上へ戻るボタン

ホーム > カテゴリから探す > ジャンル別 > 三脚 > 三脚セット(雲台+脚) > Sachtler システムFSB6 SLMCF

Sachtler 三脚キット(カーボン/3段/ミッド/ツイン/スピードロック) システムFSB6 SLMCF

Sachtler(ザハトラー)
  • 印刷

販売価格:

¥222,480(税込)
¥206,000(税抜)
[希望小売価格:¥293,760(税込)]

ポイント:

2,060ポイント

在庫状況:

管理番号:

N_1087402

カートに入れる
オリコのショッピングクレジットなら
36回まで分割金利手数料が無料です。

システムFSB6 SLMCFのQ&A

システムFSB6 SLMCFの商品情報

スペック表

システムFSB6 SLMCFの主な仕様

システム構成

雲台:FSB 6
脚部:スピードロック75 CF
スプレッダー :オフグランドスプレッダー75セット
ソフトバッグ :DV 75 S

仕様(システム全体)

耐荷重域 :1.5〜8kg
システム重量:5.1kg
最低/最高 :77〜160cm
運搬寸法 :84cm
三脚/雲台取付:75mmハーフボール フラットべース内臓

仕様(雲台部)

カウンターバランス:10段階
パン・チルトドラッグ :3段階 + フリー
チルト角度:+90°〜-75°
プレート:スナップ&ゴーカメラプレート

仕様(脚部)

耐荷重:20kg
段数:3段(ロータリークランプ付き)
最低/最高 :34〜147cm
素材:カーボンファイバー

システムFSB6 SLMCFのレビュー

ちっさ! by でる太さん
2018/07/25
Flowtechの新型が出ているにもかかわらず、わざわざ旧型を選択。
これまでVisionのblue3とblue5を使用してきたが、スピードロック脚が数年来気になっていて、今回増やす必要が生じたのに乗じて満を持しての購入。
なぜならボックス形状モノチューブのFlowtechはなんだか安っぽく見える気もするし、まったく新設計なのも若干不安。
それに長く続く形状であれば、どうせそのうち買うことになる。
開封するまえから、なんだか段ボールが小さいので嫌な予感がした。
箱からひっぱりだし、ケースから取り出した第一印象がタイトルである。
現在の主力カメラがPanasonic AG-UX180で、予備機がSONY HVR-Z5Jである。

「脚部について」
造りはまずまず高級感を感じる。
が、ちっさいので、フルサイズ(?)を見慣れている目には、クラス的にはどうしても一段下に見えてしまう。
もちろん伸ばせばVision blueシリーズに近い程度には伸びる(10センチ低い)が、これはSachtlerのでかい(全高の高い)ヘッドとミッドスプレッダーに若干助けられてのこと。
フロアスプレッダーにしたら、もう5センチは低くなりそうで、実用限界だろう。
そのあたりとトレードオフの軽さと持ち運びの良さなのだろうが、Flowtechではこの低さは見事に改善されている(やっぱりね・・・)。
この低さに関しては、検討する上で完全に見落としていた。
まさかこの価格帯で、ミニ三脚とは思わんもの。
改めて考えてみれば素材がカーボンかアルミかの違いだけで、blueシリーズの脚はよくできていたと感じる。
Flowtechは良い品なのかもしれないが、在庫があるうちに旧型blue脚を買って、安価なフルサイズ三脚を手に入れておくのをおススメしたい気分だ。
ではblueにしておけば良かったと後悔しているかといえば、まだ使い込んでは居ないが現段階ではそうでもない。
一代限りで終わったスピードロック、使っている人を見たことがない。
高さが残念なので、星ひとつ減点。

「ヘッドについて」
UX180(ワイコン使用率50%)でも、より重いHVR-Z5J(ワイコン、メモリーユニット共に使用率ほぼ100%)でも、blu3でカウンターバランスとると締めこむこととなり、上下のチルト角がかなり制限される。
特にZ5では、下に向ける際にストレスを感じた。
使えねェ!とblue5にしたら、今度はフリーにしても強すぎてスプリングバック(?)が起きる。
UX180よりも軽いカメラで、ワイコンを使わず、アクセサリーシューに何もつけるものはなく、三脚アダプタープレートも三脚ベースも嫌いだという方にはblu3ヘッドを。またUX180よりも重いカメラを使用し、三脚アダプタープレートと三脚ベースを使用し(使わないメリットをむしろ教えてほしいが)、ライトやモニターやワイヤレスユニットをほぼ常時使うことが前提ならばblue5オススメできるが、これからFlowtechのblueを購入しようと考えている方は、FSB6のFlowtechを検討されることをご提案する。
Sachtler FSB6は、どちらの我が愛器も、ほぼ完ぺきなバランスが取れるし、角度の制限も受けない。
カウンターバランスが10段階である事は、三脚のセッティングにこだわる職人カメラマン以外デメリットに感じないと思うし、パンとチルトドラッグが4段階なのも個人的にはそれが気になる事はないと思う。
そこまでこだわるならVinten VB100を買って下さいよ、ということだと思います(SachtlerのVIDEO 18を使ったこともありますが大金出すなら絶対100でしょう)。
あと選んでおいて何なんですが、サイドローディングはちょっと不安で、人生初のカメラ落下を経験しないように、しばらくは慎重に扱うことにします。
とにかくヘッドには不満がないので、星の減点はなし。

