ラックマウント型ファイルベースレコーダー

Ki Pro Rack

AJA Video Systems

ラックマウント型ファイルベースレコーダー

Ki Pro Rack

AJA Video Systems

管理No.: N_1067250
¥294,168 税込
税抜価格:¥267,425
希望小売価格:¥309,650

2,942ポイント獲得

※画像のストレージ・モジュールは付属しません。
カートに追加しました。
カートへ進む

△ お取寄せ

在庫についてのお問合せ

¥294,168 税込
税抜価格:¥267,425
希望小売価格:¥309,650

2,942ポイント獲得

数量

返品について

見積書はカートに入れた後、
カート画面で作成できます

この商品は中古品です

2000x2000pixelの高解像度写真で細部までご確認いただけます

保証・状態、付属品なども十分ご確認をお願いします

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 関連商品(別売)
カメラや撮影機材とダイレクトに接続し、Apple ProRes 422で収録することが可能なテープレスメディアレコーダーです。収録メディアとMacを接続するだけでFinal Cut Proを使って即座に編集が可能なので、ワークフローを単純化できます。●ファイルベースワークフローに移行
Ki Pro Rackは、録画や再生をテープからファイルベースワークフローに移行している映像設備に最適です。
出来るだけ早く編集作業を行うためにソースから編集用の素材を生成出来るように設計されており、高品質ですぐに編集に取り掛かれるファイルデータを提供します。

豊富なプロフェッショナル用の接続系統には、従来のケーブル接続やルーティングシステムも含まれています。
リムーバブルハードディスク、またはSSDストレージモジュールに 10bit Apple ProRes、またはAvid DNxHDファイルでダイレクトに録画できるため、ロギングやキャプチャなど余計な時間がかかりません。生成されたファイルは、追加のトランスコーディング、またはインポートするプロセスを必要とせず、ほとんどの編集システムで使用することができます。

10bit フルラスター・レコーディング
10bit フルラスターで記録されるファイルは、品質を大幅に向上させますが、ファイルサイズにはほとんど影響がありません。容易にポストプロセッシングの要件やクライアント要求にも応える、高品質な画像を提供します。
8bitのレコーディングデバイスに比べて、10bit 4:2:2による記録は広いダイナミックレンジを与え、元のシーンの優れた表現を失わずにポストプロダクション等で、より柔軟にカラーバランスを調整することができます。

ProResやDNxHDのコードを効率的に利用することによって、ファイルサイズが抑えられ、余分なストレージに制作予算を割く必要が無くなります。

●RS-422コントロール
Ki Pro Rackの特徴の一つであるRS-422のコントロールは、容易に編集システムや外部コントローラ、さらには他のテープデッキと統合し、従来のVTRの全ての機能を果たすことが可能になります。また、Ki Pro Rackのストレージ・モジュールに直接アセンブル編集ができるため、場合によっては編集システム上でProRes、またはDNxHDファイルをレンダリングするより速く済みます。

RS-422に接続することで、テープベースのメディアを直接キャプチャでき、即座の編集、またはアーカイブのためにProResに変換することができます。

●使い慣れたコントロール&オペレーション
テープデッキの操作に慣れている方は、すぐにKi Pro Rackを手軽に扱えるようになるでしょう。従来のテープデッキのように、ボタンで録画、再生、巻き戻し、早送りを直接行えるため、最小限のトレーニングですぐに移り変わることができます。

全ての構成情報および現在の状態については、内蔵スクリーンにはっきりと表示されます。
また、OSが内蔵されているため、ラップトップやPCに接続しなくても、デバイス上で全ての構成をフラットなメニュー構造から瞬時に操作可能です。

●プロフェッショナル用の接続系統
Ki Pro Rackの背面にあるビデオやオーディオの接続系統は、従来のテープデッキと同じタイプです。そのため、従来のケーブル接続やルーティングが同じ配置で収められています。接続系統は、SDI、HDMI、アナログコンポーネント、バランスとアンバランスオーディオコネクタ、LTC入力/出力、さらには LANCも含まれています。

●デュアルメディアドライブ
高速メディアであるSSDにも変更可能な2つのメディア・ドライブベイは、先に使用した1台目のモジュールの取り出しを待たずにドライブを切り替えて、すぐにレコーディングを開始できます。全てのKi Proモデルは、信頼性の高いストレージメディアに直接10bit映像をキャプチャします。 Ki ProとKi Pro RackにはAJAのストレージ・モジュール (HDD、またはSSDを選択可能) を使用しており、内蔵のFireWire 800を介して、編集システムに直接接続することができます。

