• ホーム
  • 【生産完了】SONY HVR-S270J HDVカムコーダー

HDVカムコーダー

HVR-S270J

SONY

HDVカムコーダー

HVR-S270J

SONY

管理No.: N_1027755
¥1,210,000 (税込)
¥1,100,000(税抜)
希望小売価格:¥1,210,000(税込)

12,100ポイント獲得

Check!
生産完了です。ご愛顧ありがとうございました。
カートに追加しました。
カートへ進む

✕ 売切

この商品は中古品です

最大2000x2000pixelの高解像度写真で細部までご確認いただけます

保証・状態、付属品なども十分ご確認をお願いします

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 関連商品(別売)
スタンダードテープ記録に対応。レンズ交換可能な1/3型HDVカムコーダー、HVR-S270J

撮像素子は3板式の1/3インチクリアビッドCMOS+Exmor。PMW-EX1と同じ技術を用いて画質の向上が図られています。

HVR-S270Jは感度がF8相当となりZ1Jよりも約1絞り分明るく、最低被写界照度も1.5ルクスとなり、より暗い場所での撮影に威力を発揮します。

レンズマウントは1/3バヨネット14ピンホットシュータイプでケーブルレスの接続ですが、12ピンレンズコネクタも装備されており従来の1/3インチレンズはもちろん、変換アダプターを用いて1/2,2/3インチレンズも装着可能です。

レンズ変換アダプターは、1/2インチ→1/3インチ・2/3インチ→1/3インチに加え、2008年5月頃にαレンズマウント変換用も発売されます。対応するαレンズは変換マウント発売時に発表されます XLH1のように超望遠撮影が可能となります。

付属する標準レンズはカールツァイス12倍レンズで4.4〜52.8mm(35mm換算32〜384mm) F1.6・フィルター径72mmです。オートフォーカス・光学式手ぶれ補正・自動フランジバック調整機能が内蔵されます。


1080/24P、1080/30Pでのテープへの収録が可能になりました

ノンリニアの対応は各ノンリニアメーカーから追って発表されます。


HVR-S270Jのビューファインダー、液晶モニターは、ともに撮影範囲100%表示が可能になりました。

これで外付けモニターをわざわざ持って行く必要が無くなるかもしれません。


ピクチャープロファイルは今までの2種類から6種類に増えました。
 ・HDW-750ガンマのプロファイル3
 ・DSR-PD170の画作りができるプロファイル4
 ・映画用ネガフィルム用のプロファイル5(HVR-V1J搭載のシネマトーンガンマと同じ)
 ・kodak映画用プリントフィルム用のプロファイル6(映画館スクリーンの雰囲気が出せる)


HVR-Z1J,V1Jにも搭載されていたショットトランジションはフォーカス・ズーム・アイリスの項目をそれぞれマニュアルにすることが可能になりました。

 ズーム・アイリスは自動で動かしたいが、フォーカスは手動操作が可能に。
 HVR-V1Jに搭載されていたスムーススローレックは解像度が上がり960×360P撮影が可能に。
 中間処理のJPEGデータもプログレッシブ処理になりより高画質になりました。

さらに、以下の機構が新しく搭載されています。

・フォーカスマーキング
 液晶モニター上のフォーカスメーター上に、A,B点を登録可能
 フォローフォーカス使用時のようにフォーカス送りのターゲットを目で確認できます
・AE測光エリア設定
 今までは画面全体しか測光対象にできなかったものが、新たに9ヶ所の対象範囲が追加されました
・アドバンストヒストグラム表示
 測光範囲のヒストグラムを液晶モニターに表示可能に
・セカンドシュー
 コールドシュー(カメラシュー)に加え、1/4インチのネジ穴も装備
  ネジ穴装着用のコールドシューも同梱されているので、コールドシューを2個つけることができます
・2個の三脚ネジ穴
 1/4ネジ+ボスに加え、もう1つ1/4ネジが追加されました
 ライトなどを装着しているときもネジがゆるまなくなりました


新開発マイクを装備

 内蔵マイクが無くなり、標準付属品のマイクは今までのECM-NV1よりも大幅にレベルアップしています。


メモリーレコーディングユニットが標準付属

HVR-S270Jには、コンパクトフラッシュカードを採用したメモリーレコーディングユニットが同梱します。本体にケーブルレスでダイレクト装着し、液晶モニタでステータスチェック可能。2GBで9分、16GBで72分の収録、バックアップもOK。

