XDCAMメモリーカムコーダー

PXW-X70

SONY

XDCAMメモリーカムコーダー

PXW-X70

SONY

管理No.: N_1092874
¥217,800 税込
税抜価格:¥198,000
希望小売価格:¥OPEN

2,178ポイント獲得

【マルチインターフェースシュー(MIシュー)について】
本機種のハンドルユニット上部のシューは電子接点のないコールドシューです。
マルチインターフェースシュー(MIシュー)はハンドルを外した基部部分にあります。
ハンドルユニットとマルチインターフェースシューを使用するアクセサリーの併用はできません。

※別売オプションのCBKZ-X70FXの導入により、下記機能が追加されます。
・XAVC Long420 3840×2160(QFHD)30p/24pでの収録
・SDカードダブルスロット記録、Proxy同時記録
・HDMIから4K(QFHD)、3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像の出力
・XAVC QFHD(4K) 100Mbpsに対応

※別売オプションのCBKZ-SLMPの導入により、下記機能が追加されます。
・MPEG HD422(50Mbps)、MPEG HD420(35Mbps)収録に対応

▼最新のファームウェアは下記URLよりご確認ください。
http://www.sony.jp/xdcam/support/update/update_pxw-x70.html
Check!
メーカー在庫限りで販売終了となります。ご検討中のお客様はお早めにご注文ください。
カートに追加しました。
カートへ進む

残り1点

在庫についてのお問合せ

保証サービス
特典
¥217,800 税込
税抜価格:¥198,000
希望小売価格:¥OPEN

2,178ポイント獲得

数量

返品について

見積書はカートに入れた後、
カート画面で作成できます

在庫状況:残り1点

関連商品

この商品は中古品です

2000x2000pixelの高解像度写真で細部までご確認いただけます

保証・状態、付属品なども十分ご確認をお願いします

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 同梱品
  • 付属品
  • 関連商品(別売)
  • Q&A


1.0型 CMOSセンサー、超解像24倍ズームを搭載し、422 10bitのXAVCやAVCHD/DV記録が可能。別売オプションの導入で4K記録にも対応するハンディカムコーダーです。



1.0型 2000万画素 Exmor R CMOSセンサー

PXW-X70は受光面積の大きい1.0型 Exmor R CMOSセンサーを搭載し、高精細かつノイズを抑えた高画質撮影が可能です。総画素数は2000万画素と4K解像度を十分にカバーしており、別売オプションの導入で4K(QFHD)記録にも対応しています。



広角29.0mm、全画素超解像24倍ズームのZEISSレンズ

PXW-X70は大口径のZEISS「バリオゾナーT*」レンズを採用。広角29.0mmから光学12倍ズームで望遠348mm、全画素超解像24倍ズームで望遠696mm、さらに2000万画素の高解像度センサーをいかしたソニー独自の高品位なデジタルエクステンダーによる48倍ズームで望遠1392mmまでの広範囲に対応します。円形に近い7枚羽根の虹彩絞りを採用し、背景のぼけ味を味わい深く表現します。



広角29.0mm、全画素超解像24倍ズームのZEISSレンズ

50M 422 10bit対応のXAVC-LやAVCHD/DV記録

従来のAVCHDやDV記録に加えて、PXW-X70はXAVC Long GOP記録に対応。50Mbps 4:2:2 10bitサンプリングの高画質収録から、圧縮効率の高い長時間収録まで、用途に応じたフォーマットを選択可能です。Proxyでの記録も可能です。





別売オプションの導入で4K(QFHD)記録、Proxy同時記録、HDMIから4K(QFHD)・3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像出力に対応

別売オプション「CBKZ-X70FX」の導入により、XAVC Long420 30p/24pでの記録、SDカードダブルスロット記録、Proxy同時記録、HDMIから4K(QFHD)・3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像出力に対応します。
※ダブルスロット記録とProxy同時記録を併用することはできません

SDカードダブルスロットでのバックアップ記録

2つのSDカードスロットを搭載し、2つのメモリー間の同時記録やリレー記録はもちろん、片方のメモリーは任意に撮影しつつ、もう一方は録画を継続するバックアップ運用もPXW-X70なら可能です。


SDカードダブルスロットでのバックアップ記録

プログレッシブ対応3G-SDIとHDMI出力

3G対応のSDI出力を搭載し、本体記録モードと同じフォーマットで外部出力することが可能です。HDMIの場合もプログレッシブ信号をプルダウンすることなくネイティブで出力でき、タイムコードやRECトリガーが重畳されているので、外部レコーダーを用いる場合にも便利です。


プログレッシブ対応3G-SDIとHDMI出力

内蔵NDフィルター(1/4、1/16、1/64)

PXW-X70内部にNDフィルターユニットを内蔵しており、晴天などの明るい環境下でもシャッタースピードやアイリスを変化させずに光量を調整することが可能です。Clear、1/4(2eV)、1/16(4eV)、1/64(6eV)の4ポジションから選択することができます。



録画やズーム操作に対応する着脱可能なXLRアダプター

RECボタンやズームレバーを備えた新たなXLRアダプターを搭載しており、PXW-X70本体内蔵マイクに加えて、業務用マイクを使用することが可能です。入力レベル、アッテネーター(0/10/20dB)、ローカットフィルターなどが設定でき、コンデンサーマイクにファンタム電源供給も可能です。


録画やズーム操作に対応する着脱可能なXLRアダプター

映像のトーンを調整するピクチャープロファイル

映像の特性を決めるガンマカーブ、ブラックレベル、発色などのパラメーターを調整することができ、マルチカメラ運用時の補正や映像作品全体のトーンの作り込みが可能です。設定したパラメーターは他の設定項目とともに、カメラプロファイルとしてメモリーカードに記録できます。



モニタリングやリモートコントロールが可能なワイヤレス機能

モバイルアプリケーションContent Browser Mobile()を用いた、「撮影前のアングル確認」「録画中のモニタリング」「カメラのリモコン操作(録画スタート・ストップ/タッチフォーカス/画角/アイリス調整)」が可能です。NFC(近距離無線通信)に対応しているので、ワンタッチでモバイル端末と接続することができます。本体ファームウェアアップデートにより将来的にはストリーミングやファイル転送も可能になります。

