EOS-1D Xの詳細情報

デジタル一眼レフ

EOS-1D X お取り寄せ

Canon (キヤノン)
  • LINEで送る

※写真のレンズは付属しません。別途ご購入ください。

レンズ交換式カメラのメンテナンスに!システムファイブおすすめ★センサークリーナーシステム

商品詳細

Canon EOS-1D X

管理番号:N_1063654
希望小売価格: ¥OPEN
販売価格:
¥569,600 (税抜)
+45,568円の消費税
5,696 円分のポイント
(ポイントとは?)
EOS-1D Xをカートに入れる
(オンラインお見積について)
在庫状況:  お取り寄せ
(在庫に関するお問い合わせ)

●有効約1810万画素 35mmフルサイズCMOSセンサー
CMOSセンサー内製化にいち早く取り組んできたキヤノン。その技術とノウハウを駆使し、開発したのが新たな大型単板CMOSセンサーです。画面サイズは約36.0×24.0mm、有効画素数は約1810万画素。広い画面サイズにより表現される空気感、高い解像度により描写される鮮鋭なディテールが、画像に'力'を与えます。特筆すべきは、優れたSN比と広いダイナミックレンジです。低ノイズかつ豊かな階調が、スペックでは語りきれない高画質を生み出します。

●優れた受光・集光効率
新開発CMOSセンサーの画素サイズは6.95μm角。例えばEOS-1D Mark IV(有効画素数:約1610万画素)の5.7μm角と比べても、広くゆとりある受光面積を確保しました。さらに、35mmフルサイズという大きな画面サイズでありながら、マイクロレンズのギャップレス化を実現。それも、画面中心部から周辺部へと、光の入射角に適したマイクロレンズ設計により、画面のすみずみまで集光効率を高めています。
※2009年12月発売

●16チャンネルの高速読み出し
約1810万画素の高画素・高解像度と連続撮影速度の両立。新開発CMOSセンサーは、16チャンネルによる高速読み出しを実現しました(EOS-1D Mark IV:8チャンネル)。これにより、最高約12コマ/秒(超高速連続撮影モード時、最高約14コマ/秒)の静止画撮影を可能にしています。

●デュアルDIGIC 5+
映像エンジンは、新開発のDIGIC 5+(プラス)を2基搭載した、「デュアルDIGIC 5+」です。デュアルDIGIC 4を遥かにしのぐ処理能力を備え、約1810万画素、14bitの高精細・広階調な画像でありながら、最高約12コマ/秒(超高速連続撮影モード時、最高約14コマ/秒)の連続撮影を可能としました。また、新アルゴリズムにより、高ISO感度で撮影時に発生するノイズを効果的に除去。画質向上とISO感度拡大に大きく貢献しています。さらに、その卓越したパフォーマンスを背景に、倍率/軸上色収差の撮影時補正や多重露出機能、新しい動画コーデックの採用など、高度な画像処理機能、撮影機能を実現しています。

●常用ISO 100〜51200
高い集光効率を誇るCMOSセンサーと、高度なノイズ処理を行うデュアルDIGIC 5+の相乗効果により、常用ISO 100〜51200(推奨露光指数)という広い感度設定を可能にしました。暗いシーンでも高ISO感度でシャッター速度を確保する、エクステンダー使用時の開放絞り数値の低下を補うなど、露出設定とレンズ選択の自由度か高まります。
※動画撮影時は、常用ISO 100〜25600となります。

●ISO感度の拡張
L(ISO 50相当)、H1(ISO 102400相当)、H2(ISO 204800相当)の感度拡張が可能です。Lは、きわめて明るいシーンでも、大口径レンズを絞り開放で使用したいときに有効。H1、H2なら、ほとんど視界がきかない暗い状況にも対応でき、撮影の可能性が広がります。

●意図に応じた設定が可能なISOオート
明るさの変化に自動で対応できる、ISOオートを搭載。このとき、ISO感度の自動制御範囲の上限を設定できます。暗いシーンを遅いシャッター速度で撮影したいときや、画質への配慮から高ISO感度側を制限したいときなどに有効です。さらに、[ISOオート低速限界]も設定可能となりました。あらかじめシャッター速度(1/250〜1秒)を設定しておくと、それよりシャッター速度が遅くならないようISO感度をシフト。例えば広角レンズ使用時、被写体ブレを防ぐため、速めのシャッター速度を確保したい場合などに効果を発揮します。
※ISOオートでは、感度拡張は行われません。

●高感度撮影時のノイズ低減
すべてのISO感度で色ノイズ、輝度ノイズを除去します。効果設定は[標準/弱め/強め/しない]を用意。「デュアルDIGIC 5+」により、ノイズ除去の効果がこれまでより向上(EOS-1D Mark IV比)しています。さらに、[強め]で連続撮影可能枚数が減少することもなく、暗い屋内スポーツ撮影などにも適用可能としています。
※効果は画像には反映されますが、カメラによる再生(液晶モニターやテレビ表示)には反映されないため、ノイズが目立つことがあります。

