上へ戻るボタン
プロフェッショナルディスクライブラリー

XDJ-1000

SONY(ソニー)
  • 印刷

販売価格:

お問い合わせください

[希望小売価格:¥3,278,000(税込)]

取扱状況:

管理番号:

N_1070094

【ご注意】
※この装置は、クラスA情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすことがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
※電源コードは付属していません。
よく一緒に見られている商品

XDJ-1000のQ&A

XDJ-1000のレビュー

商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

XDJ-1000の商品情報

プロフェッショナルディスクを30枚収納し、ディスクフォーマットやアーカイブ、インジェスト作業の自動化、効率化を実現する「XDCAM Juke」

●小型、省スペースなオールインワン構成
筐体の中にプロフェッショナルディスク15枚収納可能なディスクビン2式と、DCHS(Dual Channel Head System)プロフェッショナルディスクドライブ、ディスクチェンジャーを搭載したオールインワンタイプのディスクライブラリーです。最大30枚のディスクを格納し、ディスクチェンジ作業を自動化することで、ディスクフォーマットやダビング、アーカイブなど作業の効率化を実現します。

●全てのプロフェッショナルディスクに対応
1層ディスク(PFD23A)、2層ディスク(PFD50DLA)、4層ライトワンス型ディスク(PFD128QLW)のすべてのプロフェッショナルディスクに対応し、運用に合わせて混在運用することも可能です。

●XDCAM MXFファイル全フォーマットに対応
プロフェッショナルディスクでサポートしているすべてのフォーマットMPEG HD422(50Mbps)、MPEG HD(35/25/18Mbps)、MPEG IMX(50/40/30Mbps)、DVCAM(25Mbps)のファイルの読み出し、書き込みが可能です。
また、プロフェッショナルディスクのUserDataフォルダにはMXFファイル以外の一般ファイルの読み書きができ、MXFファイルに紐づいたテキスト原稿などの付帯情報を同じディスク上に格納しておくことも可能です。
入出力はネットワーク(1000Base-T)によるファイル転送です。(ベースバンド記録・再生には対応していません)

●キャッシュ用HDDを内蔵
500GBのHDDをキャッシュ用として搭載。プロフェッショナルディスクに書き込みを行うファイルを一時的にHDDに格納することで、転送を高速化しています。また、HDDは2台搭載しており、信頼性を確保するため、RAID-1(ミラーリング)を構成しています。
※RAID-1(Redundant Arrays of Inexpensive Disks 1):2台のHDD に同時に同じデータを書き込むことで信頼性を高める機能

●電源ユニットの冗長化に対応
別売の 冗長電源ユニット XDBK-101を装着することで、電源ユニットを2 基に拡張することができます。これにより、一方の電源に障害が発生した場合でも運用を継続でき、高い信頼性が要求されるシステムにも対応可能です。

●Webアプリケーションを標準搭載
Webアプリケーションを標準搭載しており、アプリケーションを制作することなくWebブラウザー上で以下の操作を行うことが可能です。

1)オートインジェスト:複数枚のプロフェッショナルディスクに格納されたデータを、サーバーやノンリニア編集機などに転送することができます。
2)オートアーカイブ:XDCAMレコーダーやXDCAM Station、サーバーに格納されているファイルや、ノンリニア編集機で編集したファイルを、XDCAM Jukeに格納されている指定のプロフェッショナルディスクに書き込むことができます。
3)オートデュプリケート:マスターのプロフェッショナルディスクから複製ディスクを一括して作成します。
4)オートフォーマット:複数枚の使用済プロフェッショナルディスクを一括してフォーマットすることができます。
5)オートファイナライズ:複数枚の4層ライトワンス型プロフェッショナルディスク(PFD128QLW)のファイナライズ処理を一括して行うことができます。 主な特長

●Web Service API(REST)対応
ネットワーク(Web Service API)経由で各種アプリケーションからの制御も可能です。

●XDCAMアーカイブマネジメントシステムとの連携オペレーション
XDCAMアーカイブマネジメントシステム(XDA-AI1PK/SET、XDA-AI2PK/SET、XDA-AI3PK/SET)と連携(※)し、XDCAMアーカイブマネジメントシステムのGUI上からの素材アーカイブ、素材インジェストなどの制御を行うことが可能です。

●非接触ICタグ“RFID”対応
XDCAM Juke本体にRFIDのリーダー/ライターを装備。プロフェッショナルディスクにRFIDタグを貼付すれば、ディスクIDやディスクタイトル、記録されているファイル名などメタデータの読み書きが可能です。また、RFIDに記録されたメタデータは、ディスクをXDCAMデッキなどに装填しなくても、ハンディタイプのリーダー/ライターやRFIDに対応したスマートフォンから非接触で読み書きできますので、棚管理されたディスクに記録されたメタデータをその場で確認することができます。(RFID内のデータの読み書きには、別途、専用のアプリケーションが必要です。)

XDJ-1000の主な仕様

■システム

XDCAMフォーマットの読み出し/書き込みフォーマット

ビデオ:
 MPEG HD(50/35/25/18Mbps)
 MPEG IMX(50/40/30Mbps)
 DVCAM(25Mbps)
プロキシビデオ:MPEG-4
オーディオ:
 MPEG HD…16ビット/48kHz(2/4ch)または24ビット/48kHz(8ch)
 MPEG IMX…16ビット/48kHz(8ch)または24ビット/48kHz(4ch)
 DVCAM…16ビット/48kHz(4ch)
プロキシオーディオ: A-law(8ch、 8ビット、8kHz)

XDCAMフォーマットの記録/再生時間(1層ディスク)

MPEG HD422:50Mbps…約43分
MPEG HD:35Mbps…約65分、25Mbps…約85分、18Mbps…約112分
MPEG IMX:50Mbps…約45分、40Mbps…約55分、30Mbps…約68分
DVCAM:約85分

※記録・再生時間は、使用条件などにより、多少の誤差が生じる場合があります。

XDCAMフォーマットの記録/再生時間(2層ディスク)

MPEG HD422:50Mbps…約95分
MPEG HD:35Mbps…約145分、25Mbps…約190分、18Mbps…約248分
MPEG IMX:50Mbps…約100分、40Mbps…約120分、30Mbps…約150分
DVCAM:約185分

※記録・再生時間は、使用条件などにより、多少の誤差が生じる場合があります。

XDCAMフォーマットの記録/再生時間(4層WOディスク)

MPEG HD422:50Mbps…約240分
MPEG HD:35Mbps…約360分、25Mbps…約480分、18Mbps…約600分
MPEG IMX:50Mbps…約240分、40Mbps…約300分、30Mbps…約360分
DVCAM:約450分

※記録・再生時間は、使用条件などにより、多少の誤差が生じる場合があります。

■入出力

ネットワーク…RJ-45型モジュラージャック ×1 1000BASE-T:IEEE 802.3ab 準拠
PCIe 拡張スロット ×8
Lane(25W) ×1スロット

■メディアドライブ

ハードディスクドライブ…500GB HDD 2台(ミラー構成(Raid 1))
プロフェッショナルディスクドライブ…標準1台(オプションXDBK-J102追加により2台まで搭載可能)

■一般

電源

AC100〜240V、50Hz/60Hz

消費電力

170W

動作温度

5〜40℃

保存温度

-20〜+60℃

動作湿度

20〜90%(相対湿度)

保存湿度

75%以下

質量

約28kg(ディスク/オプション含まず)

外形寸法(幅×高さ×奥行)

約424×220×645mm(突起部含まず)

付属品

インストレーションマニュアル ×1
オペレーションマニュアル ×1

電源コードは付属していません。