マルチチャンネルシグナルプロセッサ

FA-505

FOR-A

マルチチャンネルシグナルプロセッサ

FA-505

FOR-A

商品ページQRコード

▲このページを
スマホで見る

管理No.: N_1110053
¥1,430,000 (税込)
¥1,300,000(税抜)
希望小売価格:¥1,430,000(税込)

14,300ポイント獲得

カートに追加しました。
カートへ進む

△ お取寄せ

在庫についてのお問合せ

¥1,430,000 (税込)
¥1,300,000(税抜)
希望小売価格:¥1,430,000(税込)

14,300ポイント獲得

数量

返品について

見積書はカートに入れた後、
カート画面で作成できます

この商品は中古品です

最大2000x2000pixelの高解像度写真で細部までご確認いただけます

保証・状態、付属品なども十分ご確認をお願いします

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 同梱品
  • 付属品

オールラウンド・フレームシンクロナイザ


A-505は、映像制作に必要とされる多彩な機能を搭載する一方、多チャネルルーティング(ビデオ入力 x 5・出力 x 5)をも可能にするフレームシンクロナイザです。
フレームシンクロナイザとしての機能はもちろん、カラーコレクタ、5 × 5クリーンスイッチ、3G-Level A/B 変換機能等を標準搭載。
更にアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータをオプション搭載することで、各種ビデオ信号の変換が可能です。
オーディオ信号処理ではディレイ調整やリマップ機能、サンプルレートコンバータを搭載し多才ぶりを発揮。
回線、中継、報道、制作、編集、送出など、映像制作現場で求められる機能を1台で可能にします。

次世代制作環境を見据えたバージョンアップを実施







HDR(ハイダイナミックレンジ)、WCG(広色域)など次世代制作に対応するバージョンアップを行いました。

■Logカーブ情報を登録できるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応、
 SDR(標準ダイナミックレンジ)との相互変換が可能




■WCG(広色域)に対応し、ITU-R BT.2020とITU-R BT.709の相互変換が可能




・4K 2SI信号に対応
・フレームレート変換機能を搭載
・低フレームレート(23.98p, 30p)の4Kカメラ信号に対応

ブロック図





製品紹介ビデオ


【主な特長1(ビデオ機能)】

HDR対応・WCG対応など次世代制作環境を見据えたバージョンアップを実施

■Logカーブ情報を登録できるHDR(ハイダイナミックレンジ)対応
 HDR(ハイダイナミックレンジ)映像に対応し、SDR(標準ダイナミックレンジ)とHDRを相互変換することが可能になりました。
 信号変換に必要なLogカーブ情報は、任意のファイルを本体に登録でき、適切なLogカーブを割り当てることができます。

■ITU-R BT.2020のWCG(広色域)に対応
 広色域ITU-R BT.2020に対応し、ITU-R BT.2020とITU-R BT.709の相互変換が可能になりました。

■4K 2SI信号に対応
 これまでは4K SQD(Square Division)信号のみの対応でしたが、バージョンアップにより2SI(Sample Interleave)信号にも対応しました。

■フレームレート変換機能を搭載
 29.97pから59.94p、50pから25pなど、フレームレートを2倍、1/2倍にする変換機能を搭載しました。

■低フレームレート(23.98p, 30p)の4Kカメラ信号に対応
 23.98p, 30pといった、低フレームレートを使用する4Kカメラの映像出力に対応しました。

フレームシンクロナイザ機能

朋栄のフレームシンクロナイザは、状態の悪いビデオ信号に対して圧倒的な引き込み性能を持っています。
同期モードはフレーム/ライン/AVDLから選択可能。
いずれのモードにおいてもアンシラリデータはH/Vともに通過させることが可能です。※

※入出力フォーマットが異なる場合には通過可能なパケットに制約があります。




■Frame Syncモード
 ゲンロック信号に対して同期させて出力するモードです。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期/非同期のどちらの場合でも使用できます。

■Line Syncモード
 ゲンロック信号に対して±1/2ラインの範囲で同期させて出力するモードです。
 ゲンロック信号をビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

