VHUBUV/288XP

Universal Videohub 288 Crosspoint

BlackmagicDesign

VHUBUV/288XP

Universal Videohub 288 Crosspoint

BlackmagicDesign

管理No.: N_1062589
¥1,107,920 税込
税抜価格:¥1,007,200
希望小売価格:¥1,130,800

11,079ポイント獲得

【ご注意】本商品には電源ケーブルが付属していません。
お持ちのものをお使いいただくか、ELECOM KT-218などを別途お買い求めください。
カートに追加しました。
カートへ進む

△ お取寄せ

在庫についてのお問合せ

¥1,107,920 税込
税抜価格:¥1,007,200
希望小売価格:¥1,130,800

11,079ポイント獲得

数量

返品について

見積書はカートに入れた後、
カート画面で作成できます

この商品は中古品です

最大2000x2000pixelの高解像度写真で細部までご確認いただけます

保証・状態、付属品なども十分ご確認をお願いします

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 同梱品
  • 付属品
  • 関連商品(別売)
独自の3Gb/s SDIならびに光ファイバールーターを構築可能なUniversal Videohub 72 Crosspoint

最大288×288系統のSDIポート、288系統のコントロールポート、イーサネット/シリアルルーター・クロスポイントコントロール、ゲンロック、アラームGPI、アラーム指示器をサポートしています。
Universal Videohub 288フレームと互換性を持っています。

幅広いルーターオプション

Universal Videohubは、SDI、光ファイバーインターフェースをルーティングしたい場合に最適です。
高品質の3Gb/s SDIルーティングだけでなく、光ファイバーを使用した長距離間でのビデオ信号の送受信が可能で、大規模なスタジオや、大掛かりなイベントでの使用に威力を発揮します。1台のSDIあるいは光ファイバー機器から、別の機器へと送信したり、SDIから光ファイバー、光ファイバーからSDIへのルーティングが可能です。より大型のラックフレームにアップグレードしても、インターフェースカードや電源カードに費用をかけずにすむのは、Universal Videohubだけです。



1. Universal Videohubコントロール
コンピューター、ハードウェアコントロールパネル、iPadからでもルーティングを直接制御可能。

2. Universal Videohub SDIインターフェース
1枚のインターフェースカードに4系統のBNC SDI入力、4系統のBNC SDI出力を搭載。

3. Universal Videohub光ファイバーインターフェース
1枚のインターフェースカードに4系統の光ファイバーSDI入力、4系統の光ファイバーSDI出力を搭載。

4. Universal Videohubデッキコントロールケーブル
SDI/光ファイバーインターフェースカードに4系統の独立したコントロールポートを追加。

5. Universal Videohub 450w電力カード
外付けのブリック型12v電力を最大3個追加。

6. Universal Videohubクロスポイント
最大72系統の入力、72系統の出力まで対応。

7. Universal Videohub 72
72ラックフレームに最大18枚のインターフェースカードを追加。

8. ファン
簡単にアクセス、取り外しが可能な、リバムーバブル・ファントレイ。


革新的な機能

Universal Videohub 72は最大18枚、UniversalVideohub 288は最大72枚のインターフェースカードを追加できるので、多くの機材を使用する放送局やポストプロダクションスタジオでの使用に最適です。
インターフェースカードはライブでの作業中でも、ルーターの電源を落とさずにホットスワップ可能です。



機能的なデザイン

Universal Videohubモデルはフレームベースのデザインになっており、ニーズに合わせて自由にルーターを構築できます。
またクロスポイント、電源の冗長性も備えており、規模を拡張したい場合には大型のフレームでも同じインターフェースカードを使用できます。



SDI自動切り替え

3Gb/s SDIインターフェースは、SD、HD、4:4:4、2Kビデオフォーマットを自動的に切り替えるので、最高品質のビデオを、編集システム、デッキ、モニターなどの機材間で移動させることが可能です。
また、同軸SDI、光ファイバーSDIを同一のルーターで同時にルーティングできます。



モジュラー・インターフェースカード

SDI/光ファイバーSDIインターフェースカードは、各4系統の入出力と、デッキコントロール用のブレイクアウトケーブルポートを備えています。
Universal Videohubデッキコントロールケーブルは、4系統の独立したRS-422インターフェースを追加します。
また、SDI/光ファイバーインターフェースカードは、16チャンネルのエンベデッドSDIオーディオをサポートしており、信号のオーディオチャンネルは、すべてビデオと共にルーティングされます。
究極のフレキシビリティを実現するため、インターフェースカードはすべて同じサイズで、Universal Videohub 72ならびにUniversal Videohub 288のどちらにも使用できます。
これは将来的にフレームサイズを変更する場合に最適です。



Universal Videohub 72、288

Universal Videohub 72は、拡張可能な3Gb/s SDI、デッキコントロールルーターです。
必要に応じて、通常の同軸SDIあるいは光ファイバーSDIインターフェースカードを追加して、最大72×72系統のSDIルーターを構築できます。
Universal Videohub 72ラックフレームは、5Uラックマウント、奥行き6インチというサイズで、単一の72×72クロスポイントカードと単一の電源カードをサポートします。
Universal Videohub 288は、究極の3Gb/s SDI、デッキコントロールルーターです。72×72、あるいは288×288のクロスポイントカードを選択し、ホットスワップ可能な通常のBNC SDI、あるいは光ファイバーインターフェースモジュールでルーターを拡張できます。
これらのモジュールはデッキコントロールにも対応しています。冗長性が必要な場合は、2枚目のクロスポイントカードを追加すれば24時間稼動にも対応できる信頼性を得られます。
すべての入力系統は自動フォーマット検出に対応し、すべての出力系統はリクロッキング対応しています。
Universal Videohub 288は、18Uラックマウントサイズのフレームで、奥行き6インチ以下です。イーサネット、シリアル接続、サードパーティ製コントロール、リダンダント電源にも対応しています。
Universal Videohub 288はお求めやすい価格で小規模にスタートし、その後スタジオの規模の拡張に応じてサイズを拡張したり完全な冗長性を備えることができるのです。




Videohubほど多くのコントロールオプションのあるルーターは他にありません!

スタジオのどこからでもルーターをコントロールできるようになりました。
Videohubルーターは、コントロールパネル接続にイーサネットを使用しているので、幅広いラックマウント式ハードウェアパネルを選択できます。
あるいは、Mac、PC、iPadからでもルーターをコントロールできます。
VideohubデベロッパーSDKを使用して独自のコントロールソリューションをカスタマイズすることも可能です!

