Skip to Content

ATOMOS ATOMSHGU01 SHOGUN ULTRA

ATOMOS ATOMSHGU01 SHOGUN ULTRA

Original Price ¥210,000 - Original Price ¥210,000
Original Price
¥210,000
¥210,000 - ¥210,000
Current Price ¥210,000

Reward Points: Points Back(1%)

In Stock
Availability: Only 3 Left!
SKU N_1184910  GTIN:0814164022835
新規登録後、すぐ使えるクーポンをアプリで配布中
SHOGUN ULTRA開発状況・更新情報につきましては【よくあるご質問】をご参照ください。
また【購入前にご確認ください】および【安全にお使いいただくための重要なお知らせ】も併せてご確認ください。

SHOGUN ULTRAはACアダプターやATOMOSバッテリーが同梱されておりませんので別途ご⽤意ください。

Description for ATOMOS ATOMSHGU01 SHOGUN ULTRA

最⼤8Kp30RAWまで対応する
7インチ 2,000nit ネットワーク対応モニターレコーダー

SHOGUN ULTRAは、7インチの⼤きなモニターで2,000nitの⾮常に明るい画⾯を備えたデバイスです。 10 ビット HDR モニター レコーダーとしてProRes、Avid DNx、H.265 コーデックで最⼤ 4Kp60 に対応。
ProRes RAW収録では最⼤8Kp30(HDMI接続時)に対応しています。さらに、4Kp120のスローモーション収録も可能です。
従来からのモニタリング機能とバックアップ収録を踏襲しながらも、新たなAtomIC チップセットとメモリ管理を最適化する新しいユーザー インターフェイス AtomOS 11 を搭載。RecordAssist、 PlayBackAssist、SegmentPro、ELZone、Arri False color などの新たに優れたモニタリング機能と録画機能が追加され、撮影現場での作業をサポートします。

カメラの機能を最⼤限にアシスト

SHOGUN ULTRAの7インチモニターは⾮常に明るく、2,000nitの明るさで、炎天下でも⾒やすい、HDLスクリーンを備えています。さらに、SDIとHDMI接続を通じて、さまざまなデジタル⼀眼レフ、ミラーレスカメラ、シネマティックカメラでのバックアップ収録やRAW信号の収録が可能です。ビデオアシスト機能も充実しており、フォーカス、露出、お好みのLUTをタッチパネルで瞬時に調整できます。正確なフレーミングでショットを調整し、露出を確認し、明るく鮮明な画⾯で最⾼のカメラパフォーマンスを得ることができます。
さらに、⾮圧縮ビデオをHDMIまたはSDIを介して収録するだけでなく、RAWフォーマットにも対応し、最⼤8KのRAWビデオを30fpsで収録できます。またSHOGUN ULTRAは、多くのカメラメーカーとの協⼒を通じて、幅広いカメラをサポートしています。

 

新AtomOS11スタート

AtomOS 11は、SHOGUN ULTRAの性能を最⼤限に引き出すためにメモリ管理を最適化した新しいファームウェアを搭載しており、応答性も向上しています。ネットワークと12G-SDI接続に加えて、 SHOGUN ULTRAはクラウドワークフローにも対応。HDMIとSDIのクロスコンバートも可能です。さらに、⾼速で信頼性の⾼いWi-Fi 6Eを使⽤し、より安定した接続を提供します。SHOGUN ULTRAは4K 60pのProRes RAWファイルと同時にH.265収録に対応したデュアルレコードに対応。プロジェクトを効率的に進めるために、ProRes RAWでオリジナルデータを保持し、H.265でワークフローにスムーズに移⾏できます。
AtomOS 11は、NINJAとSHOGUNシリーズ向けに特別に設計されたオペレーティングシステムの新バージョンです。このアップデートには、洗練されたユーザーインターフェース(UI)だけでなく、多くの優れた新機能も含まれています。ツールが⾒やすくなり、アイコンが改善され、画⾯の視認性も⼤幅に向上しました。よりプロフェッショナルでありながら、使いやすさも⼤幅に向上したデバイスとなっています。AtomOS 11は、SHOGUN ULTRAの性能を最⼤限に引き出すためにメモリ管理を最適化し、応答性も向上しています。