Content Browser Mobileは、Google Play、Apple App Storeより無償で提供しています



マルチフォーマット記録

従来のAVCHDやDV記録に加えて、XAVC Long GOP記録に対応。50Mbps 4:2:2 10bitサンプリングの高画質収録から、圧縮効率の高い長時間収録まで、用途に応じたフォーマットを選択可能です。
本体ファームウェアアップデートにより将来的にはProxy記録も可能になります。

3.5型QHD(960×540)LCDパネルとOLEDビューファインダー

3.5型 16:9 156万画素のLCDパネルと、0.39型 4:3 144万画素の有機ELビューファインダーにより、撮影時のシビアなフォーカス合わせをサポートします。
任意の場所を4倍/8倍に拡大して表示する拡大フォーカス機能を併用すると便利です。
※ LCDパネルとビューファインダーは同時点灯できません

マルチインターフェース(MI)シュー

XLRハンドルユニットを使用しない場合には、マルチインターフェースシューアダプタ−「SMAD-P3」を介してワイヤレスマイクロホンパッケージ「UWP-D11」「UWP-D12」の電源供給やケーブルレスでの音声信号入力が可能です。
ワイヤレスマイクロホン「ECM-W1M」を使った音声入力やトランシーバー機能にも対応します。
※ LEDライト「HVL-LBPC」は使用できません

その他の特長

■最大60fpsのスロー&クイックモーション(*)
 早回し(オーバークランク)や遅回し(アンダークランク)のような効果が得られます。
 * XAVC-L/AVCHDのプログレッシブモードで記録できます。音声は記録されません。XAVC-LモードではUHS-I U3対応SDXCメモリーカードが必要です
■MULTI端子
 AVケーブル「VMC-15MR2」を用いたビデオ出力や、リモートコマンダー「RM-VPR1」からのコントロールに対応します。
■アサインボタン
 「デジタルエクステンダー」や「ワンプッシュオートアイリス」などの機能を割り当て可能です。
■便利なオート機能
 「インテリジェントオート」「シーンセレクション」「顔認識」「逆光補正」
■タイムコード/ユーザービット記録
■USTREAM配信可能
■XAVC QFHD(4K) 記録中の外部出力と顔認識に対応

SONY PXW-X70 XDCAMメモリーカムコーダーの主な仕様

記録フォーマット (ビデオ)

■XAVC-Long 1920x1080
 59.94i, 50i: 50/35/25Mbps max,
 59.94P, 50P, 29.97P, 25P, 23.98P: 50/35Mbps max

■XAVC-Long 1280x720
 59.94P, 50P: 50Mbps max

■AVCHD 1920x1080
 59.94P, 50P: 28Mbps(PS) max,
 59.94i, 50i, 29.97P, 25P, 23.98P: 24Mbps(FX) max
 59.94i, 50i, 29.97P, 25P, 23.98P: 17Mbps(FH) average

■AVCHD 1280x720
 59.94P, 50P: 24Mbps(FX) max
 59.94P, 50P: 17Mbps(FH) average
 59.94P, 50P: 9Mbps(HQ) average

■DVCAM 720x480
 59.94i: 25Mbps

■DVCAM 720x570
 50i: 25Mbps

記録フォーマット (オーディオ)

LPCM(XAVC, AVCHD, DV), Dolby Digital (AVCHD): 2ch

別売オプション(CBKZ-X70FX)導入時

4Kアップグレードライセンス CBKZ-X70FX導入時 下記機能が追加されます

■4K(QFHD)収録対応
 フォーマット:XAVC Long420
 ファイルシステム:exFAT
 拡張子:.mxf
 記録画素数:3840×2160(QFHD)
 フレームレート:30p/24p
 ビットレート:60Mbps(VBR)
 音声記録:リニアPCM 24bit 48kHz 2ch

■SDカードダブルスロット記録、Proxy同時記録対応
・4K(QFHD)での2つのメモリーへの同時記録対応
・Proxy同時記録対応
 ※ダブルスロット記録とProxy同時記録を併用することはできません

■HDMIから4K(QFHD)、3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像を出力
 記録フォーマットが4K(QFHD)の時、HDMIからは記録フォーマットと同一フォーマットの映像が出力されます。また、3G-SDIからはダウンコンバートされたHDの映像が出力されます。

■MPEG HD記録/再生に対応

■XAVC QFHD(4K) 100Mbpsに対応

■XAVC QFHD(4K) 記録中の外部出力と顔認識に対応

 ※ 映像が出力されるのはスタンバイ中のみで、収録中は映像が出力されません
 ※ HDMIと3G-SDIは同時に出力されません

別売オプション(CBKZ-SLMP)導入時

収録フォーマットに下記が追加

■MPEG HD422(50Mbps)
 1920×1080(24p, 30p, 60i)
 1280×720(60p)

■MPEG HD420 (35Mbps)
 1920×1080(24p, 30p, 60i)
 1440×1080(60i)
 1280×720(60p)

 ※フレームレートの24pは23.98p、30pは29.97p、60iは59.94i、60pは59.94pをそれぞれ省略しています
 ※メニューで60i/50i切り替えを50iに設定すると、25p/50i/50p記録が可能です

レンズ

■ズーム比
 12倍、電動/手動 切り換え可能

■焦点距離
 f=9.3〜111.6mm[(35mm換算<16:9>…29.0〜348.0mm)、
 (35mm 換算<4:3>…35.5〜426.0mm)]

■絞り
 F2.8〜F4.5 オート/マニュアル切り換え可能

■フォーカス
 オート/マニュアル切り換え可能
 10mm〜∞(ワイド端)、1000mm〜∞(テレ端)

■手ブレ補正
 シフトレンズ方式、ON/OFF 切り替え可能

■フィルター径
 M62mm

カメラ部

■撮像素子
 1.0型Exmor R CMOSイメージセンサー単板式

■有効画素数
 約1,420万画素(16:9モード)、約1,060万画素(4:3モード)