Innovativecontrol


幅広いコントロールオプション

Videohubルーターには、様々なコントロールオプションがあります。
ハードウェアパネル、あるいはデスクトップでクロスポイントをルーティングできる革新的なソフトウェアコントロールパネルから選択できるのです。
すでにMac/PCベースの編集、デザインシステムを使用しているのであれば、デスクトップからのルーティングに追加費用はかからず、スタジオのスペースも節約できます。
大規模な設備で使用する場合は、Videohub Master Controlを使用してください。
Videohub Master Controlは、ラックマウント式のスピンノブ・コントローラーです。
ラベルを直接入力し、LCDディスプレイでルーターの設定を確認できるので、最大規模のVideohubを使用している場合でも、すべてのクロスポイントをコントロールできます。
'cut-bus'スタイルでルーティングする場合には、Videohub Smart Controlを使用してください。
Videohub Smart Controlは、カスタマイズ可能な40個のボタンを搭載しており、ラベルを設定できます。
複数の送信先を設定することも可能です。

Controloptions

無償のコントロールパネルソフトウェアを使い、 iPadからVideohubルーターをコントロール

デスクトップからルーティング

今日では、多くのポストプロダクション機器がデスクトップコンピューターベースになっているため、デスクトップからルーターをコントロールすることが理想的です。
すべてのVideohubモデルは無償のソフトウェアを同梱しており、ご使用のWindows/Macにインス トールするだけで、非常に魅力的なアイコンベースのルーターコントロールパネルを実現できます。
必要に応じて複数のコンピューターにインストールできます。
Pushbuttonビューでは、一般的なビデオ機器の画像がついたボタンが表示されます。
XYコントロールパネルを使用したい場合、HP TouchSmartなどの、タッチパネル付き専用オールインワンコンピューターにPushbuttonビューをインストールすると非常に見栄えがよく、 スクリーンを直接タッチするだけでルーティングが可能です!

Routing


ハードウェアコントロールパネル

大規模なスタジオでラックマウント機材を使用している場合、本格的なハードウェアベースのコントロールパネルが必要になります。
2つのコントロールパネルから選択できますが、どちらもコンパクトな1Uラックマウントサイズです。
Videohub Smart Controlは、あらゆるルーター出力に設定可能な40個のクリスタル調のWRGB発光ボタンを搭載しています。
ボタンを押すだけで、あらゆるSDI機器への入力を設定できるのです。

Videohub Master Controlは、最大規模のVideohubを使用している場合でも、ダイレクトボタン入力、あるいはスピンノブを使用してスクロールすることで、すべてのソース、送信先にアクセスできます。
ラベルを入力、あるいはノブをスクロールするだけの簡単操作です!
また、内蔵LCDスクリーンでソースや送信先を確認できます。
フォントはアンチエイリアス処理されており、ユーザーは快適に使用できます。

Fastrouting

Videohub Master Controlは、スピンノブコントロール、あるいはダイレクトボタン入力で、ソースおよび送信先をスクロールできます!

使い方は簡単

Videohubコントロールパネルの使い方は非常に簡単です。
例えば、1つのモニターにVideohub Smart Controlをインストールすると、そのモニターに接続したルーター出力を、ボタンを押すたびに異なるソースに変更することができます。
これは'cut-bus'スタイルのルーターコントロールで、非常にスピーディに使用できます。
ボタンを押すだけでルーターに接続したすべての映像を見ることができるのです。
放送用デッキや編集スイートにインストールすれば、同様にビデオ入力を設定できます。
1台のコントロールパネルからルーター上のすべてのクロスポイントを完全にコントロールしたい場合、Videohub Master Controlは、クロスポイントを直接入力することができます。
あるいはより簡単な方法として、ノブをスピンさせるとすべてのソースと送信先がスクロールされます。
また、「take」ボタンを使用するかどうかも選択可能です。
Mac/PC上でも、ルーターパネルで使用するシンプルなグラフィックボタンを設定できます。

Easyuse


単一、複数の送信先

Videohub Smart Controlは'cut-bus'スタイルのハードウェアコントロールパネルですが、複数の送信先を設定することもできます。
コントロールパネルを1台のビデオモニター専用に使用するなど、真の'cut-bus'スタイルを実現するには、単一の送信先を選択し、すべてのボタンをソースに設定します。
ボタンを押すと、そのソースから送信先へとルーティングされます。
Videohub Master Controlは、1Uラックマウントサイズと非常にコンパクトなコントロールパネルですが、ルーター上のすべての送信先をスクロールできるので、常にあらゆる送信先やソースを選択でき、ルーターにXYアクセスが可能です。
Videohub Master Controlにできないことはありません!

Destination

希望のソースと送信先を選択したら、takeボタンを押すだけでルーティングが有効になります!

エレガントなデザイン

ルーターコントロールパネルは不格好である必要はありません。
Videohubのハードウェアコントロールパネルは、クリエイティブなポストプロダクションや放送局にマッチするようデザインされています。
RGBならびに白色LEDにより発光する、クリスタル調の魅力的なボタンを使用しているため、リッチでクリーンな色をディスプレイできます。
Videohub Master Controlは、エレガントなLCDディスプレイで設定を確認できるので、ルーターの状況を完全に把握できます。
Videohubハードウェアコントロールパネルのフロントパネルは、ねじで取り外してボタンの下にラベルを挿入できます。
クロップマークを設定したAdobe Illustratorファイルを同梱しているので、ラベルの作成にテンプレートとして使用できます。
すべてのボタンはバックライトになっており、暗い 部屋でもラベルをはっきりと確認することができます。
Videohubハードウェアコントロールパネルは、1Uラックマウントサイズで、厚さは1インチ以下です。

Elegantdesign

各ボタンを特定のルータークロスポイントにプログラムしたら、フロントパネルを取り外し、クリスタル調のボタンをラベリングできます。

簡単にインストール

これほど簡単にインストールできるルーターパネルは他にありません。
各Videohubコントロールパネルに同梱されている使い勝手の良いWindows/Mac用ソフトウェアを使用して、ボタン、ソース、送信先をカスタマイズできます。
パネルをセットアップするには、内蔵のUSBインターフェースを接続し、ソフトウェアを起動するだけです。
ユーザーは、パネルの送信先の数や、ネットワーク上のVideohubの設定位置を選択できます。
バックライトの明るさや、「テイクボタン(take button)」を使用するかどうかも選択可能です。

