HYPERD/RSTEXCTR

HyperDeck Extreme Control

BlackmagicDesign

HYPERD/RSTEXCTR

HyperDeck Extreme Control

BlackmagicDesign

管理No.: N_1140444
¥159,170 税込
税抜価格:¥144,700
希望小売価格:¥162,580

1,592ポイント獲得

【ご確認下さい】
BlackmagicDesign社の製品はシステム構築最低要件をメーカーサポートページにてご確認いただけます。
ブラックマジックデザインサポートページ
カートに追加しました。
カートへ進む

お取寄せ

在庫についてのお問合せ

¥159,170 税込
税抜価格:¥144,700
希望小売価格:¥162,580

1,592ポイント獲得

数量

返品について

見積書はカートに入れた後、
カート画面で作成できます

この商品は中古品です

保証・状態、付属品など十分ご確認ください

  • 製品概要
  • スペック
  • 保証・状態
  • 同梱品
  • 付属品
  • 関連商品(別売)
【主な特長】
従来型のデッキコントロールを搭載し、編集機能を内蔵しているため、ビデオテープに収録された過去の番組を自動でインジェストできます。HyperDeck Extremeに追加することで、スピーディに使用できるプロ仕様のデッキソリューションになります。トランスポートコントロールボタン、タイムコード、デッキステータスに対応しており、電子クラッチを搭載した大きな検索ダイヤルでジョグ、シャトル、位置調整が可能。最大8台のデッキを標準のRS-422を介してコントロールでき、事実上あらゆる種類のデッキと互換性があります!さらに、異なるビデオフォーマットも扱えるため、古い4:3インターレースのSDマスターを、Teranex Expressを介して16:9の1080p HDにアップコンバートできます。

テープとHyperDeck間の編集を自動化
内蔵の編集機能で、デッキ同士での編集が可能。従来のデッキと同様に操作できるため、HyperDeck Extreme ControlはフロントパネルからHyperDeckレコーダーと旧式の放送デッキの両方を操作できます。古いビデオテープの編集は、まずプレーヤーをボタンで選択してテープでイン点とアウト点を入力し、次にレコーダーを選択してEDITボタンを押すだけで実行できます。HyperDeck Extreme Controlは放送デッキの頭出しと再生を行い、HyperDeckで収録します。ストリーミングサービスは多くの場合、1080p24のマスターが必要です。これは、Teranex Expressコンバーターを追加することで簡単に作成できます。コンバーターで、デインターレース、アップコンバージョン、アスペクトレシオの変換、プルダウンの除去を実行できます。

最大8台の放送デッキをコントロール
HyperDeck Extreme Controlのフロントパネル上部には、プレーヤーとレコーダーの選択用のボタンがそれぞれ8個搭載されています。また、複数のデッキを使用して作業できるように、リモートコントロール・ルーターを内蔵。接続はすべて標準のRS-422を使用し、各デバイスはリアパネルのRS-422ソケットにそれぞれ接続できます。8つのポートすべてにHyperDeckを接続すれば、最大8台までコントロール可能!RS-422は、BVH-2000シリーズの1インチCフォーマットの機器、D2、Betacam SP、Digital Betacamなどの旧式の放送デッキとの互換性が実証されています。

ボタン




使い慣れた放送VTR式デザイン
トランスポートコントロールは、HyperDeckと従来型のデッキのハイブリッドです。巻戻し、早送り、停止、再生、収録ボタンを搭載しています。ビデオテープマスターを保護するため、収録にはRECとPLAYボタンの両方を押す必要があります。カセットの取り出し用のEJECTボタン、EE/PBモードの切り替え用のINPUTボタン、テープの頭出し用のPREROLLボタンも搭載。

VTR式デザイン




エレガントで使いやすいトランスポートコントロール
HyperDeck Extreme Controlは、使い慣れたトランスポートコントロールを搭載しています。PLAYボタンを収録中に押すと、収録が停止した後、そこから再生を実行します。収録を開始するには、RECとPLAYボタンの両方を同時に押します。HyperDeckの収録中にRECボタンを長押しすると、カードが切り替わります。REWまたはF FWDボタンを押すと、最高速度で巻戻しまたは早送りを実行します。検索方向インジケーターも、フルスピードであることを表示します。HyperDeckとの併用時に使用できるSKIP REWおよびSKIP FWDボタンでは、前のクリップあるいは次のクリップに移動できます。