メモリーカードだけの収録やテープ・メモリー同時収録、テープをバックアップにしてメモリに記録することも可能。
最大14秒のキャッシュやループ記録、DV記録時のみのインターバル記録機能を搭載しています。他メーカーのコンパクトフラッシュは、2GB以上のx133タイプが使用できます。

【生産完了】SONY HVR-S270J HDVカムコーダーの主な仕様

撮像素子

1/3型 3クリアビッドCMOSセンサー
総画素数:約112万画素
有効画素数:16:9動画撮影時 約104万画素

色温度切り替え

[AUTO ]、[ONE-PUSH A/B ]、[OUTDOOR(セレクタブル-7 〜+7、約500K/ステップ)]、[INDOOR ]、[MANUAL WB( 2300K 〜 15000K、100K/ステップ)]

最低被写体照度

1.5lx(ルクス)、(シャッタースピード1/30 秒固定時、オートアイリス、オートゲイン)

NDフィルター

[1]クリア、[2]1/4、[3]1/16、[4]1/64

同梱レンズ

カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
焦点距離:f=4.4-52.8mm (35mm換算、16:9時 f=32.0-384mm、4:3時 f=39.5-474mm)
ズーム:光学12倍
フォーカス:AUTO / MANUAL
手ブレ補正:光学式
フィルター径:72mm

入・出力端子

HD/SD SDI OUT端子:BNC型 x 1
A/V OUT端子:コンポジット BNC型 x 1、Sビデオ 4ピンミニDIN x 1、オーディオ ピンジャック x 2
COMPONENT OUT端子:BNC型x3
ヘッドホン端子:ステレオミニジャック(φ3.5)
AUDIO IN端子:XLRタイプ3ピン(凹) x 4
HDV/DV IN/OUT端子:i.LINK(IEEE1394、6ピンコネクターS100) x 1
LANC端子:ステレオミニジャック(φ2.5)

液晶画面

画面サイズ:8.0cm (3.2型、16:9)
ドット数:約92.1万ドット (1920x480)

ファインダー

画面サイズ:1.1cm (0.45型、16:9)
ドット数:約122.6万ドット(852×3[RGB]×480ドット相当)

電源部・その他

電源電圧:DC14.4V(バッテリー)、DC11〜17V(ACアダプター)
消費電力:HDV記録時:約12.5W、DVCAM/DV記録時:約12.4W
動作温度:0-40 ℃
保存温度:-20〜+60℃
外形寸法:(幅×高さ×奥行) 約305 x 277 x 505mm
(バッテリーを除いた状態で、最大突起部含む)
本体質量:約5.4kg
撮影時総質量:約6.7kg(バッテリー:BP-L80S、テープ:PHDV-276DM、レンズカバー付きフード、マイク:ECM-XM1、メモリーレコーディングユニット含む)

付属メモリーレコーディングユニット仕様

物理フォーマット:FAT32
ファイルフォーマット:HDV MPEG2-TS(.m2t)、DVCAM/DV AVI Type1(.AVI)/Raw DV(.DV)
記録媒体 コンパクトフラッシュ(Type1、133倍速以上、2GB以上)
転送速度(平均):i.LINK接続時 110Mbps @ x 133/4GB
対応ビデオフォーマット:HDV1080:60i/24p/30p、DVCAM/DV:480/60i
録画モード:インターバル(DVCAM/DVのみ)、ループ、キャッシュ(約14秒)
i.LINK:6ピン x 1
バッテリー(別売):NP-F570/770/970(付属クレードル装着時のみ必要)
消費電力:2.2W
動作温度:0℃〜40℃
保存温度:-20℃〜60℃
外形寸法:約57 x 102 x 34mm
質量:約130g

HVR-Z7Jとの違い

●基本はハンディタイプのHVR-Z7Jと同じですが、ショルダータイプの大きさを活かしてスタンダードテープ記録にも対応。最長276分の記録が可能になりました。DSR-390をベースにしたデザインですが、ビューファインダーはケーブル直出しのため取り外しができません。