Installation


イーサネットで接続

Videohub Smart ControlおよびVideohub Master Controlは、標準のイーサネットネットワークを使用して既存のコンピューターネットワークに接続できます。
Videohubをミッションクリティカルな作業に使用する場合は、Videohubコントロールパネルを専用のイーサネットスイッチ経由でルーターに接続してください。
Videohub Smart ControlおよびVideohub Master Controlは、イーサネットを通じて電力が供給される(PoE)ため、PoE対応のイーサネットスイッチで使用する場合、電源は必要ありません。
イーサネットスイッチで電力供給できない場合に備えて、国際対応のアダプターが同梱されています。
またVideohubハードウェアコントロールパネルには、ループスルーイーサネット接続が搭載されているので別のコントロールパネルやコンピューターにループさせることができます。
何十個ものコントロールパネルをチェーン接続すれば、イーサネットケーブルにかかる費用を削減できます。

Ethernet


2つの優れたVideohubコントロールモデルから選択

■Videohub Master Control
使いやすいスピンノブコントロール、あるいはダイレクトボタン入力で、ルーターのソース、送信先をスクロールできます。
美しいLCDスクリーンでルーターの設定を確認することもできます。
コンパクトなVideohub Master Controlは、DCあるいはイーサネット経由で給電できます。

Mastercontrol


■Videohub Smart Control
ボタンを押すだけでコントロールが可能です!
Videohub Smart Controlは、すべてのボタンを別々のソースにプログラムして”cut-bus”スタイルのコントロールを実現できます。
また、複数の送信先を選択したり、takeボタンを設定することも可能です。
DCあるいはイーサネット経由で給電できます。

Smartcontrol


Videohubで夢の作業形態を実現

Videohubの導入により作業形態に大きな変化がもたらされます。
Videohubによって、従来は大規模な設備でしか実現できなかったレベルまで、クリエイティブユーザー間のインテグレーションが強化されます。

編集用ワークステーションの接続

ルーティングスイッチャーを使用した経験があれば、それがただ単に数多くのコネクターを1つにまとめただけの装置で、ロケットエンジニアですら理解に苦しむほど複雑な場合があることはご存知でしょう。
しかしVideohubは違います。
一般のクリエイティブユーザー向けに設計されているため、直ぐに利用が可能です。
各ユーザー接続は、リアパネルで1-16のコネクターブロックにグループ分けされており、個々のユーザー用に映像入力、映像出力、モニタリング出力、デッキコントロールコネクターが配置されています。
ハブの入出力を編集システムの入出力に接続し、デッキコントロールをDB-9シリアルケーブルで編集システムのデッキコントロールポートに接続します。
次に、デッキコントロールポートを設定することで、入力が可能になります。
操作は極めて簡単です。

correctyourediting.jpg


放送用デッキの接続

放送用デッキの接続は簡単です。
映像の入出力を接続してから、デッキのデッキコントロールポートとルーターのデッキコントロールポートをDB-9シリアルケーブルで接続します。
Mini Converter Analog to SDIなどのアナログSDIコンバーターを使用すると、旧式のアナログデッキも接続することが可能です。
コンバーターによってアナログ/デジタル変換が可能となり、オーディオもSDI接続にエンベデッドされます。

correctbroadcastdecks.jpg


クライアント向けの録画

クライアント向けの録画に使用するコンシューマー用デッキを簡単に追加して、SDIモニタリング出力などの予備の出力を活用できます。
デジタルアナログコンバーターを使って、映像/オーディオ出力をVHSやDVDのレコーダーに接続することも可能です。
これにより、ルーター上にある任意のソースをデッキや編集スイートで録画できます。
テープのマスタリングを実行中に、クライアント向けの録画を行うことも可能です。
編集スイートのモニタリングをコンシューマー用デッキにルーピングすると、編集スイートでもクライアント向けの録画が可能になります。
これにより、編集スイートを離れずにクライアント向けの録画を開始できます!

needclientdubbing.jpg


どこにでも接続可能

VideohubはSD/HD-SDIインターフェースに対応しているため、テレビ番組の制作に使用されている各種の機器を接続できます。
編集システムやデッキ、さらにテレシネスイート用の機器も接続が可能です。
Videohubの接続性は、カラーコレクション、ノイズリダクション、フレームストア、ディスクレコーディングなどのテレシネのワークフローでも活用できます。
デュアルリンク4:4:4映像をルーティングするには、Videohubの入出力を2系統使用します。
IPベースの共有は離れた場所からも利用できるので、Videohubを通信制御やストリーミング制御に使用することもできます。

connecttoeverything.jpg


デッキからデッキへの録画

場合によっては、デッキからデッキに録画してテープを複製したり、複数のマスターを1つのテープに迅速に蓄積したりする必要があります。
ほぼすべての放送用デッキには、デッキからデッキへの編集に対応する自動編集コントローラーが搭載されています。
他のルーターとは異なり、Videohubはレコーダーデッキのシリアルポート接続を反転することで、デッキからデッキへの編集を処理できます。
厄介で操作が複雑な手動パッチパネルはもう必要ありません。
ビデオルーティングを使用して機器間を瞬時に接続できる環境を一度体験すると、Videohubのない環境は考えられなくなります。
今すぐVideohubをスタジオに導入しましょう。

decktodeckdubbing.jpg


Videohubソフトウェアの詳細解説

Videohubは、世界で最も魅力的かつフレキシブル、そして高速のソフトウェアコントロールパネルを同梱しています。
Videohubソフトウェアコントロールパネルには複数のビューが含まれていますので、各自の作業形態に適したソフトウェアコントロールを選択することができます。
ルーターラベルをカスタマイズしたり、スタジオで使用している機器のアイコンでプッシュボタンを使用したりすることが簡単にできます。
また、Videohubには無償のデベロッパーSDKが含まれているためVideohubを大規模な放送局やカスタムシステムに統合することが可能です!

interface.jpg

1.送信先
パネルの下段に送信先を分かりやすく表示

2.接続先
ゴールドの光で接続先を表示

3.優れたアイコン
使いやすいアイコンでナビゲーションがスムーズに

4.設定表示
アイコンごとの設定変更/ロックが可能

5.ロック表示
他のユーザーが送信先をロックした場合、グレイの鍵マークを表示

6.ソース
使いやすいトップパネルにソースを分かりやすく表示

フレキシブルなルーターコントロール

完全にフレキシブルなルーターコントロールを実現するには、ソフトウェアコントロールパネルに敵う物はありません。
ルーターの送信先ごとにメニューがあり、すべてのソース入力が一覧表示されます。
特定の送信先に接続するソースを選択するだけで接続設定が完了します。
シリアルポートも同様ですが、双方向接続であるため、接続されたポートは切断されるまでグレーアウトします。
すべてのポートが通信方向の反転制御に対応しているため、任意のポートに編集システムやデッキを接続できます。
また、すべての共有コンピューターから設定を変更することができます。
小型のパッドロックアイコンをクリックするだけで、各送信先がロックされます。