ジョグ/シャトル用の検索ダイヤル
高品質の検索ダイヤルではジョグとシャトルが可能で、また電子クラッチを搭載しているため、シャトルでは移動可能な範囲の最後で停止しますが、ジョグでは回転を続けます。HyperDeck Extreme Controlはバリスピードの代わりに位置機能を採用しているため、任意の位置に高速に移動できます。ツインベアリングを採用した検索ダイヤルでは、ジョグがスムーズに実行できます。

タイムコード表示&デッキステータス
デッキのステータスもフロントパネルで簡単に把握できます。タイムコードは大きく見やすい表示。現在選択されているデッキのタイムコードを表示し、タイムコードソース・スイッチで表示内容を切り替えられます。横方向に並ぶライトは検索ダイヤルの位置を示すため、視覚的に状況が把握できます。これは、リモートのデッキで作業する際に重要です。SERVOインジケーターは、デッキが再生または収録モードで、サーボシステムが適切にロックされている場合に点灯します。リモートで使用する場合でも、タイムカウンターとトランスポートの状況が表示されますが、REMOTEインジケーターでリモートであることを確認できます。外部ビデオリファレンスのステータスインジケーターも搭載しています!

イン点とアウト点で自在に編集
編集を行うには、リモートデッキのイン点とアウト点を入力する必要があります。これは、INとOUTボタンを選択し、ENTRYを同時に押すだけで実行できます。タイムカウンターに編集ポイントを表示するには、INまたはOUTボタンのみを押します。イン点とアウト点の入力にはENTRYボタンを使用し、削除にはINまたはOUTボタンを押しながらDELETEを押します。編集ポイントのトリムは、INまたはOUTボタンを押しながら、TRIMとその下にあるマイナスまたはプラスボタンを押します。1回押すたびに1フレームずつ編集ポイントが前後に移動します。

イン点アウト点




プリロール編集で頭出し
頭出しは、PREROLLボタンで実行できます。このボタンを押すと、テープデッキはプリロールの位置に移動します。これは通常、イン点の5秒前です。旧型の放送デッキを使用する場合、デッキがテープを巻き取る必要があるため、この作業には数分かかる場合があります。HyperDeckでは頭出しが瞬時に可能です!PREROLLボタンをINまたはOUTボタンと同時に押した場合、デッキはイン点またはアウト点の位置に頭出しします。これは、イン点またはアウト点を設定した特定の位置に頭出しする必要がある場合に極めて便利な機能です。

PREROLLボタン




自動編集機能
イン点とアウト点を設定したら、EDITボタンを押して自動的に編集を実行できます。イン点を設定する前にEDITボタンを押すと、現在のテープの位置が自動的にイン点となり、そこから編集が実行されます。つまり、EDITボタンを押すだけで、ワンステップでイン点を設定し編集が実行できます!

自動編集機能

BlackmagicDesign HYPERD/RSTEXCTR HyperDeck Extreme Controlの主な仕様

接続

■デッキコントロール出力
 RS-422 x8

■リファレンス入力
 3値シンクまたはブラックバースト

■リファレンス出力
 リファレンス入力と同じ

■イーサネット
 1Gb/s

■コンピューターインターフェース
 USB-C x1(ソフトウェアアップデート用)

対応プロトコル

■コントロールプロトコル
 Sony

オペレーティングシステム

Mac 10.13 High Sierra、
Mac 10.14 Mojaveあるいはそれ以降のバージョン

Windows Icon
Windows 8.1
Windows 10

ディスプレイ

8桁、7セグメントのLEDタイムコード表示。

電源条件

■電源
 内蔵100-240V AC x1
 4ピンXLR 12V DC入力 x1(外部電源およびバッテリー用)

インストール

高さ:3Uラックサイズ
幅:1/2ラックサイズ

サイズ

352mm×210mm×131mm

作動環境

■作動温度
 0°〜40°C(32°〜104°F)

■保管温度
 -20°〜60°C(-4°〜113°F)

■相対湿度
0%〜90%(結露なし)