●オーディオ4ch記録に対応
ただし、トータルのビットレートは2ch分しかないため、音質は悪くなります。2ch記録時は今まで通りMPEG1Layer2、4ch記録時はMPEG2となり高圧縮です。

【生産完了】SONY HVR-S270J HDVカムコーダーの主な仕様

撮像素子

1/3型 3クリアビッドCMOSセンサー
総画素数:約112万画素
有効画素数:16:9動画撮影時 約104万画素

色温度切り替え

[AUTO ]、[ONE-PUSH A/B ]、[OUTDOOR(セレクタブル-7 〜+7、約500K/ステップ)]、[INDOOR ]、[MANUAL WB( 2300K 〜 15000K、100K/ステップ)]

最低被写体照度

1.5lx(ルクス)、(シャッタースピード1/30 秒固定時、オートアイリス、オートゲイン)

NDフィルター

[1]クリア、[2]1/4、[3]1/16、[4]1/64

同梱レンズ

カールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズ
焦点距離:f=4.4-52.8mm (35mm換算、16:9時 f=32.0-384mm、4:3時 f=39.5-474mm)
ズーム:光学12倍
フォーカス:AUTO / MANUAL
手ブレ補正:光学式
フィルター径:72mm

入・出力端子

HD/SD SDI OUT端子:BNC型 x 1
A/V OUT端子:コンポジット BNC型 x 1、Sビデオ 4ピンミニDIN x 1、オーディオ ピンジャック x 2
COMPONENT OUT端子:BNC型x3
ヘッドホン端子:ステレオミニジャック(φ3.5)
AUDIO IN端子:XLRタイプ3ピン(凹) x 4
HDV/DV IN/OUT端子:i.LINK(IEEE1394、6ピンコネクターS100) x 1
LANC端子:ステレオミニジャック(φ2.5)

液晶画面

画面サイズ:8.0cm (3.2型、16:9)
ドット数:約92.1万ドット (1920x480)

ファインダー

画面サイズ:1.1cm (0.45型、16:9)
ドット数:約122.6万ドット(852×3[RGB]×480ドット相当)

電源部・その他

電源電圧:DC14.4V(バッテリー)、DC11〜17V(ACアダプター)
消費電力:HDV記録時:約12.5W、DVCAM/DV記録時:約12.4W
動作温度:0-40 ℃
保存温度:-20〜+60℃
外形寸法:(幅×高さ×奥行) 約305 x 277 x 505mm
(バッテリーを除いた状態で、最大突起部含む)
本体質量:約5.4kg
撮影時総質量:約6.7kg(バッテリー:BP-L80S、テープ:PHDV-276DM、レンズカバー付きフード、マイク:ECM-XM1、メモリーレコーディングユニット含む)

付属メモリーレコーディングユニット仕様

物理フォーマット:FAT32
ファイルフォーマット:HDV MPEG2-TS(.m2t)、DVCAM/DV AVI Type1(.AVI)/Raw DV(.DV)
記録媒体 コンパクトフラッシュ(Type1、133倍速以上、2GB以上)
転送速度(平均):i.LINK接続時 110Mbps @ x 133/4GB
対応ビデオフォーマット:HDV1080:60i/24p/30p、DVCAM/DV:480/60i
録画モード:インターバル(DVCAM/DVのみ)、ループ、キャッシュ(約14秒)
i.LINK:6ピン x 1
バッテリー(別売):NP-F570/770/970(付属クレードル装着時のみ必要)
消費電力:2.2W
動作温度:0℃〜40℃
保存温度:-20℃〜60℃
外形寸法:約57 x 102 x 34mm
質量:約130g

HVR-Z7Jとの違い

●基本はハンディタイプのHVR-Z7Jと同じですが、ショルダータイプの大きさを活かしてスタンダードテープ記録にも対応。最長276分の記録が可能になりました。DSR-390をベースにしたデザインですが、ビューファインダーはケーブル直出しのため取り外しができません。

●オーディオ4ch記録に対応
ただし、トータルのビットレートは2ch分しかないため、音質は悪くなります。2ch記録時は今まで通りMPEG1Layer2、4ch記録時はMPEG2となり高圧縮です。
スタンダードテープ記録に対応。レンズ交換可能な1/3型HDVカムコーダー、HVR-S270J