 

新Atom OS11 新たな機能がここに登場

SHOGUN ULTRAには、この新AtomOS11をベースに新しい機能が搭載されています。マルチコーデック対応ーH.265標準搭載。また、Dual 4Kp60 ProRes RAW & proxy 収録が可能。Atomos Cloud Studioとの連携でクラウドへ⾃動アップロードします。新カラー露出モードーARRIフォルスカラー・EL Zoneシステムの追加。SDI Cine機能によりARRI,Sony,Canon,REDのSDIシネマカメラとのファイル名が⾃動マッチング。
Wi-Fi 6E対応。 RemoteView**ーネットワークを介したリモートモニタリング機能。NDI 4K TX対応 (有償オプション)。RecordAssistー 開始時刻設定で⾃動録画スタート。多岐に渡り撮影をサポートします。

*今後FWにて順次対応予定です。SHOGUN ULTRA 開発状況・更新情報につきましては【よくあるご質問】(メーカーサイト)をご参照ください。
**ATOMOS Cloud Studioのサブスクリプションが必要となります。

 

Atomos Remote View
遠隔ワークフローの高効率化へ​

SHOGUN ULTRAはAtomos Cloud Studio経由で様々な機能を利⽤できます。
新たに発表されたAtomos RemoteViewを使⽤すると、SHOGUN ULTRA 本体画⾯に表⽰されているものを他のATOMOSモニターや、iPad、Mac、Apple TVとワイヤレスで共有できます。世界中のどこからでも1つの画⾯で最⼤4台の接続されたデバイスの撮影映像を共有できます。

※Atomos RemoteViewをご利用になるには、Atomos Cloud Studioのサブスクリプションが必要です。
詳細はこちら(メーカーサイト)から。

 

ワイヤレス同期対応

Atomos AirGlu™は、SHOGUNに搭載されており、ワイヤレスタイムコード同期機能にも対応します。
これにより、複数のATOMOSデバイスや互換性のあるカメラ、オーディオレコーダー、ソフトウェアアプリケーションを連動し、機器間の⻑距離通信とワイヤレスタイムコード同期を実現できます。
AirGluデバイスはサーバーユニットとしても機能し、簡単に同期させることができます。
予算と時間を節約し、マルチカメラ撮影において表現の幅を広げ、ワークフローを⾶躍的に改善できます。 AirGlu BTは、多くのカメラやオーディオメーカーで使⽤されているBluetoothタイムコード同期プロトコルを採⽤しており、AirGlu RFはAtomos connect対応製品間で⻑距離同期と制御を提供するプロトコルです。

※Atomos Cloud Studio サービス開発状況・更新情報につきましては【よくあるご質問】(メーカーサイト)をご参照ください。

 

NDI TX対応

NDIは、通常のネットワーク(Wi-Fiやモバイルを含む)を使⽤して⾼品質な映像を送信する⽅法です。この技術は、帯域幅要件が⾮常に低いため、ライブで広く使⽤されています。そして、SHOGUNもNDI環境に統合できるようになりました。NDI TXオプションを利⽤すると、SHOGUN ULTRAをNDIソースに変え、同⼀ネットワーク上の認識されたデバイスに認識させ映像を表⽰できます。

※有償アクティベーションオプションです。
※Atomos Cloud Studio サービス開発状況・更新情報につきましては【よくあるご質問】(メーカーサイト)をご参照ください。

 

ATOMOS Cloud Studio

ATOMOS Cloud Studioは、映像クリエイター、配信専門業者、映像制作者のための革新的な映像制作サービスの集合体です。Cloud StudioはATOMOS Streamにより、ATOMOSネットワーク対応デバイスからFacebook Live、Twitch、YouTubeなどの動画配信プラットフォームへのライブストリーミングが可能になります。
ATOMOS Camera to Cloudは、ATOMOSネットワーク接続機器からクラウドベースのプラットフォームへファイルをアップロードを可能にします。 Adobe Frame.io、SONY Ci Media Cloudとの連携によりCamera to Cloudのワークフローを導入。
セットからポストプロダクションまで制作のスピードを大幅に向上します。