ストレージ・モジュールは、過度な使用を想定して、接続部分を補強した設計で徹底的にテストを行っています。
記録時間は、一般的なテープより長く、メディアチェンジの必要回数を最小限に抑えます。

●Ethernetによるファイル転送
ネットワーク接続に使用されるEthernetを介して、メディアファイルをKi Pro Rackにコピーすることができます。
これによりKi Pro Rackからメディアを取り外すことなく、高速なファイル転送を可能にします。また、機材の干渉など意図しない物理的なリスクを最小限に抑えるためにも有効で、特に大規模な施設やマシンルームでは、余計な人の出入りを劇的に削減することができます。

他のKi Proファミリー同様に、複数のKi Pro Rackをネットワークに接続することで、1つのインタフェースで同時制御が行えます。

●AJA ハードウェアコンバージョン
Ki Pro RackにはAJAのコンバージョン技術が内蔵されているため、別のデバイスを使用せずに高品質のアップ/ダウン/クロスコンバートを記録、または再生中に行えます。

●リモートコンフィギュレーション&コントロール
Ki Pro Rackは、データネットワークに接続したり、任意のネットワークが繋がったコンピュータからWebブラウザを通じてアクセスすることができます。このリモートアクセスにより、ユニットの前面で、ボタン操作による物理的な構成を行わなくても、Ki Pro Rackをコントロールし、設定することが可能です。アクセスポイントから大規模な施設、または複数の場所を管理するためには絶好の機能です。

AJA Video Systems Ki Pro Rack ラックマウント型ファイルベースレコーダーの主な仕様

対応ビデオフォーマット

525i 29.97
625i 25
720p 23.98 (※1 from with in 59.94 via VFR)
720p 25 (※1 from with in 50 via VFR)
720p 29.97 (※1 from with in 59.94 via VFR)
720p 50
720p 59.94
720p 60
1080i 25
1080i 29.97
1080i 30
1080PsF 23.98
1080PsF 24
1080p 23.98
1080p 24
1080p 25
1080p 29.97
1080PsF25(※2)
1080PsF29.97(※2)
1080PsF30(※2)

※1 Panasonic AJ-HDC27やHPXシリーズなど、いくつかのカメラとSDI接続において、'Configurationメニュー' '1.1 RECORD TYPE'を'VFR'に設定することで対応します。
※2 STATUSメニューの入力信号表示は1080iとなりますが、 'Configurationメニュー' '1.1 RECORD TYPE'を'PsF'に設定することでプログレッシブ収録に対応します。

収録コーデック

Apple ProRes 422
Apple ProRes 422 HQ
Apple ProRes 422 LT
Apple ProRes 422 Proxy
Avid DNxHD 36
Avid DNxHD 145
Avid DNxHD 220

デジタルビデオ入力

SD/HD SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
Single Link 4:2:2 (2 x BNC, ソフトウェアによる入力を選択)
HDMI v1.3

アナログビデオ入力

SD/HD コンポーネント (3xBNC):
 SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J
 12-bit A/D, 2倍オーバーサンプリング
 +/- .25 dB to 5.5 MHz Y Frequency Response
 +/- .25 dB to 2.5 MHz C Frequency Response
.5% 2T pulse response
 <2 ns Y/C delay inequity
コンポジット (1 x BNC CVBS on Y)

デジタルビデオ出力

SD/HD SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
Single Link 4:2:2 (1 x BNC)
HDMI v1.3

アナログビデオ出力

コンポーネント (3xBNC):
 HD: YPbPr, RGB, SD: YPbPr, RGB (コンポーネントモード)
 SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J, RGB
 12-bit D/A, 8x オーバーサンプリング
 +/- .2 dB to 5.5 MHz Y Frequency Response
 +/- .2 dB to 2.5 MHz C Frequency Response
 .5% 2T pulse response
 <1 ns Y/C delay inequity
コンポジット (1 x BNC CVBS on Y):
 NTSC, NTSCJ, PAL
 12-bit D/A, 8x オーバーサンプリング
 +/- .2 dB to 5.0 MHz Y Frequency Response
 +/- .2 dB to 1 MHz C Frequency Response
 .5% 2T pulse response
 <1% Diff Phase
 <1% Diff Gain