■内蔵フィルター
 クリア、1…1/4ND、2…1/16ND、3…1/64ND

■最低被写体照度
 1.7ルクス(1/30 シャッタースピード、絞り/ゲイン AUTO)

■シャッタースピード
 1/8〜1/10,000 秒(1/6〜10,000 24p撮影時)

■スローシャッター
 オート/オフ切り替え可能

■スロー&クイックモーション
 1080p…1、2 、4 、8 、15 、30 、60fps 切り替え可能

■ホワイトバランス
 プリセット( 屋内…3200K、屋外…5600K、色温度指定…2300-15000K)、
 ワンプッシュA、B、オート切り替え可能

■ゲイン
 -3、0、3、6、9、12、15、18、21、24、27、30、33dB、AGC

入出力端子

■SDI OUT
 BNC×1

■HDMI OUT
 HDMIコネクター(タイプA)×1

■ビデオ出力
 マルチ/マイクロUSB端子一体型×1

■音声INPUT端子
 XLRタイプ3ピン(凹)×2、LINE/MIC/+48V 切り換え式

■AUDIO OUT端子
 マルチ/マイクロUSB端子一体型×1

■ヘッドホン端子
 ステレオミニジャック(φ3.5mm)×1

■MIC端子(PLUG IN POWER)
 ステレオミニジャック(φ3.5mm)×1

■USB端子
 マルチ/マイクロUSB端子×1

■DC IN
 DCプラグ×1

■アクセサリーシュー
 マルチインターフェースシュー×1

その他

■ビューファインダー
 0.39型有機EL 、アスペクト比4:3、約144万画素相当

■液晶モニター
 3.5型カラー液晶、アスペクト比16:9、約156万画素相当

■内蔵マイク
 ステレオマイク

■メディアスロット
 メモリースティックPRO デュオ/SDメモリーカード兼用×1
 SDメモリーカード×1

一般

■質量
 約945g(レンズフード、大型アイカップを含む)
 約1400g(レンズフード、大型アイカップ、バッテリー(NP-FV70)、XLR ハンドルユニットを含む)

■外形寸法(幅×高さ×奥行)
 約130.3mm×180.9mm×287.0mm
 (突起物、レンズフード、大型アイカップ、バッテリー(NP-FV70)、XLR ハンドルユニットを含む。
  グリップベルトを含まず)

■電源電圧
 DC6.8V/7.2V(バッテリーパック使用時)

■消費電力
 約5.5W(ファインダー使用時、明るさ標準で録画中)
 約5.8W(液晶モニター使用時、明るさ標準で録画中)

■動作温度
 0〜40°C

■保存温度
 -20〜+60°C

撮影・再生可能時間




















使用バッテリー 連続撮影時間 実撮影時間 連続再生時間
NP-FV100 240 分 120 分 395 分
NP-FV70(付属) 120 分 60 分 200 分

記録可能メディア


















































  SDXC
(UHS-)
SDHC
(Class 10)
SDHC
(Class 6)
SDHC
(Class 4)
MS
(XC-HG Duo)
MS
(PRO-HG Duo)
MS
(Duo Mark2)
S&Q モード
対応
同時記録
対応
XAVC Long ○(※1) ○(※2)
AVCHD ○(※2) ○(※2) ○(※2) ○(※2) ○(※2)
DV

(※1) S&Qモード対応はUHS- U3 以上です。
(※2) S&Qモードでは使用できません。

録画モード


































































  フォーマット モード
(ファイルシステム)
拡張子 記録画素数 フレームレート ビットレート 音声記録記 記録時間
(64GB)
HD XAVC Long422
(MPEG-4 AVC/H.264)
exFAT MXF 1920×1080 60p/30p/24p 50/35Mbps VBR リニアPCM
24bit 48kHz 2ch
120分(50M)
170分(35M)
220分(25M)
60i 50/35/25Mbps
1280×720 60p 50Mbps
AVCHD
(MPEG-4 AVC/H.264)
exFAT
FAT32(※)
MTS 1920×1080 60p 28Mbps VBR リニアPCM /
ドルビーデジタル
16bit 48kHz 2ch
290分(28M)
340分(24M)
450分(17M)
750分(9M)
60i/30p/24p 24/17Mbps
1280×720 60p 24/17/9Mbps
SD DV exFAT
FAT32(※)
AVI 720×480 60i 25Mbps CBR リニアPCM 16bit
48kHz 2ch
280分

※ フレームレートの60pは59.94p、60iは59.94i、30pは29.97p、24pは23.98pをそれぞれ省略しています。
※ PAL Areaに設定すると、50p/50i/25p 記録が可能です。
(※) SDXCの場合はexFAT、SDHCの場合はFAT32となります。

SONY PXW-X70 XDCAMメモリーカムコーダーの主な仕様

記録フォーマット (ビデオ)

■XAVC-Long 1920x1080
 59.94i, 50i: 50/35/25Mbps max,
 59.94P, 50P, 29.97P, 25P, 23.98P: 50/35Mbps max

■XAVC-Long 1280x720
 59.94P, 50P: 50Mbps max

■AVCHD 1920x1080
 59.94P, 50P: 28Mbps(PS) max,
 59.94i, 50i, 29.97P, 25P, 23.98P: 24Mbps(FX) max
 59.94i, 50i, 29.97P, 25P, 23.98P: 17Mbps(FH) average

■AVCHD 1280x720
 59.94P, 50P: 24Mbps(FX) max
 59.94P, 50P: 17Mbps(FH) average
 59.94P, 50P: 9Mbps(HQ) average

■DVCAM 720x480
 59.94i: 25Mbps

■DVCAM 720x570
 50i: 25Mbps

記録フォーマット (オーディオ)

LPCM(XAVC, AVCHD, DV), Dolby Digital (AVCHD): 2ch

別売オプション(CBKZ-X70FX)導入時

4Kアップグレードライセンス CBKZ-X70FX導入時 下記機能が追加されます

■4K(QFHD)収録対応
 フォーマット:XAVC Long420
 ファイルシステム:exFAT
 拡張子:.mxf
 記録画素数:3840×2160(QFHD)
 フレームレート:30p/24p
 ビットレート:60Mbps(VBR)
 音声記録:リニアPCM 24bit 48kHz 2ch