●長秒時露光のノイズ低減
露光時間が1秒以上になるとノイズ低減を行います。[自動]設定時は、カメラが画像データからノイズ量を判断し、必要に応じて自動的にノイズ処理を実行。[する]では、実際のノイズ量に関わらず、常にノイズ低減処理を行います。

●ピクチャースタイル
被写体や好みにあった画作りができるピクチャースタイルを搭載。さらに、「1D」シリーズとして、初めてピクチャースタイルオートを用意しました。例えば風景を撮影するとき、それは都市か、自然か、夕景かによって、画作りのパラメータは異なります。このようなとき、ピクチャースタイルオートは、シーンを解析し、ピクチャースタイル[風景]よりもきめ細かな色調・コントラスト調整を行います。なお、通常シーンでは[スタンダード]に相当する色再現とメリハリのある画像を生成。好ましい高画質が手軽に得られ、撮影の効率化も可能です。

●オートライティングオプティマイザ
画面内の輝度分布を解析し、被写体を自然な明るさに補正。被写体と背景の明るさのバランスがよい、見た目に近い画像を生成します。プロの信頼に応え得るよう、効果の安定性を追求するとともに、夕景や高彩度シーンでのコントラスト調整も可能とし、有効なシーンを拡大させました。

●ホワイトバランス
オートホワイトバランスは、人物を撮影時、カメラが顔と色を認識し、肌の色が自然になるようホワイトバランスを自動設定。また、夕景ではオレンジ色を強調するほか、色温度の低い光源(白熱電球など)での赤み抑えるなど、よりシーンに合ったオートホワイトバランスを実現しています。
※色温度情報通信機能を備えたEXシリーズスピードライトは、発光時の色温度に応じて変化します。色温度通信非対応のストロボ使用時は約6000K
※付属ソフトウェアで任意設定したホワイトバランスデータを5件登録可能

●レンズ光学特性補正機能
EFレンズの優れた描写力を、さらに研ぎ澄ませる。
周辺光量補正、歪曲収差補正に加え、新たに色収差(倍率/軸上)補正を可能としています。いずれもEFレンズの光学特性データに基づく効果的なもので、新旧のレンズの優れた描写力を、さらに磨き上げることが可能です。カメラには、プロの使用頻度が高い27本のEFレンズの補正用データを登録済み。また、EOS Utilityで補正用データを追加・削除することもできます。

●レンズ色収差補正/周辺光量補正/歪曲収差補正
撮影時に、倍率/軸上色収差を補正することが可能です。「デュアルDIGIC 5+」の優れた処理能力が実現した機能のひとつで、色にじみが少なく、解像感の高い描写をもたらします。
また、画面の四隅を自然な明るさに整えます。撮影時に適用可能です。さらに、歪曲収差を自動的に補正。補正はカメラ内RAW現像時、またはDigital Photo Professional時での現像時に行うことができます。
※補正に伴い、画像周辺部がわずかにトリミングされます。
※カメラ内RAW現像できるのはRAWのみです。S-RAW/M-RAWは現像できません。

●記録形式
RAW/M-RAW(Middle RAW)/S-RAW(Small RAW)を用意しています。画像の用途や伝送効率などを考慮した、柔軟なRAW画像記録が可能です。3種類のRAW画像サイズは、すべてJPEGとの同時記録が可能。なお、画像記録形式はDCF2.0、Exif2.3に準拠。JPEG画像の圧縮率は、10段階で設定できます。また、CFカードの転送速度に関する最新規格、UDMA Mode7に対応。高精細・広階調の大きな画像データも、高速でCFカードに書き込めます。

●sRGBとAdobe RGBをサポート
色空間はsRGBとAdobe RGBを選択可能。sRGBはパソコンなど多彩な表示デバイスに対応しており、汎用性に優れます。一方のAdobe RGBは色空間が広く、画像調整の自由度を重視したい場合に有効です。

●ワイド3.2型クリアビュー液晶II
3.2型(約104万ドット)の大型液晶モニターを搭載。アスペクト比を画像と同じ3:2とすることで、画面を余さず使った、大きく見やすい画像表示を実現しました。また、低反射のクリアビュー液晶IIを採用。保護カバーと液晶パネルの間に光学弾性体を充填するソリッド構造により、空気層を挟んだ場合に生じる内乱反射を抑制しています。さらに、保護カバー表面にも反射防止コートを施すことで、日中の屋外でもより優れた視認性を確保しました。発色性・色再現性にも優れ、画質の確認が容易です。なお、保護カバーには衝撃に強い強化ガラスを採用。液晶モニターの明るさは7段階で手動調整ができます。

●新レンズ補正機能
従来のレンズ収差補正では補正しきれなかった光学系に関する残存収差や、物理現象である回折現象、光学LPFによる劣化を画像から取り除き、本来得られるべき画像に近くなるようにするための機能を搭載しました。
HDR(High Dynamic Range)機能:白とびや黒つぶれを緩和した広いダイナミックレンジの画像や、絵画のような画像を生成することができます。
画像合成機能:2枚の画像を合成して1枚の画像にすることができます。また、合成した画像に、新たに別の画像を続けて合成することも可能です。

