PXW-FS7Kの詳細情報

【年度末プラスワンキャンペーン】XDCAMメモリーカムコーダー

PXW-FS7K 在庫あり PROCARE

SONY (ソニー)
  • LINEで送る
  • 印刷

※本製品にはバッテリーが付属しません。別途お買い求めください。

▼最新のファームウェアは下記URLよりご確認ください。
http://www.sony.jp/xdcam/support/update/update_pxw-fs7.html

プラスワンキャンペーン実施中。もれなくPXW-FS7用拡張ユニットXDCA-FS7をプレゼント!
商品詳細

SONY PXW-FS7K

管理番号:N_1083345
希望小売価格: ¥1,280,000 (税抜)
販売価格:
¥1,099,800 (税抜)
+87,984円の消費税
10,998 円分のポイント
(ポイントとは?)
PROCARE
修理保証サービス:

PROCAREについて
キャンペーン特典選択:

キャンペーン特典をご選択ください。

PXW-FS7Kをカートに入れる
(オンラインお見積について)
在庫状況:  在庫あり
(在庫に関するお問い合わせ)



約1160万画素 4K Super 35mm単板CMOSセンサーを搭載し、基準ISO感度 ISO2000(S-Log3時)、トータルラチチュード14stopの性能を実現したXDCAMメモリーカムコーダー(レンズ付属モデル)です。



4K Super 35mm 単板CMOSセンサー

撮像素子には総画素数約1160万画素 4K Super 35mm単板CMOSセンサーを搭載。基準ISO感度 ISO2000(S-Log3時)、トータルラチチュード14stopのクラスを超えた高い性能を実現。映画やCM、ドラマなどの現場はもちろんのこと、ドキュメンタリー、ブライダル、ロケなど撮影条件の厳しい現場で威力を発揮します。


4K/QFHD 59.94p本体記録・マルチコーデック搭載

カムコーダー本体での4K/QFHD 59.94/29.97/23.98p収録に対応。また、用途に合わせて選択できる多彩なコーデックを搭載しています。最新の圧縮技術により高効率と高画質を両立したXAVCフォーマットは、グリーンバックやグレーディングなどで威力を発揮するXAVC Intra(600Mbps<QFHD 59.94p時>)と、充分な画質を維持しつつ、長時間収録にも対応するXAVC Long(150Mbps<QFHD 59.94p時>)を搭載しています。さらにMPEG HD422や別売オプション機器を使用することによってRAWやProRes422収録にも対応。用途やワークフローに応じて最適なフォーマットを選択することができます。



Eマウント / 独立3連リング パワーズームレンズ

レンズマウントにはEマウントを採用。動画撮影に適したレンズを数多くラインアップするEマウントレンズ群が使用可能なほか、別売アダプターを使用することによりAマウントレンズにも対応します。
「独立3リング」「パワーズーム」「ズーミングによるフォーカス変動の最小化」など、これまで動画ユーザーから求められていた機能を盛り込んだ28-135mm(*) F4 パワーズームレンズを付属。
表現力と従来のビデオカメラ用レンズと変わらないオペレーションを両立しました。
* 付属レンズは35mmフルサイズ対応レンズです。PXW-FS7で使用時の35mmフルサイズ換算焦点距離は42-202.5mmとなります


フレキシブルスタイルデザイン

クリエーターが求める撮影スタイルをまったく新しい発想で新たに構築。可動・伸縮アーム、回転グリップ、ショルダーパッドを装備し、「ショルダー」「三脚」「ハンディ」「肩あて」などカメラマンの好みや撮影シーンに合わせたさまざまなスタイルでの撮影をリグを組むことなく可能にしました。


ショルダー


ハンディ


肩あて



三脚

最大180fpsハイフレームレート撮影

HD XAVC-I 収録時、最大180fpsでの連続撮影が可能で、約7.5倍(HD 23.98p記録時)のスローモーション映像の収録が可能です。別売オプション機器と組み合わせたRAW収録時には2K RAW収録時、最大240fpsでの撮影も可能です。


拡張ユニット

別売の拡張ユニット XDCA-FS7を装着することにより、TC IN/OUT、GENLOCKなどマルチカメラオペレーションに対応する機能を装備するとともに、ProRes422での収録にも対応。この拡張ユニットに別売のインターフェースユニット HXR-IFR5、RAWレコーダー AXS-R5を追加することにより4K RAW収録にも対応します。