オペレーティングシステム

Mac 10.13 High Sierra、
Mac 10.14 Mojaveあるいはそれ以降のバージョン
Windows 8.1、Windows 10

保証

12ヶ月限定メーカー保証

同梱品

HyperDeck Extreme Control
SDカード(ユーザーマニュアル)

BlackmagicDesign HYPERD/RSTEXCTR HyperDeck Extreme Controlの主な仕様

接続

■デッキコントロール出力
 RS-422 x8

■リファレンス入力
 3値シンクまたはブラックバースト

■リファレンス出力
 リファレンス入力と同じ

■イーサネット
 1Gb/s

■コンピューターインターフェース
 USB-C x1(ソフトウェアアップデート用)

対応プロトコル

■コントロールプロトコル
 Sony

オペレーティングシステム

Mac 10.13 High Sierra、
Mac 10.14 Mojaveあるいはそれ以降のバージョン

Windows Icon
Windows 8.1
Windows 10

ディスプレイ

8桁、7セグメントのLEDタイムコード表示。

電源条件

■電源
 内蔵100-240V AC x1
 4ピンXLR 12V DC入力 x1(外部電源およびバッテリー用)

インストール

高さ:3Uラックサイズ
幅:1/2ラックサイズ

サイズ

352mm×210mm×131mm

作動環境

■作動温度
 0°〜40°C(32°〜104°F)

■保管温度
 -20°〜60°C(-4°〜113°F)

■相対湿度
0%〜90%(結露なし)

オペレーティングシステム

Mac 10.13 High Sierra、
Mac 10.14 Mojaveあるいはそれ以降のバージョン
Windows 8.1、Windows 10

保証

12ヶ月限定メーカー保証

同梱品

HyperDeck Extreme Control
SDカード(ユーザーマニュアル)
HyperDeck Extreme Control
SDカード(ユーザーマニュアル)
HyperDeck Extreme Control
SDカード(ユーザーマニュアル)
【主な特長】
従来型のデッキコントロールを搭載し、編集機能を内蔵しているため、ビデオテープに収録された過去の番組を自動でインジェストできます。HyperDeck Extremeに追加することで、スピーディに使用できるプロ仕様のデッキソリューションになります。トランスポートコントロールボタン、タイムコード、デッキステータスに対応しており、電子クラッチを搭載した大きな検索ダイヤルでジョグ、シャトル、位置調整が可能。最大8台のデッキを標準のRS-422を介してコントロールでき、事実上あらゆる種類のデッキと互換性があります!さらに、異なるビデオフォーマットも扱えるため、古い4:3インターレースのSDマスターを、Teranex Expressを介して16:9の1080p HDにアップコンバートできます。

テープとHyperDeck間の編集を自動化
内蔵の編集機能で、デッキ同士での編集が可能。従来のデッキと同様に操作できるため、HyperDeck Extreme ControlはフロントパネルからHyperDeckレコーダーと旧式の放送デッキの両方を操作できます。古いビデオテープの編集は、まずプレーヤーをボタンで選択してテープでイン点とアウト点を入力し、次にレコーダーを選択してEDITボタンを押すだけで実行できます。HyperDeck Extreme Controlは放送デッキの頭出しと再生を行い、HyperDeckで収録します。ストリーミングサービスは多くの場合、1080p24のマスターが必要です。これは、Teranex Expressコンバーターを追加することで簡単に作成できます。コンバーターで、デインターレース、アップコンバージョン、アスペクトレシオの変換、プルダウンの除去を実行できます。

最大8台の放送デッキをコントロール
HyperDeck Extreme Controlのフロントパネル上部には、プレーヤーとレコーダーの選択用のボタンがそれぞれ8個搭載されています。また、複数のデッキを使用して作業できるように、リモートコントロール・ルーターを内蔵。接続はすべて標準のRS-422を使用し、各デバイスはリアパネルのRS-422ソケットにそれぞれ接続できます。8つのポートすべてにHyperDeckを接続すれば、最大8台までコントロール可能!RS-422は、BVH-2000シリーズの1インチCフォーマットの機器、D2、Betacam SP、Digital Betacamなどの旧式の放送デッキとの互換性が実証されています。

