コンテンツにスキップ

レビュー

実際にお使いいただいた皆様からのレビュー投稿を募集中!
掲載されるともれなく100ポイントをプレゼント!

商品説明

第3世代のオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ


1カートリッジあたり5.5TB*の大容量を実現

第2世代より採用している業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」は、線記録密度を高めることでディスク1枚あたり500GBの大容量化を実現しました。
オプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC5500R(追記型)』は、この「アーカイバル・ディスク」(500GB)を11枚搭載する事で1カートリッジあたり5.5TBとなり、第2世代(3.3TB)と比べて容量が約1.7倍に増加しました。
更に、追記型(ライトワンス記録方式)のためデータ改ざんが出来ず、記録したデータを安全に保存する事が可能です。
※物理容量。ユーザー使用可能容量は、表示サイズより小さくなります。

保存寿命100年以上*の高い堅牢性

「アーカイバル・ディスク」は記録膜および保護膜に酸化物を用いることで耐久性に優れ、ISO/IEC16963標準に基づくメディア寿命推定値100年以上の長期保管可能な記録メディアです。
カートリッジは高耐熱・高強度ポリカーボネート樹脂と高耐塵の帯電防止樹脂を使用しており、粉塵、紫外線、電磁波や水災害といった外的要因に対して高い密閉性と耐久性を持ち、データ保管性能に優れています。
また、温度や湿度の変化にも強いため、保管場所の空調負荷によるエネルギーコストを低減します。
※ISO/IEC16963標準に基づいた弊社加速試験による推定値。

運搬・管理棚に便利な付属品

遠隔地での保管やオフィス環境での棚管理を想定し、全てのカートリッジは耐久性の高いハードケースに収納されているので、万が一の落下や屋外への持ち出しにも対応しています。
加えて、付属のラベルシールを使用することで外観から内蔵データを判別することができ効率的な管理運用が可能です。

平均転送速度3Gbps(375MB/s)の高速データ転送と3世代互換性

オプティカルディスク・アーカイブドライブユニット『ODS-D380U』『ODS-D380F』を使用することで、読み出し平均転送速度3Gbps(375MB/s)、書き込み(On-the-flyベリファイ記録)1.5Gbps(187.5MB/s)が可能となります。
新開発の8チャンネル光学ドライブユニットを搭載し、ディスク両面から再生記録を行います。
また、第1,2世代ドライブユニットと同じレーザー波長の光学ピックアップを採用しているため、全ての世代のカートリッジを再生可能です。
これによってドライブユニットが新しい世代に切り替わっても過去の記録済みカートリッジはデータ移行(マイグレーション)することなく、そのまま利用できます。
なお、第3世代ドライブユニットは、第2世代カートリッジ『ODC3300R(追記型)』の書き込みにも対応しています。