Wi-Fiリモート
対応するスマートフォンやタブレットからリモートコントロールが可能です。
※ Wi-FiアダプターIFU-WLM3は、本体に付属しております

主要スペック

●センサー:4K Super 35mm相当単板CMOSセンサー
●総画素数:約1160万画素
●レンズマウント:Eマウント
●収録フォーマット:
XAVC-Intra(4K/QFHD/HD)、XAVC-Long(QFHD/HD)、MPEG HD422(HD)、RAW(4K/2K)(*1)、ProRes 422(HD)(*2)
●HFR(Max):
HD XAVC-I 180fps、HD XAVC-L 120fps、QFHD XAVC 60fps、2K RAW 240fps(4K RAWは59.94p収録可能)
●主な入出力端子:HD-SDI×2、HDMI×1、XLR×2、LANC×1
●メモリーカードスロット:XQD×2
●対応メモリーカード:XQDメモリーカード G/S/Mシリーズ
●NDフィルター:3ポジション+Clear
●ビューファインダー:3.5型QHD 960(H)×3(RGB)×540(V) 約156万画素
●対応バッテリー:BP-Uシリーズ

*1 RAW収録には以下の別売オプションが必要です。拡張ユニット XDCA-FS7、I/Fユニット HXR-IFR5、RAWレコーダー AXS-R5
*2 ProRes収録には別売の拡張ユニット XDCA-FS7が必要です

記録フォーマット(ビデオ) : ■XAVC Intra
 AVC/H.264 High 4:2:2 Intra Profile
 QFHD:VBR、最大600 Mbps
 4K:VBR、最大600 Mbps
 HD:CBG、222 Mbps

■XAVC Long
 AVC/H.264 High Profile
 QFHD:VBR、最大150 Mbps、
 4:2:0 Long
 HD:VBR 、最大50 Mbps、4:2:2 Long

■MPEG HD422
 MPEG-2 Long GOP
 HD422モード:CBR、50 Mbps、MPEG-2 422P@HL

■ProRes 422 HQ (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 Apple ProRes 422 HQ
 4:2:2、10ビット、VBR、最大220 Mbps

■ProRes 422 (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 Apple ProRes 422
 4:2:2、10ビット、VBR、最大147 Mbps

■RAW(拡張ユニット XDCA-FS7、I/Fユニット HXR-IFR5、RAWレコーダー AXS-R5接続時)
 4K/2K
記録フォーマット(オーディオ) : LPCM 24ビット、48 kHz、4チャンネル
記録フレームレート : ■XAVC Intra
 4096×2160/59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P
 3840×2160/59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P
 1920×1080/59.94P、50P、59.94i、50i、29.97P、23.98P、25P

■XAVC Long
 3840×2160/59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P
 1920×1080/59.94P、50P、59.94i、50i、29.97P、23.98P、25P

■MPEG HD 422
 1920×1080/59.94i、50i、29.97P、23.98P、25P
 1280×720/59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P

■ProRes 422 HQ (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 1920×1080/59.94i、50i、29.97P、25P、23.98P

■ProRes 422 (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 1920×1080/59.94i、50i、29.97P、25P、23.98P
記録・再生時間 : ■XAVC Intra 4096×2160/3840×2160
 ・59.94P
  約22分:QD-G128A使用時
  約11分:QD-G64A使用時