●高速連続撮影&約14コマ/秒の超高速連写モード
最高約12コマ/秒(※)の連写能力が、肉眼で捉えられない世界も記録する。35mmフルサイズ機でありながら、最高約12コマ/秒の高速連続撮影を実現。スポーツや野生動物など、被写体が高速で動き回るシーンでも、被写体の瞬間の姿を捉えられます。また、最高約14コマ/秒の超高速連続撮影も可能です。ミラーアップ状態、JPEG撮影時のみ。バッターやゴルファーのスイング、陸上競技のゴールシーンなど、置きピンでの撮影が可能なシーンで活用できます。
※ISO32000以上のときは、最高約10コマ/秒になります。
※ミラーアップ状態のため、ピントと露出が撮影1枚目に固定されます。

●最高約0.036秒のレリーズタイムラグ
レリーズタイムラグはデフォルトで約0.055秒。これを、カスタム機能設定により、最高約0.036秒(絞り開放時)まで高速化できます。モータースポーツのように高速の被写体を、レリーズタイムラグ中のピント移動の影響を抑え、より鮮明に撮影したい場合などに有効です。

●クアッドアクティブミラーストッパー
ミラーの質量が大きい35mmフルサイズ機は、バウンドやショックも大きく、高速化と安定化の両立が課題となっていました。そこで、メインミラーとサブミラーそれぞれに、バウンドを抑え込むためのロック機構と、衝突エネルギーを効果的に逃がすためのバランサーを搭載。瞬時にミラーバウンドを収束させ、最高約12コマ/秒への対応と揺れが少ないファインダー像、AEとAFの高精度化・安定化を実現しました。

●静音の効果を高めたサイレント1枚撮影
ミラーのアップ/ダウンとシャッターチャージを低速で行うことにより、ミラーの衝突音やメカ駆動音を緩和。撮影後、シャッターボタンを半押し状態に戻すまでミラーダウン、シャッターチャージも待機。講演会など、その場の雰囲気を大切にしたいシーンで有効です。ミラーアップ時にも静音制御を行うのは「1D」シリーズ初。これまでより、さらに静かにシャッターが切れるようになりました(EOS-1Ds Mark III/EOS-1D Mark IV比)。
※レリーズタイムラグが約0.11秒となります。

●カメラ内RAW現像
RAW画像からJPEG画像を生成する現像処理が、カメラ単体で行えます。明るさやホワイトバランス、ピクチャースタイルをはじめ、ノイズ処理やレンズ光学特性の補正など、フレキシブルな画像調整が可能。すばやく作品を完成させたい、伝送したいプロの要求に応えます。
※カメラで現像できるのはRAWのみ(S-RAW/M-RAWは除きます)。

●CFカード対応デュアルスロット
今やCFカードは、信頼性、転送速度ともに他のカードをリードする記録メディアとなりました。そのCFカード(Type I、II)を、同時に2枚使用できるデュアルスロットを搭載。連続撮影を多用するときに心強い高速書き込み、同種の記録メディアを使い回せることによる資材管理の効率化など、メリットが豊富です。
※マイクロドライブは使用できません。

●撮影時の記録機能
2枚のCFカードを使い、撮影した画像をどう記録するか設定可能。画像の管理やバックアップが容易です。
標準:どちらかのカードを選んで記録
自動切り換え:選択したカードの容量が足りなくなった場合、他のカードに継続して記録
振り分け記録:カードごとに画像サイズを設定し、該当する画像を各カードに記録
同一画像記録:両カードに同じ画像を記録

●EOS iSA System
評価測光の安定性を高めるとともに、被写体をより自然に描写すること。そのために開発したのが、EOS iSA Systemです。これは、10万画素のRGB測光センサーとAE専用のDIGIC 4を採用した、新しいAEシステム。明るさの分布だけでなく、映像としてシーンを捉え、解析することにより、顔や色認識に基づく被写体検出と的確な評価測光、画作り機能の効果アップを実現しています。
※iSA=Intelligent Subject Analysis

●61点高密度レティクルAF/最高41点・F4レンズ対応クロス測距
61点のAFフレームを高密度に備えたAFセンサーを開発。構図とAFフレーム選択の自由度を高めています。開放F4レンズでも、F2.8光束対応測距に迫る優れた合焦精度を発揮。構図に関わらず、低コントラストの被写体もつかみやすいよう、全点2ラインの千鳥配列を採用。さらに、低輝度限界を-2EVに拡大することで、肉眼では見えにくい暗いシーンでの撮影もサポートします。また、プロが多用する開放F4のLレンズ、またはF2.8のLレンズとエクステンダーEF1.4×IIIの組み合わせ時も、最大41点のクロス測距が可能です。被写体パターンの影響を受けにくく、AFエリア周辺部でも優れた捕捉能力を発揮します。