■SDカードダブルスロット記録、Proxy同時記録対応
・4K(QFHD)での2つのメモリーへの同時記録対応
・Proxy同時記録対応
 ※ダブルスロット記録とProxy同時記録を併用することはできません

■HDMIから4K(QFHD)、3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像を出力
 記録フォーマットが4K(QFHD)の時、HDMIからは記録フォーマットと同一フォーマットの映像が出力されます。また、3G-SDIからはダウンコンバートされたHDの映像が出力されます。

■MPEG HD記録/再生に対応

■XAVC QFHD(4K) 100Mbpsに対応

■XAVC QFHD(4K) 記録中の外部出力と顔認識に対応

 ※ 映像が出力されるのはスタンバイ中のみで、収録中は映像が出力されません
 ※ HDMIと3G-SDIは同時に出力されません

別売オプション(CBKZ-SLMP)導入時

収録フォーマットに下記が追加

■MPEG HD422(50Mbps)
 1920×1080(24p, 30p, 60i)
 1280×720(60p)

■MPEG HD420 (35Mbps)
 1920×1080(24p, 30p, 60i)
 1440×1080(60i)
 1280×720(60p)

 ※フレームレートの24pは23.98p、30pは29.97p、60iは59.94i、60pは59.94pをそれぞれ省略しています
 ※メニューで60i/50i切り替えを50iに設定すると、25p/50i/50p記録が可能です

レンズ

■ズーム比
 12倍、電動/手動 切り換え可能

■焦点距離
 f=9.3〜111.6mm[(35mm換算<16:9>…29.0〜348.0mm)、
 (35mm 換算<4:3>…35.5〜426.0mm)]

■絞り
 F2.8〜F4.5 オート/マニュアル切り換え可能

■フォーカス
 オート/マニュアル切り換え可能
 10mm〜∞(ワイド端)、1000mm〜∞(テレ端)

■手ブレ補正
 シフトレンズ方式、ON/OFF 切り替え可能

■フィルター径
 M62mm

カメラ部

■撮像素子
 1.0型Exmor R CMOSイメージセンサー単板式

■有効画素数
 約1,420万画素(16:9モード)、約1,060万画素(4:3モード)

■内蔵フィルター
 クリア、1…1/4ND、2…1/16ND、3…1/64ND

■最低被写体照度
 1.7ルクス(1/30 シャッタースピード、絞り/ゲイン AUTO)

■シャッタースピード
 1/8〜1/10,000 秒(1/6〜10,000 24p撮影時)

■スローシャッター
 オート/オフ切り替え可能

■スロー&クイックモーション
 1080p…1、2 、4 、8 、15 、30 、60fps 切り替え可能

■ホワイトバランス
 プリセット( 屋内…3200K、屋外…5600K、色温度指定…2300-15000K)、
 ワンプッシュA、B、オート切り替え可能

■ゲイン
 -3、0、3、6、9、12、15、18、21、24、27、30、33dB、AGC

入出力端子

■SDI OUT
 BNC×1

■HDMI OUT
 HDMIコネクター(タイプA)×1

■ビデオ出力
 マルチ/マイクロUSB端子一体型×1

■音声INPUT端子
 XLRタイプ3ピン(凹)×2、LINE/MIC/+48V 切り換え式

■AUDIO OUT端子
 マルチ/マイクロUSB端子一体型×1

■ヘッドホン端子
 ステレオミニジャック(φ3.5mm)×1

■MIC端子(PLUG IN POWER)
 ステレオミニジャック(φ3.5mm)×1

■USB端子
 マルチ/マイクロUSB端子×1

■DC IN
 DCプラグ×1

■アクセサリーシュー
 マルチインターフェースシュー×1

その他

■ビューファインダー
 0.39型有機EL 、アスペクト比4:3、約144万画素相当

■液晶モニター
 3.5型カラー液晶、アスペクト比16:9、約156万画素相当

■内蔵マイク
 ステレオマイク

■メディアスロット
 メモリースティックPRO デュオ/SDメモリーカード兼用×1
 SDメモリーカード×1

一般

■質量
 約945g(レンズフード、大型アイカップを含む)
 約1400g(レンズフード、大型アイカップ、バッテリー(NP-FV70)、XLR ハンドルユニットを含む)

■外形寸法(幅×高さ×奥行)
 約130.3mm×180.9mm×287.0mm
 (突起物、レンズフード、大型アイカップ、バッテリー(NP-FV70)、XLR ハンドルユニットを含む。
  グリップベルトを含まず)

■電源電圧
 DC6.8V/7.2V(バッテリーパック使用時)

■消費電力
 約5.5W(ファインダー使用時、明るさ標準で録画中)
 約5.8W(液晶モニター使用時、明るさ標準で録画中)

■動作温度
 0〜40°C

■保存温度
 -20〜+60°C

撮影・再生可能時間




















使用バッテリー 連続撮影時間 実撮影時間 連続再生時間
NP-FV100 240 分 120 分 395 分
NP-FV70(付属) 120 分 60 分 200 分

記録可能メディア


















































  SDXC
(UHS-)
SDHC
(Class 10)
SDHC
(Class 6)
SDHC
(Class 4)
MS
(XC-HG Duo)
MS
(PRO-HG Duo)
MS
(Duo Mark2)
S&Q モード
対応
同時記録
対応
XAVC Long ○(※1) ○(※2)
AVCHD ○(※2) ○(※2) ○(※2) ○(※2) ○(※2)
DV

