上へ戻るボタン
マルチチャンネル H.264 レコーダー/プレイヤー

Ki Pro GO

AJA Video Systems(エージェーエー)
  • 印刷

販売価格:

¥577,638(税込)
¥534,850(税抜)
[希望小売価格:¥608,040(税込)]

ポイント:

5,348ポイント

取扱状況:

管理番号:

N_1140571

カートに入れる
オリコのショッピングクレジットなら
36回まで分割金利手数料が無料です。
よく一緒に見られている商品

Ki Pro GOのQ&A

Ki Pro GOのレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

Ki Pro GOの商品情報

ポータブルサイズのマルチチャンネル H.264 レコーダー & プレイヤー
柔軟にチャンネルを割り当てられる 4 系統の 3G-SDI と 4 系統の HDMI によるデジタルビデオ入力端子により、カメラを含む最新のビデオソースに対応します。Ki Pro GO は収録時にゲンロックする必要がなく、入力ビデオソースはミックスや調整が行えます。どの収録チャンネルにも、高品質の 2 チャンネルエンベデッドオーディオまたは、バランスド XLR アナログオーディオを割り当てられます。マルチチャンネルマトリックスモニタリング機能により、複数のビデオチャンネルを 1 台の一般的な HDMI ディスプレイ上で確認できます。
ハーフラック幅で 2RU の高さの Ki Pro GO は、持ち運びにもラックマウントにも相応しく、あらゆる環境に対応する設計です。

■マルチチャンネル H.264 収録 / 再生
■USB 収録メディアスロット × 5、一般的な USB 3.0 メディアに対応
■リダンダント収録
■ゲンロックフリー (不要) 入力
■3G-SDI 入力 × 4
■HDMI 入力 × 4
■HDMI / SDI マルチチャンネルマトリックス (4分割) モニタリング
■選択可能な VBR (可変ビットレート) 収録プロファイル
■バランスド XLR アナログオーディオ入力、マイク / ライン / 48V 切替可能
■ビデオ入力毎に 2 チャンネルのエンベデッドオーディオ
■使いやすいウェブ UI、標準的なウェブブラウザに互換
■HD 解像度のスクリーンを搭載、フロントパネルのボタンで操作
■単独で動作

入力を簡単にマッピング、収録時にゲンロックが不要
Ki Pro GO は、最大で 1080p 50/60 の映像を H.264 で 4 チャンネル同時に収録可能です。
Ki Pro GO の設定は簡単です。HDMI ソースと 3G-SDI ソースをそれぞれ最大 4 系統接続できます。Ki Pro GO の前面には、4 つの USB スロットが設けられていて H.264 で収録します。収録する 4 つのチャンネルには、4 入力をあらゆる組み合わせで一度に割り当て可能です。
ライブイベントなどの特に時間に余裕がない状況でも Ki Pro GO は活躍します。入力をゲンロックする必要がないので、SDI カメラ、デジタル一眼レフカメラ、または HDMI カメラなどのソースを適切な収録チャンネルへ簡単に切り替え可能です。マッピングは Ki Pro GO の洗練されたユーザーインターフェイス内で行えて便利です。

業界標準の接続性
Ki Pro GO の背面には、4 系統の 3G-SDI 入力と 4 系統の HDMI 入力が搭載されています。1 台の HD ディスプレイ上で複数のチャンネルを確認できるマトリックスモニタリング機能を用いて SDI と HDMI を分割してモニタリング可能です。マスターのソースやミキサーなどからオーディオ収録を行う際に、XLR アナログオーディオ端子を利用できます。マイク、ライン、ファンタム電源に対応します。HDMI と SDI の 2 チャンネルエンベデッドオーディオや XLR アナログ入力は、各収録チャンネルに簡単に割り当てられます。
4 つの USB ポートが前面にあり簡単に収録メディアの抜き差しが行なえます。収録メディアは市販の USB ドライブが利用できます。背面には 5 番目の USB ポートが搭載されています。どの USB ポートも同時にすべてのチャンネルのリダンダント収録として構成可能です。バックアップや、ポストプロダクション、クライアントまたはチーム内の別のメンバーに渡せるキャプチャーファイルのコピーとして使用できます。さらに、どのような組み合わせの収録チャンネルでも個々の USB ポートに割り当て可能で、最大限の柔軟性を実現しています。
信号がバススルーされる 4 系統の 3G-SDI 出力は、ルーター、スイッチャー、他の Ki Pro シリーズなど、さまざまなデバイスに接続可能です。
冗長化電源は、重要なライブイベントなどで求められる信頼性に応えます。