ボタン




使い慣れた放送VTR式デザイン
トランスポートコントロールは、HyperDeckと従来型のデッキのハイブリッドです。巻戻し、早送り、停止、再生、収録ボタンを搭載しています。ビデオテープマスターを保護するため、収録にはRECとPLAYボタンの両方を押す必要があります。カセットの取り出し用のEJECTボタン、EE/PBモードの切り替え用のINPUTボタン、テープの頭出し用のPREROLLボタンも搭載。

VTR式デザイン




エレガントで使いやすいトランスポートコントロール
HyperDeck Extreme Controlは、使い慣れたトランスポートコントロールを搭載しています。PLAYボタンを収録中に押すと、収録が停止した後、そこから再生を実行します。収録を開始するには、RECとPLAYボタンの両方を同時に押します。HyperDeckの収録中にRECボタンを長押しすると、カードが切り替わります。REWまたはF FWDボタンを押すと、最高速度で巻戻しまたは早送りを実行します。検索方向インジケーターも、フルスピードであることを表示します。HyperDeckとの併用時に使用できるSKIP REWおよびSKIP FWDボタンでは、前のクリップあるいは次のクリップに移動できます。

ジョグ/シャトル用の検索ダイヤル
高品質の検索ダイヤルではジョグとシャトルが可能で、また電子クラッチを搭載しているため、シャトルでは移動可能な範囲の最後で停止しますが、ジョグでは回転を続けます。HyperDeck Extreme Controlはバリスピードの代わりに位置機能を採用しているため、任意の位置に高速に移動できます。ツインベアリングを採用した検索ダイヤルでは、ジョグがスムーズに実行できます。

タイムコード表示&デッキステータス
デッキのステータスもフロントパネルで簡単に把握できます。タイムコードは大きく見やすい表示。現在選択されているデッキのタイムコードを表示し、タイムコードソース・スイッチで表示内容を切り替えられます。横方向に並ぶライトは検索ダイヤルの位置を示すため、視覚的に状況が把握できます。これは、リモートのデッキで作業する際に重要です。SERVOインジケーターは、デッキが再生または収録モードで、サーボシステムが適切にロックされている場合に点灯します。リモートで使用する場合でも、タイムカウンターとトランスポートの状況が表示されますが、REMOTEインジケーターでリモートであることを確認できます。外部ビデオリファレンスのステータスインジケーターも搭載しています!

イン点とアウト点で自在に編集
編集を行うには、リモートデッキのイン点とアウト点を入力する必要があります。これは、INとOUTボタンを選択し、ENTRYを同時に押すだけで実行できます。タイムカウンターに編集ポイントを表示するには、INまたはOUTボタンのみを押します。イン点とアウト点の入力にはENTRYボタンを使用し、削除にはINまたはOUTボタンを押しながらDELETEを押します。編集ポイントのトリムは、INまたはOUTボタンを押しながら、TRIMとその下にあるマイナスまたはプラスボタンを押します。1回押すたびに1フレームずつ編集ポイントが前後に移動します。

イン点アウト点




プリロール編集で頭出し
頭出しは、PREROLLボタンで実行できます。このボタンを押すと、テープデッキはプリロールの位置に移動します。これは通常、イン点の5秒前です。旧型の放送デッキを使用する場合、デッキがテープを巻き取る必要があるため、この作業には数分かかる場合があります。HyperDeckでは頭出しが瞬時に可能です!PREROLLボタンをINまたはOUTボタンと同時に押した場合、デッキはイン点またはアウト点の位置に頭出しします。これは、イン点またはアウト点を設定した特定の位置に頭出しする必要がある場合に極めて便利な機能です。

PREROLLボタン




自動編集機能
イン点とアウト点を設定したら、EDITボタンを押して自動的に編集を実行できます。イン点を設定する前にEDITボタンを押すと、現在のテープの位置が自動的にイン点となり、そこから編集が実行されます。つまり、EDITボタンを押すだけで、ワンステップでイン点を設定し編集が実行できます!