flexiblerouter.jpg

プッシュボタン・ビュー

Blackmagic Designプッシュボタン・ビューのルーターコントロールソフトウェアは、最速かつ最も直観的なVideohubの制御方法です。
一般的なポストプロダクション機器を表示する機能的なアイコンのライブラリで、簡単にスタジオと同じようなルーターコントロールを設定できます。
プッシュボタン・ビューはソースと送信先の複数のページを表示できるので、ユーザーは550のソースと110の送信先を扱うことができます。
プッシュボタンインターフェースを採用したブッシュボタン・ビューは、タッチスクリーンモニターでこれまでに無いほど流動的なルーティングができるデザインになっています。

pushbutton.jpg

ルーターコントロール・ビュー

Blackmagic Designルーターコントロール・ビューは、Videohubルーターを制御するもう一つの方法です。
ラベルの設定が可能なルーターコントロール・ビューは、スタジオ中の接続を予め設定してラベリングしたいシステム管理者にとって最適です。
使い勝手のよいプルダウンメニューの付いたメインルーターコントロール・ビューは、デバイスコントロールの方向を含む、ルーターのすべての接続を確認することができます。

admin.jpg

パーソナルルーター・ビュー

ルーターコントロールソフトウェアには6つの独立したコントロールウインドウがあり、Videohubの使用方法を柔軟に変更できます。
メインのルーターコントロールウィンドウには、ルーターの接続設定がすべて表示されます。
ルーター出力の一部だけを使用する場合には、必要な接続だけをパーソナルルーター・ウィンドウに表示できます。
これにより、インターフェース・ウィンドウが大幅に縮小されますので、編集やデザイン用ツールなどの他のソフトウェアのウィンドウの邪魔になることはありません。

personalrouter.jpg

SDKでコントロールをカスタマイズ

Blackmagic Designは、全ての3Gb/s SDI Videohubに無償のSDK(Software Development Kit)を同梱しています。
このVideohub SDKを使用することで、デベロッパーは他の大型ルーティングインターフェースと統合するためのプロトコルサポートを簡単に追加できます。
更に、ビデオシステムをカスタマイズしているシステム管理者は、カスタムインターフェースならびにウェブインターフェースをデザインすることも可能です。
Blackmagic Designの新しいVideohub SDKは業界スタンダードのC++に対応し、全てのライブラリならびにソフトウェアサンプルコード、ドキュメントを同梱しています。

sdk.jpg

ネットワーク共有

ルーターソフトウェアとルーター間の通信は、イーサネットや無線LANなどのIPネットワーク経由で行われます。
VideohubをUSB経由でホストコンピューターに接続すると、そのPCを介してネットワーク上でハブを共有できます。
ネットワーク共有はドライバーレベルで動作するため、ホストコンピューターでVideohubのソフトウェアを起動する必要はありません。
ルーターをUSBポートに接続するだけで、任意のPCをホストコンピューターにできます。
ハブを簡単に共有することができ、専用のホストコンピューターは必要ありません。
Videohubを使用することで簡単にビデオルーティングが実現し、デッキや他のリソースをスタジオの全員で共有できるのです。

ethernet.jpg

BlackmagicDesign VHUBUV/288XP Universal Videohub 288 Crosspointの主な仕様

3G-SDI Level A/Bへの対応

Level A/Level B 両方に対応

接続

■SDIビデオ入力
 最大288系統
 (SDI/HD-SDI、3Gb/s SDI、ASI。BNC SDI、光ファイバーSDIに対応。)

■SDIビデオ出力
 最大288系統
 (SDI/HD-SDI、3G SDI、ASI。SDIリクロッキング機能搭載。BNC SDI、光ファイバーSDIに対応。)

■リファレンス入力
 1系統。
 あらゆるSD/HD/2K SDIおよび光ファイバー接続でブラックバースト/3値シンク対応。

■対応マルチレート
 SD、HD、3G-SDIの自動検出。2K、HD、SDビデオ、DVB-ASIの同時ルーティングに対応。

■アップデート
 USB 2.0高速(480Mb/s)インターフェース

■デバイスコントロール
 最大288系統のSony準拠RS-422双方向デッキコントロールポート。
 ブレイクアウトケーブル使用。

■ルーターコントロール
 IPネットワーク上で共有されたRJ45イーサネット、Smart Control、Master Controlを使用。

■ルーターコンフィギュレーション
 IPネットワーク上で共有されたRJ45イーサネット
 あるいはUSB2.0(IP設定のみ)高速インターフェースを使用。

■RS-422ルーターコントロール
 ルーターのクロスポイントスイッチング・コントロールに入力1系統。

■リクロッキング
 すべてのSDI出力

■GPI
 外付けアラーム接続用GPIコネクター

Universal Videohub 288

フォーマット

■対応SDフォーマット
 625/25 PAL、525/29.97 NTSC

■対応HDフォーマット
 1080p23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60、
 1080PsF23.98/24/25/29.97/30、
 1080i50/59.94/60、
 720p23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60

■対応2Kフォーマット
 2048 x 1556p23.98/24/25

■SDI規格
 SMPTE 259M、 SMPTE 292M、 SMPTE 296M、 SMPTE 310M、
 SMPTE 425M-A、SMPTE 425M-B、ITU-R BT.656、ITU-R BT.601

■SDIビデオレート
 SDIビデオ接続はSD、HD、2Kを切替可能。
 SDIは270 Mb/s SD-SDI、1.5 Gb/s HD-SDI、3Gb/s HD、2K SDI間で切替可能。

■SDIビデオサンプリング
 4:2:2、4:4:4

■SDIオーディオサンプリング
 テレビ標準サンプルレート(48kHz/24bit)

■SDI色精度
 4:2:2、4:4:4 10-bit

■SDIカラースペース
 YUV、RGB

■SDI自動切替
 それぞれの入力でSD-SDI、HD-SDI、3G-SDI、DVB-ASIが自動的に選択されるため、
 個々の入力で異なるテレビ規格を使用可能。

■対応SDIメタデータ
 SMPTE 352Mのデータに付属されるビデオペイロードIDに対応。

ソフトウェア

■内蔵ソフトウェアアップグレード
 同梱のファームウェアアップデートアプリケーションを使用。

■ソフトウェアコントロール
 Windows、Mac OS X用の無料ルーターコントロールを同梱。

電源条件

■電源
 リダンダント電源オプションが利用可能。

■停電保護
 ホストコンピューターと関係なく、ルーター接続設定を保存し電源復旧時に瞬時に回復。

インストール

18Uラックマウントサイズ。奥行き6インチ以下

作動環境

■作動温度
 0° 〜 40° C (32° 〜 104° F)