■AVDLモード
 ゲンロック信号に対して一定の遅延で出力するモードです。
 引き込み範囲はHD時5H、SD時1Hになります。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

■Line Sync (Minimum) モード
 入力された信号を最小遅延にて出力するモードです。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

プロセスアンプ

ビデオレベル、クロマレベル、ブラックレベル、HUEの調整が可能です。
個別での調整はもちろん、チャネルリンクにより、複数のチャネルを一括コントロールすることも可能です。
また、補正前/補正後を確認するための分割表示機能も有しています。





アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ (オプション)





各プロセス回路にアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ機能を追加可能です。
3G/HD/SDの相互変換を実現します。

■アップコンバータ:SD→HD、HD→3G、SD→3Gへの変換が可能
■ダウンコンバータ:3G→HD、3G→SD、HD→SDへの変換が可能
■クロスコンバータ:1080i→720P、720P→1080iへの変換が可能
■アスペクトコンバータ:レターボックスやサイドカットをはじめ、多彩なアスペクト変換が可能

カラーコレクタ機能

放送業界で実績のあるカラーコレクタ機能を各チャネルに標準搭載。
10系統のカラーコレクタを自由にお使いいただけます。
カラーコレクションモードは3種類。単独またはグループでの色調整が可能です。
パラメータの差を保ったまま各チャネルをリンクすることも可能です。

■バランスモード:RGBによる色調整
■ディファレンシャルモード:ホワイトバランスを崩さずに色調整
■セピアモード:モノクロまたはセピアに色変換

各パラメータには朋栄のカラーコレクタではおなじみのUNITYボタンを搭載。
ボタンを押すだけでデフォルト状態に復帰させることができます。
補正前/補正後を確認するための分割表示機能も有しています。
4Kモードを利用して、4Kカラーコレクタとしての利用も可能です。




クリップ機能





朋栄のカラーコレクタで評判のクリップ機能を継承。
Y/PB/PRまたはRGBクリップ機能により、色情報を最適な範囲内に押さえ込むことが可能です。

■Y/PB/PRクリップ:ホワイトクリップとブラッククリップ機能により、
 ホワイトバランスを保ったまま、必要以上に明るい/暗い色情報を範囲内に調整可能。
■GBRクリップ:ホワイトクリップとブラッククリップ機能により、必要以上に明るい/暗い色情報を範囲内に調整可能。
 撮影時に発生した意図しない色情報を補正します。

SDI入出力それぞれにセレクタ機能を搭載







SDI入出力それぞれにセレクタ機能を搭載。
入力段でプロセス経路を選択し、さらに出力段で出力する端子を選択することが可能です。

クリーンスイッチ

出力部にはクリーンスイッチを搭載。
映像、音声ともにノイズやショックなく、スムーズな切り替えを実現します。
切り替え方法は、クロスポイントを直接操作するダイレクトモードのほか、TAKE操作で一括切り替えを行うTAKEモード、さらに、クロスポイント設定を保存し、一括で切り替えるSALVOモードを搭載。
プロセス処理付きのルーティングスイッチャとしても十分に活用可能です。




ディレイ調整





最大8フレームまでのフレームバッファを搭載。
各チャネル個別にディレイ調整が可能です。

入出力バイパス

電源断や障害発生時にプロセス機能をバイパスし、映像を出力するバイパス機能を搭載しています。




ANC MUX/DEMUX





ビデオ信号に重畳されたアンシラリ(ANC)信号は最初に分離され、プロセス回路とは別に処理されます。
ANCデータはチャネルごとにそのまま通過するか、設定されたANCデータを重畳しなおすか、ブランクにするかを選択することができます。

タイムコードインサータ/ジェネレータ

タイムコードは、外部からのLTCタイムコード入力のほか、内蔵のタイムコードジェネレータを選択できます。
チャネルごとにPass、外部TCまたは内蔵TCに準拠するかどうかを選択可能。
また、搭載のLTC端子は外部LTC入力のほか、内蔵TCの外部出力として利用することも可能です(選択式)