(※1) S&Qモード対応はUHS- U3 以上です。
(※2) S&Qモードでは使用できません。

録画モード


































































  フォーマット モード
(ファイルシステム)
拡張子 記録画素数 フレームレート ビットレート 音声記録記 記録時間
(64GB)
HD XAVC Long422
(MPEG-4 AVC/H.264)
exFAT MXF 1920×1080 60p/30p/24p 50/35Mbps VBR リニアPCM
24bit 48kHz 2ch
120分(50M)
170分(35M)
220分(25M)
60i 50/35/25Mbps
1280×720 60p 50Mbps
AVCHD
(MPEG-4 AVC/H.264)
exFAT
FAT32(※)
MTS 1920×1080 60p 28Mbps VBR リニアPCM /
ドルビーデジタル
16bit 48kHz 2ch
290分(28M)
340分(24M)
450分(17M)
750分(9M)
60i/30p/24p 24/17Mbps
1280×720 60p 24/17/9Mbps
SD DV exFAT
FAT32(※)
AVI 720×480 60i 25Mbps CBR リニアPCM 16bit
48kHz 2ch
280分

※ フレームレートの60pは59.94p、60iは59.94i、30pは29.97p、24pは23.98pをそれぞれ省略しています。
※ PAL Areaに設定すると、50p/50i/25p 記録が可能です。
(※) SDXCの場合はexFAT、SDHCの場合はFAT32となります。
本体×1
ACアダプター×1
電源コード×1
ワイヤレスリモコン×1
大型アイカップ×1
レンズフード×1
レンズキャップ×1
アクセサリーシューキット×1
XLRハンドルユニット×1
USBケーブル×1
リチャージブルバッテリーパック(NP-FV70)×1
CD-ROM×1
取扱説明書×2
保証書×1
本体×1
ACアダプター×1
電源コード×1
ワイヤレスリモコン×1
大型アイカップ×1
レンズフード×1
レンズキャップ×1
アクセサリーシューキット×1
XLRハンドルユニット×1
USBケーブル×1
リチャージブルバッテリーパック(NP-FV70)×1
CD-ROM×1
取扱説明書×2
保証書×1
SONY PXW-X70について、おうかがいいたします。

・マイクはECM-XMで問題ないですか?
・SDカードのサンディスクでおすすめは?
マイクはECM-XMで問題ありません。付属のXLRハンドルユニットに丁度合致する仕様となっております。
是非ご利用ください。

SDカードですが、サンディスク製品では推奨されているカードがありません(2015年9月現在)。
推奨としましてはSONY製の以下のSDXCカードをご利用ください。
http://www.system5.jp/products/detail54881.html
http://www.system5.jp/products/detail54882.html
http://www.system5.jp/products/detail54883.html
PXW-X70のワイドコンバージョンレンズを探しています。
0.6倍クラスのワイドコンバージョンでいいのがあれば、ご連絡いただければ幸いです。
お問い合わせのワイコンですが、あいにく0.6倍クラスの物は推奨品がございません。
0.8倍程度の物ですが、下記2つを組み合わせることで使用可能です。

▼Zunow WCX-80 0.8倍コンパクトワイドコンバージョンレンズ
http://www.system5.jp/products/detail41842.html

▼Zunow R62 62mmアダプターリング
http://www.system5.jp/products/detail70348.html
XW-X70のモニターフードはどれが適合でしょうか?
LCDF-35が使えます。
https://www.system5.jp/products/detail72659.html
ファインダーを見るときに使うアイカップを無くしたのですが、ありますか?
PXW-X70のアイカップですが、下記商品になります。
SONY 大型アイカップ X-2590-187-1
https://www.system5.jp/products/detail58918.html


1.0型 CMOSセンサー、超解像24倍ズームを搭載し、422 10bitのXAVCやAVCHD/DV記録が可能。別売オプションの導入で4K記録にも対応するハンディカムコーダーです。



1.0型 2000万画素 Exmor R CMOSセンサー

PXW-X70は受光面積の大きい1.0型 Exmor R CMOSセンサーを搭載し、高精細かつノイズを抑えた高画質撮影が可能です。総画素数は2000万画素と4K解像度を十分にカバーしており、別売オプションの導入で4K(QFHD)記録にも対応しています。



広角29.0mm、全画素超解像24倍ズームのZEISSレンズ

PXW-X70は大口径のZEISS「バリオゾナーT*」レンズを採用。広角29.0mmから光学12倍ズームで望遠348mm、全画素超解像24倍ズームで望遠696mm、さらに2000万画素の高解像度センサーをいかしたソニー独自の高品位なデジタルエクステンダーによる48倍ズームで望遠1392mmまでの広範囲に対応します。円形に近い7枚羽根の虹彩絞りを採用し、背景のぼけ味を味わい深く表現します。



広角29.0mm、全画素超解像24倍ズームのZEISSレンズ

50M 422 10bit対応のXAVC-LやAVCHD/DV記録

従来のAVCHDやDV記録に加えて、PXW-X70はXAVC Long GOP記録に対応。50Mbps 4:2:2 10bitサンプリングの高画質収録から、圧縮効率の高い長時間収録まで、用途に応じたフォーマットを選択可能です。Proxyでの記録も可能です。





別売オプションの導入で4K(QFHD)記録、Proxy同時記録、HDMIから4K(QFHD)・3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像出力に対応

別売オプション「CBKZ-X70FX」の導入により、XAVC Long420 30p/24pでの記録、SDカードダブルスロット記録、Proxy同時記録、HDMIから4K(QFHD)・3G-SDIからHD(ダウンコンバート)映像出力に対応します。
※ダブルスロット記録とProxy同時記録を併用することはできません

SDカードダブルスロットでのバックアップ記録

2つのSDカードスロットを搭載し、2つのメモリー間の同時記録やリレー記録はもちろん、片方のメモリーは任意に撮影しつつ、もう一方は録画を継続するバックアップ運用もPXW-X70なら可能です。


SDカードダブルスロットでのバックアップ記録

プログレッシブ対応3G-SDIとHDMI出力

3G対応のSDI出力を搭載し、本体記録モードと同じフォーマットで外部出力することが可能です。HDMIの場合もプログレッシブ信号をプルダウンすることなくネイティブで出力でき、タイムコードやRECトリガーが重畳されているので、外部レコーダーを用いる場合にも便利です。


プログレッシブ対応3G-SDIとHDMI出力

内蔵NDフィルター(1/4、1/16、1/64)

PXW-X70内部にNDフィルターユニットを内蔵しており、晴天などの明るい環境下でもシャッタースピードやアイリスを変化させずに光量を調整することが可能です。Clear、1/4(2eV)、1/16(4eV)、1/64(6eV)の4ポジションから選択することができます。