「三脚バッグ」
三脚ベースを入れる部分がない。
取っ手もマジックテープの持ち手がついているだけで、
Sachtlerの上位機種やblueシリーズのようなプラスチックの取っ手はない。
質感は悪くないが、マンフロットでもこの程度の袋はついてくる。
価格からすると、残念な感じなので星が一つマイナスとなる。

「総合評価」
商品が届いた今、再度検討を加えるとすると、サイドロードには便利さより不安を感じるので、タッチアンドでゴーのヘッドにフローテック脚をセットしたSystem FSB 6T FT MSがベストバイだったと思える。
完璧 by むらDさん
2015/06/07
■使用期間
1ヶ月

■購入の決め手
FSB6は前から気になっていたが、さらに一人ロケの際、楽だということで三脚をスピードロックタイプにしたかった。

■主な用途
仕事用 機材AX-100 CANON5Dmark3

■良い点
まず僕の用途からするとこれ以上がないということがいい。他の三脚などに目うつりすることがない。

■悪い点
手元に届くまで1ヶ月以上かかった。ただ初めに時間がかかるアナウンスがメールであり10日ごとくらいに途中経過の報告メールが来ていたので不安には思わなかった。上に乗せるカメラがとても軽いならFSB4とのセットの方がいいと思う。

■製品外観
傷、汚れなどもなく問題なし。

■操作性
とにかく動きがスムーズで料理ブツ取りなどの際のシビアな斜めパンも全く怖くない。
AX-100が軽いのでちょっと不安はあったが音声ユニットとスライディングプレートアダプターをつけると重さと重心部分もクリアでき、全く問題なくピタリと止まってくれる。

■安定性
使っていて安定性が極端に悪いと感じたことはない。

■おすすめしたいポイント
雲台と三脚のクオリティの高さはもちろんおすすめなのだが、とても嬉しいのがマンフロットやジッツオのフネが使えるところ。フネの長さが色んなタイプがあるので使用内容で変えている。DSLRの場合、モニターをすぐ後ろにつけたいためジッツオのロングタイプのフネを使いそこにCANON 5D mark3とモニターを固定している。重心もしっかりするのでこのやり方が一番、雲台の動きに影響しない。また三脚はやはり1箇所で止められるスピードロックタイプはかなり楽。実際にやったことがある人ならわかると思うが一人で三脚の1本ずつ2箇所で調整するとかなり大変な作業になるので、どうせ購入するならスピードロックタイプの方が絶対にいいと思う。来るまでに時間がかかるとのことでバラ売りで買おうかとも思ったがセットで買うと三脚のバッグもついてきたのでよかった。

■総評
個人で持つにはそれは高価だと思うが、この三脚&雲台ならあらゆるロケで動きの失敗がないという抜群の安心感をくれる。個人としてはこれまで安物を買いながらついにこのFSB6&スピードロックにたどり着いた。今思えば初めからこの三脚&雲台を買っておけば、無駄な出費もなかっただろうにと心から思う。値段で迷っている人がいるなら多少高くても間違いなくこっちを選んだ方がいいだろう。

■メーカーへの要望
もうちょっと手元に届くまでの時間が短いと嬉しい。
商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

メディア掲載

システムFSB6 SLMCFを見た人はこんな商品も見ています
◆PXW-Z280は、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
◆商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
◆PCモニターの環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
◆価格の錯誤があった場合(例:¥108,000を¥10,800等の桁違い、又は¥0表示など)、また常識的にみて市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は錯誤の旨と正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。状況によりましては、ご注文をお取消させていただく場合がありますので何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
◆在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによっては、お受けできない場合があります。
◆お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
◆ご注文の際は、上記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。

プロ機材のご購入・ご相談は
050-3187-9555 / お問い合わせフォーム
返品・交換・修理のご相談はこちらの専用窓口からどうぞ
※お問い合わせ内容の正確な確認とサービス向上のために通話を録音させていただいております。