テストシグナル出力





チャネルごとに100%カラーバー、75%カラーバー、SMPTEカラーバー、Ramp信号の出力が可能です。

イベントメモリ

FA-505で設定した各種パラメータはイベントメモリとして内部に保存することが可能です。
本体には最大100件の保存が可能です。
また、PCを使って設定データをバックアップ/リストアすることも可能です。




SNMP





FA-505は標準でSNMPに対応しています。
電源、ファン、信号等に関するアラーム監視をSNMP経由で行うことも可能です。

映像出力拡張オプション

オプションスロットに映像出力拡張オプションFA-10DOを追加すると、1スロットあたり2系統2分配出力の拡張が可能です。




【主な特長2(オーディオ機能)】

FA-505は、ビデオ機器に位置付けられる製品ですが、実はオーディオについても多彩な機能、性能を有しています。

各ビデオ系統にて16チャネルのエンベデッドオーディオに対応





エンベデッドオーディオは、3G/HD(同期/非同期)、SD-SDI*(同期) 1系統あたり16チャネルに対応。
5系統すべて合わせると最大80チャネルものオーディオ入力を処理可能なパワフルな性能を有しています。

*SD-SDI出力時のオーディオは12チャネル

オーディオオプションの追加により、最大112チャネルに対応

FA-505にはオプションとしてデジタルオーディオ入出力、アナログオーディオ入出力を用意。
オプションスロットに実装することで、A/D、D/A変換はもちろん、エンベデッドオーディオ信号と組み合わせたリマップ、MUX/DEMUXが可能です。

■FA-10AES-BL: 平衡デジタルオーディオ入出力
 4系統(8チャネル)の平衡デジタルオーディオ入出力が可能です。

■FA-10AES-UBL: 不平衡デジタルオーディオ入出力
 4系統(8チャネル)の不平衡デジタルオーディオ入出力
 (4チャネルごとに入出力切り替え)が可能です。

■FA-10ANA-AUD: アナログオーディオ入出力
 2系統(4チャネル)の平衡または不平衡アナログオーディオ入出力が可能です。




ゲイン調整





オーディオチャネルごとにゲイン調整が可能です。
ボタンを押すだけで基準値に戻すことが可能なUNITYボタンも実装しています。


サンプルレート変換

デジタルオーディオ全チャネルにサンプルレートコンバータ回路を搭載。
システムに同期した出力が可能です。




ディレイ調整





オーディオチャネルごとにディレイ調整が可能です。
1ms単位、最大1,000 msまで調整ができます。
また、オーディオグループ一括でのディレイ調整も可能です。
ボタンを押すだけで基準値に戻すことが可能なUNITYボタンも実装しています。


チャネルリマップ機能






ビデオにエンベッドするオーディオチャネルを、順番を含めて自由に変更可能です。
5系統のビデオすべてのチャネルにまたがってリマップが可能です。
オプションのオーディオチャネルとの差し替えやメイン音声と副音声との差し替え等に便利な機能です。


ダウンミックス




5.1CH音声からステレオへの変換等に便利な機能。
L/R/Center/SL/SRそれぞれへのアサインチャネルの変更やゲイン調整、ダウンミックスモードを選択できます。
ステレオペアをモノラルに変換するMono Sumモードも搭載しています。


極性反転

オーディオチャネルごとに極性を反転させることが可能です。
意図せず位相がずれてしまったオーディオチャネルを修正することができます。




マスターミュート





ビデオチャネルまたはオーディオオプションごとに音声をミュートすることが可能です。


テストシグナル出力

ビデオチャネルまたはオーディオオプションごとに500kHz、1kHz基準信号を出力することが可能です。
また、オーディオチャネルごとにも基準信号を出力することが可能です。

FOR-A FA-505 マルチチャンネルシグナルプロセッサの主な仕様

ビデオフォーマット

■入力
 [3G-SDI]
 1080/60p (Level-A), 1080/59.94p (Level-A/B)、1080/50p (Level-A/B)、
 2 x 1080/59.94i (Level-B)、2 x 1080/50i (Level-B)