撮像素子は3板式の1/3インチクリアビッドCMOS+Exmor。PMW-EX1と同じ技術を用いて画質の向上が図られています。

HVR-S270Jは感度がF8相当となりZ1Jよりも約1絞り分明るく、最低被写界照度も1.5ルクスとなり、より暗い場所での撮影に威力を発揮します。

レンズマウントは1/3バヨネット14ピンホットシュータイプでケーブルレスの接続ですが、12ピンレンズコネクタも装備されており従来の1/3インチレンズはもちろん、変換アダプターを用いて1/2,2/3インチレンズも装着可能です。

レンズ変換アダプターは、1/2インチ→1/3インチ・2/3インチ→1/3インチに加え、2008年5月頃にαレンズマウント変換用も発売されます。対応するαレンズは変換マウント発売時に発表されます XLH1のように超望遠撮影が可能となります。

付属する標準レンズはカールツァイス12倍レンズで4.4〜52.8mm(35mm換算32〜384mm) F1.6・フィルター径72mmです。オートフォーカス・光学式手ぶれ補正・自動フランジバック調整機能が内蔵されます。


1080/24P、1080/30Pでのテープへの収録が可能になりました

ノンリニアの対応は各ノンリニアメーカーから追って発表されます。


HVR-S270Jのビューファインダー、液晶モニターは、ともに撮影範囲100%表示が可能になりました。

これで外付けモニターをわざわざ持って行く必要が無くなるかもしれません。


ピクチャープロファイルは今までの2種類から6種類に増えました。
 ・HDW-750ガンマのプロファイル3
 ・DSR-PD170の画作りができるプロファイル4
 ・映画用ネガフィルム用のプロファイル5(HVR-V1J搭載のシネマトーンガンマと同じ)
 ・kodak映画用プリントフィルム用のプロファイル6(映画館スクリーンの雰囲気が出せる)


HVR-Z1J,V1Jにも搭載されていたショットトランジションはフォーカス・ズーム・アイリスの項目をそれぞれマニュアルにすることが可能になりました。

 ズーム・アイリスは自動で動かしたいが、フォーカスは手動操作が可能に。
 HVR-V1Jに搭載されていたスムーススローレックは解像度が上がり960×360P撮影が可能に。
 中間処理のJPEGデータもプログレッシブ処理になりより高画質になりました。

さらに、以下の機構が新しく搭載されています。

・フォーカスマーキング
 液晶モニター上のフォーカスメーター上に、A,B点を登録可能
 フォローフォーカス使用時のようにフォーカス送りのターゲットを目で確認できます
・AE測光エリア設定
 今までは画面全体しか測光対象にできなかったものが、新たに9ヶ所の対象範囲が追加されました
・アドバンストヒストグラム表示
 測光範囲のヒストグラムを液晶モニターに表示可能に
・セカンドシュー
 コールドシュー(カメラシュー)に加え、1/4インチのネジ穴も装備
  ネジ穴装着用のコールドシューも同梱されているので、コールドシューを2個つけることができます
・2個の三脚ネジ穴
 1/4ネジ+ボスに加え、もう1つ1/4ネジが追加されました
 ライトなどを装着しているときもネジがゆるまなくなりました


新開発マイクを装備

 内蔵マイクが無くなり、標準付属品のマイクは今までのECM-NV1よりも大幅にレベルアップしています。


メモリーレコーディングユニットが標準付属

HVR-S270Jには、コンパクトフラッシュカードを採用したメモリーレコーディングユニットが同梱します。本体にケーブルレスでダイレクト装着し、液晶モニタでステータスチェック可能。2GBで9分、16GBで72分の収録、バックアップもOK。

メモリーカードだけの収録やテープ・メモリー同時収録、テープをバックアップにしてメモリに記録することも可能。
最大14秒のキャッシュやループ記録、DV記録時のみのインターバル記録機能を搭載しています。他メーカーのコンパクトフラッシュは、2GB以上のx133タイプが使用できます。

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

詳しい情報はメーカー公式サイトをご覧ください。

http://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdv/products/hvr_s270j/index.html