※オプション機能は順次追加予定です。サブスクリプションプランもございます。
詳細はこちら(メーカーサイト)から。

Specs

筐体

外形寸法(W×H×D mm)

198×133×40(mm)

重量(モニター本体)

730 g

マウント用ネジ穴

回転防止 3/8-16 ネジ穴
1/4-20 ネジマウントアダプター装備 上面/下面/右面各1カ所

使用環境

周囲動作温度

0 – 40度(結露しないこと)

構造

筐体素材

アルミニウムおよびABSプラスチック

冷却

動的制御のファン及びヒートシンク

タリ―ランプ

背面に装備

電源ボタン

主電源のオン/オフとスクリーンロックのオン/オフ

USB-C 端子

将来の拡張機能用

電源

対応入力電圧

DC 6.2–16.8 V

動作電力

5.8V – 7.2V(バッテリー)もしくは社外製65W以上のUSB PD充電器
(同梱のUSB-C PD – 2.1mm DCジャック 電源ケーブル経由)

対応バッテリー

ATOMOS NPF L シリーズ

内蔵バッテリー

非搭載

バッテリー駆動時間

5200mAh 最長約1.5時間(4Kp60 画面表示と収録)
7800mAh 最長約2.2時間(4Kp60 画面表示と収録)

DC入力

付属のUSB-C PD – 2.1mm DCジャック 電源ケーブルを接続または別売オプションのACアダプターが使用可能

D-Tap

別売オプション D-tap to DCケーブルを接続

モニター

タッチスクリーン

SuperAtom IPSパネル(静電容量式タッチ)

スクリーンサイズ

7インチ

画面解像度

1920×1200

色深度

10-bit (8+2 FRC)

バックライト

Edge lit

最大輝度

2000nits (+/-10%)

アスペクト比

16:9

色温度

D65
※その他D93等などへの変更や色温度の微調整は非対応となります

色域

Rec 709

キャリブレーションサポート

Atomosキャリブレーター対応
(別途 ATOMOS USBシリアルケーブルと Calibrite ColorChecker Display Pro / ColorChecker Display Plus もしくは Xrite i1 Display Pro / Plusが必要です)

カラーパイプライン

Gamma

Sony SLog / SLog2 / SLog3, Canon CLog / CLog2 / Clog3, Arri Log CEI160 / LogCEI200 / LogCEI250 / LogCEI320 / LogCEI400 / LogCEI500 / LogCEI640 / LogCEI800 / LogCEI1000 / LogCEI1280 / LogCEI1600, Panasonic Vlog, JVC JLog1, Red LogFilm / Log3G10 / Log3G12, FujiFilm Flog, PQ (HDR10), HLG, Nikon N-Log, Z CAM Z-Log2, Olympus OM-Log400 / Flat, Leica L-Log

Gamut

BT2020, DCI P3, PDCI P3 65, Sony SGamut / SGamut3 / SGamut3.cine / Canon Cinema / DCI P3 / DCI P3+ / BT2020, Panasonic V Gamut, Arri Alexa Wide Gamut Rec709, JVC LS300, Red DragonColor / DragonColor2 / RedColor2 / RedColor3 / RedColor4 / RedWideGamut

3DLUTディスプレイ

.Cube フォーマット

3DLUT出力

ループアウト

3DLUT 50/50

対応

モニタリングモード

Native/ 709 / HLG / PQ / 3D LUT

HDR出力変換

HDRからHLG/ PQ

カラーマネージメント

ディスプレイ設定

輝度、リフト、ガンマ、ゲイン

AtomHDRテクノロジー

搭載

3DLUT

ディスプレイ表示、モニター出力、収録に適用を設定
(SSDから.cubeファイルを読み込み8個メモリー可能)