 [HD-SDI]
 1080/59.94i、1080/50i、1080/30p, 1080/29.97p、1080/25p、1080/24p、
 1080/23.98p、1080/24PsF、1080/23.98PsF、720/59.94p、720/50p

 [SD-SDI]
 525/60、625/50

■出力
 [3G-SDI]
 1080/60p (Level-A), 1080/59.94p (Level-A/B)、1080/50p (Level-A/B)、
 2 x 1080/59.94i (Level-B)、2 x 1080/50i (Level-B)

 [HD-SDI]
 1080/59.94i、1080/50i、1080/30p, 1080/29.97p、1080/25p、1080/24p、
 1080/23.98p、1080/24PsF、1080/23.98PsF、720/59.94p、720/50p

 [SD-SDI]
 525/60、625/50

ビデオ

■入力
 3G-SDI:3 Gbps、HD-SDI:1.5 Gbps または SD-SDI:270 Mbps、75Ω、BNC x 5

■出力
 3G-SDI:3 Gbps、HD-SDI:1.5 Gbps または SD-SDI:270 Mbps、
 75Ω、5出力 (5系統2分配)、BNC x 10

信号処理方式

4:2:2 デジタルコンポーネント

量子化

3G/HD/SD-SDI:10-bit

ゲンロック入力

■BB
 NTSC:0.429 V(p-p)、PAL:0.45 V(p-p) または 3値シンク:0.6 V(p-p)、
 75Ωまたはループスルー BNC x 1
 (終端時は75Ω終端プラグが必要)

同期

Frameモード、Lineモード、AVDLモード、Line (minimum)モード

システム位相調整

■Frameモード
 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:最大:1フレーム +1H / 最小:1 H

■Lineモード 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:最大:1H +1/2H / 最小:1H+2H

■AVDLモード 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:HD最大:5H +1/2H +1H / 最小:1/2H
 SD最大:1H +1/2H +1H / 最小:1/2H

ビデオ遅延調整

最大8フレーム (Frameモード時)

ビデオ機能

プロセスアンプ、カラーコレクタ

プロセスアンプ

ビデオレベル: 0.0% 200.0%
クロマレベル: 0.0% 200.0%
ブラックレベル: -20.0% 100.0%
HUE: -179.8° +180°

ビデオクリップ

YPbPrモード、GBRモード

カラーコレクション

アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ

オーディオ

■入力(エンベデッド)
 [3G/HD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16-bit 24-bit、
 同期/非同期 (3G Level-B: Link Aの重畳のみ有効)
 
 [SD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16-bit 24-bit、同期のみ

■出力(エンベデッド)
 [3G/HD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16/20/24-bit、
 同期/非同期 (3G Level-B: Link Aの重畳のみ有効)

 [SD時]
 12チャネル (Group 13) 48 kHz、16/20/24-bit、同期のみ

オーディオ遅延調整

5 ms 1,000 ms (1 ms単位で設定可能)

オーディオ処理

SRC (サンプルレートコンバータ)、ゲインコントロール、ダウンミックス、リマップ、ミュート (チャネルごとに調整可能)

インターフェース

■bEthernet
 100 Base-TX / 1000 Base-T:RJ-45 x 1

その他

■使用温度・湿度
 0℃ 40℃、30% 90% (結露のないこと)

■電源電圧
 AC 100 V 240 V ±10%、50/60 Hz

■消費電力
 [FA-505]
 90 VA (86 W) (AC 100 V 120 V時)
 108 VA (78 W) (AC 220 V 240 V時)
 
■外形寸法
 FA-505:430 (W) x 400 (D) x 44 (H) mm

■質量
 FA-505:7.0 kg (オプション未実装時)
 FA-10AES-BL:0.2 kg
 FA-10AES-UBL:0.2 kg
 FA-10AES-UBLC:0.1 kg
 FA-10ANA-AUD:0.1 kg
 FA-10GPI:0.2 kg
 FA-10DO:0.2 kg