●AFフレームが被写体に連動して離さない、EOS iTR AF。
EOS iSA Systemとの連携によって実現した、「つかんだ被写体を離さない」ための新機能です。被写体の顔や色をカメラが認識。速さや方向を急変させ、予測のつかない動きを見せる被写体にも、カメラがAFフレームを瞬時に連動させ、ピントを合わせ続けます。距離情報だけに依存していた従来のAFと異なり、複雑な軌跡を描く動体も逃しません。
※iTR=Intelligent Tracking and Recognition
※AFフレームの61点自動選択AF時、またはゾーンAF時に有効な機能です。

●さらに精度と安定性を高めた、AIサーボAF III。
プロの評価をフィードバックすることでアルゴリズムの熟成を図り、AIサーボAFの予測精度を高めました。さらに、予測AF制御をカスタマイズすることも可能です。[被写体追従特性][速度変化に対する追従性][測距点乗り移り特性]を調整することで、速度や方向が急変する被写体、複数の人物が交錯するシーンなど、多様な状況に対応できます。

●AFマイクロアジャストメント
レンズのピント位置を微調整できる機能。EOS-1D Xでは、ズームレンズの場合、ワイド端とテレ端で、それぞれに調整可能としています。一台のカメラに登録できる調整データは、レンズ40本分。また、同じ種類のレンズでも、レンズごとに調整データを登録(※)できるのもメリットです。報道やスタジオなど、複数の機材を共有している環境でも、機材の組み合わせを選ぶ必要がありません。
※シリアル番号が認識できるレンズに限ります。

●露出制御
露出モードは、プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ、E-TTL II自動調光プログラムストロボAE。露出補正は最高±5段(手動設定時。AEBは±3段)の広い設定範囲で、極端なハイキー/ローキーな作画や、HDR合成用の素材撮影などに対応できます。シャッター速度は1/8000〜30秒、ストロボ同調速度は1/250秒です。

●測光モード
AFフレームに対応した評価測光、部分測光(中央部)、スポット測光(中央部、測距点連動、8回までのマルチスポット)、中央部重点平均測光を用意。なお、測光エリアは、約10万画素の測光センサーに基づく252分割となります。

●インテリジェントビューファインダー
光学ファインダーは視野率約100%、倍率約0.76(50mmレンズ・∞・-1m-1)、視野角約35.0度。視野が大きいだけでなく、隅々までクリアで、覗き方によって見え方が変化しにくいファインダー像を目指し、ファインダー光学系を新規設計しています。さらに、透過型液晶を採用。設定したAFフレームやグリッド、AF作動中マークなどを表示することが可能です。これにより、AFの多機能化と視覚的な使いやすさを両立させました。

●ピント合わせがしやすいフォーカシングスクリーン
明るさとピントの合わせやすさを両立させた、レーザーマットスクリーンを標準搭載。画像周辺部の光量低下や、マットスクリーン特有の粒状感が少なく、隅々までヌケのよい視野を実現しています。また、フォーカシングスクリーンは交換式。レーザーマットスクリーンEc-A/B/D/H/I/Lも使用できます。Ec-CIII/C/S/N/Rは、取り付けることはできますが適正な露出が得られません。市販の露出計を使用してマニュアル露出で撮影するか、露出補正を行って撮影してください。

●堅牢性・耐久性・耐環境性
軽量かつ剛性が高いマグネシウム合金を上・前・後カバー、メモリーカードスロットに採用。これにより衝撃への強さを確保するだけでなく、この素材の特長である優れた電磁シールド効果も備えた、信頼性の高いボディを実現しています。さらに、ミラーユニットを支える本体にもマグネシウム合金を用いることで、剛性を損なうことなく軽量化を図りました。
サブ電子ダイヤル:サブ電子ダイヤルの回転検知および動画サイレント設定のために、静電容量センサーを採用。機械的な電気接点をなくすことで、接点の摩耗や汚れによる動作不良を抑え、耐久性を高めています。
高耐久シャッター:40万回の作動試験をクリアした、高耐久シャッターを搭載しました(EOS-1D Mark IV:30万回)。
また、ボタンやダイヤルといった操作部材、外装カバーの合わせ部など、計76箇所に、入念な防塵・防滴処置を施しました。さらにキヤノンでは、プロの使用頻度が高いEFレンズ、スピードライおよびスピードライトアクセサリー、新開発のワイヤレスファイルトランスミッターWFT-E6BやGPSレシーバーGP-E1などにも防塵・防滴構造を採用。これにより、雨やホコリに強く、耐環境性に優れたシステムを実現しています。
※同社所定の基準にて行った作動試験の結果に基づく参考数値です。
※一部機種において

●高精度を堅持するAFユニット
温度による膨張や収縮が少なく、湿気にも強い構造と素材をAFユニットに採用。さらに、位相差AFに必要な像分離用の二次結像レンズを、ガラスモールドで成形。高温高湿、極低温など、過酷な環境下でも安定したAF性能を発揮します。