録画やズーム操作に対応する着脱可能なXLRアダプター

RECボタンやズームレバーを備えた新たなXLRアダプターを搭載しており、PXW-X70本体内蔵マイクに加えて、業務用マイクを使用することが可能です。入力レベル、アッテネーター(0/10/20dB)、ローカットフィルターなどが設定でき、コンデンサーマイクにファンタム電源供給も可能です。


録画やズーム操作に対応する着脱可能なXLRアダプター

映像のトーンを調整するピクチャープロファイル

映像の特性を決めるガンマカーブ、ブラックレベル、発色などのパラメーターを調整することができ、マルチカメラ運用時の補正や映像作品全体のトーンの作り込みが可能です。設定したパラメーターは他の設定項目とともに、カメラプロファイルとしてメモリーカードに記録できます。



モニタリングやリモートコントロールが可能なワイヤレス機能

モバイルアプリケーションContent Browser Mobile()を用いた、「撮影前のアングル確認」「録画中のモニタリング」「カメラのリモコン操作(録画スタート・ストップ/タッチフォーカス/画角/アイリス調整)」が可能です。NFC(近距離無線通信)に対応しているので、ワンタッチでモバイル端末と接続することができます。本体ファームウェアアップデートにより将来的にはストリーミングやファイル転送も可能になります。

Content Browser Mobileは、Google Play、Apple App Storeより無償で提供しています



マルチフォーマット記録

従来のAVCHDやDV記録に加えて、XAVC Long GOP記録に対応。50Mbps 4:2:2 10bitサンプリングの高画質収録から、圧縮効率の高い長時間収録まで、用途に応じたフォーマットを選択可能です。
本体ファームウェアアップデートにより将来的にはProxy記録も可能になります。

3.5型QHD(960×540)LCDパネルとOLEDビューファインダー

3.5型 16:9 156万画素のLCDパネルと、0.39型 4:3 144万画素の有機ELビューファインダーにより、撮影時のシビアなフォーカス合わせをサポートします。
任意の場所を4倍/8倍に拡大して表示する拡大フォーカス機能を併用すると便利です。
※ LCDパネルとビューファインダーは同時点灯できません

マルチインターフェース(MI)シュー

XLRハンドルユニットを使用しない場合には、マルチインターフェースシューアダプタ−「SMAD-P3」を介してワイヤレスマイクロホンパッケージ「UWP-D11」「UWP-D12」の電源供給やケーブルレスでの音声信号入力が可能です。
ワイヤレスマイクロホン「ECM-W1M」を使った音声入力やトランシーバー機能にも対応します。
※ LEDライト「HVL-LBPC」は使用できません

その他の特長

■最大60fpsのスロー&クイックモーション(*)
 早回し(オーバークランク)や遅回し(アンダークランク)のような効果が得られます。
 * XAVC-L/AVCHDのプログレッシブモードで記録できます。音声は記録されません。XAVC-LモードではUHS-I U3対応SDXCメモリーカードが必要です
■MULTI端子
 AVケーブル「VMC-15MR2」を用いたビデオ出力や、リモートコマンダー「RM-VPR1」からのコントロールに対応します。
■アサインボタン
 「デジタルエクステンダー」や「ワンプッシュオートアイリス」などの機能を割り当て可能です。
■便利なオート機能
 「インテリジェントオート」「シーンセレクション」「顔認識」「逆光補正」
■タイムコード/ユーザービット記録
■USTREAM配信可能
■XAVC QFHD(4K) 記録中の外部出力と顔認識に対応

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

掲載カテゴリー

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分

営業日カレンダー

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

■ 休業日

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: SONY

この商品のレビュー
  • 2015/04/23 unizo さん ★★★★★

    必要十分

    ■購入の決め手
    コンパクトで、コスパも高く、サブで使うには十分すぎる性能。
    ダブルスロットで同時記録可能ということ。

    ■主な用途
    何かあればとりあえず持ち出すカメラ。
    A1Jの後継として。

    ■良い点
    ホールド感というかバランスがよい、カメラのスペックも必要十分問題なし。

    ■悪い点
    ズームとフォーカスが同じリングなのと、動作が少々トロいのが残念。
    リモコンがLANCじゃないのはとても残念。

    ■製品外観
    外部マイクの取付位置がもう少し後だったらよかった。
    ジャマー付きガンマイク(ECM-673)だと見切れまで2cmほどしかマージンがない。
    ハンドルを外すと更に小型化できるのがよい。

    ■画質、記録フォーマット
    XAVC-Lだと編集ソフトで対応していないものがあります。これはソフトメーカーサイドへの話になるのですが、同じSONYブランドのVegas ProがXAVC-Lを読み込めないのが残念すぎます。(次期バージョンアップで対応するらしいですが・・・)
    まあ、現況ではAVCHDでも十分なんですけどね・・・

    ■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
    私は手が大きいのでレンズを包み込むようにホールドする癖があります。なので付属のスタイリッシュな角形フードだと小さすぎて小指がレンズの前に出て映り込んでしまうことがよくあります。あるていど大きいフードも作って欲しいです。

    ■三脚搭載時の使用感
    本体が軽いのは手持ちではいいのですが、カウンターバランス搭載の三脚だと軽すぎてバランスがとりきれないです。かといって油圧だけの三脚では物足りないし・・・、悩ましいところです。

    ■おすすめしたい機能など
    プロファイル機能で画質の追い込みが出来て、それをメモリーできるのがよいです。

    ■記録メディア
    本当ならばCFの方がいいのですが、SDのダブルスロットということなのでOKです。

    ■ビューファインダー・モニタの視認性
    視認性は問題ないのですが、表示がビューファインダーか液晶パネルかのどちらか一方というのは不便です。

    ■オーディオ品質
    外部マイクの入力レベルが高い。-10dbのATTを常時入れてます。

    ■総評
    細かい所の改善希望はありますが、総合的には大変いいカメラだと思います。A1Jみたいな超ロングセラーになって欲しいです。

    ■メーカーへの要望
    上記にもありますが、ビューファインダーと液晶パネルが同時表示が出来るようにしてほしいです。
    4K対応アップデート早くおねがいします。

