上へ戻るボタン
アップ/ダウン/クロス対応マルチコンバーター

X_MC

DIGITAL FORECAST(デジタルフォーキャスト)
  • 印刷

販売価格:

¥88,340(税込)
¥81,796(税抜)
[希望小売価格:¥OPEN]

ポイント:

817ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1080082

カートに入れる
よく一緒に見られている商品

X_MCのQ&A

X_MCのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

X_MCの商品情報

SMPTE規格に準拠したマルチフォーマットSD/HD/3G-SDIとHDMIのデジタル映像信号と、コンポーネント、VGA、ビデオのアナログ映像信号の各入出力端子を搭載。出力したい入力信号を本体のジョグダイヤル、USBケーブル接続でのPC操作、または、本体搭載のミニピン端子からRS-232C通信にて切り替えが可能で、複数の出力端子から各映像信号での同時出力が可能(*)なマルチコンバーターです。

(*) 対応カラーモードの違いにより、SDIとVGA(コンポーネント)の同時出力は対応しておりません。


さまざまな映像入力・出力信号に対応する事であらゆる映像入力・表示機器との組み合わせでのご利用が可能となります。また、【X_MC】ではBridgeシリーズ初となるOSD(オンスクリーンディスプレイ)表示機能を搭載し【X_MC】に接続したモニターへ設定メニューを表示、本体のジョグダイヤル操作にて入力信号や出力フォーマット選択など、より簡単に設定が可能となりました。


また、入力信号をフォーマット変換して出力するアップ/ダウン/クロスコンバート機能を搭載。 X_MCからの出力を、設置された表示機器の入力対応フォーマットに合わせて出力することが可能です。 音声はアナログステレオオーディオとAES/EBUオーディオの各入出力端子を搭載しており、SDI・HDMIへのオーディオエンベデッド機能、アナログオーディオまたはAES/EBUオーディオのディエンベデッド機能が利用できます。なお、SDIフォーマットはSMPTE規格に準拠したSD/HD/3G-SDIのマルチレートに対応し、DVB-ASI信号にも対応します。


コンパクトであらゆる信号に対応した「Bridge X_MC」は、テレビ局、CATV、ネット動画配信、映像編集現場やスタジアム、医療・行政機関など、あらゆる映像制作・放送シーンでご活用頂けます。


様々なデジタル・アナログ信号の入出力に対応

SDI、HDMI、AES/EBUオーディオのデジタル信号と、本体ジョグダイヤルの操作、モニター上に表示されるOSDメニューでの選択、コンポーネント、VGA、ビデオ、アナログステレオオーディオのアナログ信号の各入出力に対応。 入力信号は、本体のディップスイッチ/ジョグダイヤル操作(モニターのメニュー表示)/PC制御(USB接続)と、さまざまな方法で設定可能です。
ジョグダイヤル操作での入力信号切替の有効無効は、本体のディップスイッチにて設定可能です。
また、選択している入力端子のLEDランプが点灯するので外観からも選択中の入力信号がひと目で分かります。
*コンポーネントはVGA端子にて変換利用となります。
*SDIとVGAの同時出力は非対応です。



OSDメニューにてあらゆる設定変更が可能

接続しているモニターへOSDメニューを表示します。本体のジョグダイヤルを操作して、映像入力信号/音声入力信号/出力フォーマット/アスペクト比/カラーモード/ズーム表示等の設定変更が可能です。実際の映像上に設定メニューが表示されるので、設定変更時の映像確認が把握しやすくなります。また、USB接続したPCにて各種設定・制御を行うこともできます。
*PCでの制御はターミナルソフトが必要です。 



アップ/ダウン/クロスコンバート機能

入力信号フォーマットを変換して出力するアップ/ダウン/クロスコンバート機能を搭載。X_MCからの出力を、設置済み表示機器の対応フォーマットに合わせて出力することが可能です。 変換出力は、OSDメニュー、またはUSB接続でのPC制御、RS-232C通信にて設定できます。
設定可能フォーマット: 480i/ 576i/ 720p50/ 720p59/ 720p60/ 1080i50/ 1080i59.94/ 1080i60/ 1080p24/ 1080p30/1080p50/ 1080p59.94/ 1080p60
*対応フォーマットは【入出力フォーマット】を参照ください。 