■消耗部品
 電源ユニット:交換時期 約3年
 冷却ファン P-1493-2 (FAN 1、2、3、4共通):交換時期 約5年

FOR-A FA-505 マルチチャンネルシグナルプロセッサの主な仕様

ビデオフォーマット

■入力
 [3G-SDI]
 1080/60p (Level-A), 1080/59.94p (Level-A/B)、1080/50p (Level-A/B)、
 2 x 1080/59.94i (Level-B)、2 x 1080/50i (Level-B)

 [HD-SDI]
 1080/59.94i、1080/50i、1080/30p, 1080/29.97p、1080/25p、1080/24p、
 1080/23.98p、1080/24PsF、1080/23.98PsF、720/59.94p、720/50p

 [SD-SDI]
 525/60、625/50

■出力
 [3G-SDI]
 1080/60p (Level-A), 1080/59.94p (Level-A/B)、1080/50p (Level-A/B)、
 2 x 1080/59.94i (Level-B)、2 x 1080/50i (Level-B)

 [HD-SDI]
 1080/59.94i、1080/50i、1080/30p, 1080/29.97p、1080/25p、1080/24p、
 1080/23.98p、1080/24PsF、1080/23.98PsF、720/59.94p、720/50p

 [SD-SDI]
 525/60、625/50

ビデオ

■入力
 3G-SDI:3 Gbps、HD-SDI:1.5 Gbps または SD-SDI:270 Mbps、75Ω、BNC x 5

■出力
 3G-SDI:3 Gbps、HD-SDI:1.5 Gbps または SD-SDI:270 Mbps、
 75Ω、5出力 (5系統2分配)、BNC x 10

信号処理方式

4:2:2 デジタルコンポーネント

量子化

3G/HD/SD-SDI:10-bit

ゲンロック入力

■BB
 NTSC:0.429 V(p-p)、PAL:0.45 V(p-p) または 3値シンク:0.6 V(p-p)、
 75Ωまたはループスルー BNC x 1
 (終端時は75Ω終端プラグが必要)

同期

Frameモード、Lineモード、AVDLモード、Line (minimum)モード

システム位相調整

■Frameモード
 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:最大:1フレーム +1H / 最小:1 H

■Lineモード 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:最大:1H +1/2H / 最小:1H+2H

■AVDLモード 水平:-1/2H +1/2H
 垂直:-1/2フレーム +1/2フレーム
 遅延:HD最大:5H +1/2H +1H / 最小:1/2H
 SD最大:1H +1/2H +1H / 最小:1/2H

ビデオ遅延調整

最大8フレーム (Frameモード時)

ビデオ機能

プロセスアンプ、カラーコレクタ

プロセスアンプ

ビデオレベル: 0.0% 200.0%
クロマレベル: 0.0% 200.0%
ブラックレベル: -20.0% 100.0%
HUE: -179.8° +180°

ビデオクリップ

YPbPrモード、GBRモード

カラーコレクション

アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ

オーディオ

■入力(エンベデッド)
 [3G/HD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16-bit 24-bit、
 同期/非同期 (3G Level-B: Link Aの重畳のみ有効)
 
 [SD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16-bit 24-bit、同期のみ

■出力(エンベデッド)
 [3G/HD時]
 16チャネル (Group 14) 48 kHz、16/20/24-bit、
 同期/非同期 (3G Level-B: Link Aの重畳のみ有効)

 [SD時]
 12チャネル (Group 13) 48 kHz、16/20/24-bit、同期のみ

オーディオ遅延調整

5 ms 1,000 ms (1 ms単位で設定可能)

オーディオ処理

SRC (サンプルレートコンバータ)、ゲインコントロール、ダウンミックス、リマップ、ミュート (チャネルごとに調整可能)

インターフェース

■bEthernet
 100 Base-TX / 1000 Base-T:RJ-45 x 1

その他

■使用温度・湿度
 0℃ 40℃、30% 90% (結露のないこと)

■電源電圧
 AC 100 V 240 V ±10%、50/60 Hz

■消費電力
 [FA-505]
 90 VA (86 W) (AC 100 V 120 V時)
 108 VA (78 W) (AC 220 V 240 V時)
 