オーディオ入力

[デジタル]
 AES 24-bit, 8ch, 48kHz (4xBNC) 24-bit SDI エンベデッドオーディオ:8 ch, 48kHz
 HDMI エンベデッド:2 ch
[アナログ]
 24-bit A/D, 2 ch バランスド (2xXLR), 48kHz
 インプットレベル: Line

オーディオ出力

[デジタル]
 AES 24-bit, 8ch, 48kHz (4xBNC) 24-bit SDI エンベデッドオーディオ:8 ch, 48kHz
 HDMI エンベデッド:2 ch
[アナログ]
 24-bit A/D, 2 ch バランスド XLR, 48kHz

ネットワーク

10/100/1000 Ethernet (RJ45)
リモートコントロールのためのエンベデッドウェブサーバ

パネル・ユーザインターフェイス

2×20キャラクターディスプレイ、コントロール用ボタン

タイムコード

LTCタイムコード入出力:BNC SDI エンベデッド RP188 タイムコード
(スクリーン上にタイムコード表示)

シリアルポート

RS-422 (スレーブ ピンアウト)、9ピン (ファームウェア v2.0から利用可能)
以下、コネクタのピンアウト
1 GND、2 TX -、3 RX+、4 GND、5接続なし、6 GND、7 TX +、8 RX -、9 GND、シェルGND

ハードウェアアップコンバート - 10bit

Anamorphic:
 フルスクリーン
Pillar box 4:3:
 画面中央に4:3のまま表示(サイドに黒み)
Zoom 14:9:
 4:3イメージを14:9にズーム表示(サイドに黒み)
Zoom Letterbox:
 レターボックス16:9
 イメージをズーム表示 (上下をクロップ)
Zoom Wide:
 ズームと水平方向のストレッチによって16:9表示(この設定はアスペクトの変化を抑えるためです)

ハードウェアダウンコンバート - 10bit

Anamorphic:
 フルスクリーン
Letterbox:
 16:9 (上下に黒み)
Crop:
 左右をクロップ

ハードウェアクロスコンバート - 10bit

1080i → 720P
720P → 1080i

ストレージ・モジュール、ドライブベイ

2 (ejectボタンを使用してLED選択)

寸法

高さ:
 1.75インチ (4.45 cm)
幅:
 19インチ (48.26 cm)
奥行き:
 12.5インチ (37.75 cm) ※全面パネルから背面の接続端子まで

温度

5℃〜40℃:動作温度範囲
-20℃〜60℃:安全な保管温度範囲 (電源OFF)

電源

電圧:
 100-240 VAC
動作電力:
 40W

AJA Video Systems Ki Pro Rack ラックマウント型ファイルベースレコーダーの主な仕様

対応ビデオフォーマット

525i 29.97
625i 25
720p 23.98 (※1 from with in 59.94 via VFR)
720p 25 (※1 from with in 50 via VFR)
720p 29.97 (※1 from with in 59.94 via VFR)
720p 50
720p 59.94
720p 60
1080i 25
1080i 29.97
1080i 30
1080PsF 23.98
1080PsF 24
1080p 23.98
1080p 24
1080p 25
1080p 29.97
1080PsF25(※2)
1080PsF29.97(※2)
1080PsF30(※2)

※1 Panasonic AJ-HDC27やHPXシリーズなど、いくつかのカメラとSDI接続において、'Configurationメニュー' '1.1 RECORD TYPE'を'VFR'に設定することで対応します。
※2 STATUSメニューの入力信号表示は1080iとなりますが、 'Configurationメニュー' '1.1 RECORD TYPE'を'PsF'に設定することでプログレッシブ収録に対応します。

収録コーデック

Apple ProRes 422
Apple ProRes 422 HQ
Apple ProRes 422 LT
Apple ProRes 422 Proxy
Avid DNxHD 36
Avid DNxHD 145
Avid DNxHD 220

デジタルビデオ入力

SD/HD SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
Single Link 4:2:2 (2 x BNC, ソフトウェアによる入力を選択)
HDMI v1.3

アナログビデオ入力

SD/HD コンポーネント (3xBNC):
 SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J
 12-bit A/D, 2倍オーバーサンプリング
 +/- .25 dB to 5.5 MHz Y Frequency Response
 +/- .25 dB to 2.5 MHz C Frequency Response
.5% 2T pulse response
 <2 ns Y/C delay inequity
コンポジット (1 x BNC CVBS on Y)