 ・50P
  約26分:QD-G128A使用時
  約13分:QD-G64A使用時

 ・29.97P
  約44分:QD-G128A使用時
  約22分:QD-G64A使用時

 ・23.98P
  約55分:QD-G128A使用時
  約27分:QD-G64A使用時

 ・25P
  約52分:QD-G128A使用時
  約26分:QD-G64A使用時

■XAVC Intra 1920×1080
 ・59.94P
  約59分:QD-G128A使用時
  約30分:QD-G64A使用時

 ・50P
  約71分:QD-G128A使用時
  約35分:QD-G64A使用時

 ・59.94i
  約118分:QD-G128A使用時
  約59分:QD-G64A使用時

 ・50i
  約141分:QD-G128A使用時
  約70分:QD-G64A使用時

 ・29.97P
  約118分:QD-G128A使用時
  約59分:QD-G64A使用時

 ・23.98P
  約147分:QD-G128A使用時
  約74分:QD-G64A使用時

 ・25P
  約141分:QD-G128A使用時
  約70分:QD-G64A使用時

■XAVC Long 3840×2160
 ・59.94P/50P
  約87分:QD-G128A使用時
  約44分:QD-G64A使用時

 ・29.97P/23.98P/25P
  約131分:QD-G128A使用時
  約66分:QD-G64A使用時

■XAVC Long 1920×1080
 ・50Mモード
  約262分:QD-G128A使用時
  約131分:QD-G64A使用時

 ・35Mモード
  約374分:QD-G128A使用時
  約187分:QD-G64A使用時

 ・25Mモード
  約524分:QD-G128A使用時
  約262分:QD-G64A使用時

■MPEG HD 422
  約262分:QD-G128A使用時
  約131分:QD-G64A使用時

■ProRes 422 HQ (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 ・59.94i/29.97P
  約60分:QD-G128A使用時
  約30分:QD-G64A使用時

 ・50i/25P
  約72分:QD-G128A使用時
  約36分:QD-G64A使用時

 ・23.98P
  約74分:QD-G128A使用時
  約37分:QD-G64A使用時

■ProRes 422 (別売拡張ユニットXDCA-FS7接続時)
 ・59.94i/29.97P
  約90分:QD-G128A使用時
  約45分:QD-G64A使用時

 ・50i/25P
  約108分:QD-G128A使用時
  約54分:QD-G64A使用時

 ・23.98P
  約112分:QD-G128A使用時
  約56分:QD-G64A使用時
スロー&クイックモーション : ■XAVC Intra
 3840×2160:1〜60fps(59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P)
 1920×1080:1〜180fps(59.94P、29.97P、23.98P)1〜150fps(50P、25P)

■XAVC Long
 3840×2160:1〜60fps(59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P)
 1920×1080:1〜120fps(59.94P、50P、29.97P、23.98P、25P)

■RAW  ※RAW収録には拡張ユニット XDCA-FS7、I/Fユニット HXR-IFR5、RAWレコーダー AXS-R5 が必要です。
2048×1080:120/240fps(59.94P、29.97P、23.98P) 100/200fps(50P、25P)
カメラ部 : ■撮像素子
 スーパー35相当単板CMOSイメージセンサー

■画素数
 11.6 M(total)、
 8.8 M@17:9/8.3 M@16:9(effective)

■NDフィルター
 1:クリア
 2:1/4ND
 3:1/16ND
 4:1/64ND

■感度
 Video Gamma:T14@24p
 (2000 lx、反射率89.9%、3200K)

■ISO感度
 S-Log3 Gamma ISO2000(D55 Light source)

■最低被写体照度
 0.7 lx(18 dB、23.98P、Shutter:OFF、ND Clear、F1.4)

■レンズマウント
 Eマウント

■ラティチュード
 14-stop

■映像S/N
 57 dB(Video Gamma/Noise Suppression:off)

■シャッタースピード
 1/3〜1/9000秒(23.98P時)

■シャッターアングル
 4.2°〜359.7°
 5.6°〜180°(23.98P時)
 5.6°〜216°(59.94P時)
 5.6°〜300°(50P時)

■スロー&クイックモーション
 XAVC QFHD:1-60P、
 XAVC HD:1-180P

■ホワイトバランス
 プリセットモード、メモリーモード
 A、B(1500K〜50000K)

■ゲイン
 -3、0、 3、6、9、12、18 dB

■ガンマカーブ
 STD1、STD2、STD3、STD4、
 STD5、STD6、HG1、HG2、HG3、
 HG4、HG7、HG8、S-Log2、
 S-Log3、USER1、USER2、
 USER3、USER4、USER5
オーディオ部 : ■サンプリング周波数
 48 kHz

■量子化特性
 24ビット

■周波数特性
 50 Hz〜20 kHz(±3 dB以内)

■ダイナミックレンジ
 90 dB(Typical)

■ひずみ率
 0.08%以下(入力レベル-40 dBu時)

■内蔵スピーカー
 モノラル

■内蔵マイク
 モノラル
入出力部 : ■入力
 ・INPUT 1/2:
  XLR型、3ピン、凹
  LINE / MIC / MIC+48V切り換え可能
  MIC:Reference -40、-50、
  -60 dBu