自動編集機能

ご注文からお届けまでの流れ

ご利用規約と免責事項をよく読み、通常の商品と同様にショッピングカートからご注文ください。

弊社担当より、合計金額、納期のご連絡をさせていただきます。

変換元素材を書留や宅配便などの方法で慎重に弊社までお送りください。

作業終了後、変換元素材と完成品をご一緒にお届けいたします。

ご利用規約ならびに免責事項

1.ダビング・メディア変換作業に関して

  • お預かりいたします元素材、お渡しする受素材の取り扱いには十分に注意しておりますが、輸送中ならびに作業中の元素材の破損や紛失につきましてはその責を負いかねますので、元素材はできる限りコピーをとった上でお送り下さい。また、マザーテープをお送りいただく場合は、書留や配達証明などをご利用いただくことをお勧め致します。
  • アダルト映像や著作権物・肖像権物などの法律に抵触する映像複製はお断りさせていただきます。
  • 変換品質は素材の状態により影響いたします、あらかじめ御了承ください。
  • 元素材に起因するノイズにより、ダビング後の素材にもノイズが入る場合がございます。ご了承ください。
  • 受け素材用(ダビング先用)のテープがない場合、弊社にて手配致します。この場合、ダビング料金にテープ代金を加算させていただきます。
  • 受け素材にDVD-Rをご希望の場合1枚で120分までの録画となります。120分を越える録画の場合、複数枚分けて録画させていただきます。

2.お支払方法、ご注文に関して

  • 発送は元払いでお願いいたします。
  • なお、ご注文確定後のキャンセルはお受けできませんので、ご注意ください。
  • 銀行口座振込の場合はご入金確認後のダビング作業開始となります。
  • 代金引換の場合はご返送時に運送業者にお支払いください。なお代引き手数料として600円(税抜)が加算されます。

3.免責事項 下記条件による被害や延着などは保証できません。ご了承ください。

  • 社会情勢悪化に伴う暴動などによる被害
  • 不可抗力による火災による被害
  • 交通状況や天候による延着
  • 地震、津波、大雨、などの天災による被害
  • 法令又は公権力の発動による運送の差止め、開封、没収、差押え又は第三者への引渡し

中古品の保証制度について

システムファイブの中古品は、商品ごとに保証を設けております。下記をご覧ください。

3ヶ月~12ヶ月保証

商品の動作について、特記事項以外に問題の無い商品について定められる保証内容です。
保証期間内に動作不具合が生じた場合、購入金額を上限に修理対応をいたします。

なお付属品に含まれる消耗品類(バッテリー、ランプ、内部電池、記録メディア等)は保証対象外とさせていただきます。

保証対象外

動作は正常ですが、古い商品でメーカー修理できないものや、諸般の事由により弊社にて動作チェックできない商品などに定められる保証内容です。
初期不良以外の動作不具合につきましては、全額有償修理で対応いたします。

ジャンク品

多くの場合、動作に問題があったり、商品の性能が著しく劣っていたりする商品です。
ジャンク品は、保証・修理・返品対応は一切しておりません。
商品状態については、判別可能な限り内容を記載しておりますが、ご案内以外に不具合がある可能性があります。
ご自分で修理される目的の部品取りなど、お客様の責任と判断の下でご購入ください。

※詳細は、サポートページの「中古品保証内容」をご参照ください。

お役立ちコンテンツ

  • カメラスペック比較表
  • ドローン比較表
  • セミナーレポート
  • 撮-toru-
  • 誰でもかんたん!動画作りの基本テクニック
  • Monthly Camera Focus

東京メトロ
半蔵門線半蔵門駅徒歩1分/
有楽町線麹町駅徒歩3分
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

かんたんお買物フロー

  • 会員情報を登録

    メールアドレスや配送先をご登録ください。

  • ほしい商品をカートにIN

    税込11,000円以上で送料無料です。
    周辺機器もご一緒にどうぞ。

  • お支払方法を選択

    銀行振込・代金引換・クレジットカード・ ショッピングローン・請求書払い などが選べます。

  • 注文完了メールを確認

    ご注文の商品・配送先・発送日などを ご連絡いたします。

詳細なお買物ガイドを見る

  • 送料

    税込11,000円以上購入で送料無料。
    配送料金は全国一律660円(税込)です。

  • 返品交換

    初期不良品は送料無料で交換いたします。
    商品到着後7日以内にご連絡ください。

  • ポイント

    購入商品の税込価格1%をポイント進呈。
    次回に1ポイント=1円として利用できます。

  • セミナー

    ドローンや映像制作・編集の技術向上セミナーを定期開催。業界の人気講師から学びませんか?

メーカー: BlackmagicDesign

この商品のレビュー

レビューはありません。

レビューを投稿