HVR-M35Jの詳細情報

HDVレコーダー

HVR-M35J

SONY (ソニー)
  • LINEで送る

生産完了です。ご愛顧ありがとうございました。
商品詳細

SONY HVR-M35J

管理番号:N_1027756
希望小売価格: ¥580,000 (税抜)
販売終了しました。

HDVのプログレッシブでの記録・再生に対応し、HDV 4chオーディオ、HD/SD-SDI出力装備し、幅広い用途に対応したHDVレコーダー

●24p/30pのプログレッシブ記録・再生に対応
HVR-S270J、HVR-Z7JでHDVの1080/24p、30pプログレッシブ記録されたテープを再生することができます。
※ 記録はそれぞれ23.98p、29.97pになります。

●4chオーディオ記録・再生に対応
HVR-S270Jで記録されたHDV 4chオーディオを再生することが可能です。また、i.LINK入力されたHDV 4chオーディオ信号を記録することができます。

●HD/SD-SDI 出力を標準装備
HD/SD-SDI出力端子を装備。出力はオーディオ/TCエンベデットにて可能。上位フォーマットへのコピー用途に使用可能です。
また、i.LINK、コンポーネント*、Sビデオ、コンポジットの各映像端子とAUDIO端子を装備。これら3系統からの同時出力も可能なので、モニターなど様々な周辺機器との接続も行えます。
※ 出力のみ

●簡易的に音声を確認できる、内蔵スピーカーを装備
本体下部に小型スピーカーを装備。簡易的に音声を聞くことができます。

●3フォーマット対応
HVR-M35Jは、HDVフォーマットのほか、業務用DVフォーマットのDVCAMとDV(SP)フォーマットによる記録にも対応。 業界で広く流通しているDVCAMフォーマットでの記録が可能なため、従来のDVCAMによる映像制作環境での利用も可能です。また再生時はフォーマットを自動判別します。
※ リニア編集には対応していません。

●スタンダードカセットにも対応した、デュアルカセットメカ搭載
ミニカセットだけでなく、スタンダードカセットもHDV/DVCAM/DVの記録再生に使用できます。HVR-S270JでHDV記録したスタンダードカセットも、HVR-Z7JなどでHDV記録したミニカセットも1台でサポートします。

【HVR-M35Jでの記録再生時間】
カセットテープ HDV1080i DVCAM DV(SP)
PHDV-276DM 約276分 約184分 約276分
PHDVM-63DM 約63分 約41分 約63分

●ダウンコンバート機能
HDV1080i方式モードで収録した素材のSDコンテンツ制作での利用を考慮して、3タイプのダウンコンバートモードを搭載。
i.LINK端子からのダウンコンバート信号種類は、DVCAMまたはDVから選択可能です*。
 (1)スクイーズ
  16:9映像を左右方向に縮小して、4:3映像として出力。
 (2)レターボックス
  4:3画面の上下をマスクして、画面中央に16:9映像を表示。
 (3)エッジクロップ
  16:9映像の両端をカットして、4:3映像として出力。
※ i.LINK端子からは、レターボックス信号は出力できません。アナログ出力端子(コンポーネント・S-Video・コンポジット)からは、全てのタイプのダウンコンバート信号が出力できます。

●外部タイムコードコピー
外部からのi.LINK信号を記録するレコーダーとして使用した場合、映像・音声信号に加え、タイムコード情報もコピーできます。
これにより、マスターテープから作業用のワークテープを複製したり、ノンリニア編集システムから出力されるi.LINK信号にタイムコードが含まれていれば、それを記録することができます。

●カラーバー&1KHz音声トーン信号の出力が可能
16:9に対応したカラーバーを出力できます。さらに音声トーン信号(1KHz 60i時=フルビット約-20dB、50i時:フルビット約-18dB)の出力も可能です。

●60i/50i(NTSC/PAL)の切換が可能
日本国内のテレビ放送でも使用されている60i(NTSC)方式に加え、ヨーロッパなどで海外で使用されている50i(PAL)方式にも対応しているため、海外で撮影された映像素材の活用や、海外向けのコンテンツ制作が行えます。(60i/50iを相互に変換する機能はありません。60iはフィールド周波数59.94Hzを表しています。)