■保管温度
 -20° 〜 45° C (-4° 〜 113° F)

■相対湿度
 0% 〜 90% (結露なし)

保証

3年限定メーカー保証

同梱品

Universal Videohub 288

BlackmagicDesign VHUBUV/288XP Universal Videohub 288 Crosspointの主な仕様

3G-SDI Level A/Bへの対応

Level A/Level B 両方に対応

接続

■SDIビデオ入力
 最大288系統
 (SDI/HD-SDI、3Gb/s SDI、ASI。BNC SDI、光ファイバーSDIに対応。)

■SDIビデオ出力
 最大288系統
 (SDI/HD-SDI、3G SDI、ASI。SDIリクロッキング機能搭載。BNC SDI、光ファイバーSDIに対応。)

■リファレンス入力
 1系統。
 あらゆるSD/HD/2K SDIおよび光ファイバー接続でブラックバースト/3値シンク対応。

■対応マルチレート
 SD、HD、3G-SDIの自動検出。2K、HD、SDビデオ、DVB-ASIの同時ルーティングに対応。

■アップデート
 USB 2.0高速(480Mb/s)インターフェース

■デバイスコントロール
 最大288系統のSony準拠RS-422双方向デッキコントロールポート。
 ブレイクアウトケーブル使用。

■ルーターコントロール
 IPネットワーク上で共有されたRJ45イーサネット、Smart Control、Master Controlを使用。

■ルーターコンフィギュレーション
 IPネットワーク上で共有されたRJ45イーサネット
 あるいはUSB2.0(IP設定のみ)高速インターフェースを使用。

■RS-422ルーターコントロール
 ルーターのクロスポイントスイッチング・コントロールに入力1系統。

■リクロッキング
 すべてのSDI出力

■GPI
 外付けアラーム接続用GPIコネクター

Universal Videohub 288

フォーマット

■対応SDフォーマット
 625/25 PAL、525/29.97 NTSC

■対応HDフォーマット
 1080p23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60、
 1080PsF23.98/24/25/29.97/30、
 1080i50/59.94/60、
 720p23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60

■対応2Kフォーマット
 2048 x 1556p23.98/24/25

■SDI規格
 SMPTE 259M、 SMPTE 292M、 SMPTE 296M、 SMPTE 310M、
 SMPTE 425M-A、SMPTE 425M-B、ITU-R BT.656、ITU-R BT.601

■SDIビデオレート
 SDIビデオ接続はSD、HD、2Kを切替可能。
 SDIは270 Mb/s SD-SDI、1.5 Gb/s HD-SDI、3Gb/s HD、2K SDI間で切替可能。

■SDIビデオサンプリング
 4:2:2、4:4:4

■SDIオーディオサンプリング
 テレビ標準サンプルレート(48kHz/24bit)

■SDI色精度
 4:2:2、4:4:4 10-bit

■SDIカラースペース
 YUV、RGB

■SDI自動切替
 それぞれの入力でSD-SDI、HD-SDI、3G-SDI、DVB-ASIが自動的に選択されるため、
 個々の入力で異なるテレビ規格を使用可能。

■対応SDIメタデータ
 SMPTE 352Mのデータに付属されるビデオペイロードIDに対応。

ソフトウェア

■内蔵ソフトウェアアップグレード
 同梱のファームウェアアップデートアプリケーションを使用。

■ソフトウェアコントロール
 Windows、Mac OS X用の無料ルーターコントロールを同梱。

電源条件

■電源
 リダンダント電源オプションが利用可能。

■停電保護
 ホストコンピューターと関係なく、ルーター接続設定を保存し電源復旧時に瞬時に回復。

インストール

18Uラックマウントサイズ。奥行き6インチ以下

作動環境

■作動温度
 0° 〜 40° C (32° 〜 104° F)

■保管温度
 -20° 〜 45° C (-4° 〜 113° F)

■相対湿度
 0% 〜 90% (結露なし)

保証

3年限定メーカー保証

同梱品

Universal Videohub 288
Universal Videohub 288
Universal Videohub 288
独自の3Gb/s SDIならびに光ファイバールーターを構築可能なUniversal Videohub 72 Crosspoint

最大288×288系統のSDIポート、288系統のコントロールポート、イーサネット/シリアルルーター・クロスポイントコントロール、ゲンロック、アラームGPI、アラーム指示器をサポートしています。
Universal Videohub 288フレームと互換性を持っています。

幅広いルーターオプション

Universal Videohubは、SDI、光ファイバーインターフェースをルーティングしたい場合に最適です。
高品質の3Gb/s SDIルーティングだけでなく、光ファイバーを使用した長距離間でのビデオ信号の送受信が可能で、大規模なスタジオや、大掛かりなイベントでの使用に威力を発揮します。1台のSDIあるいは光ファイバー機器から、別の機器へと送信したり、SDIから光ファイバー、光ファイバーからSDIへのルーティングが可能です。より大型のラックフレームにアップグレードしても、インターフェースカードや電源カードに費用をかけずにすむのは、Universal Videohubだけです。



1. Universal Videohubコントロール
コンピューター、ハードウェアコントロールパネル、iPadからでもルーティングを直接制御可能。

2. Universal Videohub SDIインターフェース
1枚のインターフェースカードに4系統のBNC SDI入力、4系統のBNC SDI出力を搭載。

3. Universal Videohub光ファイバーインターフェース
1枚のインターフェースカードに4系統の光ファイバーSDI入力、4系統の光ファイバーSDI出力を搭載。

4. Universal Videohubデッキコントロールケーブル
SDI/光ファイバーインターフェースカードに4系統の独立したコントロールポートを追加。

5. Universal Videohub 450w電力カード
外付けのブリック型12v電力を最大3個追加。

6. Universal Videohubクロスポイント
最大72系統の入力、72系統の出力まで対応。

7. Universal Videohub 72
72ラックフレームに最大18枚のインターフェースカードを追加。

8. ファン
簡単にアクセス、取り外しが可能な、リバムーバブル・ファントレイ。


革新的な機能

Universal Videohub 72は最大18枚、UniversalVideohub 288は最大72枚のインターフェースカードを追加できるので、多くの機材を使用する放送局やポストプロダクションスタジオでの使用に最適です。
インターフェースカードはライブでの作業中でも、ルーターの電源を落とさずにホットスワップ可能です。



機能的なデザイン

Universal Videohubモデルはフレームベースのデザインになっており、ニーズに合わせて自由にルーターを構築できます。
またクロスポイント、電源の冗長性も備えており、規模を拡張したい場合には大型のフレームでも同じインターフェースカードを使用できます。