■外形寸法
 FA-505:430 (W) x 400 (D) x 44 (H) mm

■質量
 FA-505:7.0 kg (オプション未実装時)
 FA-10AES-BL:0.2 kg
 FA-10AES-UBL:0.2 kg
 FA-10AES-UBLC:0.1 kg
 FA-10ANA-AUD:0.1 kg
 FA-10GPI:0.2 kg
 FA-10DO:0.2 kg

■消耗部品
 電源ユニット:交換時期 約3年
 冷却ファン P-1493-2 (FAN 1、2、3、4共通):交換時期 約5年
本体
CD-ROM (Windows GUIインストレーションディスク、取扱説明書を含む)
電源ケーブル
ラック取付金具
本体
CD-ROM (Windows GUIインストレーションディスク、取扱説明書を含む)
電源ケーブル
ラック取付金具

オールラウンド・フレームシンクロナイザ


A-505は、映像制作に必要とされる多彩な機能を搭載する一方、多チャネルルーティング(ビデオ入力 x 5・出力 x 5)をも可能にするフレームシンクロナイザです。
フレームシンクロナイザとしての機能はもちろん、カラーコレクタ、5 × 5クリーンスイッチ、3G-Level A/B 変換機能等を標準搭載。
更にアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータをオプション搭載することで、各種ビデオ信号の変換が可能です。
オーディオ信号処理ではディレイ調整やリマップ機能、サンプルレートコンバータを搭載し多才ぶりを発揮。
回線、中継、報道、制作、編集、送出など、映像制作現場で求められる機能を1台で可能にします。

次世代制作環境を見据えたバージョンアップを実施







HDR(ハイダイナミックレンジ)、WCG(広色域)など次世代制作に対応するバージョンアップを行いました。

■Logカーブ情報を登録できるHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応、
 SDR(標準ダイナミックレンジ)との相互変換が可能




■WCG(広色域)に対応し、ITU-R BT.2020とITU-R BT.709の相互変換が可能




・4K 2SI信号に対応
・フレームレート変換機能を搭載
・低フレームレート(23.98p, 30p)の4Kカメラ信号に対応

ブロック図





製品紹介ビデオ


【主な特長1(ビデオ機能)】

HDR対応・WCG対応など次世代制作環境を見据えたバージョンアップを実施

■Logカーブ情報を登録できるHDR(ハイダイナミックレンジ)対応
 HDR(ハイダイナミックレンジ)映像に対応し、SDR(標準ダイナミックレンジ)とHDRを相互変換することが可能になりました。
 信号変換に必要なLogカーブ情報は、任意のファイルを本体に登録でき、適切なLogカーブを割り当てることができます。

■ITU-R BT.2020のWCG(広色域)に対応
 広色域ITU-R BT.2020に対応し、ITU-R BT.2020とITU-R BT.709の相互変換が可能になりました。

■4K 2SI信号に対応
 これまでは4K SQD(Square Division)信号のみの対応でしたが、バージョンアップにより2SI(Sample Interleave)信号にも対応しました。

■フレームレート変換機能を搭載
 29.97pから59.94p、50pから25pなど、フレームレートを2倍、1/2倍にする変換機能を搭載しました。

■低フレームレート(23.98p, 30p)の4Kカメラ信号に対応
 23.98p, 30pといった、低フレームレートを使用する4Kカメラの映像出力に対応しました。

フレームシンクロナイザ機能

朋栄のフレームシンクロナイザは、状態の悪いビデオ信号に対して圧倒的な引き込み性能を持っています。
同期モードはフレーム/ライン/AVDLから選択可能。
いずれのモードにおいてもアンシラリデータはH/Vともに通過させることが可能です。※

※入出力フォーマットが異なる場合には通過可能なパケットに制約があります。




■Frame Syncモード
 ゲンロック信号に対して同期させて出力するモードです。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期/非同期のどちらの場合でも使用できます。

■Line Syncモード
 ゲンロック信号に対して±1/2ラインの範囲で同期させて出力するモードです。
 ゲンロック信号をビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