●超音波モーションクリーニング
「超音波モーションクリーニング」を開発。セルフクリーニングセンサーユニットに採用しました。これは、従来の「ゴミを弾き飛ばす」ではなく、「ゴミを画面の外に搬送」する、新しい方式です。最小絞りで写り込む可能性があった、軽く微小なゴミにも効果を発揮します。また、撮像素子表面にフッ素コーティングを施すことで、粘着性のあるゴミの付着も抑制しています。

●デュアルアクシス電子水準器
水平方向、あおり方向の傾きを、1度刻みで確認できます。ライブビュー撮影および動画撮影の前は、映像と水準器を重ねて表示することが可能。液晶モニターから目を離すことなく、構図と傾きを同時に調整でき、撮影準備を効率化できます。また、ファインダー撮影時も、AFフレームを利用した表示が可能です。

●多重露出撮影/4種類の多重露出制御
複数の画像を重ね合わせ、実際にはないシーンを表現したり、軌跡を記録したりできる多重露出撮影機能を搭載しました。重ね合わせ可能枚数は2〜9枚。JPEG(全サイズ)だけでなく、RAWも多重露出画像となります。4種類の露出制御方法、2つの優先モードを用意。パソコンに依存せず、表現意図に合った、高度な多重露出作品を生み出せます。
また、重ね合わせる画像の露出を、加算/加算平均/比較(明)/比較(暗)から選べます。
※S-RAW/M-RAW設定時は、自動的にRAWに切り換え、多重露出撮影を行います。

●ライブビュー機能
カメラ背面にライブビュー撮影/動画撮影ボタンを装備。すばやくファインダー撮影から移行でき、便利です。また、ライブビュー撮影状態のままメニュー操作や撮影機能設定ができるほか、クイック設定で各種設定をスピーディに済ませられます。さらに、グリッド表示に黄金分割比率に近い構図の目安が得られる[9分割+対角]を加えるなど、撮影機能・操作性ともに高い完成度を実現しました。

●電子先幕シャッター
ライブビュー撮影時の露光制御に、EOS-1D系では初めて電子先幕シャッターを採用しました。機械的な先幕が開き切るショックで生じる、わずかなカメラブレを解消。撮像素子が持つ解像力をフルに引き出した、鮮鋭な画像が得られます。

●EOS MOVIE
最新技術を投入したCMOSセンサーにより、モアレや偽色を抑制。画質を大幅に向上させました。さらに、ビデオ規格に準じた画作り、タイムコードやドロップフレームの設定など、動画編集ワークフローへの親和性を高めています。記録サイズとフレームレートは、[1920×1080]時、30/25/24fps。[1280×720]時、60/50fps。[640×480]時、30/25fps。

●新しい圧縮方式、All-I/IPB
画質や編集しやすさにこだわるプロの要求と、新映像エンジン「デュアルDIGIC 5+」の搭載により圧縮形式を刷新。All-IとIPB を採用しました。All-I は、1フレームごとに圧縮を行うもので、デコードも1フレーム単位。そのため高画質で編集性に優れます。一方のIPBは、従来と同等の画質でありながら、より高い圧縮率が得られ、長時間録画向きです(EOS-1D Mark IV比)。
※記録サイズ[640×480]時はIPBのみとなります。

●ファイル4GB制限の解除
ファイルサイズが4GBになると、新しいファイルを自動的に作成。1カットを複数のファイルに分割して保存できます。また、高画質ながらファイル容量が大きいALL-Iでも、ファイル容量への気遣いを軽減でき、安心です。

●LAN機能
カメラ本体に有線LAN機能を内蔵しています。Ethernet 1000BASE-Tに対応しており、通信速度は高速。スタジオ内でのネットワーク接続はもちろん、ケーブル長にゆとりが持てるメリットを活かし、EOS Utilityを使った遠距離でのリモート撮影なども可能です。

●画像転送/再転送機能(※FTPサーバー)
撮影した画像をFTPサーバーに転送できます。[撮影時自動転送][画像選択/転送]のほか、再生中の画像を、SETボタンを押すだけで転送する、キャプション付きで転送することも可能です。また、万が一、通信障害が発生して画像転送に失敗しても、カメラが自動で再転送。手動転送のようにメニューを開き、再転送したい画像を選択する煩わしさがありません。