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分

営業日カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

■ 休業日

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: SONY

この商品のレビュー
  • 2010/02/23 セバスチャン さん ★★★☆☆

    ・・・放送用レベル

    報道の現場で使用しています。HD-SDIで素材伝送ができるタイプがSONYのHDVはこれしかないため選択肢がありませんでした。画質はZ5Jに比べるとほんの少し良いように感じますが放送用カメラと比べると数段落ちます。質感・ファインダー具合、画質を考えますと値段相応のカメラと思いますが利点がいまひとつです。使いかっては放送用レベルです。

  • 2009/08/14 YUKIさん さん ★★★☆☆

    ビューファーが・・・。

    HDVで肩乗せタイプで選択肢が無かったので購入しました。
    こんな物かなあ・・と言った感じです。
    CF記録が使えるのとHD/SDIが有るのはメリットですね。
    スタンダートテープで長時間記録が出来るのもメリットと思いましたが、実際使い込むとCF記録の方がメインになってしまいました。
    だったらZ5やZ7でいいんじゃない?って気もしますが・・・。
    なんと言ってもビューファーが見にくいのが残念です。液晶の方は良く出来ていると思うのですが、だったら肩乗せの意味が無いですものね。現状では別モニターを用意してピンのチェックをしながら収録しています。
    全体としては、HDVの割には良く出来ているとは思いますが、このカメラはアダプターで2/3レンズを付けて手ピンで使用する方も多いと思いますので、その点だけ残念です。

  • 2009/08/04 みんらん さん ★★★★★

    テープの駆動部をなくし、軽くしてほしい。

    現在は、まったくテープを使わずコンパクトフラッシュカードのみを使うようになりました。
    祭りなどのイベントではHVR-S270Jと重い三脚を担いで走り回ると翌日には肩が物凄く痛くなります。
    いっそのことテープの駆動部をなくして、もっと軽くしてほしいです。
    そのかわりコンパクトフラッシュカードを2枚入れられるようにして、なお、テープの呪縛から開放されるのですから、いっそのこと、1440×1080の足かせを外して1920×1080のフルハイビジョン撮影ができるようにしてもらいないものでしょうか・・・
    値段は据え置きで・・・
    そこまでやっていただけるなら1/3レンズで差別化を付けられても良いと思います。 

  • 2009/06/07 ジャンジャック さん ★★★★★

    CFの32GBに144分録画はとても便利

    購入した目的と感想をレポートします
    1.過去に撮りだめた、ラージテープのDVやmimiDVテープに撮ったHDV映像をi-linkでPCに転送しHDDに編集保存。
    2.CFにテープレス録画し、USBでPCへ転送し編集。データ転送だけですから短時間で済み非常に便利です。
    この目的で購入しました

    使ってみての感想ですが、現在入手出来るCFは最大32GBですが、高価ではない、シリコンパワーの200倍速32GBを8,480円で購入。録画・再生も特に問題もなく動作しています。
    これにHDVで144分入りますから使い回すか、撮影ごとに購入するか迷うところです。PCに転送し、使い回しが現実的かも知れません。

    最後に、実際に使用して気づいたのですが、CFにテープレスで録画するときタリーが点灯しません。サポートに確認しましたが、あちらも知らなかった様子。改善要望をあげてもらえるよう依頼はしておきました。後ろのタリーもつきません。

    全体的には皆さんおっしゃるようにプラスチックの質感が少々気にはなりますが、画質・操作性に不満はありません。買って損はないと思います。

  • 2009/03/12 HVR-S270J結果 さん ★★★☆☆

    メモリーユニット撮影結果

    メモリーユニットをメイン記録にして撮影したのですが
    サブとしてテープを回しっぱなしして、メモリーユニットのON/OFFで撮影の場合、記録をストップしてから、約1秒ほどメモリーの記録が終わらず、録画されてしまうタイムラグが出ます。

    ファインダーではちゃんとストップしているんですが、しかし、データを確認すると、なぜか1秒ほど録画されているので、編集の際、各クリップの最後を短くする必要があります。
    長時間の撮影で、クリップ数が多くなると、この作業は非常に手間です。

    この症状はDVCAM録画、HDV録画、どちらでも出ました。
    そして、テープレスの場合、このタイムラグは出ませんでした。

もっとみる
レビューを投稿