■AVDLモード
 ゲンロック信号に対して一定の遅延で出力するモードです。
 引き込み範囲はHD時5H、SD時1Hになります。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

■Line Sync (Minimum) モード
 入力された信号を最小遅延にて出力するモードです。
 ゲンロック信号とビデオ入力信号が同期の場合にのみ使用できます。

プロセスアンプ

ビデオレベル、クロマレベル、ブラックレベル、HUEの調整が可能です。
個別での調整はもちろん、チャネルリンクにより、複数のチャネルを一括コントロールすることも可能です。
また、補正前/補正後を確認するための分割表示機能も有しています。





アップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ (オプション)





各プロセス回路にアップ/ダウン/クロス/アスペクトコンバータ機能を追加可能です。
3G/HD/SDの相互変換を実現します。

■アップコンバータ:SD→HD、HD→3G、SD→3Gへの変換が可能
■ダウンコンバータ:3G→HD、3G→SD、HD→SDへの変換が可能
■クロスコンバータ:1080i→720P、720P→1080iへの変換が可能
■アスペクトコンバータ:レターボックスやサイドカットをはじめ、多彩なアスペクト変換が可能

カラーコレクタ機能

放送業界で実績のあるカラーコレクタ機能を各チャネルに標準搭載。
10系統のカラーコレクタを自由にお使いいただけます。
カラーコレクションモードは3種類。単独またはグループでの色調整が可能です。
パラメータの差を保ったまま各チャネルをリンクすることも可能です。

■バランスモード:RGBによる色調整
■ディファレンシャルモード:ホワイトバランスを崩さずに色調整
■セピアモード:モノクロまたはセピアに色変換

各パラメータには朋栄のカラーコレクタではおなじみのUNITYボタンを搭載。
ボタンを押すだけでデフォルト状態に復帰させることができます。
補正前/補正後を確認するための分割表示機能も有しています。
4Kモードを利用して、4Kカラーコレクタとしての利用も可能です。




クリップ機能





朋栄のカラーコレクタで評判のクリップ機能を継承。
Y/PB/PRまたはRGBクリップ機能により、色情報を最適な範囲内に押さえ込むことが可能です。

■Y/PB/PRクリップ:ホワイトクリップとブラッククリップ機能により、
 ホワイトバランスを保ったまま、必要以上に明るい/暗い色情報を範囲内に調整可能。
■GBRクリップ:ホワイトクリップとブラッククリップ機能により、必要以上に明るい/暗い色情報を範囲内に調整可能。
 撮影時に発生した意図しない色情報を補正します。

SDI入出力それぞれにセレクタ機能を搭載







SDI入出力それぞれにセレクタ機能を搭載。
入力段でプロセス経路を選択し、さらに出力段で出力する端子を選択することが可能です。

クリーンスイッチ

出力部にはクリーンスイッチを搭載。
映像、音声ともにノイズやショックなく、スムーズな切り替えを実現します。
切り替え方法は、クロスポイントを直接操作するダイレクトモードのほか、TAKE操作で一括切り替えを行うTAKEモード、さらに、クロスポイント設定を保存し、一括で切り替えるSALVOモードを搭載。
プロセス処理付きのルーティングスイッチャとしても十分に活用可能です。




ディレイ調整





最大8フレームまでのフレームバッファを搭載。
各チャネル個別にディレイ調整が可能です。

入出力バイパス

電源断や障害発生時にプロセス機能をバイパスし、映像を出力するバイパス機能を搭載しています。




ANC MUX/DEMUX





ビデオ信号に重畳されたアンシラリ(ANC)信号は最初に分離され、プロセス回路とは別に処理されます。
ANCデータはチャネルごとにそのまま通過するか、設定されたANCデータを重畳しなおすか、ブランクにするかを選択することができます。

タイムコードインサータ/ジェネレータ

タイムコードは、外部からのLTCタイムコード入力のほか、内蔵のタイムコードジェネレータを選択できます。
チャネルごとにPass、外部TCまたは内蔵TCに準拠するかどうかを選択可能。
また、搭載のLTC端子は外部LTC入力のほか、内蔵TCの外部出力として利用することも可能です(選択式)