オーディオエンベデッド/ディエンベデッド機能

アナログオーディオまたはAES/EBUオーディオをSDI・HDMIに重畳して出力するオーディオエンベデッド機能を搭載。別撮りした音声をSDI・HDMI映像信号に重畳して出力できます。 また、SDI・HDMIのオーディオ信号を、アナログオーディオまたはAES/EBUオーディオ出力端子からも同時出力するディエンベデッドも可能です。ジョグダイヤル操作で表示されるOSDメニューにて設定可能です。
※入力信号を切り替えると、エンベデッド/ディエンベデッド機能は解除されます。
※ビデオとAES/EBUは使用端子を共有しています。(スライドスイッチにて切替)


入出力対応フォーマット
デフォルトモード時  *丸印の無いフォーマットはサポートしておりません。

■バイパスモード設定時入出力フォーマット(各信号毎) 
sdi 入力時
hdmi 入力時

コンポーネント入力時

vga入力時

ビデオ入力時

■対応SDI規格

SMPTE 125M NTSC (480i 59.94), PAL (576i 50)
SMPTE 296M 720p (60/59.94/50)
SMPTE 274M,SMPTE 292M 1080i (60/59.94/50) 1080p (30/29.97/25/24/23.98)
SMPTE 424M 1080p (60/59.94) 3G
SMPTE 425M
(レベルAのみ)
 


■本体外観図
外観

X_MCの主な仕様

入力信号

SDI/ HDMI(HDCP非対応)/ コンポーネント/ VGA/ ビデオ/ AES・EBUオーディオ/ アナログステレオオーディオ
 ※ビデオとAES・EBUは、本体スライドスイッチにて片方選択

入力端子

SDI:BNC
HDMI: タイプA
コンポーネント: ミニD-sub15ピン
VGA: ミニD-sub15ピン
ビデオ: BNC
AES・EBUオーディオ: BNC
アナログステレオオーディオ: 3.5mmミニピン
 ※コンポーネントとVGAは端子兼用
 ※ビデオとAES/EBUは端子兼用

出力信号

SDI/ HDMI (HDCP非対応)/ コンポーネント/ VGA/ ビデオ/ AES・EBUオーディオ/ アナログステレオオーディオ
 ※ビデオとAES・EBUは、本体スライドスイッチにて片方選択
 ※SDIとVGA(コンポーネント)の同時出力不可

出力端子

SDI:BNC
HDMI: タイプA
コンポーネント: ミニD-sub15ピン
VGA: ミニD-sub15ピン
ビデオ: BNC
AES・EBUオーディオ: BNC
アナログステレオオーディオ: 3.5mmミニピン
 ※コンポーネントとVGAは端子兼用
 ※ビデオとAES/EBUは端子兼用

ディップスイッチ

4個:
No.1 不使用
No.2 ファームウェアアップデート用
    ON:アップデート作業時  OFF:通常利用時
No.3 ジョグダイヤル操作での入力切替
    ON:有効  OFF:無効
No.4 FIX(1080i固定)モード出力強制有効 (*)
    ON:Fixed (1080i固定)モード有効  OFF:無効

(*)本ディップスイッチでFIXモードを「On」(有効)した後、再度出力モードを変える場合は、本ディップスイッチを「Off」に戻し、OSDメニューにて出力モードを再設定してください。

スライドスイッチ

2個
入力端子側  左:AES/EBUオーディオ入力   右:ビデオ入力
出力端子側  左:AES/EBUオーディオ出力   右:ビデオ出力

ジョグダイヤル

1個

その他インターフェース

RS-232(3.5mmステレオミニ)/ ミニUSB

電源

ACアダプタ

入力電圧

DC12V/1.5A

消費電力

最大10W

動作温度

0℃ 〜 60℃

動作湿度

0% 〜 90%(結露なきこと)

本体サイズ

144 mm x 81 mm x 20 mm (突起物含まず)

本体重量

210g

付属品

ACアダプタ(12V/1.5A)/ 3.5mmミニ〜RCA(赤白)ケーブル/
ミニD-Sub15〜コンポーネント変換アダプタ (*)

(*)コンポーネント利用時は、付属品のミニD-Sub15〜コンポーネント変換アダプタをご使用ください。

適合認証

FCC/ CE/ PSE

保証

1年間

メディア掲載