■出力
 ・SDI OUT 1/2:
  BNC型、0.8 Vp-p、不平衡(3G
  HD/1.5G HD出力)
  SMPTE ST424/425 Level-A/B、
  292M規格準拠
  オーディオ4チャンネル

 ・ヘッドホン(ステレオミニジャック):
  -16 dBu(基準レベル出力、モニターボリューム最大、16 Ω負荷時)
 ・HDMI:TypeA、19ピン

■その他
 ・DC IN:
  EIAJ標準、DC 11 V〜17 V

 ・拡張ユニット接続端子:
  専用144ピン

 ・マルチインターフェースシュー:
  専用21ピン

 ・REMOTE:
  2.5φ3極ミニミニタイプ

 ・USB: 2.0規格準拠 マスストレージ用 mini
  ABタイプ(1)
  W-LAN接続用 Aタイプ(1)

VF: 専用40ピン
表示部 : ■LCDモニター
 画面サイズ 対角8.8 cm (3.5型)
 アスペクト比 16:9
 画素数 960(H)×540(V)
付属品 : ビューファインダー(アイピース、アイカップ、ロッド、クランプ含む)
グリップリモコン
USBワイヤレスLANモジュール(IFU-WLM3)
赤外線リモコン(RMT-845)
ACアダプター(AC-NB12A)
電源コード
ミニUSBケーブル
オプション取り付け用金具
レンズマウントキャップ
ハンドルコネクター保護キャップ
USBワイヤレスLANモジュールキャップ
W-LAN端子カバー予備
拡張ユニット端子カバー予備
アクセサリーシューキット
ご使用になる前に
取扱説明書(CD-ROM)
対応バッテリー : BP-Uシリーズ
電源電圧 : DC12V
消費電力 : 約19W(XAVC-I HD 59.94p, EVF Off, LCDモニターOff,ビューファインダーON,HD-SDI On, SELP28135G使用時)
動作温度 : 0℃〜40℃
保存温度 : -20℃〜60℃
外形寸法 : 156 × 239 × 247mm(突起部含まず)
質量 : 約2kg (本体のみ)
付属ズームレンズ(PXW-FS7Kのみ) : レンズ型番:「SELP28135G」(FE PZ 28-135mm F4 G OSS)
マウント:Eマウント
焦点距離:28-135mm
       PXW-FS7で使用時の35mmフルサイズ換算焦点距離):42-202.5mm
開放F値:F4
絞り羽根:9枚(円形絞り)
フォーカス:オート/マニュアル切り替え
手振れ補正:レンズ内手振れ補正方式
フィルター径:95mm
外形サイズ・重量:約105 × 約162.5mm /約1215g(三脚座別)
高評価の記事は専門誌に任せて、実ユーザーの辛口レビューです! by いまじんさん
2015/03/22
■購入の決め手
これまでもXDCAM PMW-EX1Rを使用してきたため、ユーザインタフェースの親和性や周辺機器(バッテリー、手持ちのEマウントレンズ)の流用など考慮して、引き続きXDCAMシリーズを選択した。

■主な用途
音楽パフォーマンスなど舞台撮影で、4K収録、2Kクロップ編集に挑戦中。将来は自主映画製作にもチャレンジしてみたい。

■良い点
高感度、低ノイズ。光量が少ない暗い舞台では、+18dBのままゲインアップ撮影しても従来機に比べてS/N比が良い。メディアを差し替え、長時間の連続撮影が可能なこと。またビューファインダー、ハンドル部分の取り外しが可能で、市販のリグを活用して撮影スタイルを変えられること。