LEAGALIZE

入力輝度レンジをフルからリーガルへ変換可能

ビデオ入力

HDMI

1×HDMI(2.0)~4K60pまで対応

HDMI RAW

ProRes RAW収録 ~8K30pまで対応

SDI

1×SDI ~4K60pまで対応

SDI RAW

ProRes RAW収録 ~6K30pまで対応

色深度

8/10ビットビデオ/RAW~16bitまで対応(ProRes RAW収録は~12bitとなります)

ビデオクロマサブサンプリング

4:2:2, 4:2:0

HDCPコピー防止

非対応

ファイル名

通常

S/S/T & Rolling

SDI経由

RED, ARRI, CANON, Sonyからのファイル名

ビデオ出力

HDMI

1×HDMI ~4K60pまで対応

SDI

1×SDI ~4K60pまで対応

ネットワーク

イーサネット

1GbE RJ45

Wi-Fi

Wi-Fi 6E

ワイヤレスRF

AirGlu™ SYNC Time code Network

ネットワーク機能(サブスクリプションプラン有)

ストリーミング配信

対応(YouTube,FacebookLive,Twitch,他Custom RTMP)

Frame.io Camera to Cloud

対応(Adobe無償/有償プラン有)

Sony Ci Media Cloud

対応(Sony無償/有償プラン有)

Atomos EDITアップロード機能

対応(複数プランあり)

ライブプロダクション機能

対応(複数プランあり)

リモートビュー機能

対応(複数プランあり)

NDI HX2 送信

対応(有償アクティベーション)※4K送信時の収録は非対応

映像変換

HDMI → SDI

対応:ビデオとRAWの入力をビデオ出力に対応

SDI → HDMI

対応:ビデオとRAWの入力をビデオ出力に対応

音声入出力

音声品質

24bit/48kHz

音声コーデック

PCM

HDMI

8ch 24-bit(入力信号に依存)

SDI

12ch 24-bit(入力信号に依存)

アナログ音声入力

3.5mm 2チャンネル(電源供給のあるダイナミックマイクのみ対応)

ヘッドホン出力

3.5mm 2チャンネル

音声入力の遅延設定

メニューから設定可能

タイムコ― ド/ 同期

重畳データに対応

HDMI及びSDI

時刻

対応 時間と日付

ワイヤレスSYNC

AirGlu™ SYNC Time code Network Server or Client

RFネットワーク範囲

300m

RF周波数

リージョンに依存

チャンネル数

8チャンネル

RFクライアント数

リージョンに依存

ブルートゥースネットワーク範囲

10-15m (遮蔽物の無い状態)

BTクライアント数

2クライアント

対応する解像度/フレームレート(収録/モニタリング/再生)

8K RAW

~ 8K30pまで対応 HDMI RAW入力

6K RAW

~ 6K60pまで対応 HDMI RAW入力、~ 6K30pまで対応 SDI RAW入力

4K RAW

~ 4K120pまで対応 HDMI RAW/ SDI RAW入力

3.5K アナモルフィック RAW

~ 3.5K50pまで対応 HDMI RAW入力のみ

2K RAW

~ 2K240pまで対応 SDI RAW入力のみ

4K DCI

23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60p

4K UHD

23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60p

2K DCI 2048 × 1080

~ 2K60pまで対応 SDI入力のみ対応

FHD 1920 × 1080 プログレッシブ

23.98/24/25/29.97/30/50/59.94/60/100/120p

FHD 1920 x 1080 PsF

Pull down プルダウン

FHD 1920 × 1080 インターレース

1080i50 / 1080i60

1280 × 720p

50/59.94/60p

収録コーデック

ProRes RAW

ProRes RAW, HQ 12bit ~8K30pまで対応

Apple ProRes

LT、422、HQ ~4K60pまで対応

Avid DNxHD

DNxHD 220x,220,145,36

Avid DNxHR

LB, SQ, HQ, HQX.