●Webブラウザーからの制御(※WFTサーバー)
パソコンのブラウザーを用い、ネットワーク上のカメラを操作できます。ライブビュー映像を見ながらのリモート撮影、画像の閲覧や取り込みが、双方の距離を超えて可能です。一台のカメラに、同時に3台のパソコンからアクセスできます。
基本仕様 : 型式:デジタル一眼レフレックスAF・AEカメラ
記録媒体:CFカード(タイプI、II準拠、UDMA モード7対応)
※CFカード対応デュアルカードスロット
撮像画面サイズ:約36×24mm
使用レンズ:キヤノンEFレンズ群(EF-Sレンズを除く)(有効撮影画角は、表記焦点距離の等倍に相当)
レンズマウント:キヤノンEF マウント
撮像素子 : 形式:CMOSセンサー
カメラ部有効画素:約1810万画素
アスペクト比:3:2
ダスト除去機能:自動/手動/ダストデリートデータ付加
記録形式 : 記録フォーマット:DCF 2.0
画像タイプ:JPEG、RAW(14bit、キヤノン独自)RAW+JPEGラージ同時記録可能
記録画素数:
L(ラージ)…約1790万(5184×3456)画素
M1(ミドル1)…約1420万(4608×3072)画素
M2(ミドル2)…約800万(3456×2304)画素
S(スモール)…約450万(2592×1728)画素
RAW(ロウ)…約1790万(5184×3456)画素
M-RAW…約1010万(3888×2592)画素
S-RAW…約450万(2592×1728)画素
JPEG画質:10段階
記録機能:標準、カード自動切り換え、振り分け、同一書き込み
フォルダ作成/選択:可能
ファイル名:カメラ固有設定、ユーザー設定1、ユーザー設定2
画像番号:通し番号、オートリセット、強制リセット
撮影時の画像処理 : ピクチャースタイル:オート、スタンダード、ポートレート、風景、ニュートラル、忠実設定、モノクロ、ユーザー設定1〜3
ホワイトバランス:オート、プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、マニュアル、色温度指定(約2500〜10000K)、カスタムホワイトバランス(5件)、ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング可能
ノイズ低減:長秒時露光、高感度撮影に対応
画像の明るさ自動補正:オートライティングオプティマイザにより対応
高輝度側・階調優先:可能
レンズ光学補正:周辺光量補正、色収差補正
ファインダー : 方式:ペンタプリズム使用、アイレベル式
視野率:上下/左右とも約100%(アイポイント約20mm時)
倍率:約0.76倍(50mmレンズ・∞・-1m-1 )
アイポイント:約20mm(-1m-1時/接眼レンズ中心から)
視度調整範囲:約-3.0〜+1.0m-1(dpt)
アイピースシャッター:内蔵
フォーカシングスクリーン :Ec-CV標準装備、交換可能
AF作動表示:あり
グリッド表示 :可能
水準器表示:水平方向:1°ステップ ±6°
垂直方向:1°ステップ ±4°
※横位置撮影時
ミラー:クイックリターン式
被写界深度確認:可能
オートフォーカス : 方式:TTL二次結像位相差検出方式
測距点:61点(クロス測距点:最大41点)
※使用レンズにより、測距点数、クロス測距点数が変動する
測距輝度範囲:EV -2〜18(中央F2.8対応測距点・常温・ISO100)
フォーカスモード:ワンショットAF、AIサーボAF、手動(MF)
測距エリア選択モード:スポット1 点AF(任意選択)、1 点AF(任意選択)、領域拡大AF(任意選択上下左右)、領域拡大AF(任意選択周囲)、ゾーンAF(ゾーン任意選択)、61点自動選択AF
測距点自動選択条件:EOS iTR AF(※)の設定による(色情報、顔情報を使用したAFが可能)
※iTR:Intelligent Tracking Recognition
AFカスタム設定ガイド機能:Case1〜6
AIサーボ特性:被写体追従特性、速度変化に対する追従性、測距点乗り移り特性
AF微調整:AFマイクロアジャストメントにより対応(全レンズ一律調整、レンズごとに調整)
AF補助光:EOS用外部ストロボのAF補助光による
露出制御/多重露出撮影 : 測光方式:10万画素RGB測光センサー使用、252分割TTL開放測光EOS iSA(※)システム
※iSA:Intelligent Subject Analysis
評価測光・部分測光・スポット測光・中央部重点平均測光
測光範囲:EV 0〜20(常温・EF50mm F1.4 USM使用・ISO100)
露出制御方式:プログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出、バルブ
ISO感度(推奨露光指数):ISOオート、ISO 100〜51200任意設定(1/3、1段ステップ)、およびL(50)、H1(102400相当)、H2(204800相当)の感度拡張が可能
ISO感度関連設定:ISO感度設定範囲、ISOオート範囲、ISOオート低速限界設定可能
露出補正:手動…1/3、1/2段ステップ±5段
AEB:1/3、1/2段ステップ±3段(手動露出補正との併用可能)
AEロック:自動…ワンショットAF・評価測光時、合焦と同時にAEロック
手動:AEロックボタンによる
露出基準微調整:AEマイクロアジャストメントにより対応
撮影方法:機能・操作優先、連続撮影優先
多重枚数:2〜9枚
多重露出制御:加算、加算平均、比較(明)、比較(暗)
シャッター/ドライブ関係 : 形式:電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
シャッター速度:1/8000〜30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)、ストロボ同調最高シャッター速度=1/250秒
ドライブモード:1枚撮影、高速連続撮影、低速連続撮影、セルフタイマー:10秒、セルフタイマー:2秒、1枚:静音動作、超高速連続撮影
連続撮影速度:
超高速連続撮影…最高約14コマ/秒
高速連続撮影…最高約12コマ/秒
低速連続撮影…最高約3コマ/秒
※ISO32000以上(カメラ内部の温度が低温状態のときはISO20000以上)のときは、高速連続撮影時の連続撮影速度が最高約10コマ/秒となる。
連続撮影可能枚数:未定
外部ストロボ : 対応ストロボ:EXシリーズスピードライト
調光方式:E-TTL II 自動調光
ストロボ調光補正:1/3、1/2段ステップ±3段
FEロック:可能
シンクロ端子:あり
調光基準微調整:FEマイクロアジャストメントにより対応
外部ストロボ制御:可能
ライブビュー撮影機能 : フォーカスモード:ライブモード、顔優先ライブモード(コントラスト検出方式)、クイックモード(位相差検出方式)、手動ピント合わせ(約5倍/10倍拡大可能)