SDI自動切り替え

3Gb/s SDIインターフェースは、SD、HD、4:4:4、2Kビデオフォーマットを自動的に切り替えるので、最高品質のビデオを、編集システム、デッキ、モニターなどの機材間で移動させることが可能です。
また、同軸SDI、光ファイバーSDIを同一のルーターで同時にルーティングできます。



モジュラー・インターフェースカード

SDI/光ファイバーSDIインターフェースカードは、各4系統の入出力と、デッキコントロール用のブレイクアウトケーブルポートを備えています。
Universal Videohubデッキコントロールケーブルは、4系統の独立したRS-422インターフェースを追加します。
また、SDI/光ファイバーインターフェースカードは、16チャンネルのエンベデッドSDIオーディオをサポートしており、信号のオーディオチャンネルは、すべてビデオと共にルーティングされます。
究極のフレキシビリティを実現するため、インターフェースカードはすべて同じサイズで、Universal Videohub 72ならびにUniversal Videohub 288のどちらにも使用できます。
これは将来的にフレームサイズを変更する場合に最適です。



Universal Videohub 72、288

Universal Videohub 72は、拡張可能な3Gb/s SDI、デッキコントロールルーターです。
必要に応じて、通常の同軸SDIあるいは光ファイバーSDIインターフェースカードを追加して、最大72×72系統のSDIルーターを構築できます。
Universal Videohub 72ラックフレームは、5Uラックマウント、奥行き6インチというサイズで、単一の72×72クロスポイントカードと単一の電源カードをサポートします。
Universal Videohub 288は、究極の3Gb/s SDI、デッキコントロールルーターです。72×72、あるいは288×288のクロスポイントカードを選択し、ホットスワップ可能な通常のBNC SDI、あるいは光ファイバーインターフェースモジュールでルーターを拡張できます。
これらのモジュールはデッキコントロールにも対応しています。冗長性が必要な場合は、2枚目のクロスポイントカードを追加すれば24時間稼動にも対応できる信頼性を得られます。
すべての入力系統は自動フォーマット検出に対応し、すべての出力系統はリクロッキング対応しています。
Universal Videohub 288は、18Uラックマウントサイズのフレームで、奥行き6インチ以下です。イーサネット、シリアル接続、サードパーティ製コントロール、リダンダント電源にも対応しています。
Universal Videohub 288はお求めやすい価格で小規模にスタートし、その後スタジオの規模の拡張に応じてサイズを拡張したり完全な冗長性を備えることができるのです。




Videohubほど多くのコントロールオプションのあるルーターは他にありません!

スタジオのどこからでもルーターをコントロールできるようになりました。
Videohubルーターは、コントロールパネル接続にイーサネットを使用しているので、幅広いラックマウント式ハードウェアパネルを選択できます。
あるいは、Mac、PC、iPadからでもルーターをコントロールできます。
VideohubデベロッパーSDKを使用して独自のコントロールソリューションをカスタマイズすることも可能です!

Innovativecontrol


幅広いコントロールオプション

Videohubルーターには、様々なコントロールオプションがあります。
ハードウェアパネル、あるいはデスクトップでクロスポイントをルーティングできる革新的なソフトウェアコントロールパネルから選択できるのです。
すでにMac/PCベースの編集、デザインシステムを使用しているのであれば、デスクトップからのルーティングに追加費用はかからず、スタジオのスペースも節約できます。
大規模な設備で使用する場合は、Videohub Master Controlを使用してください。
Videohub Master Controlは、ラックマウント式のスピンノブ・コントローラーです。
ラベルを直接入力し、LCDディスプレイでルーターの設定を確認できるので、最大規模のVideohubを使用している場合でも、すべてのクロスポイントをコントロールできます。
'cut-bus'スタイルでルーティングする場合には、Videohub Smart Controlを使用してください。
Videohub Smart Controlは、カスタマイズ可能な40個のボタンを搭載しており、ラベルを設定できます。
複数の送信先を設定することも可能です。

Controloptions

無償のコントロールパネルソフトウェアを使い、 iPadからVideohubルーターをコントロール

デスクトップからルーティング

今日では、多くのポストプロダクション機器がデスクトップコンピューターベースになっているため、デスクトップからルーターをコントロールすることが理想的です。
すべてのVideohubモデルは無償のソフトウェアを同梱しており、ご使用のWindows/Macにインス トールするだけで、非常に魅力的なアイコンベースのルーターコントロールパネルを実現できます。
必要に応じて複数のコンピューターにインストールできます。
Pushbuttonビューでは、一般的なビデオ機器の画像がついたボタンが表示されます。
XYコントロールパネルを使用したい場合、HP TouchSmartなどの、タッチパネル付き専用オールインワンコンピューターにPushbuttonビューをインストールすると非常に見栄えがよく、 スクリーンを直接タッチするだけでルーティングが可能です!

Routing


ハードウェアコントロールパネル

大規模なスタジオでラックマウント機材を使用している場合、本格的なハードウェアベースのコントロールパネルが必要になります。
2つのコントロールパネルから選択できますが、どちらもコンパクトな1Uラックマウントサイズです。
Videohub Smart Controlは、あらゆるルーター出力に設定可能な40個のクリスタル調のWRGB発光ボタンを搭載しています。
ボタンを押すだけで、あらゆるSDI機器への入力を設定できるのです。

Videohub Master Controlは、最大規模のVideohubを使用している場合でも、ダイレクトボタン入力、あるいはスピンノブを使用してスクロールすることで、すべてのソース、送信先にアクセスできます。
ラベルを入力、あるいはノブをスクロールするだけの簡単操作です!
また、内蔵LCDスクリーンでソースや送信先を確認できます。
フォントはアンチエイリアス処理されており、ユーザーは快適に使用できます。

Fastrouting

Videohub Master Controlは、スピンノブコントロール、あるいはダイレクトボタン入力で、ソースおよび送信先をスクロールできます!