■悪い点
赤いプラスチック製のRECボタン(ハンドル部、グリップリモコン部)が民生品の流用で、業務用機にしては安っぽく感じる。左側面の操作ボタンはいずれもボタン押下時の感触が浅く、またジョグダイヤルの操作感もソニー製とは思えないほど使い勝手が悪い。
FS7K付属レンズは、電動ズームを搭載しているが、マニュアル操作時、リングを回してもいったん内蔵モーターを駆動するので、思い通りにメリハリの効いたズーミングできないときがある。できれば、FUJINONあたりの完全マニュアル操作できるHDレンズをレンズ付属モデルに採用して欲しかった。
本体のTHUMBNAILボタンを押すと、記録済み映像の再生が可能だが、あまり操作性がいいとは言えない。
撮影から再生モードへ、あるいは録画フォーマットを変更すると、システムがいったん再起動するくらい切り替えの時間がかかる。
記録メモリーの内容をPC上で操作(例えば、特定クリップを削除)した後、再装着すると、FS7自体がハングすることがある。この場合は電源スイッチを切ってもメディアアクセスランプが点灯したままで、もはやバッテリーを抜かないと、システムリセットできない。複数ボタン押下等による強制リセット機能をつけてほしい。(強制電源断はメディア破壊の可能性があり、非常に怖い!)
ビューファインダー接続端子の保護キャップが付属していない。XLR端子は市販品が使用できるので、あえて標準搭載不要だが、ビューファインダー端子は特殊端子なので、メーカーが標準装備してほしい。

■製品外観
まずまず(好印象)。SONYロゴ、デカすぎ!(笑)
グリップリモコンは民生機みたいに安っぽい。

■画質、記録フォーマット
XAVC Intraは容量が大きくなるものの、編集時にCPUパワーをあまり必要とせず、プレビューできるのが有難い。XAVC Longは圧縮率が高い反面、P/Bフレーム処理のためにネイティブフォーマットのままだと、プレビューにも高負荷がかかる。私の場合は、いったんApple PreRes422 HQやXAVC Intraへ変換して、編集時の画質維持と効率性をあげている。(注:米Sony Creative Software社が販売しているCatalyst Prepareを使用してフォーマット変換が可能)

■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
基本的にハンディ撮影用途のカメラではない。機動性を重視するのであれば、他のハンディカム仕様のXDCAM機器を選ぶべき。グリップリモコンを装着して肩載せをしても、しっくりこないので、カメラサポートシステム(例:マンフロット社SYMPLAなど)を併用した方が断然使い勝手が良くなる。残念ながら、これまでグリップリモコンは一度も使ったことがない。ズームレバーもイマイチで使い勝手が悪く、グリップリモコンはオプション製品にすべきだ!

■三脚搭載時の使用感
付属レンズ(SELP28135G)を取り付けると、かなり重量感があるので、耐荷重の余裕がある雲台と三脚を使用すべき。私の場合は25年前に購入したザハトラーの雲台が復活しました。バランス、取り付け部ともに問題なし。

■おすすめしたい機能など
まだ活用しきれていないが、ハイフレームレート撮影(HDのみ)ができる点。4K収録時にも2Kダウンコンバート信号が取り出せるので、モニター接続だけでなく、ATOMOS SHOGUNなど併用して、4K/2K同時記録可。

■記録メディア
映像記録にはXQDメディアしか使用できない。現状は非常に高価(128GBで高速モデルは実売7万円台)で、入手できる店が限られている。

■ビューファインダー・モニタの視認性
非常に良い。ただし、ビューファインダーのアイキャップは簡易固定なので、衝撃で外れやすい。

■オーディオ品質
量子化ビットが24bitに向上したため、高音質のマスター収録が可能。ただし、周波数特性は50Hz-20KHz。重低音(20Hz-30Hz)を記録するには他のオーディオレコーダの併用が望まれるかも。
また、内蔵マイクはガイド音声収録用で、被写体の音を取るものではない。EX1Rのように、外部マイクを接続しなくてもある程度、高品質のステレオ録音ができるマイクを内蔵して欲しかった。現場で、あえて外部マイクをつないでまで撮る必要のないとき、内蔵マイクは時として非常用として活用できる機会がある。

■総評
4K収録のための基本機能を欲しい人にとっては、コストパフォーマンスの高い製品だと言える。私のようなハイアマチュア層が背伸びして手に入れられるギリギリの価格帯だ。RAW記録やゲンロックを必要とするプロ現場向けにオプション拡張できる点も有難い。Eマウント採用には様々な意見があると思うが、フランジバックが短いので、各社の多種類のレンズを活用できるのも魅力だ。
最後に業務用クラスなのに「MADE IN JAPAN」でないのが残念に尽きる!