測距輝度範囲:EV 1〜20(コントラスト検出方式時/常温・ISO100)
測光方式:撮像素子による評価測光
測光範囲:EV 0〜20(常温・EF50mm F1.4 USM使用・ISO100)
静音撮影:可能(モード1、2)
グリッド表示:3種類
動画撮影機能 : 映像記録方式:MPEG-4 AVC/H.264、可変(平均)ビットレート方式
音声記録方式:リニアPCM
記録形式:MOV形式
記録サイズとフレームレート:
1920×1080(Full HD)…30p/25p/24p
1280×720(HD)…60p/50p
640×480(SD)…30p/25p
※30p:29.97fps、25p:25.00fps、24p:23.976fps、60p:59.94fps、50p:50.00fps
圧縮形式:ALL-I(I-only)、IPB
ファイルサイズ:
1920×1080(30p/25p/24p)/ IPB…約235MB/分
1920×1080(30p/25p/24p)/ ALL-I…約685MB/分
1280×720(60p/50p)/ IPB…約205MB/分
1280×720(60p/50p)/ ALL-I…約610MB/分
640×480(30p/25p)/ IPB…約45MB/分
※動画撮影に必要なカードの書き込み/ 読み取り速度IPB:10MB/秒以上、ALL-I:30MB/秒以上
フォーカスモード:ライブビュー撮影機能のフォーカスに準ずる
測光方式:撮像素子による中央部重点平均測光、および評価測光
※フォーカスモードにより自動設定
測光範囲:EV 0〜20(常温・EF50mm F1.4 USM使用・ISO100)
露出制御:自動露出撮影、シャッター優先AE撮影、絞り優先AE撮影、マニュアル露出撮影
※は露出補正、AEロック可能
露出補正:1/3段ステップ±3段(静止画±5段)
ISO感度(推奨露光指数):
P、Av、BULB…ISO100〜25600自動設定、H(51200相当)、H1(102400相当)、H2(204800相当)の感度拡張が可能
Tv…ISO100〜25600自動設定
M…ISOオート(ISO100〜25600自動設定)、ISO100〜25600手動設定(1/3、1段ステップ)、H(32000/40000/51200相当)、H1(102400相当)、H2(204800相当)の感度拡張が可能
タイムコード:対応
ドロップフレーム:60p/30p対応
録音:内蔵モノラルマイク、外部ステレオマイク端子装備、録音レベル調整可能、ウィンドカット機能搭載
グリッド表示:3種類
静止画:撮影可能
液晶モニター : 形式:TFT式カラー液晶モニター
画面サイズ/ドット数:ワイド3.2型(3:2)/約104万ドット
明るさ調整:手動(7段階)
水準器表示:水平方向:1°ステップ ±6°
垂直方向:1°ステップ ±4°
メニュー表示言語:日本語、英語、簡体字中国語
機能ガイド:表示可能
カメラシステム情報:確認可能
再生機能 : 画像表示形式:1枚表示、1枚+情報表示(簡易情報、撮影情報、ヒストグラム)、4枚インデックス、9枚インデックス
ハイライト警告:ハイライト部分点滅表示
AFフレーム表示:可能
グリッド表示:3種類
拡大ズーム倍率:約1.5〜10倍、拡大開始倍率/開始位置設定可能
画像送り:1枚/10枚/100枚/撮影日/フォルダ/動画/静止画/レーティング
画像回転:可能
レーティング:可能
動画再生:可能(液晶モニター、映像/音声出力、HDMI出力)、スピーカー内蔵
スライドショー:全画像/日付/フォルダ/動画/静止画/レーティング
画像プロテクト:可能
音声メモ :記録/再生可能
画像コピー :可能
撮影後の画像処理 : カメラ内RAW現像:明るさ補正、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、オートライティングオプティマイザ、高感度撮影時のノイズ低減、JPEG記録画質、色空間、周辺光量補正、歪曲補正、色収差補正
リサイズ:可能
ダイレクトプリント機能/有線LAN : 対応プリンター:PictBridge対応プリンター
印刷対応画像:JPEG画像、RAW画像
印刷指定:DPOF バージョン1.1準拠
準拠規格:IEEE802.3u(Ethernet 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T)
FTP転送:撮影時自動転送、画像選択/転送、SETボタンで転送、キャプション付きで転送
EOS Utility:EOS Utilityのリモートコントロール機能を有線LANで行う
WFTサーバー:詳細撮影/簡易撮影/単純撮影、画像の閲覧/取り込み
メディアサーバー:DLNA対応
マルチカメラタイムシンクロ機能 :マスターカメラの時刻を10台のスレーブカメラに設定可能
画像転送/カスタマイズ機能 : 転送対応画像:静止画(JPEG画像、RAW画像、RAW+JPEG画像)、動画
カスタム機能:31種
カメラ設定保存:1枚のカードに最大10件登録可能
カスタム撮影モード:C1/C2/C3に登録
マイメニュー登録:可能
著作権情報 :設定/付加可能
インターフェース : 映像/音声出力・デジタル端子:アナログ映像(NTSC、PAL対応)/ステレオ音声出力、パソコン通信、ダイレクトプリント(Hi-Speed USB相当)
HDMIミニ出力端子:タイプC(解像度自動切り換え)、CEC対応
外部マイク入力端子:φ3.5mmステレオミニジャック
リモコン端子 :N3タイプのリモコンに対応
イーサーネット端子:RJ-45端子、ギガビットイーサーネット対応
拡張システム端子:ワイヤレスファイルトランスミッター WFT-E6B、GPS レシーバーGP-E1接続
電源/大きさ・質量/動作環境 : 使用電池:バッテリーパックLP-E4N/LP-E4、1個
※ACアダプターキットACK-E4使用により、AC駆動可能
電池情報 :残容量、撮影回数、劣化度確認可能
撮影可能枚数の目安:未定
動画撮影可能時間:未定
日付/時計機能用電池:リチウム電池 CR2025、1個
大きさ:約158(幅)×163.6(高さ)×82.7(奥行)mm
質量:350g(電源コード,保護カバーを除く)
使用可能温度:0℃〜+45℃
使用可能湿度:85%以下
本体構成 : EOS-1D X本体
バッテリーパック LP--E4N
バッテリーチャージャー LC-E4N
ケーブルプロテクター
インターフェースケーブル IFC-200U
ステレオAVケーブル AVC-DC400ST
ワイドストラップ L7
EOS DIGITAL Solution Disk
ソフトウェア使用説明書CD-ROM
商品レビュー募集中!
  • あなたが購入した商品、使用経験がある商品のレビューを募集しています。
  • 採用された場合には、もれなく100円分のポイントをプレゼント!
  • 使用感や感想など胸の内をおもいっきり語ってください!
  • レビューの投稿方法はこちら