●視認性が向上した 2.7型ワイド液晶モニターを搭載
フロントパネルに、「クリアフォト液晶プラス」を採用した、2.7型ワイド液晶モニターを搭載しました。独自開発の高輝度、広色域技術により、従来機(DVCAMレコーダー「DSR- 25」)に比べ、色再現性を約60%向上しています。総画素数も約70%向上させ21万画素となり、視認性を大幅に高めました。

●SDコンテンツ制作に新しいワークフローを提供する、「エッジクロップ調整」
エッジクロップダウンコンバートで切り出す4:3エリアを任意に横方向に微調整できる「エッジクロップ調整」を搭載。切り出された映像はi.LINK端子からもリアルタイムでSD信号として出力できます。これにより、これまで時間を要していたSDコンテンツ編集時の画角調整作業を削減できます。

●HD&SDのサイマル運用をサポートする、MARKER BURN(マーカーバーン)
モニター等に出力されるワイド映像信号*に、4:3マーカーをスーパーインポーズさせることができます。マーカー表示機能のないモニターでも、16:9と4:3の画角を同時に確認できます。HDとSDのサイマル利用するコンテンツの制作に便利な機能です。
※ HD信号および、スクイーズまたはレターボックスでダウンコンバートされたSD信号。
 i.LINK出力にはスーパーインポーズされません。

●複数フォーマットのダビングも簡単に行えるDUPLICATE PLUS(デュプリケートプラス)
『DUPLICATE PLUS』ボタンにより、i.LINK接続された再生機器を自動コントロールして、簡単にダビング作業が行えます。この手軽さによって、大切なオリジナルテープを使うことなく、同一のタイムコード情報を持ったワークテープによる編集作業が行えます。また、HVR-M35Jではプログレッシブとインターレースの指定も可能です。
また異なる記録フォーマット(HDV/DVCAM/DV(SP))が混在したテープから、指定したフォーマットだけを自動検出してダビングすることも可能です。

●カスタムリピート
テープ全体または一部を自動的に繰り返し再生させることができます。テープ上のインデックス部分(インデックス信号がないときは未記録部分、またはHDV/DV SEL設定により再生できないフォーマット部分、それもないときはテープエンド)までくるとテープ先頭に巻き戻して再生し、これを繰り返します。またカスタムリピートにより、リピート開始時刻を指定したり、リピート回数やリピート間隔を設定することができます。

