレーヤー部はオーディオCDだけでなくWAVファイルやMP3ファイルの再生が可能。CD- R/CD-RWディスクにも対応しています。-50%〜+16%のピッチコントロールはフロントパネルに装備の専用つまみで可変でき、直感的で確実な操作を実現しました。MDレコーダー部はLP2、LP4ロングプレーモードをサポート。オートキューやオートレディなどの充実した再生機能は、CDプレーヤーとMDレコーダー双方に装備しています。

アンバランスアナログ入出力およびCOAXIAL、OPTICALデジタル入出力を装備。ホールや店舗、放送局、テーマパーク、ミュージアム、イベント会場など様々な現場で活躍するほか、RS-232Cシリアルコントロールにも対応し遠隔制御が必要な現場への導入も可能です。

MD-CD1MKIIIの主な仕様

CDプレーヤー

・使用ディスク:12cm/8cm、CD/CD-R/CD-RW
・再生可能フォーマット:オーディオCD(CD-DA)、WAV、MP3
・CD-DA
サンプリング周波数:44.1kHz
量子化ビット数:16ビット
チャンネル数:2チャンネル
・WAV
サンプリング周波数:44.1kHz
量子化ビット数:16ビット
チャンネル数:2チャンネル
・MP3
音声モード:STEREO/JOINT STEREO/DUAL CHANNEL/MONO
サンプリング周波数:44.1kHz
MP3ビットレート:32〜320kbps、CBR/VBR/ABR対応、ID3TAG Ver.2.4対応

MDレコーダー

・使用ディスク:ミニディスク
・記録モード:STEREO/MONO/LP2/LP4
・録音時間(80分ディスク使用時):80分(標準)、160分(MONO)、160分(LP2)、320分(LP4)※80分ディスク使用時
・サンプリング周波数:44.1kHz
・量子化ビット数:16ビット

アナログ入力

アンバランス入力(MD入力):RCA
入力インピーダンス:22kΩ以上
規定入力レベル:-10dBV
最大入力レベル:+6dBv

アナログ出力

アンバランス出力(CD/MD/COMMON):RCA
出力インピーダンス:200Ω
規定出力レベル:-10dBV
最大出力レベル:+6dBV

PHONES

ヘッドホン出力:ステレオ標準ジャック
最大出力:20mW+20mW(32Ω負荷時)

デジタル入力

COAXIAL(MD):RCA
入力インピーダンス:75Ω
フォーマット:IEC60958-3民生用規格準拠(S/PDIF)
OPTICAL(MD):TOS
フォーマット:IEC60958-3民生用規格準拠(S/PDIF)

デジタル出力

COAXIAL(CD/MD):RCA
出力インピーダンス:75Ω
フォーマット:IEC60958-3民生用規格準拠(S/PDIF)
OPTICAL(CD/MD):TOS
フォーマット:IEC60958-3民生用規格準拠(S/PDIF)

KEYBOARD

ミニDIN 6pin(PS/2)

電源

AC100V、50-60Hz

消費電力

18W

外形寸法

483(幅)×94(高さ)×308(奥行き)mm

質量

5.4kg

性能

・CDプレーヤー
周波数特性:20〜20kHz、±0.5dB(JEITA)
S/N比:100dB以上(JEITA)
ダイナミックレンジ:100dB以上(JEITA)
歪率:0.005%以下(JEITA)
チャンネルセパレーション:90dB以上(1kHz、JEITA)
・MDレコーダー
周波数特性:20Hz〜20KHz、±0.5dB(JEITA)
S/N比:98dB以上(再生時、JEITA)、95dB以上(録音時、JEITA)
ダイナミックレンジ:98dB以上(再生時、JEITA)、95dB以上(録音時、JEITA)
歪率:0.005%以下(再生時、JEITA)、0.006%以下(録音時、JEITA)
チャンネルセパレーション:90dB以上(再生時、1kHz、JEITA)、83dB以上(録音時、1kHz、JEITA)

コントロール端子仕様

シリアルコントロール:CONTROL I/O(RS-232C)
コネクタ:D-Sub 9ピン・メス(#4-40インチネジ)
※詳細はRS-232Cプロトコルをご覧ください。

MD-CD1MKIIからの変更点

WAVファイルCDディスク再生が可能
プログラム再生の設定をCD、MD合わせてディスク最大100枚分保存可能
COAXIALデジタル入出力(CD出力およびMD入出力)
MDレコーダーのピッチコントロール非対応
PS/2キーボードのテンキーでトラック1〜10のダイレクト再生が可能
誤操作を防止するパネルロック
ディスクイジェクトブロック

メディア掲載

MD-CD1MKIIIの関連商品