デジタルビデオ出力

SD/HD SDI, SMPTE-259/292/296, 10-bit
Single Link 4:2:2 (1 x BNC)
HDMI v1.3

アナログビデオ出力

コンポーネント (3xBNC):
 HD: YPbPr, RGB, SD: YPbPr, RGB (コンポーネントモード)
 SMPTE/EBU N10, Betacam 525 line, Betacam 525J, RGB
 12-bit D/A, 8x オーバーサンプリング
 +/- .2 dB to 5.5 MHz Y Frequency Response
 +/- .2 dB to 2.5 MHz C Frequency Response
 .5% 2T pulse response
 <1 ns Y/C delay inequity
コンポジット (1 x BNC CVBS on Y):
 NTSC, NTSCJ, PAL
 12-bit D/A, 8x オーバーサンプリング
 +/- .2 dB to 5.0 MHz Y Frequency Response
 +/- .2 dB to 1 MHz C Frequency Response
 .5% 2T pulse response
 <1% Diff Phase
 <1% Diff Gain

オーディオ入力

[デジタル]
 AES 24-bit, 8ch, 48kHz (4xBNC) 24-bit SDI エンベデッドオーディオ:8 ch, 48kHz
 HDMI エンベデッド:2 ch
[アナログ]
 24-bit A/D, 2 ch バランスド (2xXLR), 48kHz
 インプットレベル: Line

オーディオ出力

[デジタル]
 AES 24-bit, 8ch, 48kHz (4xBNC) 24-bit SDI エンベデッドオーディオ:8 ch, 48kHz
 HDMI エンベデッド:2 ch
[アナログ]
 24-bit A/D, 2 ch バランスド XLR, 48kHz

ネットワーク

10/100/1000 Ethernet (RJ45)
リモートコントロールのためのエンベデッドウェブサーバ

パネル・ユーザインターフェイス

2×20キャラクターディスプレイ、コントロール用ボタン

タイムコード

LTCタイムコード入出力:BNC SDI エンベデッド RP188 タイムコード
(スクリーン上にタイムコード表示)

シリアルポート

RS-422 (スレーブ ピンアウト)、9ピン (ファームウェア v2.0から利用可能)
以下、コネクタのピンアウト
1 GND、2 TX -、3 RX+、4 GND、5接続なし、6 GND、7 TX +、8 RX -、9 GND、シェルGND

ハードウェアアップコンバート - 10bit

Anamorphic:
 フルスクリーン
Pillar box 4:3:
 画面中央に4:3のまま表示(サイドに黒み)
Zoom 14:9:
 4:3イメージを14:9にズーム表示(サイドに黒み)
Zoom Letterbox:
 レターボックス16:9
 イメージをズーム表示 (上下をクロップ)
Zoom Wide:
 ズームと水平方向のストレッチによって16:9表示(この設定はアスペクトの変化を抑えるためです)

ハードウェアダウンコンバート - 10bit

Anamorphic:
 フルスクリーン
Letterbox:
 16:9 (上下に黒み)
Crop:
 左右をクロップ

ハードウェアクロスコンバート - 10bit

1080i → 720P
720P → 1080i

ストレージ・モジュール、ドライブベイ

2 (ejectボタンを使用してLED選択)

寸法

高さ:
 1.75インチ (4.45 cm)
幅:
 19インチ (48.26 cm)
奥行き:
 12.5インチ (37.75 cm) ※全面パネルから背面の接続端子まで

温度

5℃〜40℃:動作温度範囲
-20℃〜60℃:安全な保管温度範囲 (電源OFF)

電源

電圧:
 100-240 VAC
動作電力:
 40W
カメラや撮影機材とダイレクトに接続し、Apple ProRes 422で収録することが可能なテープレスメディアレコーダーです。収録メディアとMacを接続するだけでFinal Cut Proを使って即座に編集が可能なので、ワークフローを単純化できます。●ファイルベースワークフローに移行
Ki Pro Rackは、録画や再生をテープからファイルベースワークフローに移行している映像設備に最適です。
出来るだけ早く編集作業を行うためにソースから編集用の素材を生成出来るように設計されており、高品質ですぐに編集に取り掛かれるファイルデータを提供します。

豊富なプロフェッショナル用の接続系統には、従来のケーブル接続やルーティングシステムも含まれています。
リムーバブルハードディスク、またはSSDストレージモジュールに 10bit Apple ProRes、またはAvid DNxHDファイルでダイレクトに録画できるため、ロギングやキャプチャなど余計な時間がかかりません。生成されたファイルは、追加のトランスコーディング、またはインポートするプロセスを必要とせず、ほとんどの編集システムで使用することができます。