■メーカーへの要望
DCI解像度(4096 x 2160)への対応、そろそろかとお待ちしています。
α7シリーズ用のリモコンでタイムコードリセットできると嬉しい。マルチカメラ編集の際にタイムコードを合わせる手間が省ける。
SDI端子から4K映像の出力ができるよう、次世代SDI規格(12G)へのアップグレードオプションを検討してほしい。
とにかくポスプロが楽になります♪ by SONY LOVEさん
2015/03/16
■購入の決め手
4K、XAVC-I 4:2:2 10bit、60P、S-Log3、S-Gamut3.cine、Super35mm、75MB/秒(600Mbps)
これだけ使えて、MBPで余裕で編集できることに感動しました。
簡単にグレーディングする方法として、Catalystを使いSONYのLUTを当てた上で微調整後、XAVCで書き出し。Premiere CCでちゃちゃっとIn-Out編集して、はい出来あがり!です。
もちろんDavinciでも軽快です。じっくりグレーディングしても色耐性十分なので、色々挑戦できます。

■主な用途
個人使用 家庭用

■良い点
XAVC-Iの使いやすさ。

■悪い点
RAWがとれない。
4:2:2なので、グリーンバックで抜くのはやや難しい。

■製品外観
塗装の雰囲気が良い。

■画質、記録フォーマット
4K XAVC Intra 4:2:2 10bit

■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
ショルダーだと意外に安定しない。水平がとりづらい。
単焦点レンズでハンディ使用の使い勝手が素晴らしい。
ハンドルにズームボタン、Recボタンがあり便利。

■三脚搭載時の使用感
使ったことありません。

■おすすめしたい機能など
180P
多少フリッカーでますが、後処理ですぐ消えます。
絵は感動的である。

■記録メディア
128Gで7万ちょっとと、かなりお得。
20分ほどとれます。
毎回USBのアダプタいらないので単体も売って欲しい。

■ビューファインダー・モニタの視認性
フォーカスアシスト、ゼブラは必要十分。
あっちむけたりこっちむけたりは、ねじでぐりぐりしないといけないので、ちょっと面倒か。
画質はよい。もってるなかで一番良いEVF。できれば他のカメラでも使いたい。

■オーディオ品質
問題なし

■総評
初めての4K、XAVCを扱う際、入門機としてふさわしい。
RAWで良いカメラは他にたくさんあるが、Logで良いのなら対抗機種はないと思う。
なぜこれだけ詰め込んで90万ぐらいでかえるのか、素人の私でも不思議に思う。その分、初めて業務用機を買えたわけですが、その性能の広さに驚いている。これを業務用機とは思わず、最も良いハイアマチュア用ビデオカメラと位置づけて欲しい。

■メーカーへの要望
180P だけでなく240Pもバーストで良いのでとれないか。
EVF出力にLUTを当てると、ヒストグラムなどモニター情報がみれなくなる。同時に表示できないか。
オートフォーカスは、Canonのやつみたいにして欲しい。
商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

中古品をお探しの方へ
PXW-FS7Kの中古品をお探しでしたら、中古品お探し登録サービス(無料)をご利用ください!
PXW-FS7Kに寄せられたお問合せの例
PXW-FS7Kを見た人はこんな商品も見ています
◆PXW-FS7Kは、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
◆商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
◆PCモニターの環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
◆価格の錯誤があった場合(例:¥108,000を¥10,800等の桁違い、又は¥0表示など)、また常識的にみて市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は錯誤の旨と正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。状況によりましては、ご注文をお取消させていただく場合がありますので何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
◆在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによっては、お受けできない場合があります。
◆お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
◆ご注文の際は、上記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。
PXW FS7K  / PXWFS7K

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

お会計

配送料金に関するご案内
当社へのご意見をお聞かせください!

最近チェックした商品

プロ機材のご購入・ご相談は03-5212-5100

PXW-FS7Kの価格と販売・通販なら、音響・映像を極める業界最大級のシステムファイブ「ePROSHOP」にお任せください。SONY 【年度末プラスワンキャンペーン】XDCAMメモリーカムコーダーの販売価格・製品情報などをご紹介しております。

お買い物について
商品のサポートについて
SYSTEM5 ePROSHOP会員について
商品のお届けについて
利用可能クレジットカード・ショッピングローン
Tax-freeアイコン

ePROSHOP、イープロショップは、株式会社システムファイブの登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
古物商許可番号:東京都公安委員会 第301030205898号 / 愛知県公安委員会 第54116A112100号
© 2005-2017 System5 Co., Ltd.