ログイン

中古品をお探しの方へ
EOS-1D Xの中古品をお探しでしたら、中古品お探し登録サービス(無料)をご利用ください!
EOS-1D Xに寄せられたお問合せの例
EOS-1D Xを見た人はこんな商品も見ています
◆EOS-1D Xは、在庫状況・生産者都合等により、お届けまで1週間以上お待たせする場合があります。
◆商品の仕様・外観は改良のため予告なく変更されている場合があります。
◆PCモニターの環境によっては、掲載されている写真とお届けする商品の色合いが若干異なって見える場合があります。
◆価格の錯誤があった場合(例:¥108,000を¥10,800等の桁違い、又は¥0表示など)、また常識的にみて市場相場から大きく逸脱した価格誤表示の場合は錯誤の旨と正しい価格をお知らせし、価格を訂正させて頂きます。状況によりましては、ご注文をお取消させていただく場合がありますので何卒ご了承いただけますようお願いいたします。
◆在庫数に限りがある商品は、ご注文のタイミングによっては、お受けできない場合があります。
◆お客様のご都合によるご注文のキャンセルや返品・交換は一切お受けできません。ご注文の際は慎重なお手続きをお願いいたします。ご不明な点等ありましたら、事前にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
◆ご注文の際は、上記をご了承の上でお手続き下さいますようお願いいたします。
EOS 1DX  / EOS1DX  / 1DX

ホーム > メーカー名 > C > Canon > Canon EOS-1D X
ホーム > カテゴリから探す > ジャンル別 > カメラ > デジタル一眼カメラ > Canon EOS-1D X

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0 円

お会計

カテゴリから探す

キャリア採用 エントリー受付中
2017年度 新卒採用 エントリー受付中
配送料金に関するご案内
当社へのご意見をお聞かせください!

最近チェックした商品

プロ機材のご購入・ご相談は03-5212-5100

EOS-1D Xの価格と販売・通販なら、音響・映像を極める業界最大級のシステムファイブ「ePROSHOP」にお任せください。Canon デジタル一眼レフの販売価格・製品情報などをご紹介しております。

お買い物について
商品のサポートについて
SYSTEM5 ePROSHOP会員について
商品のお届けについて
利用可能クレジットカード・ショッピングローン
Tax-freeアイコン

ePROSHOP、イープロショップは、株式会社システムファイブの登録商標です。記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。
古物商許可番号:東京都公安委員会 第301030205898号 / 愛知県公安委員会 第54116A112100号
© 2005-2016 System5 Co., Ltd.