使い方は簡単

Videohubコントロールパネルの使い方は非常に簡単です。
例えば、1つのモニターにVideohub Smart Controlをインストールすると、そのモニターに接続したルーター出力を、ボタンを押すたびに異なるソースに変更することができます。
これは'cut-bus'スタイルのルーターコントロールで、非常にスピーディに使用できます。
ボタンを押すだけでルーターに接続したすべての映像を見ることができるのです。
放送用デッキや編集スイートにインストールすれば、同様にビデオ入力を設定できます。
1台のコントロールパネルからルーター上のすべてのクロスポイントを完全にコントロールしたい場合、Videohub Master Controlは、クロスポイントを直接入力することができます。
あるいはより簡単な方法として、ノブをスピンさせるとすべてのソースと送信先がスクロールされます。
また、「take」ボタンを使用するかどうかも選択可能です。
Mac/PC上でも、ルーターパネルで使用するシンプルなグラフィックボタンを設定できます。

Easyuse


単一、複数の送信先

Videohub Smart Controlは'cut-bus'スタイルのハードウェアコントロールパネルですが、複数の送信先を設定することもできます。
コントロールパネルを1台のビデオモニター専用に使用するなど、真の'cut-bus'スタイルを実現するには、単一の送信先を選択し、すべてのボタンをソースに設定します。
ボタンを押すと、そのソースから送信先へとルーティングされます。
Videohub Master Controlは、1Uラックマウントサイズと非常にコンパクトなコントロールパネルですが、ルーター上のすべての送信先をスクロールできるので、常にあらゆる送信先やソースを選択でき、ルーターにXYアクセスが可能です。
Videohub Master Controlにできないことはありません!

Destination

希望のソースと送信先を選択したら、takeボタンを押すだけでルーティングが有効になります!

エレガントなデザイン

ルーターコントロールパネルは不格好である必要はありません。
Videohubのハードウェアコントロールパネルは、クリエイティブなポストプロダクションや放送局にマッチするようデザインされています。
RGBならびに白色LEDにより発光する、クリスタル調の魅力的なボタンを使用しているため、リッチでクリーンな色をディスプレイできます。
Videohub Master Controlは、エレガントなLCDディスプレイで設定を確認できるので、ルーターの状況を完全に把握できます。
Videohubハードウェアコントロールパネルのフロントパネルは、ねじで取り外してボタンの下にラベルを挿入できます。
クロップマークを設定したAdobe Illustratorファイルを同梱しているので、ラベルの作成にテンプレートとして使用できます。
すべてのボタンはバックライトになっており、暗い 部屋でもラベルをはっきりと確認することができます。
Videohubハードウェアコントロールパネルは、1Uラックマウントサイズで、厚さは1インチ以下です。

Elegantdesign

各ボタンを特定のルータークロスポイントにプログラムしたら、フロントパネルを取り外し、クリスタル調のボタンをラベリングできます。

簡単にインストール

これほど簡単にインストールできるルーターパネルは他にありません。
各Videohubコントロールパネルに同梱されている使い勝手の良いWindows/Mac用ソフトウェアを使用して、ボタン、ソース、送信先をカスタマイズできます。
パネルをセットアップするには、内蔵のUSBインターフェースを接続し、ソフトウェアを起動するだけです。
ユーザーは、パネルの送信先の数や、ネットワーク上のVideohubの設定位置を選択できます。
バックライトの明るさや、「テイクボタン(take button)」を使用するかどうかも選択可能です。

Installation


イーサネットで接続

Videohub Smart ControlおよびVideohub Master Controlは、標準のイーサネットネットワークを使用して既存のコンピューターネットワークに接続できます。
Videohubをミッションクリティカルな作業に使用する場合は、Videohubコントロールパネルを専用のイーサネットスイッチ経由でルーターに接続してください。
Videohub Smart ControlおよびVideohub Master Controlは、イーサネットを通じて電力が供給される(PoE)ため、PoE対応のイーサネットスイッチで使用する場合、電源は必要ありません。
イーサネットスイッチで電力供給できない場合に備えて、国際対応のアダプターが同梱されています。
またVideohubハードウェアコントロールパネルには、ループスルーイーサネット接続が搭載されているので別のコントロールパネルやコンピューターにループさせることができます。
何十個ものコントロールパネルをチェーン接続すれば、イーサネットケーブルにかかる費用を削減できます。

Ethernet


2つの優れたVideohubコントロールモデルから選択

■Videohub Master Control
使いやすいスピンノブコントロール、あるいはダイレクトボタン入力で、ルーターのソース、送信先をスクロールできます。
美しいLCDスクリーンでルーターの設定を確認することもできます。
コンパクトなVideohub Master Controlは、DCあるいはイーサネット経由で給電できます。

Mastercontrol


■Videohub Smart Control
ボタンを押すだけでコントロールが可能です!
Videohub Smart Controlは、すべてのボタンを別々のソースにプログラムして”cut-bus”スタイルのコントロールを実現できます。
また、複数の送信先を選択したり、takeボタンを設定することも可能です。
DCあるいはイーサネット経由で給電できます。

Smartcontrol


Videohubで夢の作業形態を実現

Videohubの導入により作業形態に大きな変化がもたらされます。
Videohubによって、従来は大規模な設備でしか実現できなかったレベルまで、クリエイティブユーザー間のインテグレーションが強化されます。

編集用ワークステーションの接続

ルーティングスイッチャーを使用した経験があれば、それがただ単に数多くのコネクターを1つにまとめただけの装置で、ロケットエンジニアですら理解に苦しむほど複雑な場合があることはご存知でしょう。
しかしVideohubは違います。
一般のクリエイティブユーザー向けに設計されているため、直ぐに利用が可能です。
各ユーザー接続は、リアパネルで1-16のコネクターブロックにグループ分けされており、個々のユーザー用に映像入力、映像出力、モニタリング出力、デッキコントロールコネクターが配置されています。
ハブの入出力を編集システムの入出力に接続し、デッキコントロールをDB-9シリアルケーブルで編集システムのデッキコントロールポートに接続します。
次に、デッキコントロールポートを設定することで、入力が可能になります。
操作は極めて簡単です。

correctyourediting.jpg


放送用デッキの接続

放送用デッキの接続は簡単です。
映像の入出力を接続してから、デッキのデッキコントロールポートとルーターのデッキコントロールポートをDB-9シリアルケーブルで接続します。
Mini Converter Analog to SDIなどのアナログSDIコンバーターを使用すると、旧式のアナログデッキも接続することが可能です。
コンバーターによってアナログ/デジタル変換が可能となり、オーディオもSDI接続にエンベデッドされます。

correctbroadcastdecks.jpg


クライアント向けの録画

クライアント向けの録画に使用するコンシューマー用デッキを簡単に追加して、SDIモニタリング出力などの予備の出力を活用できます。
デジタルアナログコンバーターを使って、映像/オーディオ出力をVHSやDVDのレコーダーに接続することも可能です。
これにより、ルーター上にある任意のソースをデッキや編集スイートで録画できます。
テープのマスタリングを実行中に、クライアント向けの録画を行うことも可能です。
編集スイートのモニタリングをコンシューマー用デッキにルーピングすると、編集スイートでもクライアント向けの録画が可能になります。
これにより、編集スイートを離れずにクライアント向けの録画を開始できます!