画像の説明文



マルチチャンネル編集
Ki Pro GO は各入力を個別に収録しますが、収録されたファイルはタイムコードが揃っているため、マルチチャンネル収録用のシーケンスとしてインポートできる状態になっています。
追加の変換作業やソフトウェアは不要です。単純に USB ドライブから編集ソフトウェアへ直接ドラッグ & ドロップするだけです。
Ki Pro GO のクリップ名は論理的な手法に従って付与されます。簡単にデータ管理が行え、マルチチャンネル編集に適合します。
Ki Pro GO は自動的にチャンネル番号とバックアップ名を追加するので、データ管理が簡単になります。

HD マルチチャンネルマトリックスモニタリング
Ki Pro GO の SDI モニタリングポートや HDMI モニタリングポートに HDMI や SDI の HD モニターを接続すると、ディスプレイ毎に最大で 4 チャンネルの映像を整列させ一度に確認できます。もしくは、選択した任意の出力 1 チャンネルのフルスクリーン表示も可能で、拡大してディティールの確認が行えます。
マトリックスコンバーターや複数のモニターを使用しなくても、マルチカメラ撮影時の映像を 1 台のモニター上で柔軟に確認できるので、効率と利便性が向上します。

市販の USB メディアに対応
Ki Pro GO は FAT ファイルシステムでフォーマットされた市販の USB メディアに収録でき費用対効果が高く便利です。このファイルシステムはクロスプラットフォームに対応していて、ワークステーションやサーバーなどに問題なくファイルを送れます。

・USB 3.0 スロット × 5
・すべてのスロットは以下の規格と互換性があります。
 USB 2.0
 USB 3.0
 USB 3.1
 USB 3.1 Gen 1
 USB 3.1 Gen 2
・最大 5V 1A (スロット毎)
・FAT ファイルシステム
 FAT16
 FAT32
 exFAT

高解像度 LCD と直感的なオンスクリーンユーザーインターフェイス
Ki Pro GO には鮮明な高解像度の大型 HD ディスプレイが搭載されていて、素材をありのままにモニタリングできます。ディスプレイには、ビデオモニターとメニュー / ステータスを重ねて表示可能です。親しみやすく直感的なメニューシステムのインターフェイスとして機能します。くっきりと表示される詳細なオーバーレイ UI はオンスクリーンキーボード機能により、パワフルかつシンプルな操作が行えます。これらはすべて HD LCD ディスプレイに映しだされます。
Ki Pro GO には、従来のテープデッキのように直感的に扱える専用の操作ボタン (収録、再生、停止、巻き戻し、早送り) が備わっています。そのため時間をかけずに操作方法を習得することができます。
現在のシステムステータスと主要な設定の情報は、内蔵の美しい高解像度 LCD スクリーンに分かりやすく表示されます。追加で操作上の情報が必要な時には STATUS (ステータス) メニューから、収録中でもプレイバック中でもアクセスすることが可能です。

Ki Pro GOの主な仕様

ビデオフォーマット

(HD) 1080p 23.98, 24, 25, 29.97, 30, 50, 59.94, 60
(HD) 1080i 50、59.94*
(HD) 1080PsF 23.98, 24, 25, 29.97**
(HD) 720p 50、59.94
(SD) 525i 59.94*
(SD) 625i 50*
*注 : プログレッシブに変換し収録
**注 : PsF 入力のみサポート

対応ビデオコーデック

H.264 / MPEG-4
1 ? 25 Mbps レコーディング出力 (TBD)