テストシグナル出力





チャネルごとに100%カラーバー、75%カラーバー、SMPTEカラーバー、Ramp信号の出力が可能です。

イベントメモリ

FA-505で設定した各種パラメータはイベントメモリとして内部に保存することが可能です。
本体には最大100件の保存が可能です。
また、PCを使って設定データをバックアップ/リストアすることも可能です。




SNMP





FA-505は標準でSNMPに対応しています。
電源、ファン、信号等に関するアラーム監視をSNMP経由で行うことも可能です。

映像出力拡張オプション

オプションスロットに映像出力拡張オプションFA-10DOを追加すると、1スロットあたり2系統2分配出力の拡張が可能です。




【主な特長2(オーディオ機能)】

FA-505は、ビデオ機器に位置付けられる製品ですが、実はオーディオについても多彩な機能、性能を有しています。

各ビデオ系統にて16チャネルのエンベデッドオーディオに対応





エンベデッドオーディオは、3G/HD(同期/非同期)、SD-SDI*(同期) 1系統あたり16チャネルに対応。
5系統すべて合わせると最大80チャネルものオーディオ入力を処理可能なパワフルな性能を有しています。

*SD-SDI出力時のオーディオは12チャネル

オーディオオプションの追加により、最大112チャネルに対応

FA-505にはオプションとしてデジタルオーディオ入出力、アナログオーディオ入出力を用意。
オプションスロットに実装することで、A/D、D/A変換はもちろん、エンベデッドオーディオ信号と組み合わせたリマップ、MUX/DEMUXが可能です。

■FA-10AES-BL: 平衡デジタルオーディオ入出力
 4系統(8チャネル)の平衡デジタルオーディオ入出力が可能です。

■FA-10AES-UBL: 不平衡デジタルオーディオ入出力
 4系統(8チャネル)の不平衡デジタルオーディオ入出力
 (4チャネルごとに入出力切り替え)が可能です。

■FA-10ANA-AUD: アナログオーディオ入出力
 2系統(4チャネル)の平衡または不平衡アナログオーディオ入出力が可能です。




ゲイン調整





オーディオチャネルごとにゲイン調整が可能です。
ボタンを押すだけで基準値に戻すことが可能なUNITYボタンも実装しています。


サンプルレート変換

デジタルオーディオ全チャネルにサンプルレートコンバータ回路を搭載。
システムに同期した出力が可能です。




ディレイ調整





オーディオチャネルごとにディレイ調整が可能です。
1ms単位、最大1,000 msまで調整ができます。
また、オーディオグループ一括でのディレイ調整も可能です。
ボタンを押すだけで基準値に戻すことが可能なUNITYボタンも実装しています。


チャネルリマップ機能






ビデオにエンベッドするオーディオチャネルを、順番を含めて自由に変更可能です。
5系統のビデオすべてのチャネルにまたがってリマップが可能です。
オプションのオーディオチャネルとの差し替えやメイン音声と副音声との差し替え等に便利な機能です。


ダウンミックス




5.1CH音声からステレオへの変換等に便利な機能。
L/R/Center/SL/SRそれぞれへのアサインチャネルの変更やゲイン調整、ダウンミックスモードを選択できます。
ステレオペアをモノラルに変換するMono Sumモードも搭載しています。


極性反転

オーディオチャネルごとに極性を反転させることが可能です。
意図せず位相がずれてしまったオーディオチャネルを修正することができます。




マスターミュート





ビデオチャネルまたはオーディオオプションごとに音声をミュートすることが可能です。


テストシグナル出力

ビデオチャネルまたはオーディオオプションごとに500kHz、1kHz基準信号を出力することが可能です。
また、オーディオチャネルごとにも基準信号を出力することが可能です。

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

詳しい情報はメーカー公式サイトをご覧ください。

http://www.for-a.co.jp/products/fa505/fa505.html

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

同じカテゴリーの人気商品

同じカテゴリーのセール品

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分

営業日カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

■ 休業日

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: FOR-A

この商品のレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