10bit フルラスター・レコーディング
10bit フルラスターで記録されるファイルは、品質を大幅に向上させますが、ファイルサイズにはほとんど影響がありません。容易にポストプロセッシングの要件やクライアント要求にも応える、高品質な画像を提供します。
8bitのレコーディングデバイスに比べて、10bit 4:2:2による記録は広いダイナミックレンジを与え、元のシーンの優れた表現を失わずにポストプロダクション等で、より柔軟にカラーバランスを調整することができます。

ProResやDNxHDのコードを効率的に利用することによって、ファイルサイズが抑えられ、余分なストレージに制作予算を割く必要が無くなります。

●RS-422コントロール
Ki Pro Rackの特徴の一つであるRS-422のコントロールは、容易に編集システムや外部コントローラ、さらには他のテープデッキと統合し、従来のVTRの全ての機能を果たすことが可能になります。また、Ki Pro Rackのストレージ・モジュールに直接アセンブル編集ができるため、場合によっては編集システム上でProRes、またはDNxHDファイルをレンダリングするより速く済みます。

RS-422に接続することで、テープベースのメディアを直接キャプチャでき、即座の編集、またはアーカイブのためにProResに変換することができます。

●使い慣れたコントロール&オペレーション
テープデッキの操作に慣れている方は、すぐにKi Pro Rackを手軽に扱えるようになるでしょう。従来のテープデッキのように、ボタンで録画、再生、巻き戻し、早送りを直接行えるため、最小限のトレーニングですぐに移り変わることができます。

全ての構成情報および現在の状態については、内蔵スクリーンにはっきりと表示されます。
また、OSが内蔵されているため、ラップトップやPCに接続しなくても、デバイス上で全ての構成をフラットなメニュー構造から瞬時に操作可能です。

●プロフェッショナル用の接続系統
Ki Pro Rackの背面にあるビデオやオーディオの接続系統は、従来のテープデッキと同じタイプです。そのため、従来のケーブル接続やルーティングが同じ配置で収められています。接続系統は、SDI、HDMI、アナログコンポーネント、バランスとアンバランスオーディオコネクタ、LTC入力/出力、さらには LANCも含まれています。

●デュアルメディアドライブ
高速メディアであるSSDにも変更可能な2つのメディア・ドライブベイは、先に使用した1台目のモジュールの取り出しを待たずにドライブを切り替えて、すぐにレコーディングを開始できます。全てのKi Proモデルは、信頼性の高いストレージメディアに直接10bit映像をキャプチャします。 Ki ProとKi Pro RackにはAJAのストレージ・モジュール (HDD、またはSSDを選択可能) を使用しており、内蔵のFireWire 800を介して、編集システムに直接接続することができます。

ストレージ・モジュールは、過度な使用を想定して、接続部分を補強した設計で徹底的にテストを行っています。
記録時間は、一般的なテープより長く、メディアチェンジの必要回数を最小限に抑えます。

●Ethernetによるファイル転送
ネットワーク接続に使用されるEthernetを介して、メディアファイルをKi Pro Rackにコピーすることができます。
これによりKi Pro Rackからメディアを取り外すことなく、高速なファイル転送を可能にします。また、機材の干渉など意図しない物理的なリスクを最小限に抑えるためにも有効で、特に大規模な施設やマシンルームでは、余計な人の出入りを劇的に削減することができます。

他のKi Proファミリー同様に、複数のKi Pro Rackをネットワークに接続することで、1つのインタフェースで同時制御が行えます。

●AJA ハードウェアコンバージョン
Ki Pro RackにはAJAのコンバージョン技術が内蔵されているため、別のデバイスを使用せずに高品質のアップ/ダウン/クロスコンバートを記録、または再生中に行えます。

●リモートコンフィギュレーション&コントロール
Ki Pro Rackは、データネットワークに接続したり、任意のネットワークが繋がったコンピュータからWebブラウザを通じてアクセスすることができます。このリモートアクセスにより、ユニットの前面で、ボタン操作による物理的な構成を行わなくても、Ki Pro Rackをコントロールし、設定することが可能です。アクセスポイントから大規模な施設、または複数の場所を管理するためには絶好の機能です。

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

同じカテゴリーの人気商品

同じカテゴリーのセール品

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分

営業日カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

■ 休業日

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: AJA Video Systems

この商品のレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