H.265

LQ,MQ,HQ,XQ in 8/10Bit, 4 2 2 and 4 2 0 ※~ 4K60pまで対応、MOVファイル

録画機能

プリロール機能

対応 (HD 8秒, 4K 2秒) ※ProRes/DNx収録時のみ対応

タイムラプス

対応

同時proxy収録

対応 Camera to Cloud使用時に対応:H.265 proxy( ProRes / DNx / ProRes RAW と同時に収録)

再生

プレイリスト

対応 フル/サブクリップからカスタムプレイリストを作成可能

ループ

対応 イン/アウト間再生も可能

Apple ProRes RAW

対応 収録クリップ

Apple ProRes

対応:オーディオはリニアPCMを使用

Avid DNx

対応:オーディオはリニアPCMを使用

H.265

対応 収録クリップ

モニタリング

SDR

Native, 709, LUT

HDR

HLG, PQ Rec2020

サポートメディア

マスターキャディⅠ

Ⅰは非互換

マスターキャディⅡ

2.5インチSSDメディア装着して使用可能

マスターキャディⅢ

2.5インチSSDメディア装着して使用可能

SSDmini

対応

ファイル名

ユニット名 – シーン/ショット/テイク

ファイルシステム

ExFAT

対応メディア

SSDmini、2.5”SSD:日本での入手性や使用実績があるSSDドライブを提案しています、https://www.atomos-japan.com/support/checkをご参照ください

オンスクリーンツール

波形

対応:3種類のサイズと位置を指定可能

RGBパレード

対応:3種類のサイズと位置を指定可能

ベクトルスコープ

対応:2種類のサイズと位置を指定可能

ズーム 1倍

対応:4K用1:1ピクセルマッピング

ズーム 2倍

対応:~ 4k30pまで

フォーカスピーキング

色選択 / 縁取り幅3種類を設定可能
カラー表示、モノラル表示、エッジのみ表示

ATOMOSフォルスカラー

対応:スケール表示

Arriフォルスカラー

対応

ELゾーン

対応

ゼブラ

対応:しきい値設定可能

アイソレートカラーチャンネル

ブルーのみ

シネフレームガイド

プリセットとカスタム設定

ソーシャルフレームガイド

プリセットとカスタム設定

Onion Skinオーバーレイ

対応:PNG形式 1920 x 1080

セーフティエリア

対応:SMPTEフレームサイズ(アクションとセーフ)

9グリッドマーカー

対応

アナモフィックデスクィーズ

1.25x, 1.33x, 1.5x, 1.6x, 1.65x, 1.79x, 1.8x, 2x

ディスプレイ反転

天地反転のみ

オンボード処理

4K > HDダウンスケーリング

ループ出力:4KからHD変換出力

DCIクロップ出力

ループ出力:17:9を16:9へクロップ

プルダウン除去

I > P (2:2、3:2 プルダウン) PSF > P (2:2、3:2 プルダウン)

アクティベーション

SDI RAW

アクティベーション済み

ProRes RAW

無償 ※有効化が必要

H.265

無償 ※有効化が必要

Avid DNx

無償 ※有効化が必要

NDI HD 送信

有償アクティベーション

NDI 4K 送信(~4k30p)

有償アクティベーション ※4K送信時の収録は非対応

録画制御

HDMI

自動HDMIトリガーにより操作。サポートされるプロトコルはCanon,Sonyの他、Atomos Open Standard

SDI

SDIトリガー対応カメラを選択

REMOTE 2.5mm端子

LANC制御とオプション(別売)のUSB シリアルケーブル、およびキャリブレータでキャリブレーション可能

AirGlu BT

AtomRemoteアプリで収録制御、モニターアシストツールを操作

AirGlu RF

Server/Client制御

外部デバイス制御

REMOTE 2.5mm端子

Z CAM(別売オプション ATOMOS USBシリアルケーブルを使用)

サポートしているノンリニア編集アプリケーション

XML

Cut tag EDL (FCPX XML)

Apple ProRes RAW

Apple FCPX, Adobe Premiere, After Effects, Avid Media Composer, GrassValley Edius, Assimilate Scratch, Baselight Film Light.

ビデオコーデック

.MOVラッパーで生成されるApple ProRes、AvidDNXとH.265をサポートする全てのアプリケーション

Reviews

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!