  • 2015/04/01 個人的娯楽撮影者 さん ★★★★★

    個人がワンランク上を望むのなら

    ■購入の決め手
    ハンディカムHDR-PJ760Vをメインで使用し、SDカード保存していましたが、カード不良により撮影したものが見られなくなりました。
    後ほど復旧することに成功し事なきを得ましたが、何か対応策はないものかと。
    業務用に位置づけされるカメラだとダブルスロットがあるが、値段とサイズの問題でどうしようか悩んでた矢先にこの商品の発表があり決めました。

    ■主な用途
    スポーツの撮影。
    完全に個人的な使用です。

    ■良い点
    1.0型CMOSの恩恵でしょうが、それまで使用していたハンディカムより同じビットレートでも鮮明な画質になりました。あまりカメラについて詳しくはないのでうまく説明できませんが。
    上記にもありますが、ダブルスロットのおかげで安心して撮影できます。

    ■悪い点
    ハンドル使用時のズーム調整がうまくできません。もともとSONYの三脚を使用してリモコンで使用していたので特に問題はなく、慣れの問題かもしれませんが。

    ■製品外観
    外観はFDR-AX100の手で持つ部分が倍かそれよりちょっと膨らんでいる感じです。
    レンズフィルターを使用すると純正フードがうまく取り外しできなくなりますので、ステップアップリングと大型フードを使用しています。


    ■画質、記録フォーマット
    XAVCとあったので、sonyのVegasがつかえると思っていたのですが、12の時点では未対応でした。(※スタッフ追記:Vegas Pro13ではXAVCに対応しております。)
    個人使用なので、とりあえずはAVCHDでも使用しています。
    4Kファームについてはソフトウェア次第と考えています。

    ■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
    持ち方の問題か、上記の通りズームがうまくいきません。

    ■三脚搭載時の使用感
    使用しているのがSONYのリモコン付き三脚なのもあって、とくに不便などもありません。

    ■おすすめしたい機能など
    ダブルスロットにはそれぞれ容量の違うカードをさしていても同時記録できること。(ひょっとしたら当たり前の機能なのかもしれませんが)

    ■記録メディア
    SDカードが使えるというのがいいです。
    今機種は金額としてはもう少しお金を足したらFDR-AX1買えてしまいますが、諸々を考えると汎用性のあるSDカードはうれしいです。

    ■ビューファインダー・モニタの視認性
    ファインダーは普通かと思います。
    モニタはみやすいです。

    ■オーディオ品質
    普段はライン入力のマイクを使用しています。余裕ができたらファンタム電源のマイクを購入しようと考えています。
    内蔵マイクでも特に風が強い日でもなければ不満はありません。

    ■総評
    個人で持つ分には、ハンディカムの最上位機種だと思っています。
    レンタルでFDR-AX1を使用したこともありましたが、持ち運びとの面で苦労しましたので。

    ■メーカーへの要望
    Vegasの正式対応。
    あとはなるべく4K対応の金額が高くならないことです。

  • 2015/03/31 tetsu さん ★★★★★

    コストパフォーマンスが高い

    ■購入の決め手
    ・「コンパクトなものでSDIがついているもの」という条件からX70を選択しました。

    ■主な用途
    ・NX5Jのサブ・取材やインタビュー撮影

    ■良い点
    ・XAVC Long422収録でできる点
    ・センサーが1.0型である点
    ・ボディが小さくてもしっかりしている点

    ■悪い点
    ・AX100ベースのようなので想像はしていましたが、ボディが小ぶりなので直感的な操作性は犠牲になっています。
    ・4K対応の詳細が未だに不明な点

    ■製品外観
    ・購入まで現物は確認していなかったのですが、しっかりとしたボディの作りになっています。
    ・レンズキャップはなくしてしまいそうですね。

    ■画質、記録フォーマット
    ・やや暗い印象はありますが画質は問題ありません。
    ・フォーマットに関しても満足していますが、贅沢をいえばXAVC Intra422も欲しいですね。

    ■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
    ・ハンディで撮影する予定はありませんが、このサイズだと長時間はきついでしょう。その際はXLRアダプターのハンドルを持つことになりそうです。

    ■三脚搭載時の使用感
    ・ボディが小さいので何を使おうか迷っています。スライディングプレートが長いとバッテリー交換がしにくそうなので悩みどころです。ManfrottoのMVK500AMで程よい操作性でした。

    ■おすすめしたい機能など
    ・ピクチャープロファイルの調整と記録は便利です。
    ・アサインボタンも重宝しますね。

    ■記録メディア
    ・SDXC UHS-IU3一択というところですね。SDHCを混在させると現場で間違えて動揺しそうです。

    ■ビューファインダー・モニタの視認性
    ・モニタの視認性は高いと感じました。現場では外部モニタを使用すると思いますが。
    ・ビューファインダーも良好ですがNP-FV100を使用したときにアイカップにあたって変形するのはマイナスポイントです。

    ■オーディオ品質
    ・内蔵マイクは思っていたより良好でした。ガンマイク使用を想定していますが、所持しているマイクだと長すぎるので選定を迷っているところです。短いものだとやはりECM-XM1になるでしょうか。

    ■総評
    ・とてもコストパフォーマンスの高い商品だと思います。簡単なインタビュー撮影はコレで行こうと思います。3G-SDI出力があるのでイベント中継のサブカメラとしても最適です。
    ・なんといっても小さいので持ち運びがしやすいです。メインのクルーは車で現場へ、私は電車で現場へといったことが可能になりました。

    ■メーカーへの要望
    ・4K対応の情報をお願いいたします。

  • 2015/03/30 タスマニア さん ★★★★★

    自分の用途には最適

    ■購入の決め手
    サブ機を探していたので(自分にとってはメイン機ですが…)、単純に価格帯から選びました。他にもパナやキャノンなどの候補もあったのですが、これまで使っていたのがソニーということが最終的な決め手に。