needclientdubbing.jpg


どこにでも接続可能

VideohubはSD/HD-SDIインターフェースに対応しているため、テレビ番組の制作に使用されている各種の機器を接続できます。
編集システムやデッキ、さらにテレシネスイート用の機器も接続が可能です。
Videohubの接続性は、カラーコレクション、ノイズリダクション、フレームストア、ディスクレコーディングなどのテレシネのワークフローでも活用できます。
デュアルリンク4:4:4映像をルーティングするには、Videohubの入出力を2系統使用します。
IPベースの共有は離れた場所からも利用できるので、Videohubを通信制御やストリーミング制御に使用することもできます。

connecttoeverything.jpg


デッキからデッキへの録画

場合によっては、デッキからデッキに録画してテープを複製したり、複数のマスターを1つのテープに迅速に蓄積したりする必要があります。
ほぼすべての放送用デッキには、デッキからデッキへの編集に対応する自動編集コントローラーが搭載されています。
他のルーターとは異なり、Videohubはレコーダーデッキのシリアルポート接続を反転することで、デッキからデッキへの編集を処理できます。
厄介で操作が複雑な手動パッチパネルはもう必要ありません。
ビデオルーティングを使用して機器間を瞬時に接続できる環境を一度体験すると、Videohubのない環境は考えられなくなります。
今すぐVideohubをスタジオに導入しましょう。

decktodeckdubbing.jpg


Videohubソフトウェアの詳細解説

Videohubは、世界で最も魅力的かつフレキシブル、そして高速のソフトウェアコントロールパネルを同梱しています。
Videohubソフトウェアコントロールパネルには複数のビューが含まれていますので、各自の作業形態に適したソフトウェアコントロールを選択することができます。
ルーターラベルをカスタマイズしたり、スタジオで使用している機器のアイコンでプッシュボタンを使用したりすることが簡単にできます。
また、Videohubには無償のデベロッパーSDKが含まれているためVideohubを大規模な放送局やカスタムシステムに統合することが可能です!

interface.jpg

1.送信先
パネルの下段に送信先を分かりやすく表示

2.接続先
ゴールドの光で接続先を表示

3.優れたアイコン
使いやすいアイコンでナビゲーションがスムーズに

4.設定表示
アイコンごとの設定変更/ロックが可能

5.ロック表示
他のユーザーが送信先をロックした場合、グレイの鍵マークを表示

6.ソース
使いやすいトップパネルにソースを分かりやすく表示

フレキシブルなルーターコントロール

完全にフレキシブルなルーターコントロールを実現するには、ソフトウェアコントロールパネルに敵う物はありません。
ルーターの送信先ごとにメニューがあり、すべてのソース入力が一覧表示されます。
特定の送信先に接続するソースを選択するだけで接続設定が完了します。
シリアルポートも同様ですが、双方向接続であるため、接続されたポートは切断されるまでグレーアウトします。
すべてのポートが通信方向の反転制御に対応しているため、任意のポートに編集システムやデッキを接続できます。
また、すべての共有コンピューターから設定を変更することができます。
小型のパッドロックアイコンをクリックするだけで、各送信先がロックされます。

flexiblerouter.jpg

プッシュボタン・ビュー

Blackmagic Designプッシュボタン・ビューのルーターコントロールソフトウェアは、最速かつ最も直観的なVideohubの制御方法です。
一般的なポストプロダクション機器を表示する機能的なアイコンのライブラリで、簡単にスタジオと同じようなルーターコントロールを設定できます。
プッシュボタン・ビューはソースと送信先の複数のページを表示できるので、ユーザーは550のソースと110の送信先を扱うことができます。
プッシュボタンインターフェースを採用したブッシュボタン・ビューは、タッチスクリーンモニターでこれまでに無いほど流動的なルーティングができるデザインになっています。

pushbutton.jpg

ルーターコントロール・ビュー

Blackmagic Designルーターコントロール・ビューは、Videohubルーターを制御するもう一つの方法です。
ラベルの設定が可能なルーターコントロール・ビューは、スタジオ中の接続を予め設定してラベリングしたいシステム管理者にとって最適です。
使い勝手のよいプルダウンメニューの付いたメインルーターコントロール・ビューは、デバイスコントロールの方向を含む、ルーターのすべての接続を確認することができます。

admin.jpg

パーソナルルーター・ビュー

ルーターコントロールソフトウェアには6つの独立したコントロールウインドウがあり、Videohubの使用方法を柔軟に変更できます。
メインのルーターコントロールウィンドウには、ルーターの接続設定がすべて表示されます。
ルーター出力の一部だけを使用する場合には、必要な接続だけをパーソナルルーター・ウィンドウに表示できます。
これにより、インターフェース・ウィンドウが大幅に縮小されますので、編集やデザイン用ツールなどの他のソフトウェアのウィンドウの邪魔になることはありません。

personalrouter.jpg

SDKでコントロールをカスタマイズ

Blackmagic Designは、全ての3Gb/s SDI Videohubに無償のSDK(Software Development Kit)を同梱しています。
このVideohub SDKを使用することで、デベロッパーは他の大型ルーティングインターフェースと統合するためのプロトコルサポートを簡単に追加できます。
更に、ビデオシステムをカスタマイズしているシステム管理者は、カスタムインターフェースならびにウェブインターフェースをデザインすることも可能です。
Blackmagic Designの新しいVideohub SDKは業界スタンダードのC++に対応し、全てのライブラリならびにソフトウェアサンプルコード、ドキュメントを同梱しています。

sdk.jpg

ネットワーク共有

ルーターソフトウェアとルーター間の通信は、イーサネットや無線LANなどのIPネットワーク経由で行われます。
VideohubをUSB経由でホストコンピューターに接続すると、そのPCを介してネットワーク上でハブを共有できます。
ネットワーク共有はドライバーレベルで動作するため、ホストコンピューターでVideohubのソフトウェアを起動する必要はありません。
ルーターをUSBポートに接続するだけで、任意のPCをホストコンピューターにできます。
ハブを簡単に共有することができ、専用のホストコンピューターは必要ありません。
Videohubを使用することで簡単にビデオルーティングが実現し、デッキや他のリソースをスタジオの全員で共有できるのです。

ethernet.jpg

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

詳しい情報はメーカー公式サイトをご覧ください。

https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/universalvideohub/

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

同じカテゴリーの人気商品

同じカテゴリーのセール品

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分

営業日カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

■ 休業日

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: BlackmagicDesign

この商品のレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