対応オーディオコーデック

4 倍圧縮オーディオコーディック
チャンネル毎に 2 チャンネルのオーディオ
最大320 kbps (TBD)
MPEG-4 AAC-LC

対応コーデックコンテナ

.MP4
.MOV

記録メディア

USB 3.0 スロット x 5
すべてのスロットは以下の規格と互換性があります
USB 2.0
USB 3.0
USB 3.1 Gen 1
USB 3.1 Gen 2
最大 5V 1A (スロット毎)

対応ファイルシステム

以下の FAT ファイルシステムに対応
FAT16
FAT32
exFAT

デジタルビデオ入力

3G-SDI BNC × 4, SMPTE-259/292/296/424/425, 4:2:2 10-bit
HDMI 標準 Type A コネクター × 4
HDMI v1.4a
4:4:4 RGB 8/10 bit (Deep Color)
4:2:2 YCbCr 8/10/12-bit
4:2:0 YCbCr 8-bit

デジタルビデオ出力

3G-SDI BNC × 5, SMPTE-259/292/296/424/425, 4:2:2 10-bit
HDMI 標準 Type A コネクター × 1
HDMI v1.4a
4:4:4 RGB 8/10 bit (Deep Color)
4:2:2 YCbCr 8/10/12-bit
4:2:0 YCbCr 8-bit

オーディオ入力

SDI オーディオ入力 × 4
2 チャンネル, 24-bit エンベデッドオーディオ
サンプルレート 48kHz, 同期
内部でサンプルレートを 48kHz に変換
HDMI オーディオ入力 × 4
2 チャンネル, 24-bit HDMI エンベデッドオーディオ
サンプルレート 48kHz, 同期
内部でサンプルレートを 48kHz に変換
XLR 入力 × 2
ライン/マイク/+48V ファンタム電源 のマイクレベル対応 (背面スイッチで切替可能)
+24dBu フルスケールデジタル
周波数応答 +/- 0.3dB 20Hz から 20kHz
THD+N (全高調波歪+ノイズ) <= -90 dB

オーディオ出力

SDI エンベデッド × 5
2 チャンネル, 24-bit エンベデッドオーディオ
サンプルレート 48kHz, 同期
HDMI エンベデッド × 1
2 チャンネル, 24-bit エンベデッドオーディオ
サンプルレート 48kHz, 同期
ボリュームコントロール付きステレオアンバランスドヘッドフォンジャック (3.5mm ジャック × 1)
2 チャンネル アンバランスド RCA コネクター × 2

ビデオ変換

収録向けに入力信号をデインターレース(インターレース解除)
プレイバック向けにインターレース化(選択可能)
PsF からプログレッシブへの変換

リファレンス入力

外部リファレンス (BNC × 2)
ルーピング、無終端
(HD) 3 値シンク
720p 59.94
720p 50
1080i 59.94
1080i 50
1080p 23.98
1080PsF 23.98
1080p 24
1080PsF 24
(SD) アナログコンポジット
525i 59.94
625i 50

ネットワークインターフェイス

LAN コネクター × 1 (RJ-45コネクター、10/100/1000 Ethernet)
リモートコントロールのためのウェブサーバー
REST を用いたリモートコントロール

ユーザーインターフェイス

ロータリーセレクションノブ
専用の転送コントロールボタンとメニューボタン (バックライト付き)
ビデオモニターとメニュー/ステータスをオーバーレイ表示できる 1280 × 720 TFT LCD ディスプレイ

サイズ (W × D × H)

219.46mm × 268.60mm × 84.08mm

重量

2.3 kg

電源

デュアルリダンダント 最大電流 7.5 A、通常電力 40-55 W、最大電力 90 W
AC : 100-240V 50/60 Hz (AC アダプター)
DC : 12-18V 4 ピン XLR (シャーシ)

環境

動作温度 : 0℃ から 40℃ (32? から104?)
保存温度 (電源オフ) : -40℃ から 60℃ (-40? から 140?)
動作湿度 : 10% から 90% (結露なきこと)
動作高度 : 3,000m 未満 (10,000ft 未満)

メディア掲載