    ■主な用途
    HDCAMのサブ機というか、ディレクターカメラとして使用。ちなみにカメラには詳しくはありません…。

    ■良い点
    勝手に思っていたよりも小さく、数回試しただけですが使いやすさを感じました。
    キャップなどを外して本体のみにするとさらにその印象が強く、持ち運びに便利。
    画質などにも何の文句もありません。

    ■悪い点
    画質にはなんの不満もありませんが、やや暗い印象がありました。まだ他のカメラと合わせて撮影する機会がないのですが、恐らくはゲインを結構上げる必要がありそうかな…と感じています(いつもプロにお任せなので、あくまでご参考までに…)。

    ■製品外観
    以前使っていたソニーのHXR-NX70Jは防塵仕様のためプラスチック感があったのですが、それと比べると重厚感あり。
    本体部分の質感が全く違うので、より丈夫な感じがします。

    ■画質、記録フォーマット
    ゲインを上げた時の画などにも、問題はないかと思います。程度にもよるでしょうが、綺麗に撮れて満足。

    ■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
    ソニーUWP-D11を装着して使いましたが、特に不満はありません。求めているのがコンパクトさなので、個人的には理想的。

    ■三脚搭載時の使用感
    特に大きな問題はありませんでした。

    ■おすすめしたい機能など
    まだまだ使いこなしていないので、これからでしょうか…。

    ■記録メディア
    SDカードを2枚使用することでバックアップがとれるのも、購入理由の一つでした。HXR-NX70Jは内蔵HDDとSDのダブルでしたが、個人的にはSDのみのほうが管理しやすくて好みです。

    ■ビューファインダー・モニタの視認性
    ファインダーで見ることはほとんどないのでモニターのみの感想になりますが、これまで使っていたHXR-NX70Jと比べると、格段に綺麗になっています。最近のカメラをご使用の方には当たり前なのかもしれませんが、実はぱっと見で一番、ここの違いに驚きました。

    ■オーディオ品質
    いまのところは内蔵マイクではなく、ソニーUWP-D11をつなげてワイヤレスマイクでしか使っていませんが、特に問題はないかと思います。

    ■総評
    プロの方にお頼みするほどでもない場合の、別撮り時などでの使用が主目的だったので、それには最適だと感じています。自分の用途に完全にハマっているので、何も言うことはありません。
    語弊があるかもしれませんが、気軽に高画質の映像を撮るには十分すぎるカメラではないでしょうか。
    持ち運びにも労を要さない大きさなので、そういう面では家庭用でも使えると思います。

    ■メーカーへの要望
    やはり明るさでしょうか。

  • 2015/03/26 みお さん ★★★★★

    トータルバランス良し

    ■購入の決め手
    機動力のあるサブカメラを探していて、キヤノンはMXFなのに対してこちらはXAVCとAVCHDのフォーマットが使えるのと軽さとスペックが決め手。

    ■主な用途
    一日中担ぎっぱなしの外ロケで体力の負担軽減に。
    NX5Jとの2カメ撮影でサブカメとして使用するも、小型軽量なのでワンマンロケでも負担にならない。
    狭い場所での撮影にも大きさが邪魔にならない。

    ■良い点
    小型カメラなのにスペックは高く、地上波でも十分に使える。
    逆に取り立てて書くことが無いぐらい普通に良いカメラだと思う。

    ■悪い点
    ズームとフォーカスのリングが切りかえ式で一つであること。
    ズームに割り当てるのだが、フォーカスが遅い時があったり、暗い所でワイコンを付けていて素早くズームインするとフォーカスが全くついてこない。
    超ゆっくりズームは若干カクカクしたズームになる。NX70Jのズームと比べたら気にならないレベルかも。
    ファインダーを引き出していないと、液晶パネルを閉じると電源が落ちてしまうとこ。
    ホワイトバランスを手動で合わせるのに本体横のWHT BALボタンを押した後、メニューに入りWB SETボタンを押すという多くの動作が必要。直感的には操作できないと思います。これはアサインボタンに割り当てることで解消はされますが…。
    悪い点は多く書きましたが慣れでなんとかなります。

    ■製品外観
    民生機がベースとは言え安っぽさはなく、小さいながらもXDCAMのロゴが存在感を引き立ててます。

    ■画質、記録フォーマット
    NX5JとNX3との3カメ撮影しましたが、遜色なくむしろPXW-X70が一番画質が綺麗にみえます。ただ比較すると緑色が若干違和感を感じます。
    ネット動画の撮影では1280×720のHQの設定が容量も多く最適。主流になりつつある高画質カメラにはない低い画質までも選べるのは、ネット動画が増えつつある現在には必要不可欠。
    ■ハンディ・ショルダー撮影時の使用感
    本体が軽い分、ワイコンを付けるとかなり前重の重心バランスになります。

    ■三脚搭載時の使用感
    基本的にサブカメで三脚据え置きか、ハンディ撮影が多いのですが、三脚搭載時は三脚ベースを前寄りに付けておかないとそのままではバッテリー交換ができません。

    ■おすすめしたい機能など
    まだ使う機会がないが、ナイトショットはいざという時に使えるかも?

    ■記録メディア
    XAVC記録では、SDHCではなくSDXCのカード対応の為、注意が必要です。

    ■ビューファインダー・モニタの視認性
    大きく綺麗で、屋外でも見えやすいです。

    ■オーディオ品質
    UWP-V1を接続しAUTOで音声収録しましたが、NX5Jと比べて音声が大きく収録されるように感じました。音質は悪くないです。

    ■総評
    大きさと価格、スペック的にもトータル的に満足のいくカメラです。

    ■メーカーへの要望
    ズームリングの材質が金属?なのでグリップ感が無い。なぜラバー製にしなかったのか、もしくは凹凸をしっかり付けてほしかったと思います。
    ファインダーのセンサーが反応して液晶が消える仕様は改善してほしい。液晶を被写体に向けながらファインダーを覗くと液晶が消えるのは使い勝手が悪い。
    1chに外部マイクを接続した時、2chに本体マイク(INT)を活かせる仕様にしてほしい。外部入力に不備があった時の策がない。

もっとみる
レビューを投稿