●タイムコードプリセット
タイムコード及びユーザービットの設定が可能。また、REC RUN/FREE RUN、PRESET/REGENEの選択も可能です。

●All Scan Mode(全画角表示)
HDV映像の再生時、本体液晶モニター上で全画角を確認することができます。

●機能を割り当てられる、ASSIGN BUTTONS(アサインボタン)
フロントパネルの、INDEX・RESET・AUDIO DUBボタンを、アサインボタンとしても使うことができます。
以下の機能から選択して、それぞれのボタンに登録できます。
SEARCH SELECT、SEARCH+、SEARCH-、END SEARCH、DATA CODE、ALL SCAN MODE、COLOR BAR、HDV/DV CONVERT、SDI/COMPONENT、COUNTER SIZE、FF/REW SPEED、COUNTER COLOR、PB ZOOM
録画方式 : [HDV]
 回転2ヘッドヘリカルスキャン
[DVCAM/DV(SP)]
 回転2ヘッドヘリカルスキャン
録音方式 : [HDV]
 回転2ヘッド、
 2ch記録時:MPEG1 Audio Layer II、16ビット48kHz、転送レート384kbps
 4ch記録時:MPEG2 Audio Layer II、16ビット48kHz、転送レート384kbps
[DVCAM/DV(SP)]
 回転2ヘッド、
 12ビットFs32kHz(チャンネル1/2、チャンネル3/4)、
 16ビットFs48kHz (チャンネル1/2)
映像信号 : 1080/60i方式、NTSCカラー、EIA標準方式
1080/50i方式、PALカラー、CCIR標準方式
使用可能カセット : 「DVCAM」マークのついたスタンダード/ミニDVCAMカセット
「DV」マークのついたスタンダード/ミニDVカセット
テープ速度 : [HDV]
 約18.812mm/秒
[DVCAM]
 約28.193mm/秒
[DV(SP)]
 約18.812mm/秒
録画・再生時間 : [HDV]
 276分(PHDV-276DM使用時)、
 63分(PHDVM-63DM使用時)
[DVCAM]
 184分(PHDV-276DM使用時)、
 41分(PHDVM-63DM使用時)
[DV(SP)]
 276分(PHDV-276DM使用時)、
 63分(PHDVM-63DM使用時)
入・出力端子 : [VIDEO IN/OUT端子]
 BNC型 x 2
[MONITOR VIDEO OUT端子]
 ピンジャック型 x 1
[S VIDEO IN/OUT端子]
 4ピンミニDIN x 2
[COMPONENT OUT端子]
 BNC型x3
[HDV/DV IN/OUT端子]
 i.LINK (IEEE1394、6ピンコネクターx1、S100)
[HD/SD SDI OUT端子]
 BNC型 x 1
[AUDIO IN端子]
 ピンジャック x 4
[AUDIO OUT端子]
 XLR型3ピン(凸) x 4
[MONITOR AUDIO OUT端子]
 ピンジャック x 1
[ヘッドホン端子]
 ステレオミニジャック x 1 (Φ3.5) 16Ω負荷
[AES/EBU OUT端子]
 BNC型 x 2
[TC OUT端子]
 BNC型 x 1
[リモートコントロール端子]
 LANC:ステレオミニジャック(Φ2.5)
 CONTROL S IN:ステレオミニジャック(Φ3.5)
液晶画面 : [画面サイズ]
 6.7cm (2.7型、16:9)
[ドット数]
 約21.1万ドット(960x220)
電源部・その他 : [電源電圧]
 AC100V、50/60Hz
[消費電力]
 13W
[動作温度]
 5℃~40℃
[保存温度]
 -20℃~60℃
[外形寸法(幅×高さ×奥行)]
 約212 x 98 x 390.3mm(最大突起部含む)
[本体質量]
 約4.4kg
中古品をお探しの方へ
HVR-M35Jの中古品をお探しでしたら、中古品お探し登録サービス(無料)をご利用ください!
HVR-M35Jに寄せられたお問合せの例
HVR-M35Jを見た人はこんな商品も見ています
◆HVR-M35Jは、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
◆商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
◆PCモニターの環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
◆価格の錯誤があった場合(例:¥108,000を¥10,800等の桁違い、又は¥0表示など)、また常識的にみて市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は錯誤の旨と正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。状況によりましては、ご注文をお取消させていただく場合がありますので何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
◆在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによっては、お受けできない場合があります。
◆お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
◆ご注文の際は、上記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。
HVRM35J  / HVR M35J  / HVRM35-J

ホーム > メーカー名 > S > SONY > SONY HVR-M35J
ホーム > カテゴリから探す > 生産完了・販売終了品 > SONY HVR-M35J

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

お会計

カテゴリから探す

キャリア採用 エントリー受付中
2017年度 新卒採用 エントリー受付中
配送料金に関するご案内
当社へのご意見をお聞かせください!

最近チェックした商品

プロ機材のご購入・ご相談は03-5212-5100

HVR-M35Jの価格と販売・通販なら、音響・映像を極める業界最大級のシステムファイブ「ePROSHOP」にお任せください。SONY HDVレコーダーの販売価格・製品情報などをご紹介しております。

お買い物について
商品のサポートについて
SYSTEM5 ePROSHOP会員について
商品のお届けについて
利用可能クレジットカード・ショッピングローン
Tax-freeアイコン

ePROSHOP、イープロショップは、株式会社システムファイブの登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
古物商許可番号:東京都公安委員会 第301030205898号 / 愛知県公安委員会 第54116A112100号
© 2005-2016 System5 Co., Ltd.